カテゴリ:バリ島 芸能・音楽・工芸・絵画( 5 )

アルマ美術館にて、ジェゴグのチャリティーコンサート

 ウブドのアルマ美術館で、東日本大震災のためのチャリティコンサートがありました。
 この日には、バリ島ヌガラ地方の竹のガムランで有名な、スアール・アグン(Suar Agung)のジェゴグ(Jegog)も演奏されると聞きましたので、さっそく出かけてみることに致しました。

 スアール・アグンは、日本では、もうお馴染みのスウェントラさんの率いるジェゴグ・グループです。数年前に、グループがデンパサールなどで公演を開いた際に、受付のお手伝いなどをさせて頂いたり、バリ島西部ヌガラにて、ジェゴグを聞かせて頂いたりということが以前にありましたが、それ以来ご無沙汰しておりました。
 なので、久しぶりにジェゴグが聞けるとあって、主人とナミちゃんも楽しみにしておりましたが、だんだんとウブドが近づいてくるに従い、天気が崩れ大雨に。とうとうギャニャールのサムアン・ティガ寺院付近では、橋が浸水し、洪水状態。迂回する車やオートバイで大渋滞が起こり、私たちは、一時付近のワルンへ避難しました。

 というような、大変なお天気でしたが、どうやら無事に目的地のアルマ美術館に到着。雨天のため、チャリティーコンサート開催予定の会場が変更になったりして、こちらも大変そうでした。

 そして、会場へ到着。準備がすすめられています。
a0120328_22174479.jpg

 ご無沙汰しておりました無礼を謝ると共に、スウェントラさんにご挨拶させて頂いたり、先日取材でお世話になったアグン・ライ氏に、先日のお礼とご挨拶をしたりしているうちに、だんだんと会場に人々が集まっていらっしゃいました。
 手相占いを体験した下さった方などにも、たくさんお目にかかることができて、大変うれしかったです。ありがとうございました!

 スアール・アグンといえば、クルクル(Kul-Kul)、と、私の中ではお決まりになっているのですが、今回もクルクルを購入。その他様々な内容のチャリティーが行われて、全て地震被害のために日本赤十字を通して被災者へ送られるそうです。素晴らしい活動ですね。

 被災地への祈りの後、コンサートが始まりましたよ。
a0120328_22182616.jpg

 ジェゴグだけではなく、バリ島の現代舞踊を代表する舞踏家スラ氏の踊りや、バリ島ポップ界のジュンさんなど、盛りだくさんのコンサートでした。
a0120328_2219548.jpg

 隣に座っていたはずのナミちゃん、どこへ行ったか、と思っていたら、ジュンさんの唱を聴くために、客席の前のほうで立ってました(笑)。良い思い出になったことでしょうね。
a0120328_22194818.jpg

 見ごたえのあるステージが続き、時間を忘れてしまっておりましたが、私にとっては欠かせない、ジェゴグのムバルンを見て、そろそろ引き上げることに。
 大変充実した内容でした。5月上旬に、またジェゴグのチャリティコンサートが行われると聞きましたので、出来たらまた出かけたいと思っております。今度はお天気になって、もっともっとたくさんの人々が集まるとよいですね。

「ウブド、ギャニャール」のカテゴリー 目次のページ
「お知らせ&皆様よりのメール」のカテゴリー 目次のページ
こちらのカテゴリーの記事もご参考にどうぞ

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by songket_bali | 2011-04-10 23:14 | バリ島 芸能・音楽・工芸・絵画 | Trackback | Comments(2)

