<   2009年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

今日もはたおり

 先日作ってもらったモチーフで織ったら、こんな風になりました。
a0120328_1733423.jpg

 写真の右側が上、左側が下になります。2羽の鳥が背中合わせに織り出してあります。
 色糸をたくさん使って、模様の部分ごとに色分けしてみました。モチーフが古い上、手間のかかる細かい色分けの作業が必要なので、最近の職人さんは、あまりこういった布を作りません。

 色分けしながら糸を織り込む作業は、根気の要る仕事ですが、慣れてくると塗り絵のようでもあり、楽しくなってくるのです。ソンケットを織っているときは、裏側を見ながら作業をしています。しばらく織った後、休憩がてらに、表側を確認しますが、よくできていると、やはりうれしいものです。作業中の確認のためには、小さな鏡を使って下から、布の表側を見たりもします。

 今回は、織りやすいように目立つ色を使ってみましたが、次はちょっと渋めにまとめてみるのも、良さそうですね。
[PR]
by songket_bali | 2009-11-28 16:31 | ソンケット他 織・着・使・作 | Trackback | Comments(2)

ナミちゃんの玉子焼き

 今日は、イスラム教の犠牲祭の日で、学校はお休みです。ナミちゃんが、お昼ご飯のおかずに、玉子焼きを作ってくれました。
a0120328_1730610.jpg

 バリ島では、儀式やお祭りの料理を作るのは、男性の仕事です。ガルンガンなどの祭日の前になると、主人もサテやラワールを作ったりしますが、ナミちゃんも、その血を受け継いだのでしょうか。
 最近は、インスタントラーメンなども作れるようになり、目玉焼きの焼き加減の練習もしているようです。
 「はい、ちゃんと小さく切ってきたよ。お父さんは2切れ、お母さんは2切れ、残りは、背が伸びるように僕が食べるね~」

 ちゃっかりしているところも、ちゃんとバリ人気質をうけついでいるようですね。
[PR]
by songket_bali | 2009-11-27 13:28 | バリ島 子供 遊び テレビ | Trackback | Comments(2)

暑い日は

 蒸し暑い日の午後など、機織りをする時は、扇風機を使っています。そよそよと、風が吹いてきて気持ちいいのですが、風に当たって気持ちがいいのは、私だけではないようです。
a0120328_17264168.jpg

 ドタドタっと走ってきて、ゴロっと横になる犬。さわやかな風を独り占めにして、昼寝をしているうちの番犬。よく見ると、口元も緩んで、なにやら笑っているようです。
 お昼ごはんの後の時間は、犬といい、猫といい、みな昼寝の時間と決めているようです。
 いっそのこと、私も昼寝してしまおうかしら。
[PR]
by songket_bali | 2009-11-26 13:25 | バリ島 動物・植物・生き物 | Trackback | Comments(0)

シドゥメン村のもう一つの布 ウンダック

 昨日は、取材の方々が、我が家を訪れてくださいました。ライターの方は、なんと10年近く前に、一度お目にかかったことのある方で、不思議な再開にびっくりしました。
 遠路はるばると足を運んでいただき、シドゥメン村の伝統工芸であるソンケットや、田舎暮らしの様子、機織りをはじめとする体験プログラムについて、お話させていただくことが出来ました。

 そして、もう一つ、「ウンダック(Endak)」という絣の布も話題に上りました。ウンダックとは、モチーフにあわせて、横糸を縛って染めたのち、織り上げた布のことで、インドネシア語ではイカットといいます。シドゥメン村では、ソンケットだけでなく、ウンダックも作られているのです。
a0120328_17234630.jpg

 こちらは、シドゥメン村で織られたウンダックで、生地に光沢があり、モチーフが複雑なものが上質といわれます。ウンダックは、ソンケットに比べると価格も安いので、ソンケットは織るばかりで、あまり持つことの出来ない職人さんたちも、ウンダックには手が届くようです。
 また、全体的に渋めの色合いと、さらさらした布地の心地よさもあって、インテリア用だけでなく、バリ島旅行中に気軽に使えるサロンとして、購入される西洋のお客様も多いようです。また、日本の方で、何度もバリ島に足を運んでいらっしゃる方などは、お手持ちのクバヤに合わせて選ばれる方も少なくありません。

 ウンダックは、シドゥメン村の市場付近の布を扱うお店や、同じくシドゥメン村にある「プランギ」という布のお店でも購入することが出来ますが、我が家でも、手に入ったときには、ソンケットと一緒に販売させていただいております。写真の布の大きさは、長さ約2m、幅約1m、我が家での販売価格は、1枚当たり150,000ルピアです。長さの変更、卸売り、シャツ等への加工、日本や国外への発送も承っておりますので、メール又はお電話にて御相談ください。

 と、いうことで、今回はほんの数点の写真でしたが、また新しいウンダックが手に入ったら、改めてご紹介させていただきます。
 シドゥメン村の、価値のある工芸品の一つとして、どうぞウンダックも御利用いただけますよう、よろしくお願いいたします。

お問合せは、こちらへ。
E-メール : nami_yasa@yahoo.co.jp
携帯電話(日本より): ++62 81 338 45 9907(日本語)
      (バリ島より): 081 338 45 9907
 お急ぎの方は、携帯電話への御連絡をお願いいたします。
[PR]
by songket_bali | 2009-11-25 17:21 | ソンケット 販売 | Trackback | Comments(2)

