<   2010年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

スルヤ・シャンティ・ヴィラズ Surya Shanti Villas その1

このページのオリジナル記事は2010年に投稿いたしました。
記載の内容と現在の状況が大きく変化しております。
特にご宿泊希望のために情報収集を行なっていらっしゃいます場合には、他の情報サイトやお宿のサイト等もご覧頂き、現況をご確認のうえご判断いただけますようにお願いいたします。

では以下の2010年のシドゥメン村内のヴィラのご様子などをどうぞご覧頂けますように。
(以上2015年8月21日追記させて頂きます)

*** *** ***


 両側に田んぼやライステラスを望み、バンガローをいくつか通り過ぎながら、タボラ地区の目抜き通りを進んで行きます。村の南はずれ、プラ・ダラム・チュピック(Pura Dalem Cepik)を通り過ぎ、急な坂道を下った先の左側にこんな看板が。
a0120328_17135955.jpg

 スルヤ・シャンティ・ヴィラズは、フランス人とバリ人、3人の女性オーナーにより計画されて、この1月からオープンしている、出来立てほやほやのヴィラです。スルヤは太陽、光、シャンティは平和という意味になりますが、ライステラスの中に建てられた、アランアランの草葺屋根の建物とは、いったいどのようなものなのでしょう。気になりますので、さっそく覗きにいってみましょう。
a0120328_17145796.jpg

 看板のあるエントランスから、敷地内へ。車も数台停められる駐車場を超え、階段を数段登ったところに、レセプションがあります。シドゥメン村出身で、以前は日本人のお客様が多かったスパで働いていた、というプトゥさんが出迎えてくれました。
a0120328_17152927.jpg
 
 レセプションを通り、また階段を数段上がります。写真左の建物は、円形草葺屋根のかかったレストラン、右側はリビングと呼ばれるスペースになっています。写真中央の階段は、各ヴィラへと続きます。
a0120328_1716742.jpg

 こちらは、レストランからプール方面を見たところ。そうなのです。このヴィラには、プールがあるのです!
a0120328_171642100.jpg

 リビングです。床に敷かれた自然素材のマットの上に、おしゃれな色合いのクッション。気取らないけど、おしゃれにくつろげる雰囲気です。奥の部分は、バーを設置する予定なのだそうです。ふ~む、素敵な相手と床に座ってグラスを傾けることが出来るなんて、ふむふむ、私の妄想が始まりました!シドゥメン村でははじめての、しゃれた雰囲気なのです!
a0120328_17173186.jpg

 ライステラスを模ったプールです。プールの向こうは、本物のライステラス。プールに入ると、丘に囲まれたライステラスの斜面から、遠く海へと続く緩やかな風景を眺めることが出来るのです。
 写真左端に、宿泊用のヴィラが見えます。期待してお部屋の方も覗かせてもらいましょう。
a0120328_17181413.jpg

 パブリックスペースから、階段を数段のぼり、いざヴィラへ。途中、建築中の建物がありました。完成すると、アグン山を望む3ベッドルーム、プライベートプール、キッチン及び、専属バトラーサービス付きのレジデンス型ヴィラになるそうで、すでに、長期での契約希望者の申込があるのだとか。
a0120328_1719040.jpg

 ガーデンには、バリ風キッチンもあります。ここでは、バリ料理教室が開かれるのだそうで、バリ島の伝統料理や田舎料理を習うことが出来ます。滞在中のレクリエーションにもなりますね。

 お見せしたい写真がたくさんあり、スルヤ・シャンティの記事は、その3まで続きます。その2では、大人2名まで泊まれるカップル用の1ベッドルームヴィラを、その3では、グループやファミリーでも利用できる2ベッドルームの2階建てヴィラと連絡先をご紹介させていただきます。お楽しみに!

