<   2009年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

青菜の収穫

 種まきから一ヶ月と少し、コレンの畑に植えた野菜が伸びてきました。お祭りや、ご近所のお付き合いなどの合間に、豆やトマトの支柱を立てたり、草むしりをしたりと、少しずつ手入れをして、ようやく畑らしい姿になってきました。
a0120328_1655838.jpg

 この辺りでは、畑を作るとき、一度にたくさんの種類の野菜や豆などを寄せ植えにします。大抵は、畝の真ん中辺りに、トマトや唐辛子などを植え、その周りにシャロット、畝のはしに落花生、畝の両端には、背が高くなる、とうもろこしやキャッサバなどを植えます。
 そして収穫時期の早いシャロット、落花生から収穫をはじめて、とうもろこし、トマト、唐辛子などへ進んでいきます。放っておいても生えてくるバヤムや、キャッサバの若い葉は、他の野菜が収穫できるようになるまではもちろん、全ての収穫が終わってからも野菜として食卓を支えてくれます。
a0120328_165534100.jpg

 写真では、中央のトマトの下に、落花生の葉っぱが見えます。畑仕事は主人が仕切っていますが、その他の畝でも、きゅうり、豆の鞘の長さが30センチ以上にもなるカチャン・パンジャン、グリーンピース、カチャン・バリというやや小さな豆、エンドウ、紫蘇に葉の形が似たバヤムなどが、時期をずらして収穫できるように植えてあり、ちょっとした隙間には、お供え物に使う花なども植えてあって、こんなに植えて大丈夫?と疑問に思うほどです。便利なのは確かです。狭い土地の有効利用でしょうか。
 
 畑の一番高い部分に植えた青菜を収穫するのだ、ということで、今日は私も草むしりをした後、少しばかりですがよく育った青菜の収穫を手伝いました。うちの田んぼでは、青菜のような菜っ葉類は、あまりよく育ちません。今日収穫した分は、明日市場で売り、残った根から次の葉っぱが出てきたら、家の食事用にします。
 主人によると、青菜を収穫した後に、風通しと日当たりが良くなったこの畝からバンクアンという芋の芽が出てくるよう、あらかじめ青菜と同時期に種を撒いておいたのだとか。高度なプログラムだ、と主人の手前味噌の話を聞きながら見上げると、空がこんな風になっていました。しばしサボって写真撮影。
a0120328_16573267.jpg

[PR]
by songket_bali | 2009-04-25 20:54 | ライステラス農家 | Trackback | Comments(0)

パダンバイのシラユクティ寺院

 昨日4月22日の水曜日は、シラユクティ寺院のオダラン(寺院祭)でした。
 シラユクティ寺院は、バリ島の東部カランガッサム県の南海岸に位置していて、ダイビングスポットとしても名を知られるパダンバイの海岸近くにある寺院です。
 前回シラユクティ寺院のオダランへ出かけたときは、混雑と暑さを避けるために、オダランの翌々日の夜に参拝しました。予定では、寺院へ続く道路の渋滞もなく、涼しく、お参りもすいすいと出来る筈でしたが、どういうわけか大混雑に巻き込まれ大変なことに。「夜が込んでいるなら今回は昼に参拝しよう」「いや、昼はものすごく暑いから、夕方くらいにしよう」ということになり、お供え物を用意して、オダランの翌日に当たる今日の午後、シラユクティ寺院に向かいました。
 渋滞もなく寺院に到着したのは、午後3時くらい。フェリーの泊まる港を見ながら、寺院の方へ向かいます。大変よい天気で、涼しくなってくる気配がありません。
a0120328_16504295.jpg

 まずは寺院への入り口に当たる、海岸沿いの小さなお寺へ参拝します。
a0120328_16512943.jpg

 丘を端っこまで登っていくと、タンジュン・サリ寺院があります。こちらへも参拝。
a0120328_16521480.jpg

 丘の途中まで戻ったところにシラユクティ寺院があります。寺院内が混雑しすぎないように、入場制限をして交代で礼拝をします。次の礼拝に入れるように、入り口の門の前でしばらく待っていると、くらくらと目まいがしてきました。夕方になっても気温が下がらず、同じように順番待ちをしている周りの人も、みな顔を赤くして汗をかいていました。暑い中、丘の道をあっちへ行ったり、こっちへ行ったりして、すっかり暑さにやられてしまったようです。頭痛もしてきましたので、主人に訳を話し、座って休める建物へ急いで非難。その間に主人とナミちゃんは、無事に礼拝を済ませましたが、私は、一番大事なシラユクティ寺院での礼拝が出来ませんでした。
a0120328_16515039.jpg

 残りの寺院への参拝をあきらめて、丘を降り、ビーチの涼しいところで休憩しました。主人とナミちゃんは、波打ち際を走り回って遊んでいます。実のところ、以前シラユクティ寺院へ来たときも、急に体調が悪くなり、全部の寺院を参拝することが出来ませんでした。今回も同じことになってしまうとは。相性でも悪いのだろうか、と、ふと思ったりしましたが、皆でお供えのお下がりのお菓子や果物にかじりつき、ついでにサテの売り子を捕まえて、サンバルのきいた魚のサテを食べているうちに元気になってきました。お腹がすいていたのかも知れません。
 次回は、しっかり腹ごしらえをしてから出発しようっと。
[PR]
by songket_bali | 2009-04-23 20:47 | バリ島 お祭り | Trackback | Comments(0)

Songket Kain Tradisi di Sidemen Bali

 Di Bali, masih bisa ketemu banyak jenis kebudayaan dan kerajinan tradisi yang terus menurus hidup zaman ke zaman. Di tempat yang saya tinggal, Desa Sidemen, di situ juga ada salah satu kebudayaan yang sangat berharga, membuat kain songket yang dikembangkan waktu zaman kerajaan Bali di daerah Klungkung.Dulu waktu masih kain songketnya laris sekali, laki-laki atau prempuan, muda atau tua, banyak orang desa membuat kain sougket. Tetapi sekarang yang sudah dapat perubahan zaman, banyak perajin songket sudah memutuskan tidak menenun lagi karena repot mengambil pekerjaan yang memakan waktu yang cukup lama tapi tidak banyak hasil.