「2012」の放映会

 先日の夕食時のこと、「お父さん!お母さん!2012年に、地球が燃えて、大きな津波が来るんだって!本当?」と、ナミちゃんに聞かれました。「は?何のこと?」と、はじめは、ちんぷんかんぷんの私たちでしたが、よくよく聞いてみると、「2012」という、世界最後の日を題材にした映画があって、ナミちゃんの通っている小学校の生徒たちの間では、その話題で持ちきりなのだ、ということがわかってきました。
 「怖いよ~。」と、ナミちゃんは、半分本当に怖がっているようです。絶滅したマヤ王国のカレンダーによると、という説明から始まって、ノストラダムスの予言の話をして、自然環境と環境破壊の話をして、映画を作る人たちと、映画には伝えたいことがあるはず、という話までして、ようやく幾分納得してくれたようです。

 昨日の日曜日、家族でクルンクンへ出かけた帰りに、ナイトマーケットに立ち寄りました。主人は、ひとりで何かを探しに、私とナミちゃんは、なにか美味しいものはないかなあ、と、きょろきょろしていると、主人がうれしそうに駆け寄ってきました。
 何が起きたのか、と思いましたが、「2012」のカセットを見つけたのだそうです。「お母さん!」と、私の顔を見つめるナミちゃんと主人。お財布のひもを緩めて欲しいのです。
 「仕方ないわねえ。」と、しぶしぶ承知しましたが、本当は私も観てみたいなあ、と思っていたのです。

 家に戻った後、晩御飯を食べながら、早速、映画鑑賞が始まりました。なるほど、これは面白いですね。映画館の大きな画面で見たら、もっともっと楽しいでしょうね。

 次の日の午後、学校から戻ったナミちゃんのところへ、続々とお友達がやってきます。おばあちゃんや従姉妹達も集まって、ミニ映画鑑賞会が始まってしまいました。

 「もう少ししたら、地面が割れるんだよ。」「ほらほら、ビルが倒れるよ。」「この人は、生き残るよ。」と、楽しそうに説明するナミちゃん。アクションシーンになると、わあ、ひゃあ、と、楽しそうに声をあげる、主人の母と子供たち。
a0120328_16391475.jpg

 主人の母は幼い頃に、アグン山の噴火を体験したことがあるそうで、「そうそう、地面が揺れて、赤い火が流れてきて、怖かった。」と、画面を見ながら話していました。
 皆で映画を観ている途中、「お母さん!こんな大きな津波は来ないんだよね。人間は絶滅しないんだね。」と、ナミちゃんに聞かれました。答えを待つ子供たちの目が、私に集まります。「アタボウヨ!滅びるもんか!」と、母の威厳を守るため、威勢を張る私。
 
 とはいえ、世界中が、地球温暖化や自然破壊の問題で頭を抱えている現在、不安は隠せません。もしかして、大人のいい加減な言葉の裏にある不安を、子供たちはちゃんと感じ取っているかも知れませんね。
[PR]
by songket_bali | 2009-11-23 13:35 | バリ島 子供 遊び テレビ | Trackback | Comments(0)

クトゥット・リヤール氏の手相占い

 バリ島のウブドを中心に、ジュリア・ロバーツ主演による「Eat, Pray, Love」という映画の撮影が行なわれているそうです。
 原作は、エリザベス・ギルバート(Elizabeth Gilbert)という女性で、ものすごく簡単に要約すると、イタリアで食べ、インドで祈り、バリ島で愛を見つけた、というストーリーで、私も先日からペーパーバックで読み始めたところです。

 で、そのバリ島のストーリーの中に、バリアン(Balian 伝統的な呪術師、魔術師、医療師)が登場するのですが、その、原作にも本名で登場する I Ketut Liyer (イ・クトゥット・リヤール)氏、95歳に、先日(先月末のことです)お会いしてきました。

 はっきりした住所もわからず出かけたのに、ちゃんと彼の自宅に行き着いてしまい、お目にかかるために必要なことでも聞いておこうか、と主人と中に入ってみたのですが、どういうわけか、彼とお話もできて、ついでに手相も見ていただいてしまいました。
a0120328_17563987.jpg

 気さくなおじいちゃん、といった雰囲気のクトゥット氏は、高齢を感じさせずに、英語、日本語、オランダ語(理解できませんでした!)交えて、楽しくお話して下さいました。
 悩みや、目に見えないことに関する質問を抱える人のためには、その人と、その必要に応じて、メディテーションをレクチャーしたり、スピリチュアルな質問に答えたり、ということもあるようです。

 もともとは、看板にもあるように、絵を描いたり、彫刻をしたり、という芸術家なのだそうで、政府からの認定状や表彰状も頂いています。
 クトゥット氏が子供の頃は、ちょうどピタマハ(Pitamaha)の時代にあたります。ソブラット氏らと共に、ウォルター・シュピースの家にも出入りしたり、地元の絵の勉強会にも加わっていたそうです。当時はどちらかというと、ウォルター・シュピースと並んで、バリ島ウブドの芸術発展に貢献した、ルドルフ・ボネ氏のほうと親しかった、と、懐かしそうな表情をしながら話してくれました。

 若い頃は、芸術家として生きることを希望していましたが、絵画制作中に、右手に重症のやけどを負う事故があり、彼としてはやむなく、代々家に伝わるバリアンとしての仕事を、9代目として継ぐことになったそうです。
 画家、芸術家としては、代々継承されている、バリアンについて書かれたロンタル文書(ロンタル椰子に刻まれた文書)をもとに、呪術的力を持った図柄を、紙にインクで描いたものを作製して、販売もしています。価格は一枚450ドルほどですが、外国人をはじめ、インドネシアのジャカルタの方などにも、バリ島芸術として、また、おまじない効果のあるものとして、購入されているそうです。