タロ村の新しいガムラン劇 その2

 公演開始予定の時間を少し過ぎた、午後5時45分ごろ、いよいよ始まりました。はじめは、行列の時に演奏されるバレガンジュール風の演奏です。クンダン(太鼓)、チェンチェン(シンバル)、レヨンなどに、クロンチョンガンやクルクルの音がリズムカルに加わります。
a0120328_17171845.jpg

a0120328_1718493.jpg

 写真は、木をくりぬいて作ったクルクル。威勢の良い音がワンティランに響きます。
a0120328_17185421.jpg

 演目は、チャロナラン(Calon Arang)劇を下敷きとした「バリアン・バトゥール」というもの。チャロナラン劇は、聖と悪との戦いが描かれたお寺のお祭りなどのときに奉納される歌劇で、バロンダンスなどもチャロナランを元にしています。
 歌劇の中心人物、黒魔術の使い手マタ・グデ(Matah Gede)が登場します。手前で座っているのは、黒魔術を習う生徒たち。
a0120328_17193221.jpg

 ガムランの伴奏で劇はすすんでいきます。
a0120328_172081.jpg

 こちらは、善の象徴、白魔術の使い手、バリアン・バトゥール。バトゥール地方に住んでいた、バリアン(呪術師)の伝説が元になっているようです。
a0120328_17204279.jpg

 悪の限りを尽くして善を滅ぼそうとするマタ・グデは、魔女ランダに変身してパワーアップ。
a0120328_17211942.jpg

 ランダが率いる魔物たちの軍隊と、バリアン・バトゥールの犬の軍隊が戦います。コミカルな犬の踊りなどもあって、子供たちにうけていました。
a0120328_17215268.jpg

 バリアン・バトゥールから受け取ったクリス(聖剣)で、最後の戦いに望むパティ(Patih 王宮の高官)。

 全体で約1時間の歌劇でしたが、他ではなかなか見られない伝統的なチャロナラン・ストーリーと、ユニークなダンスなどが合わさって、なかなか見ごたえのあるものでした。一緒に見た方からは、「ガムランの楽器の音が、他の楽団よりきれいだった」という感想も。歌劇の歌声も登場人物それぞれの魅力や迫力があり、目も耳も満足の1時間でした。
 ガムランの演奏者や歌劇を演じる人たちのグループを、スコォといいますが、こちらのスコォは、長年、近辺のお寺を中心に、時には遠方に招待されてチャロナランを演じているベテラングループなのでした。通常は2時間以上にわたるチャロナラン劇を、凝縮し、クロンチョガンやクルクルなどの楽器も加えて、新しいタロ村の芸能として、公演を行なっていく予定だそうです。ワヤン・ムングー氏(写真)が語ってくれました。
a0120328_17223810.jpg

お問い合わせ先
チャロナラン劇「バリアン・バトゥール」
演奏と歌劇 : Windhu Nada (ウィンドゥ・ナダ)
住所 : Banjar Belong, Desa Taro
担当 : I Wayan Mungguh (イ・ワヤン・ムングー)
携帯電話: インドネシア内 081 337 160894(インドネシア語)
       国外から +62 81 337 160894

もしくは、松原あてメール、お電話等でお問い合わせ承ります。
Eメール:nami_yasa@yahoo.co.jp
携帯電話: +62(0)81 338 45 9907(日本語)
[PR]
by songket_bali | 2009-05-24 17:15 | バリ島 芸能・音楽・工芸・絵画 | Trackback | Comments(0)

タロ村の新しいガムラン劇 その1

 「大きな木のベルを使ったガムランって、聞いたことありますか?」と、いつもお世話になっている日本人の社長さんから、お電話を頂きました。「木のベルで奏でる音楽といったら、タバナン地方のテクテカンというものでは?」と、尋ねたところ、取引先のタロ村の木彫職人さんに、ぜひ見てもらいたいものがある、と誘われているのが、その木のベルを使ったガムラン音楽なのだそうで。興味を持った私は、一緒に見せてもらえるようにお願いしました。
 スケジュールが合わずに、何度か予定が変更になりましたが、ついにその日がやってきました。社長さんのご友人や、バリ島オフィスのスタッフの方、私の方も日曜で暇にしていたナミちゃんを誘って、賑やかにタロ村に向けて出発しました。