 Kalau di Bali, Ibu adalah orang yang ada di tengah keluarganya dan sangat membantu ekonomi keluarga dan jadi sandaran untuk angota keluarganya. Dan Bapak adalah punya tugas di luar, biar posisi keluarga mereka tetap baik di dalam angota masyarakat di sekitarnya. Dan saya masih bisa lihat kebiasaan seperti itu di tempat tinggal saya, Br. Tabola Desa Sidemen, banyak Ibu-Ibu yang bersifat penuh tanggung jawabnya, mereka menjalankan kehidupan yang lumayan berat, seperti kerja sebagai petani sambil membuat kain songket.

 Orang-orang yang sangat kuat tapi penuh kasih sayang kepada keluarganya, kebudayaan yang sangat penting itu disambungkan oleh mereka sebenarnya. Biar kebudayaannya tidak putus, kita mencoba membuat kelompok kecil bersama keluarga dan tetangganya. Tujuan umumnya adalah menjaga kebudayaan kususnya membuat kain songket yang telah disampaikan dari nenek moyang kita dan menjaga lingkungan di sekitar kita biar tidak dihancurkan oleh pembangunan baru seperti Tsunami. Memang kita tidak mau tertinggl dari pembangunan baru yang sangat membantu kehidupan kita. Dari dulu orang Bali adalah orang pintar yang membangun seseatu yang dipakai coret baru di atas pondasi tradisi, kemudian hal-hal itu dijadikan seperti barang sendiri yang sudah lama kenal dirinya sendiri.

Orang-orang yang tidak pernah dipanggil pakai nama kusus, tanah gunung yang miring dan kijang saja susah melewati, dijadikan salah satu kesenian ciri khas Bali, Sawah yang dikelilingi garis-garis lembut yang sangat indah. Disitulah ada orang-orang yang menjalankan kehidupan yang tidak pernah dihentikan doanya dan karena pemandangan itu jadi sangat terkesan. Masih ada banyak hal-hal yang penting, kalau tidak disampaikan mungkin akan dilupakan atau disembunyikan, saya terasa begitu.

 Padahal kalau saya akan menghabiskan kata-kata saya untuk menyampaikan hal itu, saya yakin tidak akan menyelesaikannya. Tetapi saya yakin juga mungkin saja ada hal yang sangat berarti, kalau saya menyampaikan seseatu di seputar kehidupan saya. Dan mudah-mudahan banyak orang jadi tertarik tentang Desa Sidemen dan orang-orang yang hidup di situ yang seperti muncul dari cerita dongeng yang pernah diceritakan nenek atau kakek kita, dan saya berharap juga usaha kecil saya bisa jadi bibit meramaikan suasana desa dan membantu membangkitkan kebudayaan yang sangat berharga.

Informasi lanjutnaya,
“Talisman”
Klompok kain Songket Tabola,
'menyambung dan jaga kemajuan kebudayaan'
Alamat: Buu, Tabola, Sidemen, Karangasem 80864 Bali-Indonesia
Tel:+62(0)81 338 45 9907
E-mail:nami_yasa@yahoo.co.jp
Ketua Kelompok: Akiko Matsubara

Silahkan datang ke rumah kita, kita sangat senang atas kunjungan anda.
[PR]
by songket_bali | 2009-04-21 16:39 | INDONESIA | Trackback | Comments(0)

Hand Woven Cloth in Tabola

 In Bali, you can see any kind of traditional culture and industrial arts that still alive from generations to generations. At Sidemen village what hamlet I live, there is an important industrial arts, Songket weaving, it has improvement in the era Rajas Bali or Balinese Kingdom at Klungkung. Before golden age for songket, not matter men or women, young or old, who can make songket cloth do weaving in this village. But now, they got changing to modern culture, many songket weaver give up and stop weaving because they don't want spend many time for long process to make one songket cloth what not so good profit.

 If in Bali, Ibu or Mother, she becomes a central figure of her family and she give helping for economy matters in her family. And Bapak or Father, he has special works like he should get good position for his family in social matters. And sometime still now, I can see that unique culture (same like Japanese too) like that, at Br.Tabola, Desa Sidemen where I live, Ibu-Ibu or almost mothers who has strong responsibility, they carry on their life what not easy, as a rice field worker also songket weaver too.

 Who have strong mental and love to their family, like them, they are keeping and carrying their important culture, actually. We try to make small group with some person from my Balinese husband's family for to keep important Balinese tradition and weaving songket cloth. That is our public purpose too, and we try to more take care for our surroundings because we don't want big waves from radically development in our village destroy our natural and traditional life style. Of cause we need progress to change our life style to more easy to doing everything. Balinese people are very cleaver to build something that used new one on their traditional foundation, then they digest all of them like their ordinary way.