スルヤ・シャンティ・ヴィラズ Surya Shanti Villas その2
スルヤ・シャンティ・ヴィラズ Surya Shanti Villas その3

*** *** ***
以上オリジナル記事です。
記事内一部現況に合わせて変更した内容もございますが、ご了承頂けますように。
*** *** ***

(以下は2015年追記の情報とご注意事項です)

「お知らせ&皆様よりのメール」のカテゴリー 目次のページ
「ソンケット 織る・着る・使う」のカテゴリー 目次のページ
「手相カウンセリング」のカテゴリー 目次とお申し込み方法のページ
「バリ島田舎暮らし 手織りの布ソンケット」ブログ 各カテゴリー内記事目次ページへのリンク
こちらの記事もご参考にどうぞ

フェイスブックでは毎日のニュースなどから考えたこと、感じたこと、気になったことなどを随時投稿しております。インドネシア語や日本語で更新中。
facebook Akiko Matsubara
フェイスブックのファンページです。こちらもよろしくお願いします。
facebook Akiko Matsubara-Palm Reading-
ソンケットやイカット、布の制作に関するFacebookのページです。 
facebook Akiko Matsubara Talisman Traditional Songket&Ikat Weaving Workshop
シドゥメン村ライステラストレッキングのページです。
Sidemen Rice Terrace Trekking -Nyoman Rai-

インスタグラム:akikosongketbali
Twitter: @akikomatsubara
You Tube:Akiko Matsubara
Foursquare-Akiko palm reader
Foursquare-Warung Rahayu, Buu, Tebola
Foursquare-Workshop Talisman, Akiko's Songket&Ikat, Tebola,Sidemen

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、手相占いやその他ワークショップのお問い合わせなど、下記松原あてメールにて承っております。
どうぞお気軽にご連絡ください。

また、お問い合わせの内容によりましては、こちらのブログ記事にて回答させて頂くこともございます。ご了解頂けますようお願いいたします。

以前のブログ記事によりましては、時間の経過とともに内容が現況にそぐわないものもございます。記事内容等ご参考頂く際には、念のため記事の日付等ご確認頂き、必要であれば松原宛に現況をお問い合わせ頂けますようお願いいたします。

このブログは個人的な経験や体験をもとに記載しており、自己と自分の身の回りの時間の経過による変化につきましても、記録として残していきたいと考えております。
常に最新情報を提供するタイプのブログではございませんが、様々な情報の一つとしてご参考頂けましたら幸いです。

*** *** *** *** ***
松原亜希子
Akiko Matsubara
Web : http://songket.exblog.jp
E-mail : nami_yasa@yahoo.co.jp
Address:Buu, Banjar Dinas Tebola, Desa Sidemen, Karangasem 80864
Bali-Indonesia
*** *** *** *** ***
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。

最後までご一緒頂きありがとうございました。
明日も良い1日になりますように。
[PR]
by songket_bali | 2010-01-25 11:11 | シドゥメン村 泊まる | Trackback | Comments(0)

スルヤ・シャンティ・ヴィラズ Surya Shanti Villas その2

このページのオリジナル記事は2010年に投稿いたしました。
記載の内容と現在の状況が大きく変化しております。
特にご宿泊希望のために情報収集を行なっていらっしゃいます場合には、他の情報サイトやお宿のサイト等もご覧頂き、現況をご確認のうえご判断いただけますようにお願いいたします。

では以下の2010年のシドゥメン村内のヴィラのご様子などをどうぞご覧頂けますように。
(以上2015年8月21日追記させて頂きます)

*** *** ***



 では、ヴィラを見ていきましょう。はじめに案内して頂いたのは、1ベッドルームヴィラの、バレーヴュー・ヴィラ(Valley View Villa)2階のお部屋です。こちらが、お部屋の入り口です。
a0120328_1473310.jpg

 牛の首につける木のベルにお部屋の名前が書かれて、扉の上にかけられています。今後、それぞれのお部屋には、マハーバーラタ物語の登場人物たちの名前がつけられる予定なのだそうです。今は、「ヴィラ2階」と呼ばれているこのお部屋も、「アルジュナ」という名前になる予定です。

 入り口を入ると、右側にクローゼットがあります。クローゼットには、スリッパ、バスローブ、ランドリーバッグ、カサ、枕などが揃っています。入り口左手は、バススペースになっていますが、とりあえずベッドルームへ。
a0120328_14844100.jpg

 大型のベッドに、たっぷりと天蓋がかけられています。お部屋には、ソファベンチ兼エキストラベッドのスペースや、ライティングデスクなどがあります。テレビやエアコンはありません。自然を楽しんでいただくのです。
a0120328_1494587.jpg

