<   2009年 10月 ( 38 )   > この月の画像一覧

クトゥットさんのソンケット

 こちらは、主人のいとこの奥さん、クトゥットさん。このご近所で、そして、うちの親類の中でも、大変腕のいい機織り職人さんです。
 この8月に、長男となる赤ちゃんを産んだばかりで、赤ちゃんと長女ミラちゃんの世話や授乳だけでなく、そのほかの家庭の仕事の傍らに、時間を見つけて、ソンケットを織り続けています。
a0120328_17457.jpg

 彼女が今、織っているソンケットは、地をエンジ色にして、色糸をカラフルに織り込んだもの。こちらではメトリスと呼ばれている、コーティング加工を施した綿の糸を使っています。約2ヶ月間、少しずつ織り続けて、ようやく半分出来上がったところです。
 一般に使われる腰布用のソンケットは、幅が約52~55cm、長さが約170cmほどの布を、2枚織り、着用するときに縫い合わせて、使います。バリ島では、ソンケットは儀式の衣装として、また儀式や祭事の飾り布として用いられることが多く、そういった場合、使用されていない新しい布が好まれます。そのため、織りあがった布は、新しいものであることを示すために、縫い合わせていない状態で売買されています。上の写真では、長い方を、半分に折って持っています。
a0120328_175166.jpg

 長女のミラちゃんをはじめ、どこのお宅でも、子供たちにとって機織り上手なお母さんは、誇りなのです。いたずら盛りで、いつもはやんちゃなミラちゃんも、お母さんの布を自慢します。
a0120328_1754283.jpg

 最近の流行にのっとり、シドゥメン村タボラ地区では、このように全体にモチーフが織り込まれたタイプが多く作られています。色合いも、少々クラシックな雰囲気のものから、若い人を中心に好まれているパステル系の色調まで、さまざまです。
a0120328_1761945.jpg

 こちらの布、クトゥットさんの希望により、予約販売を承っております。ご購入、オーダーについて、または布に関するご質問などございましたら、私(松原)宛、下記のメールアドレスか携帯電話に、ご連絡ください。
Eメール : nami_yasa@yahoo.co.jp 
携帯電話 : 日本から ++62 81 338 45 9907
         バリ島内から 081 338 45 9907
 また、シドゥメン村の伝統工芸であるソンケット織りを体験する、機織り体験プログラムもご用意しておりますので、是非ご参加ください。我が家は、この地区でごく一般的な兼業農家ですが、自宅を利用して、この地区で織られた布(ソンケット、ウンダック(絣))、またソンケットの機織り道具や手順を見ることが出来ます。私も織っていますので、村を訪れた際には、是非お立ち寄りくださいね。(ただし留守が多いので、事前の連絡をいただけると、お掃除&家で待機させていただきます!)
[PR]
by songket_bali | 2009-10-31 17:10 | ソンケットなど 販売 | Trackback | Comments(4)

猫のストッパー

 ガルンガン、クニンガンの期間中は、機織りの仕事を休みましたが、そろそろ今の時期になると、うちのご近所からも、機織り道具を持ち出して、機織りを始める音が聞こえてきました。とはいえ、後5日後、月があけて11月の2日、月曜日には、田んぼのお寺、プラ・ジュンプンガンにてオダラン(寺院祭)がありますので、機織に集中できるというわけでもないのです。

 ちょっとした時間をみて、機織りをします。もちろん時間と体力に余裕があるときは、たくさん織ります。しばらく織っていたら、ナミちゃんの猫がやってきました。機織りの最中、ブリダ(横糸を織り込む道具)などを使っては、引き出し、横に置いて、を繰り返します。その時に滑らないように、布などを置いておくのですが、猫に横取りされてしまいました。
a0120328_165940100.jpg

 ブリダでつついてみましたが、動きたくないようです。まあ、ストッパーと思えばいいか、いや、商品にしたら売れるかも、機織り用木彫り猫のストッパー、いや、一体どこで誰が使うんだ?とひとりごちながら、機織りを続けたのでした。
[PR]
by songket_bali | 2009-10-29 15:57 | バリ島 動物・植物・生き物 | Trackback | Comments(2)

肥料の援助

 それぞれのスバックの田植えの季節に合わせて、インドネシア中央政府から、低価格肥料の援助があります。
 主人の田んぼは、田植えから数えて11日目、そろそろ1回目の肥料をあげる時期ですので、私たちも政府肥料を手に入れるべく、シドゥメン市場近くにある農業用品店に行きました。お店には、すでに低価格肥料が届いているそうです。
a0120328_1655370.jpg