Who never had his special name, small land on mountain steep slope and hardly to across even a little deer, has became to very beautiful Balinese art. Sawah or Rice terrace are decorated with many beautiful curved lines. That place, there are original Balinese people who never stop to pray and if we see that we can get sacred feelings for grand nature. I feel that we still have many important things that must to inform to many people, if not maybe that things have forgotten or hidden by something.

 If I spend all my time for make information about Balinese life in their nature, maybe I can not express all of them and I can not finish that works. But I think certainly I need make some writings about them because the works is very important for next generation and future. And through my little this works I hope that many people are interested in Songket cloth, Sidemen and village peoples who from story books what read by grand-mother or grand-father when we still child. And I will happy if I can seeding for progress of our village.

For further information, please contact to
“Talisman”
Group of Hand Woven Traditional Songket Cloth
'keeping and rising our culture and nature'
Address: Buu, Tabola, Sidemen, Karangasem 80864 Bali-Indonesia
Tel:+62(0)81 338 45 9907
E-mail:nami_yasa@yahoo.co.jp
Group Leader: Akiko Matsubara

We welcome you at our home in Sidemen.
[PR]
by songket_bali | 2009-04-21 16:30 | ENGLISH | Trackback | Comments(0)

シドゥメン村を見おろすと。

 クルンクンへ出かける用事が出来ました。通常のコースでは、我が家のあるタボラ地区から、シドゥメンの市場のある三叉路へ出て右折。クルンクンへ向かう一番はやい道です。ところが最近、その道を砂利や石を積んだ、かなりの数のトラックが往来するようになり、急な坂や狭いカーブなどで積載量オーバーのトラックが渋滞を引き起こしてしまうことが増えてきました。タリバンという地区では、坂道を登りきれずコントロールを失ったトラックが急にバックしてきて、トラックの後ろで待っていたオートバイにぶつかってしまう、という事故がおき、警察や地元のパトロールも出動するようになってしまいました。
 天気のよい日は、快適に走りたいもの。私たちは、タボラの北隣の地区、トゥガルから川へ向かい、ルアー、ドゥクーという村を越えてクルンクンへ入る道を通っていくことにしました。やや遠回りになりますが、この道は、景色のよいことで特に西洋の方々の間で有名。特に空気のすがすがしい朝のうちは、最高です。
a0120328_1628180.jpg

 写真は、ドゥクー村の高台から見下ろす風景。奥の山の向こうには、クルンクンの海があります。このときは、アグン山の姿は雲に隠れて見えませんでしたが、雲がなければ、ぐっと左に回ったところにアグン山が見え、パノラマが広がります。
a0120328_16284361.jpg

 もう一枚の写真は、反対側の丘にへばりつくようなシドゥメンの集落。あらためて、自分は山間の小さなむらにすんでいるのだなあ、と思いました。
[PR]
by songket_bali | 2009-04-20 22:22 | シドゥメン村 見所・遊び・お店 | Trackback | Comments(0)

誕生

 主人の祖母違いの甥っ子が結婚したのは、昨年の9月でした。甥も彼女もまだ若く、おまけにお嫁さんになる人は、僧侶階級の人で、彼女の両親から結婚の許可をもらうのが、大変難しい状況でした。でも、どうしても結婚したかった二人は、駆け落ち婚をしたのです。
 バリ島では、誘拐婚や駆け落ち婚が今でも行なわれていて、主人の妹もそうでした。二人で決めた日に、両親には内緒で、当時交際中だった彼が彼女を家から連れ出してしまったのです。主人の両親は田んぼから帰ってきて、事の次第を知り愕然。結婚に反対していたわけではないのですが、こんなに早く家を出てしまうと思わなかったそうで、こうなった以上は認めざるを得ません。
 実際のところ、しきたり通りに結婚までの過程を進めていくには、経済的な負担が大きく時間がかかりすぎる、というのが若い二人にはつらいところで、誘拐したり、駆け落ちしたりすることによって、そういった過程を省いて、なるべく早く結婚生活を始めてしまおう、ということなのです。

 主人の甥っ子が結婚するらしい、という噂が家族の中で聞こえだしたのもつかの間、あるとき正式に彼の家族から、駆け落ちした二人を匿っておくために、ここの家を使わせて欲しい、という依頼がありました。駆け落ちした二人は、式を行なう前に、彼の自宅以外の場所に3日の間隠れていて、その後式のために実家に移る、という風習があるのです。家族全体の希望なら、ということで私たちは承諾、彼らの到着を待ちました。
 甥の両親は、ある程度二人の行動を把握していましたが、彼女の方は、母親にだけ話をしていたようです。駆け落ちの日に、あらかじめ決めておいた場所で落ち合った二人は、身の回りの物だけ持って我が家へあらわれました。
 それからすぐに、甥の代理人として家族の中で選ばれた男性達が、彼女の実家のある地区の地区長を訪れ、彼女は自分の意思で結婚のために生家を出ました、という書類を認証してもらい、地区長とともに彼女の両親を訪れ、事の次第を説明します。何も知らされていなかった彼女の父親は、もちろん激怒。ですが、まわりに説得され、娘の家出を認めざるを得ない状況になるのです。
 彼女の父親から、「仕方なく家出は認める」という言葉が伝わってくると、畳み込むように、式は3日後、と正式に決めてしまいます。その話が周囲に伝わると、我が家は慌しくなります。同じ家系である親戚の人々をはじめ、バンジャールの人々、お付き合いのある人々、などなどが、我が家に入れ替わり立ち代り挨拶に訪れますので、その対応が始まります。お客様の数は、ざっと見積もって500人くらいで、大体数十人くらいづつのグループでいらっしゃるので、そのたびに飲み物やお菓子を出して、ご挨拶をします。
 すぐ近所の新郎の実家で結婚式も無事に行なわれ、新婦側からはご両親だけが普段着で参加。我が家にて式のお食事を召し上がっていただきました。
 10日間にも及ぶ一連の嵐のような結婚儀式のお手伝いをしたのも、よい経験になりましたが、その二人の赤ちゃんが、先週金曜日に誕生。2500グラムの女の子でした。こちらでは、母子の経過がよければ、出産の翌日には家に戻ってきます。
 初めてなのに、しっかりと赤ちゃんを抱っこする若いお母さんと、まだおろおろしている若いお父さんを見ていたら、二人が結婚した日のことごとを思い出しました。