 ウブドからキンタマーニ高原へ向かう途中、タロ村へ向かう道へ入ります。深い緑に包まれたタロ村は、昔から木彫の職人さんが多く、今は石やセメントを使った、バリ島独特のお寺や家の飾り、建物などを作る職人さんも増えているようです。タロ村には、エレファント・サファリもあって、象のショーを見たり、象に乗ってジャングルを歩いたりすることも出来ます。
 昔、ジャワ島からやってきた高僧ルシ・マルカンディヨが、ブサキ寺院をたてた後、一緒にやってきた人々と開いた村がタロ村だそうで、大変古い歴史のある村なのです。
 サヌールから出発してタロ村まで、途中大雨に降られたりしましたが、車で約1時間30分くらいで到着しました。村に着いたときには、雨も上がっていて、まずは木彫り職人さんのご自宅で、コーヒーをご馳走になったりして休憩となりました。
a0120328_1741876.jpg

 演奏が行なわれるのは、タロ村のバンジャール・ブロン(Banjar Belong)にあるプラ・ダラム・ブロン(Pura Dalem Belong)というお寺にて、ということで、私たち鑑賞者もバリ人がお寺に入るときに身につけるように腰布をつけてもらいます。写真は、羽交い絞めにされている社長さん、ではなくて、バティックの布を巻いてもらっているところ。
a0120328_1743623.jpg

 職人さんのお宅から、車にて2分ぐらい。プラ・ダラム・ブロンに着きました。プラ・ダラムは破壊と再生をつかさどるシヴァ神をまつっているお寺です。写真右奥の建物が、このお寺のワンティラン(Wantilan)で、集会場、作業場として使われる他、闘鶏を行なったり、こういった催し物も行なわれます。左側は、お寺の奥境内にあたるプリアン(Purian)。
a0120328_1745343.jpg

 今日はなんと、私たちのための特別公演ということでした。びっくり。公演者のお友達で、日本語がぺらぺらのフランス人男性がいらしてました。ウブドにて、小学校の設備や学習内容を改善するための財団などを運営しているそうです。
a0120328_1751493.jpg

 これが問題のクロンチョンガン(Kerongcongan)。昔、牛の首につけた木のベルのことです。特にオス牛につけた大型のものをグルンブンガン(Gerumbungan)といったそうです。タバナン地方で演奏のために使われるものは、オコカン(Okokan)と呼ばれます。
a0120328_1753460.jpg

 公演開始を待ちながら、お寺の周りを見てまわったり、着替えをしている出演者を覗いたり。なにやら、魔物か怪物のような扮装をしている人たちも。どんな催し物が始まるのでしょうか。
a0120328_1755186.jpg

 ハンディキャムの準備も出来ました。早く始まらないかな。
a0120328_176945.jpg

[PR]
by songket_bali | 2009-05-24 17:02 | バリ島 芸能・音楽・工芸・絵画 | Trackback | Comments(0)

ロラスの儀式でみられる芸能

 5月20日水曜日は、ロラスの儀式のプンチャック、儀式の山場、頂点となる日で、儀式中、様々なバリ島の芸能を見ることが出来ました。
 まずは、ガムラン。青銅製の鍵盤を並べた打楽器や、太鼓、竹の笛、シンバル、などからなるバリ島のオーケストラで、こちらの人はゴン・グデと呼びます。儀式の始まる前から、終わるまで、儀式のため、集まった人々のため、儀式を行なっている人々のため、集まっている見えないものたちのため、神々のためなどに、演奏が続きます。
a0120328_16534948.jpg

 次は、ワヤン・ブドッグ(Wayang Bedog)。水牛の皮から作られた人形を操って演じられる人形芝居で、儀式の時に奉納されるワヤンは、クリール(Kelir)と呼ばれる布を張らずに、直接人形とダラン(Dalang 人形使い、語り手)を見ることが出来ます。
a0120328_16542622.jpg