 店先には、野菜の種が並んだショーケースがあります。シドゥメン村では、ごく一般的な野菜が好まれて栽培されています。販売されている野菜の種も、トマト、ミニトマト、青菜や豆類、唐辛子など、村で人気のあるものばかりです。火山灰土が悪いのか、標高が足りないのか、珍しい野菜を植えても育たないことが多いので、手のかからない野菜を植えてしまいます。
a0120328_16553063.jpg

 山と積まれた肥料。一袋あたり50キロ入っていますので、耕作している土地の広さにあわせて、袋単位で肥料を買い取り、登録しているスバックの名前と引き取り者の名前をチェックしてもらいます。これは、重複して肥料を買い取ったりすることを防ぐため。スバックに登録している農家の人たちに、平等に肥料が分配されるようにです。
[PR]
by songket_bali | 2009-10-28 07:53 | ライステラス農家 | Trackback | Comments(2)

朝はブブール

 シドゥメン村の朝市は、まだ暗いうちから始まっています。午前3時くらいになると、人が集まり始め、4時前後は、卸しの売買をする人々でにぎわってきます。一般のお買物のピークは、朝5時から7時くらいまで。最近は、朝遅く活動を始める人も増えてきたので、8時から9時くらいまで、お買物が可能になりました。数年前は、ちょっと寝坊をしたりして、朝の8時頃に市場に行っても、すでにガランとして、人の姿も見えない、といった具合でしたが、今は便利になったものです。そのうち24時間市場になったりして。

 あちらで野菜、こちらで卵、と、狭い通路をたくさんの人にもまれながら、買物を進めるのは、結構疲れるもの。人ごみから抜け出したところに、ちょうどいい具合に、バリのお菓子を売るお店や、ブブール(Bubur おかゆ)やサテなどの軽い食べ物を売るお店が出ています。今日は、ブブールもついでに買って行きましょう。
a0120328_16501275.jpg

 朝の2時から、3時間くらいかけて炊いたおかゆに、その日のおかず、例えば野菜のココナツ煮や、揚げた大豆、サンバルなど数種類がのっています。お持ち帰りできるように、バナナの葉で包んでもらいます。
a0120328_16504898.jpg

 バリ島の朝は、甘いコーヒーとお菓子から始まる、というのが一般的ですが、田舎では、こういったおかゆと野菜、少量のご飯とサンバル、などで軽く朝食をとってから仕事へ、という農民や職人さんも多いのです。
[PR]
by songket_bali | 2009-10-27 07:47 | シドゥメン村 食べる | Trackback | Comments(5)

金の指輪

 主人の母に頼まれて、金の指輪を見に行きました。やりくり上手な主人の母、へそくりで指輪を購入するつもりのようです。

 クルンクンの中心部には、金製品を扱うお店が数軒かたまったエリアがあります。バリ島で一般的なのは、22金で、特にネックレスや指輪が人気があります。アクセサリーとして使うだけでなく、長期的な投資のために金を買う、という人も多いようです。金を扱うお店の周辺や付近の通りには、金の証明書や買ったときの領収書などがない金製品も買ってくれる、個人で売買を行なっている女性などもいて、なかなかの雰囲気です。

 さて、いいものが見つかるかな。通り沿いのお店を一軒ずつ覗きながら、質が良くて、見栄えが良くて、細工のきれいな商品があって、おまけに感じの良い店員さんのいるお店を探します。注文が多いですね。
a0120328_16452387.jpg

 気の合うお店が見つかったら、商品を見せてもらいます。指輪に入っている石は、ほとんどが本物ではありません。指輪の値段は、使われている金の重さによって決まります。ちなみにこの日の金価格は、22金で1グラムあたり30万ルピアでした。何かをじっと見ている主人。「私には、何にもくれたこと無いのに、お母さんのためだと真剣なのね。フン!」と思っていると、その視線の先には、
a0120328_16445334.jpg

 大きな指輪がありました。18グラムの金の指輪、男性用。ちなみに、石が本物のヒスイだったら、ものすごいお値段になりますね。
[PR]
by songket_bali | 2009-10-26 09:41 | クルンクン・カランガッサム | Trackback | Comments(2)

プラン・ジュンパナ sanpo

 今日はクニンガンの日。ガルンガンの間、それぞれの家のお寺にいらっしゃった神々は、正午をもって天界、神々の世界へ戻って行きます。ですので、今日は、お昼までに、お供えものをしたり、礼拝をして廻ったりしなくては、なりません。