 ご家族やご本人のお話によると、ご自宅を使っての映画撮影も予定されているのだとか(訪問時のお話)。
 彼自身も自分役に、出演をオファーされたそうですが、高齢と、持病の結石のため、長く座っていることがつらいので、代役の役者を探したり、テストしたりしている、とお話されていました。

 映画が発表されたら、バリ島&バリアンブームが起こるかも知れませんね。
 現在95歳という、実際にはかなり高齢のクトゥット氏と、直接にお話する機会を得て、たいへんラッキーでした。
 冗談を言って、けらけらと笑って、手相を見たりしながら、相手の手をしっかり握って、「大丈夫!あなたは90歳まで長生き!」と、相手を励ます言葉には、すでに人間を超えた自然&宇宙の力を感じるようです。
 「本を読むことが好きです」と言ったらば、「それでは、儲からないヨ」と一蹴され、「女性のやきもちはダメ。ワタシの奥さんもやきもちで、よく塀の陰からじーっと見張っていたなあ」などなど、お金のことや女性のことも冗談にして、一緒に笑いましたが、すがすがしいというか、執着といういやらしさがありません。
a0120328_17565818.jpg

 年を重ねている、というだけでも、大変なありがたみがあるのに、幸せを分けていただいたような気分になりました。写真は、クトッゥト氏のご自宅で、お話を伺ったときのもの。このブログを読んでくださっている方にも、きっと幸せが届くと思います。おまけに、魔除け効果のある主人の笑顔付きで、効果倍増!
[PR]
by songket_bali | 2009-11-22 17:58 | バリ島 暦・占い・不思議など | Trackback | Comments(2)

ポンドック・ソリア・モリア その2

このページのオリジナル記事は2009年に投稿いたしました。
記載の内容と現在の状況が大きく変化しております。
特にご宿泊希望のために情報収集を行なっていらっしゃいます場合には、他の情報サイトやお宿のサイト等もご覧頂き、現況をご確認のうえご判断いただけますようにお願いいたします。

では以下の2009年のシドゥメン村内のヴィラのご様子などをどうぞご覧頂けますように。
(以上2015年8月21日追記させて頂きます)

*** *** ***



 こちらは、2階建て、2ベッドルームのバンガローの外観です。
a0120328_17425216.jpg

 メインベランダのテーブル。みずみずしい景色を見ながら朝食を食べたり、旅先で知り合った同郷の人とおしゃべりしたり、本を読んでみたり、ぼんやり夕陽を眺めたり、夜は虫やカエルの声を聞きながら、家から持ってきたお酒を飲んでみたりとか、するんですよね、観光のお客様は!私の頭は、勝手な想像(妄想?)で膨れ上がっています。いいですね~。
a0120328_17431338.jpg

 キッチンスペースです。朝食や飲み物、簡単な料理などは、こちらで調理されます。お食事のメニューは、同系列のリハット・サワと同じものを使っていて、注文するとリハット・サワのキッチンからケータリングされるのです。
 御宿泊のお客様は、メニューからお食事を注文してもよし、スタッフに頼んだり、自分で仕入れた食材を使って料理の腕を振るうもよし。
a0120328_17433463.jpg

 キッチンの横は、小さなくつろぎスペース。洋書の並ぶ本棚と揺り椅子が、やはり何となく北欧風。
a0120328_1744287.jpg

 山小屋風の階段。階段を上がると、左右にベッドルームがあります。写真奥は、シャワールーム。
a0120328_1744498.jpg

 階段を上がった右側が、メインのベッドルームです。天蓋付きのベッド、クローゼット、小さなライティングデスクがお部屋の家具です。ライティングデスクには、表紙にソンケットの布が張られたゲストブックが置かれ、オーナーからのメッセージの他、御宿泊になったお客様による旅の思い出や、感想が書き込まれていました。
a0120328_17451791.jpg

 ベッドルーム前のベランダにも、くつろぎスペースが用意されています。
 籐の椅子に座ってみると、こんな景色。
a0120328_17454712.jpg

 お隣のベッドルームも見てみましょう。木の階段は少々急で、きしんだ音もしますが、山小屋と思うと、それも楽しいのです。
a0120328_17461652.jpg

 ベッドルームとお部屋からの眺め。時間どころか、カレンダーも忘れてしまいそうな雰囲気です。
a0120328_17465230.jpg

a0120328_17471969.jpg

 こちらの建物も同様に、オープンエアのシャワールームです。
a0120328_17474531.jpg

 建物のところどころに、絵画や彫刻、ロンタルのカレンダーなど、バリ島らしいインテリア小物が飾られているのに、全体的にはヨーロッパの雰囲気を強く持っている、大人っぽいヴィラなのです。
 
 2ベッドルームの建物には、もう一部屋スタッフルームがあり、お客様滞在中は、サービスと警備のため、スタッフが常駐します。
 また、ハイシーズン時など、2ベッドルームのバンガローは、2つのベッドルームを、別グループのお客様同士で利用し、シャワールームは共同利用、という場合もあります。

 滞在中のお勧めプログラムは、やはり「ライステラス・トレッキング(主人もガイドしています)」で村の散策、アクティブ自然派には「アグン山トレッキング」やトラガ・ワジャ川での「ラフティング」、くつろぎ派には、お部屋での「バリニーズ・マッサージ」など。儀式やお祭り、機織り、農業見学についてなど、なんでも御相談ください、とのことでした。