 小さい親戚さん、これからもよろしくお願いしますね。
a0120328_1703864.jpg

[PR]
by songket_bali | 2009-04-20 17:01 | バリ島 冠婚葬祭 おつきあい | Trackback | Comments(2)

ブサキ寺院へ参拝

 今月4月9日にブサキ寺院では、10年に一度のお祭り、パンチャ・ワリ・クラマ、バタラ・ウルン・カベーの祭礼儀式が行なわれました。27日が一連のお祭りの最終日になりますが、それまでに一度お参りに行っておくことにしました。
 家を出発したとき、アグン山が雲に隠れていました。もしかして、と思いましたが、やっぱりブサキ寺院が近づくにつれて雨が降ってきてしまいました。
a0120328_1525018.jpg

 10年に一度のお祭りの目的は、世界をニュートラルに戻すこと。自然界、人間界問わず、10年間の間にたまってしまったひずみを直すことです。大きな目的のためには、多少の雨など気にしないで行きましょう。降るものは、降るのです。

 ブサキの中心となる、プナタラン・アグン寺院にて礼拝します。朝から夜まで、入れ替わり立ち代り、たくさんの人々がお祈りに訪れます。儀式の日を過ぎても、たくさんの人々が参拝しています。
a0120328_15261099.jpg

 ソカシに入れて準備してきたお供え物に、お香をともして、前方の決められた場所へ捧げます。大変な混雑なので、これは主人にまかせて、私とナミちゃんは後ろの方で雨を避けながら待ちます。待ちながらきょろきょろあたりを見渡すと、プダンダ(バリヒンドゥー教の高位僧侶)が儀式を執り行うときに使うバレ・プウェダアンという建物に捧げられた、サラッド(Sarad)を見つけました。色をつけた米粉のお菓子で出来ていて、高さは2m以上あります。
a0120328_15272134.jpg

 プナタラン・アグン内のサンガル・アグンという3つの神座は、サン・ヒャン・トゥリ・プルサ(三様のシワ神)をあらわしています。
a0120328_15274512.jpg

 ブサキ寺院のプマンクーの進行によって礼拝が進められます。プナタラン・アグンでのお祈りの後、雨が激しく降ってきたので、ワンティランで雨宿りをしました。ワンティランは、集会などに使われる、壁のない大きな建物です。雨宿りのついでに、お供え物のお下がりの果物やお菓子を頂いて、小腹を満たします。こうやって、参拝して寺院を出た後、お供え物のお下がりを頂くことは、ニャーガンといって、昔々、乗り物がまだなかった時代の風習でした。

 お腹も落ち着いての帰り道、大祭の儀式が行なわれた場所の前に、高さ5mくらいのサラッドを発見しました。お菓子で出来ているのです。大迫力なのです。
a0120328_15281724.jpg

[PR]
by songket_bali | 2009-04-17 18:22 | バリ島 お祭り | Trackback | Comments(0)

シドゥメン村のアラック

 家の酒瓶が空っぽになってしまったので、アラックを買いに出かけました。
 主人や親戚のお酒好きの方々は、シドゥメン村のチュルティゴ、プグタンという地区へアラックを買いに行きます。ところどころ舗装の壊れた田舎道を進んでいくと、椰子の花から樹液をとっているところが見られます。花芽が出てきたら、開く前にひもなどで縛り、樹液が集めやすいように下向きに固定します。古い芽や古い実、樹液をとる作業の邪魔になる枝葉などは落としておきます。一日2回、朝と夕方、花芽が上を向いてしまわないように修正し、先を切り落とし続けると、約3日ぐらいで切った花芽の先から樹液が出てきますので、それを椰子殻や竹筒などの容器にため受けます。容器にはあらかじめ、椰子の皮やクタッという木の皮を入れておきます。これはラウーと呼ばれて、トゥアックの味の決め手になります。
a0120328_1518318.jpg

 木にもよりますが、一日に1回又は2回、容器が一杯になったころが飲み頃。トゥアックは新鮮なほどおいしいのです。
 トゥアックからアラックを蒸留するために、たくさんのトゥアックを瓶に集めます。風味を強めるためにラウーも追加します。
a0120328_15183531.jpg

 ころあいをみて蒸留過程へ。写真はプナドガンと呼ばれるアラックの蒸留装置で、右側の入れ物にトゥアックを入れて、下から焚きます。蒸発したアルコールは、左側の水桶の中のパイプを通って冷やされてアラックになります。昔は、プナドガンは真ちゅう製、パイプは竹で出来ていたそうです。
a0120328_1519262.jpg