 ガンバン(Gambang)は、二股に分かれたバチを使って、竹製の鍵盤を叩く楽器です。見かけは、寄せ集めの板で作ったような楽器なのですが、これがどうして、こういった儀式や祭礼には欠かせない、神聖な音楽を奏でる伝統的な楽器なのです。写真の楽器も、100年以上経っているものだそうで、鍵盤の真ん中辺りが擦り切れてきています。やわらかい音色とゆっくりしたリズムで、なんとも不思議な味わいがあります。
a0120328_1654876.jpg

 トペン(仮面の踊り)は、儀式のしめくくりに欠かせない芸能です。一人の踊り手が、5種類の仮面を付け替えながら踊ります。一番最後に踊られるのがトペン・シダカルヨというものです。写真は、トペン・トゥア(老人の仮面)をつけて踊っているところ。儀式を行なっている建物の外側で踊られて、外に出てくる人、帰る人たちを見つけては、感謝の挨拶をするような振り付けで、踊っています。踊り手は、タボラ地区にお住まいの、イ・グスティ・ラナン・ギタ氏、年齢は80歳くらい。タボラでたった一人のトペンの踊り手になってしまいました。
a0120328_16544860.jpg

[PR]
by songket_bali | 2009-05-22 16:52 | バリ島 芸能・音楽・工芸・絵画 | Trackback | Comments(2)

ロラスの儀式より ムグンドゥン

 儀式の進行中、クトゥガン(Ketungan)を使った、ムグンドゥン(Megendong)が聞こえてきます。 細長くくりぬかれた木クトゥガンを、やはり木製のエルー(elu)と呼ばれる杵のような棒でトントコトン、トントコトンと調子よく叩いて音を出します。奏でられた音をムグンドゥンと呼びます。
a0120328_16462783.jpg

 写真は、5月19日のダギン・チャトゥールのお清めをしているときのムグンドゥン。プダンダが儀式を行なっている2階建ての建物の下で、奏でられていました。

 昔は、大きな米倉のあるようなお金持ちのお家では、朝暗いうちから、このクトゥガンを使った脱穀作業の音が聞こえてきたそうです。たくさんの籾を脱穀するために、数人の女性が杵をもち、単調な作業なので、飽きないようにリズムをつけたのが、ムグンドゥンの始まりだともいわれます。
 インドネシアの各地、稲作文化のあるところで、似たようなものが見られ、ジョグジャカルタに伝わるロロ・ジョングランの伝説の中にもムグンドゥンのくだりが出てきます。

 今ではクトゥガンを使った脱穀作業の様子は見られなくなりましたが、儀式の時などに奏でる音楽として残っているそうです。豊穣や富裕のための祈りのほか、魔除のため、儀式が目に見えない邪悪なものに邪魔されないよう、奏でられます。
a0120328_16464787.jpg

 こちらは、5月20日、ロラスの儀式中の写真。クトゥガンもお供え物の横に配されて、白い布が巻かれて供物として演奏されています。
[PR]
by songket_bali | 2009-05-22 16:44 | バリ島 芸能・音楽・工芸・絵画 | Trackback | Comments(0)