 ベッドの写真を撮っていたら、お部屋担当スタッフのスギ(Sugi)さんが、枕を直してくれました。「ちゃんと並べた方が、きれいでしょ。」その通りですね。
a0120328_14102275.jpg

 ベランダからの眺めです。雨が降ってきてしまいましたが、しっとりと霞む景色もいいものなのです。
a0120328_14105956.jpg

 こちらが、バススペースのバスタブです。バスタブ上の、目隠し用カーテンを少し上げてみました。大型のバスタブから、ベッド越しに外の景色も見えます。
a0120328_14113624.jpg

 バスタブの反対側は、こんな感じです。ツインの洗面台と大きな鏡が、高級リゾートっぽいですね。コンパクトかつ清潔感のあるシャワーとトイレスペースもちゃんとあります。

 バレーヴュー・ヴィラの1階のお部屋の場合、お部屋の内容はほぼ同じですが、バスルームがオープンエアになるそうです。それもいいですねえ。

スルヤ・シャンティ・ヴィラズ Surya Shanti Villas その1
スルヤ・シャンティ・ヴィラズ Surya Shanti Villas その3

シドゥメン村に泊まる ヴィラ、バンガロー、ホームステイのご案内
こちらの記事もご参考にどうぞ



*** *** ***
以上オリジナル記事です。
記事内一部現況に合わせて変更した内容もございますが、ご了承頂けますように。
*** *** ***

(以下は2015年追記の情報とご注意事項です)

「お知らせ&皆様よりのメール」のカテゴリー 目次のページ
「ソンケット 織る・着る・使う」のカテゴリー 目次のページ
「手相カウンセリング」のカテゴリー 目次とお申し込み方法のページ
「バリ島田舎暮らし 手織りの布ソンケット」ブログ 各カテゴリー内記事目次ページへのリンク
こちらの記事もご参考にどうぞ

フェイスブックでは毎日のニュースなどから考えたこと、感じたこと、気になったことなどを随時投稿しております。インドネシア語や日本語で更新中。
facebook Akiko Matsubara
フェイスブックのファンページです。こちらもよろしくお願いします。
facebook Akiko Matsubara-Palm Reading-
ソンケットやイカット、布の制作に関するFacebookのページです。 
facebook Akiko Matsubara Talisman Traditional Songket&Ikat Weaving Workshop
シドゥメン村ライステラストレッキングのページです。
Sidemen Rice Terrace Trekking -Nyoman Rai-

インスタグラム:akikosongketbali
Twitter: @akikomatsubara
You Tube:Akiko Matsubara
Foursquare-Akiko palm reader
Foursquare-Warung Rahayu, Buu, Tebola
Foursquare-Workshop Talisman, Akiko's Songket&Ikat, Tebola,Sidemen

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、手相占いやその他ワークショップのお問い合わせなど、下記松原あてメールにて承っております。
どうぞお気軽にご連絡ください。

また、お問い合わせの内容によりましては、こちらのブログ記事にて回答させて頂くこともございます。ご了解頂けますようお願いいたします。

以前のブログ記事によりましては、時間の経過とともに内容が現況にそぐわないものもございます。記事内容等ご参考頂く際には、念のため記事の日付等ご確認頂き、必要であれば松原宛に現況をお問い合わせ頂けますようお願いいたします。

このブログは個人的な経験や体験をもとに記載しており、自己と自分の身の回りの時間の経過による変化につきましても、記録として残していきたいと考えております。
常に最新情報を提供するタイプのブログではございませんが、様々な情報の一つとしてご参考頂けましたら幸いです。

*** *** *** *** ***
松原亜希子
Akiko Matsubara
Web : http://songket.exblog.jp
E-mail : nami_yasa@yahoo.co.jp
Address:Buu, Banjar Dinas Tebola, Desa Sidemen, Karangasem 80864
Bali-Indonesia
*** *** *** *** ***
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。

最後までご一緒頂きありがとうございました。
明日も良い1日になりますように。
[PR]
by songket_bali | 2010-01-25 10:23 | シドゥメン村 泊まる | Trackback | Comments(8)

スルヤ・シャンティ・ヴィラズ Surya Shanti Villas その3

このページのオリジナル記事は2010年に投稿いたしました。
記載の内容と現在の状況が大きく変化しております。
特にご宿泊希望のために情報収集を行なっていらっしゃいます場合には、他の情報サイトやお宿のサイト等もご覧頂き、現況をご確認のうえご判断いただけますようにお願いいたします。