 ぽたぽたと少しずつ、できたてのアラックです。
a0120328_15192313.jpg

 アラックを作っているお宅のおじいちゃん。ご家族によると、少しぼんやりしてきてしまったそうですが、写真のように竹を編んでかごを作ったり、稲を叩いて実を落としたり、など、出来る仕事は進んで行ないます。バリ人のお年寄りにとって、働いて家族の役に立つことは誇りであり歓びなのです。
a0120328_15194938.jpg

 ビローという名前の木。バレーボール大の実がなっています。熟した実に穴を開けて中身を出し、乾燥させると、トゥアックをためる入れ物として、水筒やちいさなバケツとして使うことが出来ます。
a0120328_1520145.jpg

[PR]
by songket_bali | 2009-04-15 15:14 | シドゥメン村 食べる | Trackback | Comments(0)

お問い合わせは、こちらへどうぞ。

 バリ島には、様々な伝統文化、伝統工芸が今なお息づいています。私の住んでいるシドゥメン村にも、バリ島王朝時代にクルンクンで発展したソンケット織りの技法が伝わり、今なお受け継がれています。機織が盛んだった時期には、シドゥメン村では、男性たちも含め様々な人がソンケットを織っていましたが、時代の変化により、最近は、手間のかかる機織をやめる人が増え始めてしまいました。

 バリ島では、昔から、家計を助け、一家を内側から支えるのは主婦の役目、男性の役割は、家の社会的な立場を守るもの、というような風潮があり、私の住むシドゥメン村タボラ地区でも、昔かたぎの肝っ玉母さんたちが、畑仕事とはたおりを兼業して、彼らの生活を支えています。

 たくましく、底抜けに優しい人達が伝え続けてきた伝統文化が、簡単になくなってしまわないように、という願いをこめて、ご近所の家族や親戚と一緒に小さなグループを作りました。公の目的は、彼らが受け継いでいる伝統文化を継承していくことと、シドゥメン村にじわじわと押し寄せている観光開発の波に、飲み砕かれてしまわないように、見守っていこう、というものです。観光開発反対、というわけではありません。昔から、バリの人々は新しいものを上手に古いものに組み込んで、なお自分らしさを失わないものに消化してきました。

 名前を知られることもないような人達が、長い年月をかけて、急な山の斜面を、緩やかな曲線で縁取られたライステラスに作り変えてきました。美しく絶える事のない人間の営みがあるから、美しい景観が作られたのだと思います。伝えなければ忘れてしまいそうなこと、伝えなければかき消されてしまいそうなことが、まだまだあるような気がします。

 私がいくら言葉を尽くしても、伝えられないものがあることは百も承知ですが、この世界の一部を切り取ってご紹介することにも、何かしらの意義があると思っています。そして、今なお昔話の登場人物のような人達が往来する、シドゥメン村やソンケット織りに興味を持って下さる方が増え、村や伝統工芸の活性化につながればうれしいです。

*** *** *** *** ***
松原亜希子
Akiko Matsubara
Web : http://songket.exblog.jp
E-mail : nami_yasa@yahoo.co.jp
Address:Buu, Banjar Dinas Tebola, Desa Sidemen, Karangasem 80864
Bali-Indonesia
*** *** *** *** ***


*** *** ***
以上ほぼオリジナル記事です。
記事内の連絡先情報等一部現況に合わせて変更した内容もございますが、ご了承ください。
*** *** ***

(以下は2015年追記の情報とご注意事項です)

「お知らせ&皆様よりのメール」のカテゴリー 目次のページ
「ソンケット 織る・着る・使う」のカテゴリー 目次のページ
「手相カウンセリング」のカテゴリー 目次とお申し込み方法のページ
「バリ島田舎暮らし 手織りの布ソンケット」ブログ 各カテゴリー内記事目次ページへのリンク
こちらの記事もご参考にどうぞ

フェイスブックでは毎日のニュースなどから考えたこと、感じたこと、気になったことなどを随時投稿しております。インドネシア語や日本語で更新中。
facebook Akiko Matsubara
フェイスブックのファンページです。こちらもよろしくお願いします。
facebook Akiko Matsubara-Palm Reading-
ソンケットやイカット、布の制作に関するFacebookのページです。 
facebook Akiko Matsubara Talisman Traditional Songket&Ikat Weaving Workshop
シドゥメン村ライステラストレッキングのページです。
Sidemen Rice Terrace Trekking -Nyoman Rai-

インスタグラム:akikosongketbali
Twitter: @akikomatsubara
You Tube:Akiko Matsubara
Foursquare-Akiko palm reader
Foursquare-Warung Rahayu, Buu, Tebola
Foursquare-Workshop Talisman, Akiko's Songket&Ikat, Tebola,Sidemen

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、手相占いやその他ワークショップのお問い合わせなど、下記松原あてメールにて承っております。
どうぞお気軽にご連絡ください。

また、お問い合わせの内容によりましては、こちらのブログ記事にて回答させて頂くこともございます。ご了解頂けますようお願いいたします。

以前のブログ記事によりましては、時間の経過とともに内容が現況にそぐわないものもございます。記事内容等ご参考頂く際には、念のため記事の日付等ご確認頂き、必要であれば松原宛に現況をお問い合わせ頂けますようお願いいたします。

このブログは個人的な経験や体験をもとに記載しており、自己と自分の身の回りの時間の経過による変化につきましても、記録として残していきたいと考えております。
常に最新情報を提供するタイプのブログではございませんが、様々な情報の一つとしてご参考頂けましたら幸いです。