 今日を寺院祭としている寺院も多く、シドゥメン村からも遠くない、クルンクンのパクサバリ(Paksabali)にあるプラ・パンティ(Pura Panti パンティ寺院)も、その一つです。クルンクン市街から、主要路を、さらに東へ進み、サトリア(Satria)地区の市場前を、左折して、シドゥメン方向に向かう道へ入ります。その辺りがパクサバリという地区で、道路沿いには、小さなワルンと住宅が並んでいます。
 数キロ進んだところで、何の目印もない細い路地を西に折れ、さらに民家の並ぶ通りを通っていくと、プラ・パンティというお寺があり、普通の日には何の変哲もない、普通のお寺なのですが、寺院祭であるクニンガンの日は、知る人ぞ知る、という隠れた観光スポットに姿を変えています。
 他の地区から訪れたバリ人、バリの衣装に身を包んだ様々な国からのお客様、そしてカメラを構える人々やテレビ取材のカメラマンまで、小さなお寺に集まっていますが、その目的は、プラン・ジュンパナ(Perang Jempana)を見ること。

 プランとは、戦争、戦いという意味があり、ジュンパナとは、神様の乗り物、神輿のことです。要約すれば、ケンカ神輿ということになってしまいます。デワ・ムパルー(Dewa Mepaluh 神様のケンカ)と説明された英語版のガイドブックなどもあり、主人などは、それを読んで、「神様はケンカしない!」と、言っていましたが、地元の人によると、ケンカではなく、ムソラ(Masolah 踊ること)なのだとか。

 クニンガンだというのに、お昼ご飯のあと、つい口論が始まってしまった私と主人は、夕方になって「せっかくだから、神様のケンカも、見に行きましょう。」「ケンカじゃない、踊りだ!」と、口論を続けながら出かけました。
a0120328_1832055.jpg

 プラ・パンティへ続く小道。お寺は、バンジャール・ティンブラー(Banjar Timbrah)という地区にあります。
a0120328_18322692.jpg

 午後5時半ごろのお寺前の様子。寺院祭のためにお迎えした神々は、ジュンパナに乗って、お清めに出かけています。お寺に集まった人々は、それぞれにおしゃべりなどをしながら、ジュンパナの到着を待っていますが、どことなく緊張感が漂っています。
a0120328_1833650.jpg

 お寺の入り口、正面では、到着した神様に捧げる供物と儀式の準備が整っています。
a0120328_18334394.jpg

 お寺では、太鼓の音が鳴らされ、神様のご到着が近づいたことを知らせます。バレガンジュールのガムラン音楽を先頭に、大きな旗を持った子供たち、供物や祭具を頭に乗せた女性たち、神様をお迎えするための踊り、ルジャン(Rejang)を奉納する女の子たちなど、次々に行列の人々がお寺に到着します。
a0120328_18341160.jpg

 一番初めのイダ・ラトゥ(Ida Ratu お寺にお迎えする神様)がご到着すると、お寺の入り口でお迎えする儀式が行なわれ、プリアン(Purian 奥境内)に進みます。そして、その後に続くのは、クリス(Kris 聖剣)を持った男性達とジュンパナを担ぐ人々。と、何を思ったか、一人の男性がクリスを構えて、こちらへ突き進んでくるではないですか!私の姿が、それとも私の後ろにいた主人の姿が、魔物に見えたのでしょうか。
a0120328_18344568.jpg

 写真に見える、白いふさふさしたものがついたジュンパナ達が、特に激しく動き回ります。お寺に入る前から、すでに、ぶつかったり、よろけたりしながら進んでいましたが、全てがお寺に入り、ジャボ(Jaba)という、外側の境内を、ぐるぐる廻り始めると、すぐに写真のような、もみくちゃ状態が始まります。

 ぶつかりあったり、押し合ったり、急に走り出したか、と思えば、いくつかのジュンパナがくっついてぐるぐる回ったり。突然方向を変えて、お寺の前の道へ、ジュンパナがあふれ出してきて、そのまま道でぶつかり合いをはじめたりします。近くにいる人々は、ジュンパナやンガヤー・ムンドゥッ(Ngayah Mundut ジュンパナを担ぐ人達)に、ぶつかったり、押し倒されたりしないよう、血相を変えて逃げ回ります。踊りといえば踊りでしょうが、やはりケンカとか、戦いという表現の方が合っています。
a0120328_18361115.jpg
  
 カメラを構えている人々は、巻き込まれないように注意しながらも、やはりジュンパナに近づいていきます。迫力のある写真が撮れることでしょう。私も、やや遠巻きに、カメラを向けていましたが、後ろから、担ぎ手の男性に、「前で撮ったほうがいいぞ。撮ったら、すぐ逃げるんだ!」と背中を押され、なんとジュンパナのすぐ目の前へ。出てしまった、と思ったら、いくつかのジュンパナが、そろり、そろり、と、こちらににじり寄ってくるではないですか!

