カテゴリ:バリ島 読書 本など( 15 )

「地球進化46億年の物語」を読みました。

いつもこのブログを訪れて頂きまして
ありがとうございます。

昨年日本を訪れた際、滞在中の空き時間や移動中に読もうと思いまして
本屋さんで数冊の本を購入いたしました。

こちらは、バリ島へ戻ってからじっくりと取りかかり、
ずいぶん前に読み終えておりますが、
たいへん素晴らしかったです。
a0120328_19590623.jpg
地球の形成、月はどうやってできたのか、最初の岩石は、
地殻移動や水について、、、とにかく興味深いことばかりです。

半分くらいまで読んでもまだ地球は20億歳、
酸素も現れておりません。

最終章11章の未来の段では、50億年先の未来から、
これからの100年までのイメージが引き寄せられます。

四捨五入して私の人生半世紀ほど、
比べるには及ばない、ということがよくわかりますが
およびでない人生をコツコツ生きるために、
地球の一分子であることを忘れず、偉大なる時間を恐れずに
今出来ることにしっかり取り組もう、という気持ちになりました。

特に石や岩石の好きな人にもおすすめです。
私も大きな岩などが好きなので、玄武岩や花崗岩があわられるくだりなど
読みながらとてもわくわくいたしました。

科学が好きな方にも、精神世界が好きな方にも
お勧めさせていただきます。

「バリ島 本 読書など」のカテゴリー 目次のページ
「お知らせ&皆様よりのメール」のカテゴリー 目次のページ
「ソンケット 織る・着る・使う」のカテゴリー 目次のページ
「手相カウンセリング」のカテゴリー 目次とお申し込み方法のページ
「バリ島田舎暮らし 手織りの布ソンケット」ブログ 各カテゴリー内記事目次ページへのリンク
こちらの記事もご参考にどうぞ

フェイスブックのページでは毎日のニュースなどから考えたこと、感じたこと、気になったことなどを随時投稿しております。インドネシア語や日本語で更新中。
facebook Akiko Matsubara
フェイスブックのファンページです。こちらもよろしくお願いします。
facebook Akiko Matsubara-Palm Reading-
ソンケットやイカット、布の制作に関するFacebookのページです。 
facebook Akiko Matsubara Talisman Traditional Songket&Ikat Weaving Workshop
シドゥメン村ライステラストレッキングのページです。
Sidemen Rice Terrace Trekking -Nyoman Rai-

インスタグラム:akikosongketbali
Twitter: @akikomatsubara
You Tube:Akiko Matsubara
Foursquare-Akiko palm reader

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、手相占いやその他ワークショップのお問い合わせなど、下記松原あてメールにて承っております。
どうぞお気軽にご連絡ください。

また、お問い合わせの内容によりましては、こちらのブログ記事にて回答させて頂くこともございます。ご了解頂けますようお願いいたします。

以前のブログ記事によりましては、時間の経過とともに内容が現況にそぐわないものもございます。記事内容等ご参考頂く際には、念のため記事の日付等ご確認頂き、必要であれば松原宛に現況をお問い合わせ頂けますようお願いいたします。

このブログは個人的な経験や体験をもとに記載しており、自己と自分の身の回りの時間の経過による変化につきましても、記録として残していきたいと考えております。

常に最新情報を提供するタイプのブログではございませんが、様々な情報の一つとしてご参考頂けましたら幸いです。

*** *** *** *** ***
松原亜希子
Akiko Matsubara
Web : http://songket.exblog.jp
E-mail : nami_yasa@yahoo.co.jp
Address:Buu, Banjar Dinas Tebola, Desa Sidemen, Karangasem 80864
Bali-Indonesia
*** *** *** *** ***
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。

最後までご一緒頂きありがとうございました。
明日も良い1日になりますように。



 


[PR]
by songket_bali | 2015-09-15 16:47 | バリ島 読書 本など | Trackback | Comments(0)

「ルラジャハン」について書かれた本につきまして

 いつもこのブログを訪れて頂きまして、ありがとうございます。
 先日のことですが、自分あてのメールにて「ルラジャハンについて書かれた本」につきましてご質問を頂きました。
 ご質問をお送り頂きました方へは、まずはメールをお送りくださいましてありがとうございました。この場を借りてお礼を申し上げます。
 またその後インターネットで「ルラジャハン バリ島」などといった言葉で自分でも検索を行ってみましたところ、ヤフー知恵袋にての回答に自分のブログ記事のリンクがあるのを発見致しまして、驚いた次第です。有り難いとともに、インターネット上の文章は様々な方が見てくださるのだから、内容に不備のないように気をつけないと、と改めて感じました。

 頂きましたメールにはご氏名や情報収集の目的等書かれておりませんでしたため、申し訳ございませんが、私の方で返信を迷ってしまい、まだ直接ご返信させて頂いてはおりません。何かのお役に立つのなら、と、こちらのブログにて情報をまとめて提供させて頂きたいと思います。

 では以前このブログにてルラジャハンのことを書きました折に参考にした本と、他に2点、自宅の本棚にありましたルラジャハンについて書かれた本を以下にご紹介させていただきます。

 1冊目は、以前のブログを書いたときに参考にした本です。
a0120328_12522350.jpg

 タイトルはこちら、" Fungsi Dan Manfaat Rerajahan Dalam Kehidupan" フンシ・ダン・マンファアト・ルラジャハン・ダラム・クヒドゥパン、1999年、スラバヤ Surabaya の パラミタ Paramita より出版、著者は I Gede Jaman S.Ag. 氏となっております。

 タイトルの意味は、「生活の中のルラジャハン 機能と効果」といった意味合いになると思います。正式な日本語訳の本が出版されているかどうかわかりませんので、参考としてご理解ください。

 内容につきましては、1920年代に外国人によって集められたルラジャハンの画や、ルラジャハンと共に書かれたアクサラ・サクラル Aksara Sakral(神聖文字)とその意味や目的などが数多く紹介されており、ルラジャハンに興味のある方にはたいへん面白い本であると思います。また、意味がわからなくとも画集としておまじないの絵を見るだけでも興味深いです。
 
 私自身は全ての文章部分を読込んでおりませんので、詳細な解説は避けますが、ルラジャハンがバリ人の生活の中でどのような役割を果たしているか、というような事柄にもおおまかに触れて書かれております。