では以下の2010年のシドゥメン村内のヴィラのご様子などをどうぞご覧頂けますように。
(以上2015年8月21日追記させて頂きます)

*** *** ***



 こんなに素敵なヴィラが、シドゥメン村に出来たなんて、、。案内してくれるスギさんとクトゥットさんも、心なしか楽しそうに見えます。私も楽しくなってきました。では、次に、二人が「絶対お勧め!」という2階建てタイプのヴィラを見てみましょう。
a0120328_17411872.jpg

 こちらは、ヴィラ・メザニン(Villa Mezanine)、大人4人まで泊まれる、2ベッドルーム2階建てタイプのヴィラの入り口です。バリ風の、やや小さめの入り口。
a0120328_17415698.jpg

 1階のベッドルームです。ベッドに寝そべると、ベランダ越しに、ライステラスの景色が見えます。写真左奥は、オープンエアのバスルーム。
a0120328_17423330.jpg

 ツインの洗面台に大き目の鏡、外のシャワーは、大き目の固定式シャワーヘッドから雨のように水が出てくるレインシャワーです。鏡に少し映っていますが、もちろんバスタブもあります。
a0120328_17434273.jpg
 
 バスルームに置かれたアメニティやタオルにも、スルヤ・シャンティのロゴや名前が入っていました。
a0120328_17442018.jpg

 2階へ続く階段を登ると、
a0120328_1745636.jpg

こんな風になっています。
a0120328_17454722.jpg

 2階の大きな窓の前の、お座敷風くつろぎスペース。ごろごろと寝そべりながら、本を読んだり、ライステラスと暮れていく空や、遠くに見える海を眺めるのにぴったりの場所です。
a0120328_17463832.jpg

 1階に下りてきて、ベランダに立ってみます。雨も止んで、空が明るくなってきました。
a0120328_17471215.jpg

 今回ヴィラの案内をしてくれたクトッゥト氏は、このスルヤ・シャンティ・ヴィラにとって欠かせない人です。長年、バリ料理のコックとして活躍し、温和かつ兄貴分の性格で、こちらのオーナーに、このヴィラの元となるインスピレーションを与え、建築中もオープン後も、このヴィラのハートとして活躍しています。
 彼の料理をする姿を、私も近くで見たことがありますが、無駄な動きがなく、仕事に対する真剣さが見えました。もちろん出来上がったサンバルは絶品!

 シドゥメン村に出来た初めてのリゾートは、村の豊かな自然と共存しつつ、より心地よいくつろぎを求めて作られました。レストランでは、オーガニックのご飯や野菜、自家製のパン、新鮮な食材を使ったバリ料理、ヨーロッパの料理がメニューに並んでいます。近日中に、これまたシドゥメン村で初めての、スパをヴィラ内にオープンするそうですので、こちらも楽しみですね。

お部屋の料金は、
バレー・ヴィラ(Valley Villa) 1泊1室あたり USD150++
ヴィラ・メザニン(Villa Mezzanine) 1泊1ヴィラあたり USD180++
 料金には21%の税金、サービス料が加算されます。
 料金には、バレー・ヴィラは大人2名まで、ヴィラ・メザニンは大人4名までの朝食が含まれます。
 ご到着時には、ドリンク、フルーツ、マッサージ15分間のサービスがあります。

エキストラベッド 1泊 USD30++ 朝食込み

朝食時間 7:00~11:00
 お部屋の料金に含まれている朝食は、トーストや卵料理のアメリカン、シンプルなコンチネンタル、ナシゴレンなどのインドネシアンの3タイプから選べます。
 別料金ですが、ハーブティーや薬効のあるヘルシーティーも用意されています。飲みすぎた翌日には、ウコンに似た生姜系植物を材料にした「トゥムラワック・ティー(Rp.15,000++)」が疲れた肝臓を元気にしてくれますので、お試しを。

チェックアウト時間 12:00
レストラン営業時間 7:00~22:00くらい

ハイシーズン料金
 7月1日~8月31日の期間中のご宿泊には、通常料金に、1泊あたりUSD20が加算されます。

SURYA SHANTI VILLAS
住所 : Br.Tabola Sidemen Karangasem Bali
E-mail : reservation@suryashantivilla.com (オフィスあて 英語、インドネシア語)
Website : www.suryashantivilla.com