 逃げ切った、と思ったら今度は、すぐ後ろで男性の悲鳴が。見ると、クラウハン(Kerauhan トランス状態)になって倒れた男性がいました。プマンクーが聖水を振り掛けていましたが、収まらないようで、数人の男性に担がれて、境内へ運ばれていきます。
a0120328_1837713.jpg

 すっかり日も暮れて、暗くなってもまだ、ジュンパナは走り回っていましたが、私と主人は、パミット(Pamit お寺の行事などに参加した際、途中で帰宅、失礼すること)させて頂きました。プラン・ジュンパナは、全てのジュンパナが落ち着いて、おとなしくお寺に入るまで、続くのだそうです。
 今回は大迫力の体験でしたが、次回はもう少し安全な場所から、眺めるのもいいですね。
[PR]
by songket_bali | 2009-10-24 18:30 | バリ島 お祭り | Trackback | Comments(4)

新しいカレンダーの季節

 よくよく考えてみたら、今年もあと2ヶ月あまり。毎日が、ほんとうにあっという間に過ぎていきます。
 インドネシアでは、今年大統領の直接選挙がありまして、現大統領であるスシロ・バンバン・ユドヨノ氏が、2009年から2014年度の大統領として、続投することになりました。
 先日より、今回の閣僚メンバー予想などで、テレビが賑やかでしたが、昨日、正式に任命式が行なわれたようです。
 
 シドゥメン村の家庭では、個人で新聞を毎日とっているお宅は、ほぼありません。バンガローなどの宿泊施設ややや大きなお店では、時たま見かけますが、良く見ると、古い新聞だったりします。
 我が家でも、新聞を配達してもらっていないので、こういった大きなニュースがある時や、クルンクンなどへ出かけたついでに、その都度、読みたい記事のある新聞を購入します。

 今日も夕方、クルンクンへ出かけたついでに、新聞なども売っている雑貨商店に立ち寄りました。
 ちなみに私の好きな新聞は、「コンパス(KOMPAS)」というもの。ジャカルタを中心に、全国向けに発行されていて、一般、政治、経済、情報、娯楽、スポーツなどのカテゴリーに分かれていて、全部で平均50ページくらいの日刊誌です。日曜版などは、就職や住宅情報なども増えますので、かなりの厚みになります。以前、サヌールに住んでいるときには、バリ島で一番人気の「バリ・ポスト」と共に、アパートに配達してもらっていました。
 本や活字の好きな私、厚くて重い出版物に惹かれる傾向があり、(正直に言って、全部読みきれないのですが、)たくさん情報がある、というだけで、選んだ新聞なのですが、他の新聞などと読み比べてみると、内容的にも濃い新聞だと思っています。
 クルンクンでは、あまり見かけず、バリポストでさえ、夕方になると売り切れ、ということが多いのですが、今日は、運良くコンパスを見つけました。ふむふむ、ちゃんと一面に閣僚の名前が書かれているかしら?一部しか載ってないけど、まあいいや、などと考えながら、店先を見回すと、バリ島のカレンダーが目につきました。

 そうそう、もう10月下旬ですから、来年のカレンダーが出回る季節なのです。
a0120328_1824730.jpg

 お店の中に、積まれたカレンダー。すでに半分くらいは、卸しや小売で、売れてしまったそうで、残りもあっという間に、なくなるそうです。
a0120328_18244951.jpg

 こちらのお店では、3種類のカレンダーが売られていました。どれも同じ、バリ島独特の暦によったカレンダーで、サカ歴(月齢による暦)、ウク歴(7日x30週で一巡する暦)がわかり、その他、各日の性質や寺院祭情報などが盛り込まれています。暦の作成者というか、発行人またはグループ代表の写真が載っていて、少しずつ、吉日の決め方や寺院際情報の細かいところ、または、裏ページを利用した占いなどが、違うくらいで、どのカレンダーも、ほぼ同じ内容です。