また、「村の伝統文化の調査」「村の伝統機構調査」「伝統技能や宗教、機構関連者へのインタビュー」など、村人とのコーディネートが必要な場合など、どうぞご相談ください。
学校、大学、機構関係者よりのお申し込み、お問い合わせの場合には、ご本人様のご氏名、専門、所属機関、略歴、ご調査の目的、などにつきまして、あらかじめお尋ねさせて頂き、内容と費用につきまして納得できる場合のみ承っております。どうぞご了承ください。
詳細につきましては、別途メールにてお問い合わせください。

*** *** *** *** ***
松原亜希子
Akiko Matsubara
Web : http://songket.exblog.jp
E-mail : nami_yasa@yahoo.co.jp
Address:Buu, Banjar Dinas Tebola, Desa Sidemen, Karangasem 80864
Bali-Indonesia
*** *** *** *** ***
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。

最後までご一緒頂きありがとうございました。
明日も良い1日になりますように。
[PR]
by songket_bali | 2009-04-12 15:27 | ご挨拶・問合せ先とアクセス方法 | Trackback | Comments(0)

結婚式。その4

 プダンダによる儀式が無地に終わりました。新郎の父カリ氏が、プダンダに聖水を頂きます。
a0120328_1520216.jpg

 家族の方々やプダンダのお手伝いをした方々も、この機会に聖水を頂きます。宗教的に最高位のプダンダから、直接聖水をいただけるチャンスなので、皆が押しかけます。
a0120328_15202930.jpg

 そして、次に始まるのは、お供え物のお下がり、争奪合戦です。プダンダのウェーダが終わり、帰り支度を始めるとともに、プラ・ダディヨの構成員、親戚として参列している人々が一斉にお供え物に群がり、果物やお菓子、食べられるものなどを、取り合い、その場で食べてしまいます。これも伝統的な行いで、儀式に使われた食べ物を食べあうことで、儀式に参列した親類皆、この結婚を承認しました、という意味が込められているそうです。この辺りの、どこのお宅の冠婚葬祭の儀式に出席しても、こういった光景が見られます。喧嘩になることは、ありません。写真の女性のように大きなものを取ったら、周りの人に分けてしまいます。
a0120328_15205276.jpg

 女性たちがお菓子や果物の奪い合いに、盛り上がっている中で、こっそりと、さりげなく、お供え物の台から下げられ、横を通り過ぎていこうとするバビグリン(豚の丸焼き)です。慌てて、自分の指が写ってしまいました。すみません。私だけでなく、他の人達も、バビグリンを見逃さないように後を追いかけます。なぜなら、
a0120328_15211363.jpg

 バビグリン争奪合戦が始まるからです。
 プダンダによる儀式の後、新郎新婦と新郎側の家族一同が、新婦の両親のもとへ、挨拶に訪れるというしきたりがあります。そして再び新郎宅に戻った後、バビグリンやお供え物のお下がりが、適切に分けられて、プラ・ダディヨを同じくする親戚中に、もれなく配られます。
a0120328_15214417.jpg

 担当の人は、そのためにバビグリンを切り分けているのですが、切り分けるそばから手が伸びてきて、皮やらお肉のおいしいところやらが奪われてしまいます。今度は女性ばかりではありません。ほとんどのバリの男性は、バビグリンが大好物ですし、彼らは昨日から、おいしそうなバビグリンを作るばっかりで、まだ食べていません。家で配分された小さなバビグリンのかけらを待つよりは、ここで取り合った方が楽しいですし、うまくいけば大きなお肉が手に入ります。ですが、大きな切り身を手に入れた人のもとへも、その周辺の人々の手が襲い掛かって、結局は小さくなってしまいますが。担当の人も、だめだめ、とは言いますが、強制はできません。取り合う人達も、笑いながらお肉を引っ張り合ってます。
a0120328_15221363.jpg

 主人の従姉妹アスティさんも、ちゃんと奪い取っていました。バリ島の女性は、たくましいのです。
[PR]
by songket_bali | 2009-04-10 20:30 | バリ島 冠婚葬祭 おつきあい | Trackback | Comments(0)


バリ島東部カランガッサム県シドゥメン村タボラ地区、伝統工芸のソンケットとイカットを製作しています。


by 松原亜希子

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

皆さまよりのメール〜I様 シ..
at 2017-05-12 18:43
皆さまよりのメール〜S様 男..
at 2017-05-10 15:04
皆さまよりのメール〜T様 桜..
at 2017-05-08 12:42
母のことば
at 2017-04-22 19:11
皆様よりのメール〜M様より〜..
at 2017-04-21 23:28
来週は日本へ行ってきます。手..
at 2017-04-08 16:57
梨園染め手ぬぐいの頂き物とモ..
at 2017-04-07 20:00
皆様よりのメール〜T様より〜
at 2017-04-06 11:40
祭事期間中 お天気になると良..
at 2017-04-04 10:27
サラスワティ像の思い出とマン..
at 2017-01-22 18:46
ウンダ川の橋が新しくなりまし..
at 2017-01-03 17:40
「旅するバリ島・ウブド案内-..
at 2016-12-10 13:07
トゥカッ・チュプンの滝へ行っ..
at 2016-12-05 20:39
トゥカッ・チュプンの滝へ行っ..
at 2016-12-05 19:43
トゥカッ・チュプンの滝へ行っ..
at 2016-12-05 18:40
猫さんはあくびでお見送り
at 2016-11-05 17:04
はたおり進行中のソンケットの確認
at 2016-10-16 17:18
田んぼの草むしりと人間が自然..
at 2016-10-05 21:35
我が家の円相とナミちゃんのイ..
at 2016-10-03 11:46
茨城産干し芋のお土産 ありが..
at 2016-09-28 16:48