スルヤ・シャンティ・ヴィラズ Surya Shanti Villas その1
スルヤ・シャンティ・ヴィラズ Surya Shanti Villas その2

レストランでのお食事の参考に
十六夜のスルヤ・シャンティ Makan Malam di Surya Shanti Villas

シドゥメン村のその他のお宿
シドゥメン村に泊まる ヴィラ、バンガロー、ホームステイのご案内
こちらの記事もご参考にどうぞ。


*** *** ***
以上オリジナル記事です。
記事内一部現況に合わせて変更した内容もございますが、ご了承頂けますように。
*** *** ***

(以下は2015年追記の情報とご注意事項です)

「お知らせ&皆様よりのメール」のカテゴリー 目次のページ
「ソンケット 織る・着る・使う」のカテゴリー 目次のページ
「手相カウンセリング」のカテゴリー 目次とお申し込み方法のページ
「バリ島田舎暮らし 手織りの布ソンケット」ブログ 各カテゴリー内記事目次ページへのリンク
こちらの記事もご参考にどうぞ

フェイスブックでは毎日のニュースなどから考えたこと、感じたこと、気になったことなどを随時投稿しております。インドネシア語や日本語で更新中。
facebook Akiko Matsubara
フェイスブックのファンページです。こちらもよろしくお願いします。
facebook Akiko Matsubara-Palm Reading-
ソンケットやイカット、布の制作に関するFacebookのページです。 
facebook Akiko Matsubara Talisman Traditional Songket&Ikat Weaving Workshop
シドゥメン村ライステラストレッキングのページです。
Sidemen Rice Terrace Trekking -Nyoman Rai-

インスタグラム:akikosongketbali
Twitter: @akikomatsubara
You Tube:Akiko Matsubara
Foursquare-Akiko palm reader
Foursquare-Warung Rahayu, Buu, Tebola
Foursquare-Workshop Talisman, Akiko's Songket&Ikat, Tebola,Sidemen

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、手相占いやその他ワークショップのお問い合わせなど、下記松原あてメールにて承っております。
どうぞお気軽にご連絡ください。

また、お問い合わせの内容によりましては、こちらのブログ記事にて回答させて頂くこともございます。ご了解頂けますようお願いいたします。

以前のブログ記事によりましては、時間の経過とともに内容が現況にそぐわないものもございます。記事内容等ご参考頂く際には、念のため記事の日付等ご確認頂き、必要であれば松原宛に現況をお問い合わせ頂けますようお願いいたします。

このブログは個人的な経験や体験をもとに記載しており、自己と自分の身の回りの時間の経過による変化につきましても、記録として残していきたいと考えております。
常に最新情報を提供するタイプのブログではございませんが、様々な情報の一つとしてご参考頂けましたら幸いです。

*** *** *** *** ***
松原亜希子
Akiko Matsubara
Web : http://songket.exblog.jp
E-mail : nami_yasa@yahoo.co.jp
Address:Buu, Banjar Dinas Tebola, Desa Sidemen, Karangasem 80864
Bali-Indonesia
*** *** *** *** ***
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。

最後までご一緒頂きありがとうございました。
明日も良い1日になりますように。
[PR]
by songket_bali | 2010-01-25 10:00 | シドゥメン村 泊まる | Trackback | Comments(9)

ムサボー ブサキ寺院プラ・ダラム・プリへ

 先週の金曜日、1月15日から、ブサキ寺院のプラ・ダラム・プリの寺院祭が行われています。バリ島の各村には、破壊と再生をつかさどるシワ神がまつられるプラ・ダラムがありますが、その中心となるお寺が、ブサキ寺院内のプラ・ダラム・プリなのだそうです。寺院祭の期間中、プラ・ダラム・プリへ礼拝に赴くことを、ムサボー(Ngesabe)といいます。
 アルファベットとカタカナ表記に、だいぶ差がありますが、こちらの地方のなまりでしょうか、私の耳にはムサボーと聞こえ、周辺のバリ人の誰かに伝えるときにも、ムサボーと発音した時が、一番わかりやすいようでしたので、このまま表記させていただきます。