 「どれでも同じなんだから、早く決めろ!」という主人と店員さんを横目に、今年は誰のカレンダーにしようかな~と、じっくり比較する私。「これがいい!わけのわからないグラフがついている!」ということで、決めた今年のカレンダー。どうやってグラフを解読したら良いものか、今から楽しみなのでした。
[PR]
by songket_bali | 2009-10-23 18:21 | バリ島 政治・経済・社会・通信 | Trackback | Comments(3)

ウマ・アグン バー&レストラン

 シドゥメン村タボラ地区にある、ウマ・アグン・ヴィラのレストランは、この夏から営業を始めています。
 こちらはエントランスの写真。赤いウンブル・ウンブル(Umbul-umbul のぼり)が目印です。ヴィラのエントランスも兼ねていて、駐車スペースもあります。
a0120328_18164493.jpg

 開放的なダイニングスペース。ヴィラにご宿泊の方は、このまま奥にすすみます。
a0120328_18174262.jpg

 オーナーのニョマン・グデ・スアンドラ(I Nyoman Gede Suandra)氏は、リハット・サワ・バンガローのニョマン・カリ氏の弟さんに当たり、チャンディダサでもレストランを2つ経営しています。そのうちの一つ、チャンディ・アグンというレストランのメニューを、ここ、ウマ・アグンでも使っています。
a0120328_18181245.jpg

 海に近いチャンディ・アグンのメニューには、もちろん魚料理が多く、そのため、山間のシドゥメン村のウマ・アグンでも、シーフード料理に力を入れていて、お客様にも人気があるのだそうです。
a0120328_18183895.jpg

 こちらスタッフのプトゥさん。通称はウッシー。さっぱりした性格で、スポーツタイプのオートバイも乗りこなす、行動的な女性です。もちろんシドゥメン村在住。

オープン : 7:00~21:00(ラストオーダー)
        ご宿泊以外のお客様も、朝食時間からご利用できます。
お支払い: 現金にて。カードはご利用できません。
 現金はインドネシアルピア又は、米ドルが利用可能ですが、ルピアでのお支払の方がスムーズです。
メニュー抜粋:
ビンタンビール大 26,500ルピア、バリコーヒー 7,000ルピア
バナナジュース 9,500ルピア、ソフトドリンク 7,900ルピア
Fish Fillet Uma Agung 50,000ルピア、Snapper Fillet Jimbaran 45,000ルピアなど
メニューには15%の税とサービス料が加算されます。

UMA AGUNG BAR&RESTAURANT
Sidemen Bali
Telp/Fax : ++62 (0)363 41672
Mobile : ++62 81 2398 3447 (ニョマン・グデ氏)
Website : www.villaumaagung.com
上記へのご連絡は、英語またはインドネシア語になります。
日本語でのお問い合わせやご予約は、私(松原)宛、以下のメールアドレスか携帯電話にて承ります。
Eメール : nami_yasa@yahoo.co.jp 
携帯電話 : 日本から ++62 81 338 45 9907
         バリ島内から 081 338 45 9907
[PR]
by songket_bali | 2009-10-21 15:31 | シドゥメン村 食べる | Trackback | Comments(2)

トウモロコシの収穫

 最近、蒸し暑い日が続いています。いよいよ本当の雨季が近づいているのでしょうか。日中などは、うだるような暑さです。
 暑くなる前に一仕事、ということで、今朝は早くから、主人が畑へ出かけ、タボラ地区の畑のトウモロコシを収穫しました。このトウモロコシは、実が若いうちに収穫すれば、それなりに美味しく食べることも出来ますが、今回は飼料用にするため、実が大きくなって、やや乾燥するまで畑で放っておきました。
a0120328_18123758.jpg
 
 今日は特別のお供えものをする必要もないので、主人の母ものんびりしています。ガルンガンの期間中、小学校もお休みなので、ナミちゃんも手伝って、主人が収穫してきたトウモロコシの皮を剥きます。
a0120328_1812335.jpg

 実の根元から切り取った皮をバリ語でガンダ(Ganda)と呼びます。お供えものなどに良く使われる、ブンティランという、もち米で作ったお菓子を包むのに使います。実も芯からはずします。皮も実も、一部を家で利用し、残りは市場などで売ります。
[PR]
by songket_bali | 2009-10-20 11:30 | ライステラス農家 | Trackback | Comments(2)

ワードを操る猫

 ガルンガンが近づいてくる頃からクニンガンまで、毎日のように特別の名前のついた祭日が続くのですが、今日は、特になし。

 今のうちに、終わっていない翻訳の書類を仕上げてしまいましょう、ということで、朝から、書類や辞書をテーブルいっぱいに広げます。いかにも忙しそうにしておかないと、次から次へと、他の用事が飛び込んできて、手に負えなくなってしまうのです。
 部屋に閉じこもって仕事をすれば良い、とも思うのですが、閉じこもっていると、探しだされるか、昼寝していると思われるか、病気と勘違いされて、お見舞いの人がやってきたりするので、堂々と見えるようにするのが、かえって一番邪魔されずにすむのです。
a0120328_1882472.jpg