バリ島東部のカランガッサム県シドゥメン村タボラ地区で田舎暮らしをしながら、ソンケットという布を織っています。


by 松原亜希子

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

母のことば
at 2017-04-22 19:11
皆様よりのメール〜M様より〜..
at 2017-04-21 23:28
来週は日本へ行ってきます。手..
at 2017-04-08 16:57
梨園染め手ぬぐいの頂き物とモ..
at 2017-04-07 20:00
皆様よりのメール〜T様より〜
at 2017-04-06 11:40
祭事期間中 お天気になると良..
at 2017-04-04 10:27
サラスワティ像の思い出とマン..
at 2017-01-22 18:46
ウンダ川の橋が新しくなりまし..
at 2017-01-03 17:40
「旅するバリ島・ウブド案内-..
at 2016-12-10 13:07
トゥカッ・チュプンの滝へ行っ..
at 2016-12-05 20:39
トゥカッ・チュプンの滝へ行っ..
at 2016-12-05 19:43
トゥカッ・チュプンの滝へ行っ..
at 2016-12-05 18:40
猫さんはあくびでお見送り
at 2016-11-05 17:04
はたおり進行中のソンケットの確認
at 2016-10-16 17:18
田んぼの草むしりと人間が自然..
at 2016-10-05 21:35
我が家の円相とナミちゃんのイ..
at 2016-10-03 11:46
茨城産干し芋のお土産 ありが..
at 2016-09-28 16:48
影絵芝居人形がニョマンさんの..
at 2016-09-27 19:57
息子の猫さん
at 2016-09-26 19:26
本日は2名様での機織り体験です。
at 2016-09-24 15:05

カテゴリ

全体
ご挨拶・問合せ先とアクセス方法
田舎暮らし 体験プログラム
バリ島田舎暮らし カレンダー
ソンケット他 織・着・使・作
ソンケットなど 販売
シドゥメン村 泊まる
シドゥメン村 食べる
シドゥメン村 見所・遊び・お店
シドゥメン村 ウェディング
バリ島 冠婚葬祭 おつきあい
バリ島 お祭り
ライステラス農家
日々の出来事 目に見えないこと
アグン山 本日の眺め インスタグラム
我が家のご主人 ニョマンさんの売店より
我が家の食卓
バリ島 家族
バリ島 医療・治療・美容
バリ島 暦・占い・不思議など
バリ島 芸能・音楽・工芸・絵画
バリ島 政治・経済・社会・通信
バリ島 動物・植物・生き物
バリ島 子供 遊び テレビ
バリ島 読書 本など
クバヤをつくりましょう
サヌール・デンパサール
ウブド、ギャニャール
クルンクン・カランガッサム
バンリ バリ島その他の地区
クタ スミニャック クロボカン
レンボンガン
ENGLISH
INDONESIA
手相鑑定・パームリーディング
手相について 手相の見方など
お知らせ&皆様よりのメール
ゲストの皆さま お土産物 頂き物など
その他色々 世相や気になった事など
雑誌、メディアにてのご紹介など
バリ島撮影取材コーディネート
各カテゴリー内目次

記事ランキング

検索

画像一覧

最新のコメント

サラスワティが知識である..
by よし at 22:38
> よしさん いつもコ..
by songket_bali at 18:12
見て即座に注文して昨日に..
by よし at 19:38
日本もバリも同じ三日月な..
by よし at 20:15
Y・Aさま こんにちは。..
by songket_bali at 14:47
> じゃかこさん はじ..
by songket_bali at 17:10
初めまして、バリ島大好き..
by 里花 at 13:59
> よしさん コメント..
by songket_bali at 21:32
初めてバリに来たときのこ..
by よし at 19:41
イシカワ様 ブログコメン..
by songket_bali at 14:37
コメントありがとうござい..
by songket_bali at 13:35
楽しいご旅行になりますこ..
by songket_bali at 00:03

最新のトラックバック

バリ日記4
from 一体どうなんでしょう
何もない日と100マト動画
from 一体どうなんでしょう
ひとりでできるもん!(ウ..
from 一体どうなんでしょう
ミステリーサークルがでた..
from バリ島がやっぱり好き!〜ホテ..
手相!おすすめの逸品
from 手相
バリ島より帰国しました〜..
from バリ島がやっぱり好き! ホテ..
KUBU TANI@Si..
from Bali大好き!