お部屋の料金は、
・ 1ベッドルームヴィラ(一戸建て、ツインベッドルーム):1泊あたり 350,000ルピア(朝食つき)
・ 2ベッドルームヴィラ(一戸建て):1部屋1泊あたり 300,000ルピア(朝食つき)
・ エキストラベッド使用:1泊あたり 70,000ルピア/台(朝食つき)
チェックアウト時間 :12:00

食事オーダー可能時間:8:00~19:00
 アヤム・トゥトゥ(鳥のバリ風煮込み)、バビグリン(子豚の丸焼き)などのオーダーも出来ます。前日までにご予約をお願いします。

お部屋の料金に含まれる朝食は、
トースト/パンケーキなど、オムレツ、フルーツサラダ、コーヒー/紅茶
朝食時間 :8:00~

PONDOK SORIA MORIA
住所 : Br.Tabola Sidemen Karangasem Bali
電話 : リハット・サワ・バンガローあて 
      +62 366 5300516 (英語、インドネシア語)
または、 +62 366 5300519 (英語、インドネシア語)
E-mail : lihatsawah@yahoo.co.id Website : www.balisoriamoria.com

ポンドック・ソリア・モリア その1
シドゥメン村に泊まる ヴィラ、バンガロー、ホームステイのご案内
こちらの記事もご参考にどうぞ


*** *** ***
以上オリジナル記事です。
記事内一部現況に合わせて変更した内容もございますが、ご了承頂けますように。
*** *** ***

(以下は2015年追記の情報とご注意事項です)

「お知らせ&皆様よりのメール」のカテゴリー 目次のページ
「ソンケット 織る・着る・使う」のカテゴリー 目次のページ
「手相カウンセリング」のカテゴリー 目次とお申し込み方法のページ
「バリ島田舎暮らし 手織りの布ソンケット」ブログ 各カテゴリー内記事目次ページへのリンク
こちらの記事もご参考にどうぞ

フェイスブックでは毎日のニュースなどから考えたこと、感じたこと、気になったことなどを随時投稿しております。インドネシア語や日本語で更新中。
facebook Akiko Matsubara
フェイスブックのファンページです。こちらもよろしくお願いします。
facebook Akiko Matsubara-Palm Reading-
ソンケットやイカット、布の制作に関するFacebookのページです。 
facebook Akiko Matsubara Talisman Traditional Songket&Ikat Weaving Workshop
シドゥメン村ライステラストレッキングのページです。
Sidemen Rice Terrace Trekking -Nyoman Rai-

インスタグラム:akikosongketbali
Twitter: @akikomatsubara
You Tube:Akiko Matsubara
Foursquare-Akiko palm reader
Foursquare-Warung Rahayu, Buu, Tebola
Foursquare-Workshop Talisman, Akiko's Songket&Ikat, Tebola,Sidemen

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、手相占いやその他ワークショップのお問い合わせなど、下記松原あてメールにて承っております。
どうぞお気軽にご連絡ください。

また、お問い合わせの内容によりましては、こちらのブログ記事にて回答させて頂くこともございます。ご了解頂けますようお願いいたします。

以前のブログ記事によりましては、時間の経過とともに内容が現況にそぐわないものもございます。記事内容等ご参考頂く際には、念のため記事の日付等ご確認頂き、必要であれば松原宛に現況をお問い合わせ頂けますようお願いいたします。

このブログは個人的な経験や体験をもとに記載しており、自己と自分の身の回りの時間の経過による変化につきましても、記録として残していきたいと考えております。
常に最新情報を提供するタイプのブログではございませんが、様々な情報の一つとしてご参考頂けましたら幸いです。

*** *** *** *** ***
松原亜希子
Akiko Matsubara
Web : http://songket.exblog.jp
E-mail : nami_yasa@yahoo.co.jp
Address:Buu, Banjar Dinas Tebola, Desa Sidemen, Karangasem 80864
Bali-Indonesia
*** *** *** *** ***
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。

最後までご一緒頂きありがとうございました。
明日も良い1日になりますように。
[PR]
by songket_bali | 2009-11-21 17:41 | シドゥメン村 泊まる | Trackback | Comments(2)

ポンドック・ソリア・モリア その1

このページのオリジナル記事は2009年に投稿いたしました。
記載の内容と現在の状況が大きく変化しております。
特にご宿泊希望のために情報収集を行なっていらっしゃいます場合には、他の情報サイトやお宿のサイト等もご覧頂き、現況をご確認のうえご判断いただけますようにお願いいたします。

では以下の2009年のシドゥメン村内のヴィラのご様子などをどうぞご覧頂けますように。
(以上2015年8月21日追記させて頂きます)

*** *** ***



 ブログにて、シドゥメン村の観光情報をお知らせします、といいながら、なかなか作業がすすまず、やきもきしていらっしゃる方も多いことと思います。すでに冬の観光シーズンも迫って参りました。バカンスシーズンも終わったとはいえ、ここタボラ地区には、まだまだ、ぽつぽつとヨーロッパのお客様が自然を満喫している姿を見かけます。
 そして、そのヨーロッパからのお客さまに、大変人気のあるヴィラ型ホームステイが、このポンドック・ソリア・モリア。2000年に、ノルウェー人オーナーのソルベーグ・ヴレー(Solveig Berre)氏により建設され、リハット・サワのニョマン・カリ氏がマネージャーとして管理を担当しています。
 