 ただ多くのインドネシアで出版されている本に通じることではありますが、もう少し踏み込んだ歴史的検証や、ルラジャハン収集者に関する情報、ルラジャハンが種類や目的別に整理されていたりするとさらに良い本になるのではないか、とも思っております。

 2冊目と3冊目はこちらです。
a0120328_1252494.jpg

 以前のブログ記事を書いた際の参考文献ではありませんが、自宅の本棚を探したら、他にも以前に購入したルラジャハンの本がありましたので、こちらにご紹介させていただきます。

 左側は、"Ulap-Ulap dan Rerajahan dalam Agama Hindu di Bali" ウラップ-ウラップ・ダン・ルラジャハン・ダラム・アガマ・ヒンドゥー・バリ、上述と同様スラバヤのパラミタより2008年に出版されております。

 バリ島では建物の正面や入り口の軒下などに、絵や文字が描かれた白い布が下がっているのを見かけることがあると思いますが、これがウラップ-ウラップと呼ばれているものです。
 また、バリ島では各家庭の敷地ごとに寺院がありますが、寺院内の各建物にどのようなウラップ-ウラップを使うか、また、バリ島の伝統的な家屋建築についてなどの記述が興味深いところかと思います。

 右側の本もパラミタより2007年出版の、"Rerajahan Lan Pengastawan Caru" ルラジャハン・ラン・プンガスタワン・チャルーです。

 チャルーというのは、Korban suci untuk Bhuta Kala ブタカラと呼ばれる魔物(ネガティブなものの象徴)への聖なる犠牲、その儀式、という意味合いですが、この小さな薄い本には、チャルーを行うときの Mantra マントラ や Doa ドア などのお祈りの言葉や儀式の際に使用するいくつかのルラジャハン、供物の整え方などが紹介されております。
 
 ルラジャハンの全容を理解したいと言う場合には、これらの本だけでは難しいと思いますので、その他多くの文献にあたったり、ルラジャハンに詳しい方々へお尋ねになったりすることが必要になると思います。
 ルラジャハンひとつをとっても多種多様で地域性もあると思います。この地域による多様性がバリ島文化やその他の分野の研究者にとっては本当に頭の痛いところなのではないか思いますが、現代を生きるバリ島の人々が、出来るだけたくさんの記録を残すことによって、かえって系統立ててまとまりやすくなるのではないかと考えております。

 近年はバリ島のマジカルな部分に関する本なども多く出版されておりますので、興味のある方には、こういった本探しも面白いかもしれませんね。
 
 私もこれからも、興味深い物事や本などが見つかったら、ブログなどを通じて発信できるようにしていきたいと思います。

ルラジャハン Rerajahan につきましての以前の記事はこちらです。
バリ島のお守り
「バリ島 暦・占い・不思議など」のカテゴリー 目次のページ
「バリ島 本 読書など」のカテゴリー 目次のページ

「お知らせ&皆様よりのメール」のカテゴリー 目次のページ
「ソンケット 織る・着る・使う」のカテゴリー 目次のページ
「手相カウンセリング」のカテゴリー 目次とお申し込み方法のページ
「バリ島田舎暮らし 手織りの布ソンケット」ブログ 各カテゴリー内記事目次ページへのリンク
こちらの記事もご参考にどうぞ

 私のフェイスブックのページです。インドネシア語と日本語で更新中。
facebook Akiko Matsubara
ついでにフェイスブックのファンページです。こちらもよろしくお願いします。
facebook Akiko Matsubara-Palm Reading-
ソンケットやイカット、布の制作に関するFacebookのページです。 
facebook Akiko Matsubara Talisman Traditional Songket&Ikat Weaving Workshop
全く更新しておりませんが、主人のフェイスブックのページです。
facebook Nyoman Rai

インスタグラム:akikosongketbali
You Tube:Akiko Matsubara
Foursquare-Akiko palm reader
Foursquare-Warung Rahayu, Buu, Tebola
Foursquare-Workshop Talisman, Akiko's Songket&Ikat, Tebola,Sidemen

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、手相占いやその他ワークショップのお問い合わせなど、下記松原あてメールにて承っております。
どうぞお気軽にご連絡ください。

また、お問い合わせの内容によりましては、こちらのブログ記事にて回答させて頂くこともございます。ご了解頂けますようお願いいたします。

以前のブログ記事によりましては、時間の経過とともに内容が現況にそぐわないものもございます。記事内容等ご参考頂く際には、念のため記事の日付等ご確認頂き、必要であれば松原宛に現況をお問い合わせ頂けますようお願いいたします。

このブログは個人的な経験や体験をもとに記載しており、自己と自分の身の回りの時間の経過による変化につきましても、記録として残していきたいと考えております。
常に最新情報を提供するタイプのブログではございませんが、様々な情報の一つとしてご参考頂けましたら幸いです。

*** *** *** *** ***
松原亜希子
Akiko Matsubara
Web : http://songket.exblog.jp
E-mail : nami_yasa@yahoo.co.jp
Address:Buu, Banjar Dinas Tebola, Desa Sidemen, Karangasem 80864
Bali-Indonesia
*** *** *** *** ***
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。

最後までご一緒頂きありがとうございました。
明日も良い1日になりますように。
[PR]
by songket_bali | 2015-03-18 12:50 | バリ島 読書 本など | Trackback | Comments(0)

「卒アル写真で将来はわかる 予知の心理学」を読みました。

 いつもこのブログを訪れて頂きまして、ありがとうございます。
 2014年も本日で終わり、明日から2015年となります。
 1960年代最後の年生まれの私は、西暦2000年代になってからというもの、正直いいまして、まだ違和感があります。子供の頃は2010年なんて、とてもとても遠い未来のように感じておりました。
 それがもう2015年だなんて。。。何世代も何世代も後の人々は、明日から西暦5000年、あけましておめでとうございます!なんて挨拶をしているのかな、など、またよけいな空想をしつつ、今年最後の日を過ごしております。
 本日は、年越しにあまり関係がありませんが、本の話題です。
 
 最近はあまりゆっくりと本を読むこともなかったのですが、先日日本へ行きました際、空港で本屋さんへ立ち寄ることができました。
 本当は滞在中に書店に立ち寄って、今のところ読んでみたい本を探したりする時間が欲しかったのですが、今回は自由時間がありませんでしたのであきらめておりました。
 