 皆、近寄ってきません。しめしめ。犬でさえ、遠慮がちに、やや遠くで寝転んでいますが、そんなことお構いなし、というのは猫。いったい一日に、何回ご飯を食べたら気が済むのか、「にゃーん」と大きな声で鳴きながら、こちらが辞書を広げていようと、何をしていようが構わずに、テーブルの上に跳び乗ってきます。
 慌てて捕まえて、台所へ。ご飯や魚の残りなどで、猫にご飯をあげたあと、ラップトップを見てみると、いつキーボードに足をかけたのか、先ほどまで作っていた文章の最後の部分に「えさ」という文字が続いていました。

 いくら偶然とはいえ、猫が「えさ」と入力するなんて。おまけに日本語で。あまりの面白さに、主人やナミちゃんに、「見て見て~」と画面を見せましたが、かなしいかな、皆、日本語を理解してくれないのでした。
[PR]
by songket_bali | 2009-10-20 10:30 | バリ島 動物・植物・生き物 | Trackback | Comments(2)


バリ島東部のカランガッサム県シドゥメン村タボラ地区で田舎暮らしをしながら、ソンケットという布を織っています。


by 松原亜希子

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

サラスワティ像の思い出とマン..
at 2017-01-22 18:46
ウンダ川の橋が新しくなりまし..
at 2017-01-03 17:40
「旅するバリ島・ウブド案内-..
at 2016-12-10 13:07
トゥカッ・チュプンの滝へ行っ..
at 2016-12-05 20:39
トゥカッ・チュプンの滝へ行っ..
at 2016-12-05 19:43
トゥカッ・チュプンの滝へ行っ..
at 2016-12-05 18:40
猫さんはあくびでお見送り
at 2016-11-05 17:04
はたおり進行中のソンケットの確認
at 2016-10-16 17:18
田んぼの草むしりと人間が自然..
at 2016-10-05 21:35
我が家の円相とナミちゃんのイ..
at 2016-10-03 11:46
茨城産干し芋のお土産 ありが..
at 2016-09-28 16:48
影絵芝居人形がニョマンさんの..
at 2016-09-27 19:57
息子の猫さん
at 2016-09-26 19:26
本日は2名様での機織り体験です。
at 2016-09-24 15:05
石臼で調味料を作りました。
at 2016-09-23 13:58
主人の売店
at 2016-09-22 14:32
小包が届きました。
at 2016-09-21 14:30
昨日は田植えが行われました。
at 2016-09-20 16:05
機織り体験もはじまっております。
at 2016-09-18 14:50
クニンガンの日
at 2016-09-17 13:06

カテゴリ

全体
ご挨拶・問合せ先とアクセス方法
田舎暮らし 体験プログラム
バリ島田舎暮らし カレンダー
ソンケット他 織・着・使・作
ソンケットなど 販売
シドゥメン村 泊まる
シドゥメン村 食べる
シドゥメン村 見所・遊び・お店
アグン山
シドゥメン村 ウェディング
バリ島 冠婚葬祭 おつきあい
バリ島 お祭り
ライステラス農家
日々の出来事 目に見えないこと
本日の眺め と インスタグラム
我が家のご主人 ニョマンさんの売店より
我が家の食卓
バリ島 家族
バリ島 医療・治療・美容
バリ島 暦・占い・不思議など
バリ島 芸能・音楽・工芸・絵画
バリ島 政治・経済・社会・通信
バリ島 動物・植物・生き物
バリ島 子供 遊び テレビ
バリ島 読書 本など
クバヤをつくりましょう
サヌール・デンパサール
ウブド、ギャニャール
クルンクン・カランガッサム
バンリ バリ島その他の地区
クタ スミニャック クロボカン
レンボンガン
ENGLISH
INDONESIA
手相鑑定・パームリーディング
手相について 手相の見方など
お知らせ&皆様よりのメール
ゲストの皆さま お土産物 頂き物など
その他色々 世相や気になった事など
雑誌、メディアにてのご紹介など
バリ島撮影取材コーディネート
各カテゴリー内目次