 シドゥメン村タボラ地区の田んぼの道を、プラ・ダラム方面に進む道、以前にもご紹介させていただいた、クブ・タニや、ウマ・アグン、ルマ・トゥヌンといったヴィラタイプのホームステイが建っている道沿いに、このソリア・モリアも建っています。

 クブ・タニを60mくらい通り過ぎた右側、白地に緑色の文字の看板が立っています。用水路にかけられた橋を渡った向こう側に、小さな駐車スペースと、2階建てのバンガローが見えます。
a0120328_17343947.jpg
 
 敷地内に入ると、やはり北欧のオーナーだからでしょうか、庭の植木は、さっぱりと整えられて、南国の花々もすっきりと植えられています。2棟の建物がありますが、とりあえず左側の1ベッドルームのバンガローから見てみましょう。
a0120328_1735152.jpg

 シドゥメン村の魅力は、なんといってもこの景色。ベランダからは、周囲の緑が見渡せます。
a0120328_17352739.jpg

 しつこいですが、もう一枚。山向こうの村は、ルアー村。朝食もこのベランダで。
a0120328_17355098.jpg

 シドゥメン村では、珍しい、ツインのベッドルームです。ベッドサイズは小さめですが、友人同士の旅行や、子供部屋としても利用できそうですね。
a0120328_17361091.jpg

 シドゥメン村ではおなじみの、オープンエアのシャワールーム。欧米人サイズなので、日本人女性にとっては、シャワーの位置が少々高いかも知れません。
a0120328_1736313.jpg

 敷地内にある、小さな東屋。ライステラスを望む景色が大変美しいので、ご宿泊のお客様がご利用される他、ランチタイムだけ、ここで過ごすというツアーのお客様もあるそうです。
a0120328_17365695.jpg

 スタッフのクトゥット・ラバ(ketut Laba)氏は、我が家のお隣さん。主人の幼馴染でもあります。彼は、オランダ人御夫妻と一緒に建てたホームステイ、ルマ・トゥヌンのオーナーでもあるのです。
 次は2階建ての2ベッドルームのバンガローを見てみましょう。



*** *** ***
以上オリジナル記事です。
記事内一部現況に合わせて変更した内容もございますが、ご了承頂けますように。
*** *** ***

(以下は2015年追記の情報とご注意事項です)

「お知らせ&皆様よりのメール」のカテゴリー 目次のページ
「ソンケット 織る・着る・使う」のカテゴリー 目次のページ
「手相カウンセリング」のカテゴリー 目次とお申し込み方法のページ
「バリ島田舎暮らし 手織りの布ソンケット」ブログ 各カテゴリー内記事目次ページへのリンク
こちらの記事もご参考にどうぞ

フェイスブックでは毎日のニュースなどから考えたこと、感じたこと、気になったことなどを随時投稿しております。インドネシア語や日本語で更新中。
facebook Akiko Matsubara
フェイスブックのファンページです。こちらもよろしくお願いします。
facebook Akiko Matsubara-Palm Reading-
ソンケットやイカット、布の制作に関するFacebookのページです。 
facebook Akiko Matsubara Talisman Traditional Songket&Ikat Weaving Workshop
シドゥメン村ライステラストレッキングのページです。
Sidemen Rice Terrace Trekking -Nyoman Rai-

インスタグラム:akikosongketbali
Twitter: @akikomatsubara
You Tube:Akiko Matsubara
Foursquare-Akiko palm reader
Foursquare-Warung Rahayu, Buu, Tebola
Foursquare-Workshop Talisman, Akiko's Songket&Ikat, Tebola,Sidemen

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、手相占いやその他ワークショップのお問い合わせなど、下記松原あてメールにて承っております。
どうぞお気軽にご連絡ください。

また、お問い合わせの内容によりましては、こちらのブログ記事にて回答させて頂くこともございます。ご了解頂けますようお願いいたします。

以前のブログ記事によりましては、時間の経過とともに内容が現況にそぐわないものもございます。記事内容等ご参考頂く際には、念のため記事の日付等ご確認頂き、必要であれば松原宛に現況をお問い合わせ頂けますようお願いいたします。

このブログは個人的な経験や体験をもとに記載しており、自己と自分の身の回りの時間の経過による変化につきましても、記録として残していきたいと考えております。
常に最新情報を提供するタイプのブログではございませんが、様々な情報の一つとしてご参考頂けましたら幸いです。

*** *** *** *** ***
松原亜希子
Akiko Matsubara
Web : http://songket.exblog.jp
E-mail : nami_yasa@yahoo.co.jp
Address:Buu, Banjar Dinas Tebola, Desa Sidemen, Karangasem 80864
Bali-Indonesia
*** *** *** *** ***
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。

最後までご一緒頂きありがとうございました。
明日も良い1日になりますように。
[PR]
by songket_bali | 2009-11-21 17:32 | シドゥメン村 泊まる | Trackback | Comments(0)

クッションカバーができました

 来週、取材の方がいらっしゃることになりました。何もない田舎屋を、訪ねていただいて、がっかりされては大変、何か面白いものはないかしら、と、あわてて準備点検をする私。次に織る布に使う糸の準備もかねて、ごそごそとしていると、後ろから、何かが飛んできました。
a0120328_17313473.jpg

 ちょうど、主人の妹が子供をつれて遊びに来ていて、ナミちゃんをはじめとする孫たちは、おばあちゃんを囲んで賑やかに、明日使うチャナンを作っていた、と思っていたのですが、作っていたのは、これでした。若い椰子の葉で作ったボール。
 「パス!パス!シューーート!」って、小さなボールが飛び交っています。
a0120328_17315855.jpg
 