 帰国便の搭乗を待ちながら、何かあるかな、とふらっと立ち寄りました空港内の本屋さんで、機会があったら読みたいな、と思っていた本をみつけました。

 それがこちら文藝春秋刊「卒アル写真で将来はわかる 予知の心理学」です。
 2014年10月発行の本ですので、既に読まれた方も多いのではないかと思いますが、自分も読んでみてなるほど〜と感じることがたくさんありました。面白かったです。
a0120328_11284672.jpg

 「はじめに〜」の部分を読んでいきますと、この本の書かれた目的などがわかります。この本にもこのような記載をみつけましたが、科学的実験による根拠を裏付けとし、実験データから示された結果から導きだされた「科学が明らかにした予知の手がかり」は、「断っておくが、これは手相や占いとはちがう」(「」内は本の文章を抜き書きさせて頂いております)、というような文章が書かれております。
 私自身の考えでは、そのうち占者が何を見て、何を語っているのか、というような、「占い」をしっかり研究して、科学的データ化する科学者が現れれば、それは科学になってしまうので、科学者や研究者自らが簡単に占いや手相とは違う、と言うこともできなくなるであろう、と考えておりますし、外見から予見する、ということ自体すでに人間の本能的な才能で、また、それを自然抽出したものが、とりあえず「占い」と名付けられているに過ぎないのでは、と考えております。とにかく人間にとって、占いは科学より古くから身近にあったはずです。
 
 アカデミックな科学の世界で生きる人々は、占いと科学を別次元に分けないとお仕事にならないのだと思いますが、そのうちどのみち同じであることを証明する科学者が現れてくださることを願っております。

 帰りの機内で読み終えましたが、大変面白かったです。人間は視覚情報からいかに物事を捉えているのか、私たちはいかに自然に自分たちの本質をあらわにしているのか、、、興味のある方はどうぞ読んでみてくださいね。

 今年もたくさんの応援を頂きまして、ありがとうございました!来年もどうぞよろしくお願いいたします。
「バリ島 本 読書など」のカテゴリー 目次のページ
「手相カウンセリング」のカテゴリー 目次とお申し込み方法のページ
「お知らせ&皆様よりのメール」のカテゴリー 目次のページ
「バリ島田舎暮らし 手織りの布ソンケット」ブログ 各カテゴリー内記事目次ページへのリンク
こちらの記事もご参考にどうぞ

 私のフェイスブックのページです。インドネシア語と日本語で更新中。
facebook Akiko Matsubara
ついでにフェイスブックのファンページです。こちらもよろしくお願いします。
facebook Akiko Matsubara-Palm Reading-
ソンケットやイカット、布の制作に関するFacebookのページです。 
facebook Akiko Matsubara Talisman Traditional Songket&Ikat Weaving Workshop
全く更新しておりませんが、主人のフェイスブックのページです。
facebook Nyoman Rai

インスタグラム:akikosongketbali
You Tube:Akiko Matsubara
Foursquare-Akiko palm reader
Foursquare-Warung Rahayu, Buu, Tebola
Foursquare-Workshop Talisman, Akiko's Songket&Ikat, Tebola,Sidemen

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、手相占いやその他ワークショップのお問い合わせなど、下記松原あてメールにて承っております。
どうぞお気軽にご連絡ください。

*** *** *** *** ***
松原亜希子
Akiko Matsubara
Web : http://songket.exblog.jp
E-mail : nami_yasa@yahoo.co.jp
Address:Buu, Banjar Dinas Tebola, Desa Sidemen, Karangasem 80864
Bali-Indonesia
*** *** *** *** ***
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。

以上は2014年12月31日に更新いたしました。
最後までご一緒頂きありがとうございました。
どうぞ良いお年をお迎え頂けますように。
[PR]
by songket_bali | 2014-12-31 11:28 | バリ島 読書 本など | Trackback | Comments(0)

お客様よりオランダ語の本を頂きました。

 いつもこのブログを訪れて頂きまして、ありがとうございます。
 本日は関東地方の空も荒れ模様のようですが、シドゥメン村の我が家周辺でも、先ほど嵐のような風が吹いておりました。今は風も止んで、幾分静かになっておりますが、昨夜もざっと雨が降ったりして、安定しないお天気ですね。

 昨日は、5月中は云々というお話をさせていただきましたが、今年の5月中は、我が家へ手相鑑定に訪れてくださったお客様のうち西洋のお客様の割合の多い月でもありました。
 ロシアよりの方もいらっしゃいましたが、オーストラリアからの方が多かったように記憶しております。
 
それからこちらの写真のリリーさんは、インドネシアとオランダの血を引いたオランダ在住の女性で、シドゥメン村にて休暇中。
a0120328_2032352.jpg

 我が家の本棚を見て、オランダ語の本をプレゼントしてくださいました。
a0120328_20331169.jpg

 リリーさんの楽しみは、訪れた先々の人々と意見を交換したり、お互いの文化を教えあったりすることだそうで、将来は出来ればシドゥメン村のような場所に長く住みたい、とお話してくださいました。

 生活について、バリ島の変化について、私が考えているこれから自分が取り組みたいことについてなど、意見を交換させて頂いて、私自身が、なるほど、私はこうしたいのだな、と気づくことも出来ました。
 
 リリーさんの将来の夢が叶いますように。私も自分がこれから取り組みたいことに、進んでいけますように。
 時代の雰囲気に呑まれず、その先を見ながら進むことが出来たらよいな、と思っております。


「バリ島 本 読書など」のカテゴリー 目次のページ
「手相カウンセリング」のカテゴリー 目次とお申し込み方法のページ
「バリ島田舎暮らし 手織りの布ソンケット」ブログ 各カテゴリー内記事目次ページへのリンク
こちらの記事もご参考にどうぞ


 私のフェイスブックのページです。インドネシア語と日本語で更新中。
facebook Akiko Matsubara
ついでにフェイスブックのファンページです。こちらもよろしくお願いします。
facebook Akiko Matsubara-Palm Reading-
全く更新しておりませんが、主人のフェイスブックのページです。
facebook Nyoman Rai

インスタグラム:akikosongketbali
You Tube:Akiko Matsubara
Foursquare-Akiko palm reader

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、手相占いやその他ワークショップのお問い合わせなど、下記松原あてメールにて承っております。
どうぞお気軽にご連絡ください。

*** *** *** *** ***
松原亜希子
Akiko Matsubara
Web : http://songket.exblog.jp
E-mail : nami_yasa@yahoo.co.jp
Address:Buu, Banjar Dinas Tebola, Desa Sidemen, Karangasem 80864
Bali-Indonesia
*** *** *** *** ***
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by songket_bali | 2014-06-06 20:33 | バリ島 読書 本など | Trackback | Comments(0)