カテゴリ

全体
ご挨拶・問合せ先とアクセス方法
田舎暮らし 体験プログラム
バリ島田舎暮らし カレンダー
ソンケット他 織・着・使・作
ソンケットなど 販売
シドゥメン村 泊まる
シドゥメン村 食べる
シドゥメン村 見所・遊び・お店
シドゥメン村 ウェディング
バリ島 冠婚葬祭 おつきあい
バリ島 お祭り
ライステラス農家
日々の出来事 目に見えないこと
アグン山 本日の眺め インスタグラム
我が家のご主人 ニョマンさんの売店より
我が家の食卓
バリ島 家族
バリ島 医療・治療・美容
バリ島 暦・占い・不思議など
バリ島 芸能・音楽・工芸・絵画
バリ島 政治・経済・社会・通信
バリ島 動物・植物・生き物
バリ島 子供 遊び テレビ
バリ島 読書 本など
クバヤをつくりましょう
サヌール・デンパサール
ウブド、ギャニャール
クルンクン・カランガッサム
バンリ バリ島その他の地区
クタ スミニャック クロボカン
レンボンガン
ENGLISH
INDONESIA
手相鑑定 Palm Reading
手相について 手相の見方など
お知らせ&皆様よりのメール
ゲストの皆さま お土産物 頂き物など
その他色々 世相や気になった事など
雑誌、メディアにてのご紹介など
バリ島撮影取材コーディネート
各カテゴリー内目次

記事ランキング

検索

画像一覧

最新のコメント

全くの偶然ですが、昨日に..
by よし at 22:23
よしさん、こちらへのコメ..
by songket_bali at 14:23
> よしさん よしさん..
by songket_bali at 14:17
お母さんも亜希子さんも強..
by よし at 22:07
サラスワティが知識である..
by よし at 22:38
> よしさん いつもコ..
by songket_bali at 18:12
見て即座に注文して昨日に..
by よし at 19:38
日本もバリも同じ三日月な..
by よし at 20:15
Y・Aさま こんにちは。..
by songket_bali at 14:47
> じゃかこさん はじ..
by songket_bali at 17:10
初めまして、バリ島大好き..
by 里花 at 13:59
> よしさん コメント..
by songket_bali at 21:32

最新のトラックバック

バリ日記4
from 一体どうなんでしょう
何もない日と100マト動画
from 一体どうなんでしょう
ひとりでできるもん!(ウ..
from 一体どうなんでしょう
ミステリーサークルがでた..
from バリ島がやっぱり好き!〜ホテ..
手相!おすすめの逸品
from 手相
バリ島より帰国しました〜..
from バリ島がやっぱり好き! ホテ..
KUBU TANI@Si..
from Bali大好き!

タグ

(766)
(509)
(98)
(86)
(82)
(51)
(47)
(44)
(42)
(30)
(28)
(25)
(24)
(24)
(22)
(22)
(20)
(18)
(18)
(16)

ファン

フォロー中のブログ

exblog ガドガド
フィレンツェ田舎生活便り2
田舎暮らし
Yin Yang 陰陽(...
スリーカラーローズ
do loop's blog
Brisbane Yog...

おすすめサイト

こちらは、私がよく読ませて頂いたり、我が家を訪れて下さったり、ご連絡を頂いた皆様のサイトやブログです。ぜひご覧ください。

バリ島より 旅行、車の手配など
人気のチャーターツアーです。見たいバリを見せてくれます!
バリ島旅行バリクツアーズ

バリ島のスピリチュアルな場所や物事にご興味のある方へ
特におすすめです。
バリ島スピリチュアルツアー dari Hati Bali

いつもありがとうございます。心やさしいガイドさんです。
Suwaru Bali スワルバリ


バリ島にて お宿、体験、お買物など

バリが詰まったお店です。
*SARI BUMI*

エネルギーいっぱいのバリ島でレイキを。レイキを身につけたい方に、お勧めサロンです。
レイキヒーリングサロン・サマトワ

ウブドの田んぼとアグン山の見えるコテージでゆっくりのんびりリフレッシュ。素敵なご家族がお迎えしてくれます。
バリ島ウブド「トランブラン・コテージ」

バリ島ウブド、くつろいだ雰囲気とおしゃれなインテリアのお宿です。
ココバリバリ

バリ島、ウブドにあるお宿、「PRASANTI」。オーナー一家のバリ島暮らしを日記でご紹介。
ぷらさん亭便り

バリ島の日本食レストラン「漁師」ウブド店店長さんのブログです。
バリ島ウブド 親泣かせ独身女奮闘気

ボディボードとヨガをされている結美さんのページです。
結美のホームページ

売りたい人、買いたい人、どうぞブログを覗いてみてくださいね。
バリ島リサイクルショップSORA

バリ島ウブドのオリジナル・ヨガウェアなどのお店です。
mi,iik

日本にて
館山で田舎暮らしを体験しましょう!
田舎暮らし体験施設 ZENさんのふるさと.らぼ

館山のふるさと.らぼZENさんのブログ。
ZENさんの毎日がSpecial

バリ島の雑貨、生活雑貨、インテリア製品の販売はもちろん、施工も行ってくれる心強いお店です。オリジナル商品でいっぱい!
リゾートインテリア・アンジン店長ブログ

猫好きにはたまりません!
東京谷中 ねんねこや

インドネシア、バリ島情報いっぱい

バリ島での長期滞在や移住をお考えの方へ、お役に立つ情報がたくさんのブログです。
ξ^.^ξマーメイド。&【kai】夫婦です。

webデザイナー梶ナナカさんのブログです。バリ島の情報だけでなく、その他あちこち、スピ系のお話も、お役に立つ情報がいっぱいです。
Memo Bali Blog メモバリブログ