タグ

(766)
(506)
(98)
(86)
(82)
(51)
(47)
(44)
(42)
(30)
(28)
(25)
(24)
(24)
(22)
(22)
(20)
(18)
(18)
(16)

ファン

フォロー中のブログ

exblog ガドガド
フィレンツェ田舎生活便り2
田舎暮らし
Yin Yang 陰陽(...
スリーカラーローズ
SachiのIndone...
do loop's blog
Brisbane Yog...

おすすめサイト

こちらは、私がよく読ませて頂いたり、我が家を訪れて下さったり、ご連絡を頂いた皆様のサイトやブログです。ぜひご覧ください。

バリ島より 旅行、車の手配など
人気のチャーターツアーです。見たいバリを見せてくれます!
バリ島旅行バリクツアーズ

バリ島のスピリチュアルな場所や物事にご興味のある方へ
特におすすめです。
バリ島スピリチュアルツアー dari Hati Bali

いつもありがとうございます。心やさしいガイドさんです。
Suwaru Bali スワルバリ


バリ島にて お宿、体験、お買物など

バリが詰まったお店です。
*SARI BUMI*

エネルギーいっぱいのバリ島でレイキを。レイキを身につけたい方に、お勧めサロンです。
レイキヒーリングサロン・サマトワ

ウブドの田んぼとアグン山の見えるコテージでゆっくりのんびりリフレッシュ。素敵なご家族がお迎えしてくれます。
バリ島ウブド「トランブラン・コテージ」

バリ島ウブド、くつろいだ雰囲気とおしゃれなインテリアのお宿です。
ココバリバリ

バリ島、ウブドにあるお宿、「PRASANTI」。オーナー一家のバリ島暮らしを日記でご紹介。
ぷらさん亭便り

バリ島の日本食レストラン「漁師」ウブド店店長さんのブログです。
バリ島ウブド 親泣かせ独身女奮闘気

ボディボードとヨガをされている結美さんのページです。
結美のホームページ

売りたい人、買いたい人、どうぞブログを覗いてみてくださいね。
バリ島リサイクルショップSORA

バリ島ウブドのオリジナル・ヨガウェアなどのお店です。
mi,iik

日本にて
館山で田舎暮らしを体験しましょう!
田舎暮らし体験施設 ZENさんのふるさと.らぼ

館山のふるさと.らぼZENさんのブログ。
ZENさんの毎日がSpecial

バリ島の雑貨、生活雑貨、インテリア製品の販売はもちろん、施工も行ってくれる心強いお店です。オリジナル商品でいっぱい!
リゾートインテリア・アンジン店長ブログ

猫好きにはたまりません!
東京谷中 ねんねこや

インドネシア、バリ島情報いっぱい

バリ島での長期滞在や移住をお考えの方へ、お役に立つ情報がたくさんのブログです。
ξ^.^ξマーメイド。&【kai】夫婦です。

webデザイナー梶ナナカさんのブログです。バリ島の情報だけでなく、その他あちこち、スピ系のお話も、お役に立つ情報がいっぱいです。
Memo Bali Blog メモバリブログ

インドネシアだけでなく、世界のビジネス、経済、社会、自然、歴史、史跡、男の世界などなど、読んで楽しくためになるブログです。
インドネシア情報局

写真家レガーニャさんのバリ島ブログ。色々なバリ島が満載。
Leganya Bali 仕事は?・・

インドネシア人のアルビーさんのブログ。インドネシア語勉強中の人には、特におすすめです!
アルビーのインドネシア語教室

京都暮らしのつれづれ・・・美味しいもの・・・大好きなバリのことなど・・・がつづられた、お気楽妻さんのブログ。バリ島大好きな気持ちのあふれるブログです。
お気楽のススメ

海外旅行が大好きな遠距離ご夫婦のブログ。お互いを思いやる心の伝わってくる素敵なブログです。
*tmr*的生活

バリ島のリゾートやレストラン、イルカさんがつづる楽しい素敵なバリ島ブログです。
バリ島☆★☆BALI BAGUS☆★

旅が好き、というtabinosoraさんも、シドゥメン村を訪れてくださいました。彼女のブログには、世界各国でのユニークな経験がいっぱいです!
あっちいって…こっちいって

つぼやんのホームページでは、趣味の旅行記を読むことが出来ます。同じアジアの国々でも、食べ物も文化も多様ですね。
つぼやんのホームページ

心地よいヴィラ、スパ、ヨガ、スピリチュアルなど、情報いっぱいのブログです。
バリ島がやっぱり好き!