「奇跡のリンゴ」を読みました

 昨日ウブドへ行き、「奇跡のリンゴ」という本を頂きました。農薬や殺虫剤などの薬品無しでリンゴを育て収穫することは絶対不可能というのが、リンゴ農家の常識なのだそうですが、その常識を覆した木村秋則さんのことについて書かれた本でした。
 2006年にNHKテレビの番組で放送されているそうなので、多くの方々はもうご存知のお話かも知れませんが、私は今回初めてこの本を読ませて頂きました。

 本日もカランガッサムへ行く日でしたので、昨夜は途中まで読むだけにしよう、と思っていたのですが、結局とうとう最後まで読んでしまいました。
 一番心に残ったシーンは、死んでしまおうと思って山に登り、月明かりの中でたわわに実るどんぐりの木を見つける場面、山の自然の中で、薬品などの手を借りず堂々と育つ木を見つけて、木が育つということは、本当は何に気付くべきだったのか、と、はっとする場面でした。
a0120328_002561.jpg

 文字を追いながら私も空想の中で、手で土を掘り、握りしめました。どうして人間は、地球にへばりついて、こんなに大変なことをしながら生きなくてはならないのだろう、と思いました。でも、それが、そうやって生きることが奇跡なのだろうと思いました。人間が人間の常識でめったにありえないことを「奇跡」と名づける時でも、自然は黙って私たちを呑み込んで生かしているのだろうと感じたのです。
 もしまだ読んでいらっしゃらなくて、興味がありましたらぜひどうぞ。お勧めの1冊です。この本を下さったタカコさん、ありがとうございました!

アマゾン:奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録-石川-拓治

「ライステラス農家」のカテゴリー 目次のページ
「バリ島 本 読書など」のカテゴリー 目次のページ
こちらの記事などもご参考にどうぞ


 私のフェイスブックのページです。インドネシア語と日本語で更新中。
facebook Akiko Matsubara
ついでにフェイスブックのファンページです。こちらもよろしくお願いします。
facebook Akiko Matsubara-Palm Reading-
はじめたばかりですが、主人のフェイスブックのページです。どうぞよろしく。
facebook Nyoman Rai

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、手相占いやその他ワークショップのお問い合わせなど、下記松原あてメールまたは、携帯電話にて承ります。
どうぞお気軽にご連絡ください。
メール : nami_yasa@yahoo.co.jp
バリ島内携帯電話 : 081 338 45 9907
または、087 862 763 648 (日本語メッセージ可能)

日本より携帯電話へ : +62 81 338 45 9907
または、+62 87 862 763 648 (日本語メッセージ可能)
お待ちしております。
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by songket_bali | 2012-03-13 23:55 | バリ島 読書 本など | Trackback | Comments(2)

般若心経はやっぱりいいですね

 バリ島へいらっしゃる度に、ほぼ必ずシドゥメン村へ足を運んでくださって、いつものように本のお土産を持ってきてくださるSさんが、今年もこの7月上旬に、本と共に訪れてくださいました。

 今回は、こちらが忙しくしてしまったため、タイミングが合わずに、じっくりと近況などのお話を伺うことが出来ませんでしたが、読みたいな、と思っていた、般若心経の本がお土産の中に入っていて、とてもうれしかったです。
a0120328_8582061.jpg

 若いときほど読書を、と言いますが、あれは本当だと、今更ながらに思います。私も昔は、何でも構わず手当たり次第読むことが出来て、本を読むための時間もたくさんあって、読めばそれなりに考えるところがあって、若い人なりの読書、ということをずいぶん楽しんだ、と思います。
 少し古い本や、堅苦しい本も好きでしたし、般若心経や司馬遼太郎氏の歴史シリーズなどは、友人などとも競い合うようにして読んでいましたが、今になって読んでみると、やっぱり、あの時は若者なりの背伸びだったかなあ、と思ったりもします。

 反対に、どんな本でも読める、ということがなくなりました。以前から、全く読みたくならない本、というのも、もちろんあったのですが、それでも、読め、と言われれば、何となく読むことが出来たものです。ところが、いつの間にか、最近では、「たまにはこういうのも読んでみようか」と開いてみても、はじめの1行くらいで、放り出したくなるものが多くなってしまいました。
 世の中には、ものすごくたくさんの本がありますので、今となっては「ああ、あの時に手に取っておけばよかった」と思えるような本のほうが増えてきて、やっぱり年を取ったなあ、と感じることが多くなりました。
 
 とりあえず、せっかくの読書の時間と、面白い本が手に入ったのですから、まあ、そんなことにも、あんまりこだわらないようにしましょうか。今の私だからこそ、般若心経の宇宙に、ぷかぷか浮かんで読書を楽しむことが出来るかも知れません。

 でも、やはり、以前は文字を追いながら想像することの多かった文章も、今となっては、はっきりと経験や思い出となって蘇ってくることが多くなっていて、こういうことを、「年を重ねた」というのだろうな、と感じざるを得ない状況なのです(笑)。

「バリ島 本 読書など」のカテゴリー 目次のページ
こちらの記事もご参考にどうぞ

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、シドゥメン村のお宿ご予約代行、車の手配、手相占いやその他ワークショップのご予約、ご予約の変更など、下記松原あてメールまたは、携帯電話にて承ります。
なるべく早めのご予約がお勧めです。どうぞお気軽にご連絡くださいね。
メール : nami_yasa@yahoo.co.jp
バリ島内携帯電話 : 081 338 45 9907
日本より携帯電話へ : +62 81 338 45 9907
お待ちしております。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by songket_bali | 2011-07-23 08:52 | バリ島 読書 本など | Trackback | Comments(0)

役に立つ本 ブサキ寺院はバリ島の源

 最近は、ローカルの本屋さんに行っても、本の種類が増えたなあ、と思います。
 特に宗教関連、寺院に関すること、歴史などのほか、やはりバリ島の人々の好みをあらわしているのか、不思議なこと、目に見えないことやスピリチュアル系の本が多く見られます。
 もちろん大型書店へ行けば、物語や小説、ビジネス書など、たくさんの種類の本がありますが、田舎の本屋さんは、やはり宗教関連書などがほとんどで、私には、それで十分面白いです。むしろ、広い書店を、目当ての本を探してうろうろしなくて済むので、その方が良さそうです。