 「ナミちゃん!ちょっと、カメラ返して!あっちで遊んで~!」と、子供たちを撤収させて、今日の目的の写真を撮ります。それは、こちら。自分で織ったソンケットで作った、クッションカバーです。
a0120328_17322852.jpg

 35x35cmの小さなクッションです。地色は、何となく日本を感じる朱色にして、伝統的なソンケットのモチーフの孔雀を、金茶の色糸で織り込んでいます。ごろごろと寝そべったり、抱えたりするのにちょうど良いサイズです。
a0120328_17325243.jpg

 最近まで織っていた布も、クッションカバーにしてみました。とはいえ、サイズは40x60cmの枕カバーサイズなのですが。地色が濃い目なので、色糸が目立つように、カラフルな田舎風にしてみました。
 ソンケットの部分は、全て自分で織っています。大きく織った布を、サイズに合わせて切断したのではなく、一つずつ、クッションカバーのサイズに合わせて、模様を作って、織っています。

 画用紙に向かって、何か書いている主人。ソンケットの、新しいモチーフでも考案しているのか、と思ったら、田んぼで働く牛の絵の、お絵かきをしていました。みんな、遊んでばっかりで、果たして準備は進むのでしょうか。
[PR]
by songket_bali | 2009-11-17 17:28 | ソンケット他 織・着・使・作 | Trackback | Comments(2)

シドゥメン村の写真屋さん

 機織りの写真をプリントするために、写真屋さんに行きました。こちらは、シドゥメン村の市場前の通りにある、アストラ・フォト(Astra Foto)の息子さん、プトゥさん。
a0120328_1737382.jpg

 親子二代にわたる写真屋さんで、彼のお父さんアストラ氏(現在50歳くらい)は、その昔、17歳の若者であった頃に、当時、村では、まだ大変珍しかったカメラを手に入れ、写真屋としての道を歩み始めたそうです。
 とにかくカメラを持っている人が少なく、上手に写真を撮れる人、というのも少ない時代でしたので、アストラ氏は、シドゥメン村だけでなく、周囲の村々、カランガッサムの王宮からも、撮影の依頼を受けて、飛び回ったそうです。主な仕事は、やはり、結婚式をはじめとする儀式の撮影や、公共の行事のニュース用の撮影もあった、と話していました。
 現在は、息子さんが学んだ、コンピュータを取り入れて、デジタルプリントが出来るようになり、証明写真はもとより、記念写真や写真の加工などで、村の写真館として賑わっています。
a0120328_17382214.jpg

 4R(10x15cm)サイズまででしたら、その場でプリントしてもらえますが、それ以上の大きなサイズ(10Rなど)になると、翌々日の受取になります、とのことでした。今回私は、写真のデータをUSBに入れたものを持参して、4Rサイズを10枚プリントしてもらいました。1枚当たり4,000ルピアで、時間は30分くらいで終わるそうです。
 プリントが終わるのを待ちながら、世間話をしたりするのもいいのですが、ちょっとお隣のワルンへ。
a0120328_17384278.jpg

 お隣のワルン、ワルン・ブ・ングティス(Warung Bu Ngetis)では、スロモタン(Serombotan)というクルンクン地方の名物野菜料理を食べることが出来ます。濃い緑の野菜や、もやしなどをさっとゆで、唐辛子の調味料と揚げた豆などが入っている、バリ島田舎の軽食で、お昼くらいには、売り切れてしまいます。売り切れていない場合は、茹で野菜も少々時間がたってしまい、味も少々落ちてしまいます。
 シドゥメン村の小学校の職員さんも、ワルンで休憩した後、学校へ戻るそうです。

 私も写真屋さんへ戻ってみると、プリントも終わっていて、証明写真を撮る村の若い男性たちで、賑わっていました。

ASTRA FOTO
営業時間 : 6:00~13:00、16:00~20:00くらい
お休み : 不定休です。

シドゥメン村の市場前の通り沿い。村役場の向かい側。
[PR]
by songket_bali | 2009-11-17 09:10 | シドゥメン村 見所・遊び・お店 | Trackback | Comments(0)


バリ島東部のカランガッサム県シドゥメン村タボラ地区で田舎暮らしをしながら、ソンケットという布を織っています。


by 松原亜希子

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

母のことば
at 2017-04-22 19:11
皆様よりのメール〜M様より〜..
at 2017-04-21 23:28
来週は日本へ行ってきます。手..
at 2017-04-08 16:57
梨園染め手ぬぐいの頂き物とモ..
at 2017-04-07 20:00
皆様よりのメール〜T様より〜
at 2017-04-06 11:40
祭事期間中 お天気になると良..
at 2017-04-04 10:27
サラスワティ像の思い出とマン..
at 2017-01-22 18:46
ウンダ川の橋が新しくなりまし..
at 2017-01-03 17:40
「旅するバリ島・ウブド案内-..
at 2016-12-10 13:07
トゥカッ・チュプンの滝へ行っ..
at 2016-12-05 20:39
トゥカッ・チュプンの滝へ行っ..
at 2016-12-05 19:43
トゥカッ・チュプンの滝へ行っ..
at 2016-12-05 18:40
猫さんはあくびでお見送り
at 2016-11-05 17:04
はたおり進行中のソンケットの確認
at 2016-10-16 17:18
田んぼの草むしりと人間が自然..
at 2016-10-05 21:35
我が家の円相とナミちゃんのイ..
at 2016-10-03 11:46
茨城産干し芋のお土産 ありが..
at 2016-09-28 16:48
影絵芝居人形がニョマンさんの..
at 2016-09-27 19:57
息子の猫さん
at 2016-09-26 19:26
本日は2名様での機織り体験です。
at 2016-09-24 15:05