上記「バリ島がやっぱり好き!」の姉妹ブログです。東京在住、京都出身SAYOさんの素敵な京都ブログ。京都のお値打ち情報満載!
京都人のおすすめ京都旅行記ブログ「値打ちあるわぁ」

かわいくて不思議な楽器マトリョミンを操るotamaさんのブログです。
一体どうなんでしょう

バリ島旅行記をはじめ、日々をつづるにぽぽさんのブログです。おすすめ!
ただいま

スピリチュアル、エネルギーワーク、ヒーリングなどのことがたくさん。シドゥメン村も訪れて下さったチェルシーさんのブログ。
チェルシーな日々

バリ島内、島外の記事も!旅は芸の肥やしですよね!
バリ島~恋する旅芸人

世界より
カリブ海岸の町からお届けする、メキシコ在住のKyokoさんのブログです。
すべてはひとつ・ All is One

インド旅行の準備や心得、女1人で行くたびの旅行記をご紹介。インド情報いろいろです。ぜひご覧下さい。
インド旅行~女一人旅の心得

お気に入り
茨城県!私の故郷です!美味しいおそばとロハスなものごと。ついつい微笑んでしまう言葉がいっぱい。
手打ちそば常陸屋のブログ

翻訳のお仕事、身近な自然、ご家族などなど。ご家族や自然に対する愛情を感じております。
田舎暮らしの翻訳者

世の中には、こんなにいっぱいの本がある。。。
読書猿Classic: between / beyond readers メールマガジン「読書猿」で紹介した本を虫干しします

歴史に名を残す人々の名前の語源がわかります。日本語に変換されると、大変ユニークな名前になってしまいます!
人名力 著名人名の語源―The Etymology of Famous Person Names―

瞑想やインド哲学、宗教についてもっと知りたい方おすすめ!わかりやすくて詳しい、初心者にも親切なブログです。
智慧の海 愛と美と平和への洞察


私のフェイスブックのページです。インドネシア語で時々更新中。
facebook Akiko Matsubara

ついでにフェイスブックのファンページです。こちらもよろしく。
facebook Akiko Matsubara-Palm Reading-

この欄に関するご質問、ご連絡等は、お気軽にメールにてご連絡ください。
相互リンクもお待ちしております!

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、シドゥメン村のお宿ご予約代行、車の手配、手相占いやその他ワークショップのご予約、ご予約の変更など、下記松原あてメールにて承ります。 どうぞお気軽にご連絡ください。
メール 
:nami_yasa@yahoo.co.jp

ブログパーツ

以前の記事

2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月

ライフログ


バリ島の歩き方 2013 (地球の歩き方MOOK)


D26 地球の歩き方 バリ島 2012~2013


12 地球の歩き方 aruco バリ島 (aruco)


人間の大地 上 (プラムディヤ選集 2)


人間の大地 下  プラムディヤ選集 3


D26 地球の歩き方 バリ島 2010~2011


バリの賢者からの教え~思い込みから抜け出す8つの方法~L’homme qui voulait etre heureux


魂の伴侶と出会う旅


Eat, Pray, Love: One Woman's Search for Everything Across Italy, India and Indonesia


沖縄染織王国へ (とんぼの本)


「女の仕事」のエスノグラフィ―バリ島の布・儀礼・ジェンダー


Island of Bali

その他のジャンル

Skypeボタン

外部リンク

ブログジャンル

海外生活
スピリチュアル