 不思議なお話についても、近頃は、科学的に、また、理論的に検証したりしている本が増えていて、読んでみると時代の変化を感じますね。

 昔は、何事を尋ねられても、バリ語でいう「ムロ・ケトー Mula Keto そういうことよ」で済んでいた事柄も、最近は、そういうわけにも行かなくなってきました。
 例えば、「どうしてお寺でお祈りをするの?」と聞かれたら、「昔からそうだからよ」ですんでいたところ、最近では「お寺は、神様の力が凝縮されてこの世に現れてくる場所なのよ。赤ちゃんのいるお母さんは、お乳が出るでしょう。体中に、お乳の元はあるのだけれど、お乳が出てくるのは、おっぱいだけだよ。お寺は、神様の力をいっぱい分けてもらえる場所なのよ」という感じ。

 昔々は、ドゥクン(Dukun 伝統的治療師、呪術師)の知識として、一般の人が知る機会がなかったことなども、本に書かれるようになってきています。
 薬草の調合、マッサージのつぼ、レヤックになるための方法、秘密のマントラなどなど。こんな本が家にあるのを知られただけで、「あそこの家はレヤックだ」などと噂されたものですが、今では、「え~この本、面白いね。ちょっと貸して」。特にシドゥメン村は、少々スピリチュアルなパワーの強い村人が多くて、この村だから、そんな感じなのかも知れません。

 小学校4年生のナミちゃんの、学校の宗教の教科書を見ると、難しいことがたくさん書いてあります。子供に聞かれることもありますが、手相占いでは、ローカルの方々にも、色々尋ねられるので、やはり自分も少々勉強しておかなくては、というとき、また、このブログを書いたりするときに、こんなローカルの本たちが、とても役に立ってくれます。
a0120328_15281391.jpg

 インドネシア語の本ですが、お寺関連で便利なのが、こちら、バリポスト出版の「mengenal Pura Sad Kahyangan & Kahyangan Jagat ムングナル・プラ・サッド・カヒャンガン&カヒャンガン・ジャガッ」と、Paramita パラミタという、スラバヤの出版社の「Pura Besakih Hulunya Pulau Bali プラ・ブサキ フルニャ・プラウ・バリ」という2冊です。
 ムングナル~の方は、バリ島で6大聖地とされる寺院のほか、重要なお寺についてが取材レポート風にまとめられています。さすがバリポスト。「プラ・ブサキ~」の方は、名前の通り、ブサキ寺院に関する事柄がまとめられていて、ブサキ寺院内の各お寺の由来や役割、祭日などを調べることが出来ます。
a0120328_1529244.jpg

 以前は、お寺のことを調べようと思っても、手軽に読める本もなく、こういったバリ島文化省編集の本のコピーなどを使っておりました。編集当時の、ブサキ寺院の見取り図なども描かれているので、これも大変便利ですが、今では、数冊を読み比べることが出来るようになり、詳しく調べたい方にとっては、とても便利になったと思います。
 あとは、欲を言えば、もっとよい写真やイラストが増えたらいいなあ。

 興味のある方は、ぜひ、ローカルの本屋さんへもどうぞ。さまざまな本の中には、護符の本などもあって、こちらはイラスト満載で、見ているだけでも面白いです。


「バリ島 本 読書など」のカテゴリー 目次のページ
「バリ島 暦・占い・不思議など」のカテゴリー 目次のページ
「バリ島 お祭り」のカテゴリー 目次のページ
こちらの記事もご参考にどうぞ

このブログの内容に関するご質問、お問合せなど、下記松原あてメールまたは、携帯電話にて承ります。どうぞお気軽にご連絡ください。
メール : nami_yasa@yahoo.co.jp
バリ島内携帯電話 : 081 338 45 9907
日本より携帯電話へ : +62 81 338 45 9907
お待ちしております。
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by songket_bali | 2011-06-07 15:29 | バリ島 読書 本など | Trackback | Comments(0)

「博士の愛した数式」

 1月の末のこと、昔々自分がバリ島で働き始めたばかりのころ、大変お世話になった方々との再会をしました。ぐるぐると月日は巡り、また別の新しい形で、ご縁が動き始めましたが、その方々に頂いたお土産がこちらの本でした。
a0120328_2432686.jpg

 その中で、読んでもいないのに題名を見ただけで涙が出てきてしまったのが、「博士の愛した数式」。
 ちょっとずるいのですが、最初から順番に読んだら、涙と鼻水で読み進めないだろう、という予感がしたので、後ろの方から、少し読んでおいて、だいたい呑み込めたところから、最初に戻って読み始めました(笑)。涙は出ましたが、ちゃんと読みきることができました。

 子供の頃から本屋さんが大好きで、手相占いとの出会いも小学生の時、本屋さんで見つけた占いの本がきっかけだったのですが、日本にいる間は、ほぼ毎日本屋さんに立ち寄っていたように思います。
 一応は、店頭の新刊などを眺めてから、じっくりと各コーナーや専門書、などなど、その時によって、ぐるぐる廻って気になった本を探すのですが、大抵外れたことはありませんでした。新聞は、何を見るより新刊案内を先にチェックして、欲しい本に印をつけていました。

 欲しくてもなかなか手に入らない本もあったりするのですが、遠くへ出かけたついでに本屋さんへ入ったりすると、何とそこで見つけてしまったりして、旅行に行ったのに、お土産が数冊の本、ということも幾度もあり、お土産代を預けてくれた父や母も苦笑いでした。
 好きで読んできた本は、バリ島に来る時に処分してしまいました。残して持ってきたのは、「古事記」と柳田邦夫編「日本の民話」の2冊の文庫本だけ。

 「博士の愛した数式」は、2003年に発表され、2005年には映画化されているそうですので、皆さんには、すでに昔のお話になっているかも知れませんね。私は、今読むことになりましたが、今読んで良かったのでしょうね。
 80分とか、限られた時間、とか、数式、とか、言葉とか、ページの上に乗せられたインクが表していることでなくて、別の部分で心が動かされた本でした。何でしょうね。

 もし、本が好きで、でもまだこの本を読んでいない方がいらしたら、是非、読んでみてくださいね、と書いていて、本が好きな方は、きっともう読んでいるだろうな(笑)と、思いました。だって、全国書店員が選んだ、一番読んでもらいたい本なのだそうですからね。

 他の本も引き続き読ませていただきます。本のお土産ありがとうございました!