カテゴリ

全体
ご挨拶・問合せ先とアクセス方法
田舎暮らし 体験プログラム
バリ島田舎暮らし カレンダー
ソンケット他 織・着・使・作
ソンケットなど 販売
シドゥメン村 泊まる
シドゥメン村 食べる
シドゥメン村 見所・遊び・お店
シドゥメン村 ウェディング
バリ島 冠婚葬祭 おつきあい
バリ島 お祭り
ライステラス農家
日々の出来事 目に見えないこと
アグン山 本日の眺め インスタグラム
我が家のご主人 ニョマンさんの売店より
我が家の食卓
バリ島 家族
バリ島 医療・治療・美容
バリ島 暦・占い・不思議など
バリ島 芸能・音楽・工芸・絵画
バリ島 政治・経済・社会・通信
バリ島 動物・植物・生き物
バリ島 子供 遊び テレビ
バリ島 読書 本など
クバヤをつくりましょう
サヌール・デンパサール
ウブド、ギャニャール
クルンクン・カランガッサム
バンリ バリ島その他の地区
クタ スミニャック クロボカン
レンボンガン
ENGLISH
INDONESIA
手相鑑定・パームリーディング
手相について 手相の見方など
お知らせ&皆様よりのメール
ゲストの皆さま お土産物 頂き物など
その他色々 世相や気になった事など
雑誌、メディアにてのご紹介など
バリ島撮影取材コーディネート
各カテゴリー内目次

記事ランキング

検索

画像一覧

最新のコメント

サラスワティが知識である..
by よし at 22:38
> よしさん いつもコ..
by songket_bali at 18:12
見て即座に注文して昨日に..
by よし at 19:38
日本もバリも同じ三日月な..
by よし at 20:15
Y・Aさま こんにちは。..
by songket_bali at 14:47
> じゃかこさん はじ..
by songket_bali at 17:10
初めまして、バリ島大好き..
by 里花 at 13:59
> よしさん コメント..
by songket_bali at 21:32
初めてバリに来たときのこ..
by よし at 19:41
イシカワ様 ブログコメン..
by songket_bali at 14:37
コメントありがとうござい..
by songket_bali at 13:35
楽しいご旅行になりますこ..
by songket_bali at 00:03

最新のトラックバック

バリ日記4
from 一体どうなんでしょう
何もない日と100マト動画
from 一体どうなんでしょう
ひとりでできるもん!(ウ..
from 一体どうなんでしょう
ミステリーサークルがでた..
from バリ島がやっぱり好き!〜ホテ..
手相!おすすめの逸品
from 手相
バリ島より帰国しました〜..
from バリ島がやっぱり好き! ホテ..
KUBU TANI@Si..
from Bali大好き!

タグ

(766)
(506)
(98)
(86)
(82)
(51)
(47)
(44)
(42)
(30)
(28)
(25)
(24)
(24)
(22)
(22)
(20)
(18)
(18)
(16)

ファン

フォロー中のブログ

exblog ガドガド
フィレンツェ田舎生活便り2
田舎暮らし
Yin Yang 陰陽(...
スリーカラーローズ
SachiのIndone...
do loop's blog
Brisbane Yog...

おすすめサイト

こちらは、私がよく読ませて頂いたり、我が家を訪れて下さったり、ご連絡を頂いた皆様のサイトやブログです。ぜひご覧ください。

バリ島より 旅行、車の手配など
人気のチャーターツアーです。見たいバリを見せてくれます!
バリ島旅行バリクツアーズ

バリ島のスピリチュアルな場所や物事にご興味のある方へ
特におすすめです。
バリ島スピリチュアルツアー dari Hati Bali

いつもありがとうございます。心やさしいガイドさんです。
Suwaru Bali スワルバリ


バリ島にて お宿、体験、お買物など

バリが詰まったお店です。
*SARI BUMI*

エネルギーいっぱいのバリ島でレイキを。レイキを身につけたい方に、お勧めサロンです。
レイキヒーリングサロン・サマトワ

ウブドの田んぼとアグン山の見えるコテージでゆっくりのんびりリフレッシュ。素敵なご家族がお迎えしてくれます。
バリ島ウブド「トランブラン・コテージ」

バリ島ウブド、くつろいだ雰囲気とおしゃれなインテリアのお宿です。
ココバリバリ

バリ島、ウブドにあるお宿、「PRASANTI」。オーナー一家のバリ島暮らしを日記でご紹介。
ぷらさん亭便り

バリ島の日本食レストラン「漁師」ウブド店店長さんのブログです。
バリ島ウブド 親泣かせ独身女奮闘気

ボディボードとヨガをされている結美さんのページです。
結美のホームページ

売りたい人、買いたい人、どうぞブログを覗いてみてくださいね。
バリ島リサイクルショップSORA

バリ島ウブドのオリジナル・ヨガウェアなどのお店です。
mi,iik

日本にて
館山で田舎暮らしを体験しましょう!
田舎暮らし体験施設 ZENさんのふるさと.らぼ

館山のふるさと.らぼZENさんのブログ。
ZENさんの毎日がSpecial

バリ島の雑貨、生活雑貨、インテリア製品の販売はもちろん、施工も行ってくれる心強いお店です。オリジナル商品でいっぱい!
リゾートインテリア・アンジン店長ブログ

猫好きにはたまりません!
東京谷中 ねんねこや

インドネシア、バリ島情報いっぱい

バリ島での長期滞在や移住をお考えの方へ、お役に立つ情報がたくさんのブログです。
ξ^.^ξマーメイド。&【kai】夫婦です。

webデザイナー梶ナナカさんのブログです。バリ島の情報だけでなく、その他あちこち、スピ系のお話も、お役に立つ情報がいっぱいです。
Memo Bali Blog メモバリブログ