インドネシアだけでなく、世界のビジネス、経済、社会、自然、歴史、史跡、男の世界などなど、読んで楽しくためになるブログです。
インドネシア情報局

写真家レガーニャさんのバリ島ブログ。色々なバリ島が満載。
Leganya Bali 仕事は?・・

インドネシア人のアルビーさんのブログ。インドネシア語勉強中の人には、特におすすめです!
アルビーのインドネシア語教室

京都暮らしのつれづれ・・・美味しいもの・・・大好きなバリのことなど・・・がつづられた、お気楽妻さんのブログ。バリ島大好きな気持ちのあふれるブログです。
お気楽のススメ

海外旅行が大好きな遠距離ご夫婦のブログ。お互いを思いやる心の伝わってくる素敵なブログです。
*tmr*的生活

バリ島のリゾートやレストラン、イルカさんがつづる楽しい素敵なバリ島ブログです。
バリ島☆★☆BALI BAGUS☆★

旅が好き、というtabinosoraさんも、シドゥメン村を訪れてくださいました。彼女のブログには、世界各国でのユニークな経験がいっぱいです!
あっちいって…こっちいって

つぼやんのホームページでは、趣味の旅行記を読むことが出来ます。同じアジアの国々でも、食べ物も文化も多様ですね。
つぼやんのホームページ

心地よいヴィラ、スパ、ヨガ、スピリチュアルなど、情報いっぱいのブログです。
バリ島がやっぱり好き!

上記「バリ島がやっぱり好き!」の姉妹ブログです。東京在住、京都出身SAYOさんの素敵な京都ブログ。京都のお値打ち情報満載!
京都人のおすすめ京都旅行記ブログ「値打ちあるわぁ」

かわいくて不思議な楽器マトリョミンを操るotamaさんのブログです。
一体どうなんでしょう

バリ島旅行記をはじめ、日々をつづるにぽぽさんのブログです。おすすめ!
ただいま

スピリチュアル、エネルギーワーク、ヒーリングなどのことがたくさん。シドゥメン村も訪れて下さったチェルシーさんのブログ。
チェルシーな日々

バリ島内、島外の記事も!旅は芸の肥やしですよね!
バリ島~恋する旅芸人

世界より
カリブ海岸の町からお届けする、メキシコ在住のKyokoさんのブログです。
すべてはひとつ・ All is One

インド旅行の準備や心得、女1人で行くたびの旅行記をご紹介。インド情報いろいろです。ぜひご覧下さい。
インド旅行~女一人旅の心得

お気に入り
茨城県!私の故郷です!美味しいおそばとロハスなものごと。ついつい微笑んでしまう言葉がいっぱい。
手打ちそば常陸屋のブログ

翻訳のお仕事、身近な自然、ご家族などなど。ご家族や自然に対する愛情を感じております。
田舎暮らしの翻訳者

世の中には、こんなにいっぱいの本がある。。。
読書猿Classic: between / beyond readers メールマガジン「読書猿」で紹介した本を虫干しします

歴史に名を残す人々の名前の語源がわかります。日本語に変換されると、大変ユニークな名前になってしまいます!
人名力 著名人名の語源―The Etymology of Famous Person Names―

瞑想やインド哲学、宗教についてもっと知りたい方おすすめ!わかりやすくて詳しい、初心者にも親切なブログです。
智慧の海 愛と美と平和への洞察


私のフェイスブックのページです。インドネシア語で時々更新中。
facebook Akiko Matsubara

ついでにフェイスブックのファンページです。こちらもよろしく。
facebook Akiko Matsubara-Palm Reading-

この欄に関するご質問、ご連絡等は、お気軽にメールにてご連絡ください。
相互リンクもお待ちしております!

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、シドゥメン村のお宿ご予約代行、車の手配、手相占いやその他ワークショップのご予約、ご予約の変更など、下記松原あてメールにて承ります。 どうぞお気軽にご連絡ください。
メール 
:nami_yasa@yahoo.co.jp

ブログパーツ

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月

ライフログ


バリ島の歩き方 2013 (地球の歩き方MOOK)


D26 地球の歩き方 バリ島 2012~2013


12 地球の歩き方 aruco バリ島 (aruco)


人間の大地 上 (プラムディヤ選集 2)


人間の大地 下  プラムディヤ選集 3


D26 地球の歩き方 バリ島 2010~2011


バリの賢者からの教え~思い込みから抜け出す8つの方法~L’homme qui voulait etre heureux


魂の伴侶と出会う旅


Eat, Pray, Love: One Woman's Search for Everything Across Italy, India and Indonesia


沖縄染織王国へ (とんぼの本)


「女の仕事」のエスノグラフィ―バリ島の布・儀礼・ジェンダー


Island of Bali

その他のジャンル

Skypeボタン

外部リンク

ブログジャンル

海外生活
スピリチュアル