アマゾン 小川洋子 「博士の愛した数式」

「バリ島 本 読書など」のカテゴリー 目次のページ
こちらの記事もご参考にどうぞ

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by songket_bali | 2011-02-28 02:40 | バリ島 読書 本など | Trackback | Comments(0)

アイアンガー師の「The Illustrated Light on Yoga」を読んでます。

 先日ウブドへ出かけたときに、ハノマン通り(Jl.Hanoman)にあるバリ・スピリットのヨガ・ショップに立ち寄りました。皆さんご存知の、ヨガに関する色々なものを見つけることが出来る場所です。

 私が見つけたものは、本。
 B.K.S.アイアンガー師の「The Illustrated Light on Yoga」です。
a0120328_10225875.jpg

 自分では特別にヨガをしているわけではないのですが、ちょうど主人の従姉妹のご主人である、マンクー・シンパン(Mangku Simpang)氏が、サヌールでプライベートのヨガ講師をしていて、先日彼がこちらへ帰省した際、ヨガのお話で盛り上がってしまいました。現在カナダ人のヨガ講師とご一緒に、ヨガ教室のバリ島オープンに向けて準備をしているそうです。
a0120328_10235024.jpg

 ヨガには、いろいろありますが、何も詳しいことがわからない自分にとっても、アイアンガー師のアサナ(Asana ポーズ)の写真は、ちょっと感動的です。静かなのに、躍動感にあふれ、力が抜けているようで、緊張がみなぎっているのです。
 気負うことなく、だれることなく、こんなポーズが出来た時、きっとサマディ(Samadhi)を体感することが出来るのでしょうね。写真だけでも、こんな気持ちを与えてくれるのですから、とても素晴らしい師なのだと思います。

 ということで、本を見ているうちに、いつの間にか、私の心はしばし、ヒマラヤの上空へ漂ってしまったような気がしますが(笑)、瞑想もヨガも、自分を見つめ、掘り下げること、究極の自己探求は、宇宙への探求へつながっているのですよね。

 たまたま手にした本ですが、「The Illustrated Light on Yoga」は、アイアンガー師によるヨガのバイブル書「Light on Yoga」のダイジェスト版といっても良いそうで、初心者向けのアサナや写真が多く、呼吸法にも詳しくふれていて、大変参考になりそうです。
 と、先日、サヌールのマンクー氏のところに遊びに行った時、彼に「Light on Yoga」の本を見せてもらいました。こちらは、やはり凄かったです!
 

B.K.S.アイアンガー Wikipedia
B.K.S.Iyengar Yoga Official Website
日本アイアンガー ヨガ協会

「バリ島 本 読書など」のカテゴリー 目次のページ
「日々のできごと」のカテゴリー 目次のページ
5.メディテーション&バリ式気功体験
こちらの記事もご参考にどうぞ

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by songket_bali | 2011-02-13 10:25 | バリ島 読書 本など | Trackback | Comments(0)

本のおくりもの

 これも少し前のお話になります。12月6日(月)の朝のことでした。
 シドゥメン村の北の村スラット(Selat)にある、郵便局の若い配達員の方が、二つの封筒を届けてくれました。わあ、ふたつも!何だろう~と、確認してみると、不思議なことに二つとも写真を職業とする方々から、それぞれの贈り物が届いていたのでした。

 そのうちの一つは、こちら。
a0120328_19372548.jpg

 岩波書店発行、アーシュラ・K.ル=グウィン著、「ゲド戦記」でした。
 そして、送り主は、今年10月に行われた「aruco」によるシドゥメン村取材時に、撮影を担当してくださった有賀正博氏だったのです。

 記憶をたどってみると、そうそう、あの取材の最後の日、記者の方とカメラマンの有賀さんと、皆で食事をしながら、この本のお話になったのでした。
 「魔法の話で、、、」「じゃあ、ハリー・ポッターみたいのですか?」「似ているけど、違うんですよ。」「何でしょう?」「何だったかな?」、、、
 
 どこから、どういう風に、こういう展開にお話が進んだのか、私は忘れてしまったのですが、その時に話題に上ったけど、思い出せなかった本のことを覚えていて下さって、おまけに、バリ島まで送ってくださったのでした。
 手にとってみると、案の定、気がついたら、一気に2巻を読んでしまって、有賀氏にお礼のメールを送りながら、このブログへの掲載許可も、ちゃっかりと頂いたのでした。
 
 その際にお送り下さったメールの一部を転載させていただきます。
*** *** ***
突然届いた郵便に驚かれたことと思います。
名作「ゲド戦記」は、ぜひ亜希子さんに読んでいただきたかったので、
気に入ってくださって嬉しいです。そしてもう読了されたとは!驚きました。

アーシュラ・K・ル=グィンは不思議な作家ですね。
この物語は、舞台こそ別の世界かもしれませんが、私たちが住むこの世界にも通じています。
しかしその表現力、描写力は素晴らしいです。このような内容を彼女はどうして知ったのでしょう? 

シドゥメンに住む亜希子さんは、きっとぼくがここから得た以上に、
何か感じるものがあったことでしょう。
ぼくはローク島を訪れてみたいとかねがね思いながら世界中を旅しています。
しかしなかなかたどり着けません。けれども
今年は熱帯の海に浮かぶバリ島のシドゥメン村へ行けてよかったです。
*** *** ***
 
 本を書く人、というのは、何かに取り付かれたように書いてしまう、とか、何かが降りてくる、とか言われたりしますが、この作品も、まるで、何かに促されるように書き進めたような、読み応えのあるお話です。
 アメリカ出身の作者による、西洋の不思議な香りがあふれる物語なのですが、文章の中に時々あらわれる、気付きを促すような言葉にぶつかる度、ああ、こういう感覚は、人種や生まれ育った環境に関係なく、世界中の人が持てるものなのだ、と、感じました。

 手相占いを試して下さるお客様には、西洋の方々もいらっしゃるのですが、皆さんの手を見せていただく度に、人間の違いは、人種や出身地ではない、ということを、実際に強く感じます。

 「このような内容を彼女はどうして知ったのでしょう?」
 私たちの生きる世界には、いつも何かが隠されているように感じます。それは、具体的な政治的陰謀とかだけでなく、もっと深い部分でのことですが。

 どうして、遠い昔から、人間は見えないものを追い続けるのでしょう?一体何を見つけようとしているのか、そして、世の中には、ふと、そういったものを感じてしまう事柄が、どんなに多いことでしょう。