記事ランキング

検索

画像一覧

最新のコメント

> よしさん いつもコ..
by songket_bali at 18:12
見て即座に注文して昨日に..
by よし at 19:38
日本もバリも同じ三日月な..
by よし at 20:15
Y・Aさま こんにちは。..
by songket_bali at 14:47
> じゃかこさん はじ..
by songket_bali at 17:10
初めまして、バリ島大好き..
by 里花 at 13:59
> よしさん コメント..
by songket_bali at 21:32
初めてバリに来たときのこ..
by よし at 19:41
イシカワ様 ブログコメン..
by songket_bali at 14:37
コメントありがとうござい..
by songket_bali at 13:35
楽しいご旅行になりますこ..
by songket_bali at 00:03
突然の訪問にお答えいただ..
by Ega at 23:03

最新のトラックバック

バリ日記4
from 一体どうなんでしょう
何もない日と100マト動画
from 一体どうなんでしょう
ひとりでできるもん!(ウ..
from 一体どうなんでしょう
ミステリーサークルがでた..
from バリ島がやっぱり好き!〜ホテ..
手相!おすすめの逸品
from 手相
バリ島より帰国しました〜..
from バリ島がやっぱり好き! ホテ..
KUBU TANI@Si..
from Bali大好き!

タグ

(766)
(500)
(98)
(83)
(82)
(51)
(47)
(44)
(42)
(29)
(28)
(25)
(24)
(24)
(22)
(22)
(20)
(18)
(17)
(16)

ファン

お気に入りブログ

exblog ガドガド
田舎暮らし
Yin Yang 陰陽(...
スリーカラーローズ
SachiのIndone...
do loop's blog
Brisbane Yog...

おすすめサイト

こちらは、私がよく読ませて頂いたり、我が家を訪れて下さったり、ご連絡を頂いた皆様のサイトやブログです。ぜひご覧ください。

バリ島より 旅行、車の手配など
人気のチャーターツアーです。見たいバリを見せてくれます!
バリ島旅行バリクツアーズ

バリ島のスピリチュアルな場所や物事にご興味のある方へ
特におすすめです。
バリ島スピリチュアルツアー dari Hati Bali

いつもありがとうございます。心やさしいガイドさんです。
Suwaru Bali スワルバリ


バリ島にて お宿、体験、お買物など

バリが詰まったお店です。
*SARI BUMI*

エネルギーいっぱいのバリ島でレイキを。レイキを身につけたい方に、お勧めサロンです。
レイキヒーリングサロン・サマトワ

ウブドの田んぼとアグン山の見えるコテージでゆっくりのんびりリフレッシュ。素敵なご家族がお迎えしてくれます。
バリ島ウブド「トランブラン・コテージ」

バリ島ウブド、くつろいだ雰囲気とおしゃれなインテリアのお宿です。
ココバリバリ

バリ島、ウブドにあるお宿、「PRASANTI」。オーナー一家のバリ島暮らしを日記でご紹介。
ぷらさん亭便り

バリ島の日本食レストラン「漁師」ウブド店店長さんのブログです。
バリ島ウブド 親泣かせ独身女奮闘気

ボディボードとヨガをされている結美さんのページです。
結美のホームページ

売りたい人、買いたい人、どうぞブログを覗いてみてくださいね。
バリ島リサイクルショップSORA

バリ島ウブドのオリジナル・ヨガウェアなどのお店です。
mi,iik

日本にて
館山で田舎暮らしを体験しましょう!
田舎暮らし体験施設 ZENさんのふるさと.らぼ

館山のふるさと.らぼZENさんのブログ。
ZENさんの毎日がSpecial

バリ島の雑貨、生活雑貨、インテリア製品の販売はもちろん、施工も行ってくれる心強いお店です。オリジナル商品でいっぱい!
リゾートインテリア・アンジン店長ブログ

猫好きにはたまりません!
東京谷中 ねんねこや

インドネシア、バリ島情報いっぱい

バリ島での長期滞在や移住をお考えの方へ、お役に立つ情報がたくさんのブログです。
ξ^.^ξマーメイド。&【kai】夫婦です。

webデザイナー梶ナナカさんのブログです。バリ島の情報だけでなく、その他あちこち、スピ系のお話も、お役に立つ情報がいっぱいです。
Memo Bali Blog メモバリブログ

インドネシアだけでなく、世界のビジネス、経済、社会、自然、歴史、史跡、男の世界などなど、読んで楽しくためになるブログです。
インドネシア情報局

写真家レガーニャさんのバリ島ブログ。色々なバリ島が満載。
Leganya Bali 仕事は?・・

インドネシア人のアルビーさんのブログ。インドネシア語勉強中の人には、特におすすめです!
アルビーのインドネシア語教室

京都暮らしのつれづれ・・・美味しいもの・・・大好きなバリのことなど・・・がつづられた、お気楽妻さんのブログ。バリ島大好きな気持ちのあふれるブログです。
お気楽のススメ