インドネシアだけでなく、世界のビジネス、経済、社会、自然、歴史、史跡、男の世界などなど、読んで楽しくためになるブログです。
インドネシア情報局

写真家レガーニャさんのバリ島ブログ。色々なバリ島が満載。
Leganya Bali 仕事は?・・

インドネシア人のアルビーさんのブログ。インドネシア語勉強中の人には、特におすすめです!
アルビーのインドネシア語教室

京都暮らしのつれづれ・・・美味しいもの・・・大好きなバリのことなど・・・がつづられた、お気楽妻さんのブログ。バリ島大好きな気持ちのあふれるブログです。
お気楽のススメ

海外旅行が大好きな遠距離ご夫婦のブログ。お互いを思いやる心の伝わってくる素敵なブログです。
*tmr*的生活

バリ島のリゾートやレストラン、イルカさんがつづる楽しい素敵なバリ島ブログです。
バリ島☆★☆BALI BAGUS☆★

旅が好き、というtabinosoraさんも、シドゥメン村を訪れてくださいました。彼女のブログには、世界各国でのユニークな経験がいっぱいです!
あっちいって…こっちいって

つぼやんのホームページでは、趣味の旅行記を読むことが出来ます。同じアジアの国々でも、食べ物も文化も多様ですね。
つぼやんのホームページ

心地よいヴィラ、スパ、ヨガ、スピリチュアルなど、情報いっぱいのブログです。
バリ島がやっぱり好き!

上記「バリ島がやっぱり好き!」の姉妹ブログです。東京在住、京都出身SAYOさんの素敵な京都ブログ。京都のお値打ち情報満載!
京都人のおすすめ京都旅行記ブログ「値打ちあるわぁ」

かわいくて不思議な楽器マトリョミンを操るotamaさんのブログです。
一体どうなんでしょう

バリ島旅行記をはじめ、日々をつづるにぽぽさんのブログです。おすすめ!
ただいま

スピリチュアル、エネルギーワーク、ヒーリングなどのことがたくさん。シドゥメン村も訪れて下さったチェルシーさんのブログ。
チェルシーな日々

バリ島内、島外の記事も!旅は芸の肥やしですよね!
バリ島~恋する旅芸人

世界より
カリブ海岸の町からお届けする、メキシコ在住のKyokoさんのブログです。
すべてはひとつ・ All is One

インド旅行の準備や心得、女1人で行くたびの旅行記をご紹介。インド情報いろいろです。ぜひご覧下さい。
インド旅行~女一人旅の心得

お気に入り
茨城県!私の故郷です!美味しいおそばとロハスなものごと。ついつい微笑んでしまう言葉がいっぱい。
手打ちそば常陸屋のブログ

翻訳のお仕事、身近な自然、ご家族などなど。ご家族や自然に対する愛情を感じております。
田舎暮らしの翻訳者

世の中には、こんなにいっぱいの本がある。。。
読書猿Classic: between / beyond readers メールマガジン「読書猿」で紹介した本を虫干しします

歴史に名を残す人々の名前の語源がわかります。日本語に変換されると、大変ユニークな名前になってしまいます!
人名力 著名人名の語源―The Etymology of Famous Person Names―

瞑想やインド哲学、宗教についてもっと知りたい方おすすめ!わかりやすくて詳しい、初心者にも親切なブログです。
智慧の海 愛と美と平和への洞察


私のフェイスブックのページです。インドネシア語で時々更新中。
facebook Akiko Matsubara

ついでにフェイスブックのファンページです。こちらもよろしく。
facebook Akiko Matsubara-Palm Reading-

この欄に関するご質問、ご連絡等は、お気軽にメールにてご連絡ください。
相互リンクもお待ちしております!

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、シドゥメン村のお宿ご予約代行、車の手配、手相占いやその他ワークショップのご予約、ご予約の変更など、下記松原あてメールにて承ります。 どうぞお気軽にご連絡ください。
メール 
:nami_yasa@yahoo.co.jp

ブログパーツ

以前の記事

2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月

ライフログ


バリ島の歩き方 2013 (地球の歩き方MOOK)


D26 地球の歩き方 バリ島 2012~2013


12 地球の歩き方 aruco バリ島 (aruco)


人間の大地 上 (プラムディヤ選集 2)


人間の大地 下  プラムディヤ選集 3


D26 地球の歩き方 バリ島 2010~2011


バリの賢者からの教え~思い込みから抜け出す8つの方法~L’homme qui voulait etre heureux


魂の伴侶と出会う旅


Eat, Pray, Love: One Woman's Search for Everything Across Italy, India and Indonesia


沖縄染織王国へ (とんぼの本)


「女の仕事」のエスノグラフィ―バリ島の布・儀礼・ジェンダー


Island of Bali

その他のジャンル

Skypeボタン

外部リンク

ブログジャンル

海外生活
スピリチュアル