 不思議な魔法の数々や、暗闇の迷宮の冷たく暗い空気に呑まれながら、日常を忘れて楽しめる物語です。興味のある方は、読んでみてくださいね。私は2巻まで読みましたが、続きがあるようなので、機会があったら他の巻も読んでみたいですね。

頂いた本には、どういうわけか、その時に必要な言葉が書かれていたりします。
「バリ島 本 読書など」のカテゴリー 目次のページ
来年発売の、aruco バリ島編 シドゥメン村の記事が掲載予定です。お楽しみに!
無事に取材が終了いたしました!
こちらの記事もご参考にどうぞ。

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by songket_bali | 2010-12-16 19:32 | バリ島 読書 本など | Trackback | Comments(4)


バリ島東部のカランガッサム県シドゥメン村タボラ地区で田舎暮らしをしながら、ソンケットという布を織っています。


by 松原亜希子

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

母のことば
at 2017-04-22 19:11
皆様よりのメール〜M様より〜..
at 2017-04-21 23:28
来週は日本へ行ってきます。手..
at 2017-04-08 16:57
梨園染め手ぬぐいの頂き物とモ..
at 2017-04-07 20:00
皆様よりのメール〜T様より〜
at 2017-04-06 11:40
祭事期間中 お天気になると良..
at 2017-04-04 10:27
サラスワティ像の思い出とマン..
at 2017-01-22 18:46
ウンダ川の橋が新しくなりまし..
at 2017-01-03 17:40
「旅するバリ島・ウブド案内-..
at 2016-12-10 13:07
トゥカッ・チュプンの滝へ行っ..
at 2016-12-05 20:39
トゥカッ・チュプンの滝へ行っ..
at 2016-12-05 19:43
トゥカッ・チュプンの滝へ行っ..
at 2016-12-05 18:40
猫さんはあくびでお見送り
at 2016-11-05 17:04
はたおり進行中のソンケットの確認
at 2016-10-16 17:18
田んぼの草むしりと人間が自然..
at 2016-10-05 21:35
我が家の円相とナミちゃんのイ..
at 2016-10-03 11:46
茨城産干し芋のお土産 ありが..
at 2016-09-28 16:48
影絵芝居人形がニョマンさんの..
at 2016-09-27 19:57
息子の猫さん
at 2016-09-26 19:26
本日は2名様での機織り体験です。
at 2016-09-24 15:05

カテゴリ

全体
ご挨拶・問合せ先とアクセス方法
田舎暮らし 体験プログラム
バリ島田舎暮らし カレンダー
ソンケット他 織・着・使・作
ソンケットなど 販売
シドゥメン村 泊まる
シドゥメン村 食べる
シドゥメン村 見所・遊び・お店
シドゥメン村 ウェディング
バリ島 冠婚葬祭 おつきあい
バリ島 お祭り
ライステラス農家
日々の出来事 目に見えないこと
アグン山 本日の眺め インスタグラム
我が家のご主人 ニョマンさんの売店より
我が家の食卓
バリ島 家族
バリ島 医療・治療・美容
バリ島 暦・占い・不思議など
バリ島 芸能・音楽・工芸・絵画
バリ島 政治・経済・社会・通信
バリ島 動物・植物・生き物
バリ島 子供 遊び テレビ
バリ島 読書 本など
クバヤをつくりましょう
サヌール・デンパサール
ウブド、ギャニャール
クルンクン・カランガッサム
バンリ バリ島その他の地区
クタ スミニャック クロボカン
レンボンガン
ENGLISH
INDONESIA
手相鑑定・パームリーディング
手相について 手相の見方など
お知らせ&皆様よりのメール
ゲストの皆さま お土産物 頂き物など
その他色々 世相や気になった事など
雑誌、メディアにてのご紹介など
バリ島撮影取材コーディネート
各カテゴリー内目次

記事ランキング

検索

画像一覧

最新のコメント

サラスワティが知識である..
by よし at 22:38
> よしさん いつもコ..
by songket_bali at 18:12
見て即座に注文して昨日に..
by よし at 19:38
日本もバリも同じ三日月な..
by よし at 20:15
Y・Aさま こんにちは。..
by songket_bali at 14:47
> じゃかこさん はじ..
by songket_bali at 17:10
初めまして、バリ島大好き..
by 里花 at 13:59
> よしさん コメント..
by songket_bali at 21:32
初めてバリに来たときのこ..
by よし at 19:41
イシカワ様 ブログコメン..
by songket_bali at 14:37
コメントありがとうござい..
by songket_bali at 13:35
楽しいご旅行になりますこ..
by songket_bali at 00:03

最新のトラックバック

バリ日記4
from 一体どうなんでしょう
何もない日と100マト動画
from 一体どうなんでしょう
ひとりでできるもん!(ウ..
from 一体どうなんでしょう
ミステリーサークルがでた..
from バリ島がやっぱり好き!〜ホテ..
手相!おすすめの逸品
from 手相
バリ島より帰国しました〜..
from バリ島がやっぱり好き! ホテ..
KUBU TANI@Si..
from Bali大好き!

タグ

(766)
(506)
(98)
(86)
(82)
(51)
(47)
(44)
(42)
(30)
(28)
(25)
(24)
(24)
(22)
(22)
(20)
(18)
(18)
(16)

ファン

フォロー中のブログ

exblog ガドガド
フィレンツェ田舎生活便り2
田舎暮らし
Yin Yang 陰陽(...
スリーカラーローズ
SachiのIndone...
do loop's blog
Brisbane Yog...