海外旅行が大好きな遠距離ご夫婦のブログ。お互いを思いやる心の伝わってくる素敵なブログです。
*tmr*的生活

バリ島のリゾートやレストラン、イルカさんがつづる楽しい素敵なバリ島ブログです。
バリ島☆★☆BALI BAGUS☆★

旅が好き、というtabinosoraさんも、シドゥメン村を訪れてくださいました。彼女のブログには、世界各国でのユニークな経験がいっぱいです!
あっちいって…こっちいって

つぼやんのホームページでは、趣味の旅行記を読むことが出来ます。同じアジアの国々でも、食べ物も文化も多様ですね。
つぼやんのホームページ

心地よいヴィラ、スパ、ヨガ、スピリチュアルなど、情報いっぱいのブログです。
バリ島がやっぱり好き!

上記「バリ島がやっぱり好き!」の姉妹ブログです。東京在住、京都出身SAYOさんの素敵な京都ブログ。京都のお値打ち情報満載!
京都人のおすすめ京都旅行記ブログ「値打ちあるわぁ」

かわいくて不思議な楽器マトリョミンを操るotamaさんのブログです。
一体どうなんでしょう

バリ島旅行記をはじめ、日々をつづるにぽぽさんのブログです。おすすめ!
ただいま

スピリチュアル、エネルギーワーク、ヒーリングなどのことがたくさん。シドゥメン村も訪れて下さったチェルシーさんのブログ。
チェルシーな日々

バリ島内、島外の記事も!旅は芸の肥やしですよね!
バリ島~恋する旅芸人

世界より
カリブ海岸の町からお届けする、メキシコ在住のKyokoさんのブログです。
すべてはひとつ・ All is One

インド旅行の準備や心得、女1人で行くたびの旅行記をご紹介。インド情報いろいろです。ぜひご覧下さい。
インド旅行~女一人旅の心得

お気に入り
茨城県!私の故郷です!美味しいおそばとロハスなものごと。ついつい微笑んでしまう言葉がいっぱい。
手打ちそば常陸屋のブログ

翻訳のお仕事、身近な自然、ご家族などなど。ご家族や自然に対する愛情を感じております。
田舎暮らしの翻訳者

世の中には、こんなにいっぱいの本がある。。。
読書猿Classic: between / beyond readers メールマガジン「読書猿」で紹介した本を虫干しします

歴史に名を残す人々の名前の語源がわかります。日本語に変換されると、大変ユニークな名前になってしまいます!
人名力 著名人名の語源―The Etymology of Famous Person Names―

瞑想やインド哲学、宗教についてもっと知りたい方おすすめ!わかりやすくて詳しい、初心者にも親切なブログです。
智慧の海 愛と美と平和への洞察


私のフェイスブックのページです。インドネシア語で時々更新中。
facebook Akiko Matsubara

ついでにフェイスブックのファンページです。こちらもよろしく。
facebook Akiko Matsubara-Palm Reading-

この欄に関するご質問、ご連絡等は、お気軽にメールにてご連絡ください。
相互リンクもお待ちしております!

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、シドゥメン村のお宿ご予約代行、車の手配、手相占いやその他ワークショップのご予約、ご予約の変更など、下記松原あてメールにて承ります。 どうぞお気軽にご連絡ください。
メール 
:nami_yasa@yahoo.co.jp

ブログパーツ

以前の記事

2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月

ライフログ


バリ島の歩き方 2013 (地球の歩き方MOOK)


D26 地球の歩き方 バリ島 2012~2013


12 地球の歩き方 aruco バリ島 (aruco)


人間の大地 上 (プラムディヤ選集 2)


人間の大地 下  プラムディヤ選集 3


D26 地球の歩き方 バリ島 2010~2011


バリの賢者からの教え~思い込みから抜け出す8つの方法~L’homme qui voulait etre heureux


魂の伴侶と出会う旅


Eat, Pray, Love: One Woman's Search for Everything Across Italy, India and Indonesia


沖縄染織王国へ (とんぼの本)


「女の仕事」のエスノグラフィ―バリ島の布・儀礼・ジェンダー


Island of Bali

人気ジャンル

Skypeボタン

外部リンク

ブログジャンル

海外生活
スピリチュアル