おすすめサイト

こちらは、私がよく読ませて頂いたり、我が家を訪れて下さったり、ご連絡を頂いた皆様のサイトやブログです。ぜひご覧ください。

バリ島より 旅行、車の手配など
人気のチャーターツアーです。見たいバリを見せてくれます!
バリ島旅行バリクツアーズ

バリ島のスピリチュアルな場所や物事にご興味のある方へ
特におすすめです。
バリ島スピリチュアルツアー dari Hati Bali

いつもありがとうございます。心やさしいガイドさんです。
Suwaru Bali スワルバリ


バリ島にて お宿、体験、お買物など

バリが詰まったお店です。
*SARI BUMI*

エネルギーいっぱいのバリ島でレイキを。レイキを身につけたい方に、お勧めサロンです。
レイキヒーリングサロン・サマトワ

ウブドの田んぼとアグン山の見えるコテージでゆっくりのんびりリフレッシュ。素敵なご家族がお迎えしてくれます。
バリ島ウブド「トランブラン・コテージ」

バリ島ウブド、くつろいだ雰囲気とおしゃれなインテリアのお宿です。
ココバリバリ

バリ島、ウブドにあるお宿、「PRASANTI」。オーナー一家のバリ島暮らしを日記でご紹介。
ぷらさん亭便り

バリ島の日本食レストラン「漁師」ウブド店店長さんのブログです。
バリ島ウブド 親泣かせ独身女奮闘気

ボディボードとヨガをされている結美さんのページです。
結美のホームページ

売りたい人、買いたい人、どうぞブログを覗いてみてくださいね。
バリ島リサイクルショップSORA

バリ島ウブドのオリジナル・ヨガウェアなどのお店です。
mi,iik

日本にて
館山で田舎暮らしを体験しましょう!
田舎暮らし体験施設 ZENさんのふるさと.らぼ

館山のふるさと.らぼZENさんのブログ。
ZENさんの毎日がSpecial

バリ島の雑貨、生活雑貨、インテリア製品の販売はもちろん、施工も行ってくれる心強いお店です。オリジナル商品でいっぱい!
リゾートインテリア・アンジン店長ブログ

猫好きにはたまりません!
東京谷中 ねんねこや

インドネシア、バリ島情報いっぱい

バリ島での長期滞在や移住をお考えの方へ、お役に立つ情報がたくさんのブログです。
ξ^.^ξマーメイド。&【kai】夫婦です。

webデザイナー梶ナナカさんのブログです。バリ島の情報だけでなく、その他あちこち、スピ系のお話も、お役に立つ情報がいっぱいです。
Memo Bali Blog メモバリブログ

インドネシアだけでなく、世界のビジネス、経済、社会、自然、歴史、史跡、男の世界などなど、読んで楽しくためになるブログです。
インドネシア情報局

写真家レガーニャさんのバリ島ブログ。色々なバリ島が満載。
Leganya Bali 仕事は?・・

インドネシア人のアルビーさんのブログ。インドネシア語勉強中の人には、特におすすめです!
アルビーのインドネシア語教室

京都暮らしのつれづれ・・・美味しいもの・・・大好きなバリのことなど・・・がつづられた、お気楽妻さんのブログ。バリ島大好きな気持ちのあふれるブログです。
お気楽のススメ

海外旅行が大好きな遠距離ご夫婦のブログ。お互いを思いやる心の伝わってくる素敵なブログです。
*tmr*的生活

バリ島のリゾートやレストラン、イルカさんがつづる楽しい素敵なバリ島ブログです。
バリ島☆★☆BALI BAGUS☆★

旅が好き、というtabinosoraさんも、シドゥメン村を訪れてくださいました。彼女のブログには、世界各国でのユニークな経験がいっぱいです!
あっちいって…こっちいって

つぼやんのホームページでは、趣味の旅行記を読むことが出来ます。同じアジアの国々でも、食べ物も文化も多様ですね。
つぼやんのホームページ

心地よいヴィラ、スパ、ヨガ、スピリチュアルなど、情報いっぱいのブログです。
バリ島がやっぱり好き!

上記「バリ島がやっぱり好き!」の姉妹ブログです。東京在住、京都出身SAYOさんの素敵な京都ブログ。京都のお値打ち情報満載!
京都人のおすすめ京都旅行記ブログ「値打ちあるわぁ」

かわいくて不思議な楽器マトリョミンを操るotamaさんのブログです。
一体どうなんでしょう

バリ島旅行記をはじめ、日々をつづるにぽぽさんのブログです。おすすめ!
ただいま

スピリチュアル、エネルギーワーク、ヒーリングなどのことがたくさん。シドゥメン村も訪れて下さったチェルシーさんのブログ。
チェルシーな日々

バリ島内、島外の記事も!旅は芸の肥やしですよね!
バリ島~恋する旅芸人

世界より
カリブ海岸の町からお届けする、メキシコ在住のKyokoさんのブログです。
すべてはひとつ・ All is One

インド旅行の準備や心得、女1人で行くたびの旅行記をご紹介。インド情報いろいろです。ぜひご覧下さい。
インド旅行~女一人旅の心得

お気に入り
茨城県!私の故郷です!美味しいおそばとロハスなものごと。ついつい微笑んでしまう言葉がいっぱい。
手打ちそば常陸屋のブログ

翻訳のお仕事、身近な自然、ご家族などなど。ご家族や自然に対する愛情を感じております。
田舎暮らしの翻訳者

世の中には、こんなにいっぱいの本がある。。。
読書猿Classic: between / beyond readers メールマガジン「読書猿」で紹介した本を虫干しします

歴史に名を残す人々の名前の語源がわかります。日本語に変換されると、大変ユニークな名前になってしまいます!
人名力 著名人名の語源―The Etymology of Famous Person Names―

瞑想やインド哲学、宗教についてもっと知りたい方おすすめ!わかりやすくて詳しい、初心者にも親切なブログです。
智慧の海 愛と美と平和への洞察


私のフェイスブックのページです。インドネシア語で時々更新中。
facebook Akiko Matsubara

ついでにフェイスブックのファンページです。こちらもよろしく。
facebook Akiko Matsubara-Palm Reading-

この欄に関するご質問、ご連絡等は、お気軽にメールにてご連絡ください。
相互リンクもお待ちしております!

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、シドゥメン村のお宿ご予約代行、車の手配、手相占いやその他ワークショップのご予約、ご予約の変更など、下記松原あてメールにて承ります。 どうぞお気軽にご連絡ください。
メール 
:nami_yasa@yahoo.co.jp

ブログパーツ

以前の記事

2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月

ライフログ


バリ島の歩き方 2013 (地球の歩き方MOOK)


D26 地球の歩き方 バリ島 2012~2013


12 地球の歩き方 aruco バリ島 (aruco)


人間の大地 上 (プラムディヤ選集 2)


人間の大地 下  プラムディヤ選集 3


D26 地球の歩き方 バリ島 2010~2011


バリの賢者からの教え~思い込みから抜け出す8つの方法~L’homme qui voulait etre heureux


魂の伴侶と出会う旅


Eat, Pray, Love: One Woman's Search for Everything Across Italy, India and Indonesia


沖縄染織王国へ (とんぼの本)


「女の仕事」のエスノグラフィ―バリ島の布・儀礼・ジェンダー


Island of Bali

その他のジャンル

Skypeボタン

外部リンク

ブログジャンル

海外生活
スピリチュアル