 ムサボーの時には、我が家では、近い親類が集まって、一緒にお寺へ出かけます。この期間中、バリ島中から、バリヒンドゥー教徒の人々がブサキ寺院を訪れますので、寺院祭の初日を山にして、ブサキ寺院の周辺は、大変な混雑となります。そのためか、我が家では昔から、ムサボーに行くときは、未明の時間を選んで出かけることが習慣になっています。
 ということで、親族会議の結果、今年のムサボーは、「シワラトリという祭日の翌日で、7番目の月の新月(ティレム・クピトゥ)と重なってしまった先週の金曜を避け、寺院祭の最終日に当たる本日の午前2時集合、ブサキ寺院へ向けて出発」ということになりました。

 午前1時、まだ空は真っ暗ですが、起きてマンディ(水浴び)をします。主人の母も起きだして、家族のために昨日のうちに準備しておいた、お供えもの一式がつまったソカシ(Sokasi 竹で編んだ四角いバスケット)を確かめます。
 軽くパンなどをお腹に詰め込みながら、全員が集まるのを待ちます。いつもはお客様のトランスポート車として使われている、クンバル氏の2台のワゴン車に分乗したり、それぞれオートバイを使ったりして、午前2時ちょっとすぎ、20人ほどで出発となりました。

 ブサキ寺院まで、夜道を快適に走って40分ほど。出かけたときは、天気が良かったので、夜空にたくさんの星や、暗い中に浮かび上がる、水の入ったライステラスがよく見えました。ブサキ寺院周辺も、寺院祭最終日で、中途半端な時間のため、混雑することなく、目的のプラ・ダラム・プリに到着しました。
a0120328_19222379.jpg

 早朝3時とはいえ、プラ・ダラム・プリではたくさんの人々が、それぞれに礼拝を行っています。我が家の場合は、まず奥境内まで入って、バレ・プウェダアン(Bale Pewedaan)にお供えものなどを運んだ後、一度奥境内から出た横にあるプラジャパティ(Prajapati)で礼拝をします。
 奥境内に戻って、場所が空くのを待ち、整えられた供物に聖水をかけて清めながら、主人の伯父などが奉納歌を捧げます。一段落したら、皆揃って礼拝します。
a0120328_1923548.jpg

 主人によると、この日の礼拝は、寺院祭のためであり、また、先祖代々の家族に対する供養のための礼拝でもあるのだそうです。人は亡くなって、あの世に行くと、現世での行いによって、行く世界が決められます。極端に悪くも良くもない、という大抵の普通の人々は、亡くなった後、まずは、このお寺、プラ・ダラム・プリでの仕事を命ぜられて、庭掃除をしたり、供物を準備したりという仕事をしなくてはなりません。その仕事の内容や場所も、現世での行いや、亡くなった後に行なうべき儀式の進行状態によって変わってきます。
 亡くなった家族が、早く、楽な仕事にまわしてもらえるよう、お寺の奥の重要な場所で働くことが出来るよう、または、もっと深い悟りが得られるよう、現世の家族は、亡くなった家族に対して、火葬式(肉体を離れ、魂を自然に返すもの)やロラス(魂を神格化させるためのもの)という儀式を行なう義務があるのです。

 我が家の場合は、亡くなっている全ての家族のための火葬式は終わりましたが、ロラスはまだ終わっていないので、供養のための礼拝も、この場所で行うことになっています。
a0120328_1926355.jpg

 奥境内での礼拝の後は、トゥガル・プナンサラン(Tegal Penangsaran)と呼ばれる、お寺の前庭のような広場でも礼拝を行います。ここは、亡くなった人々の中でも、迷いがあったりして、お寺の中に入れない、入れてもらえない人が働いているところ、といわれています。
 火葬式は終えたといえ、ココで働いているご先祖様がいらっしゃるかも知れません。礼拝をして、そのようなご先祖様の無事と、早くお寺の仕事にきちんと携われるように祈ります。

 数日間の寺院祭の間に、絶え間なく礼拝が行われていますので、残されたお供えもので、地面などは見えません。それらを踏まないと歩くことさえ難しいのですが、供物に使われてた小さなボールのような椰子の実もゴロゴロと落ちていますので、もし、こういう場所にお出かけになる際には、踏んで転ばないように気をつけましょう。
 私は、ちょっと踏んづけて、ぐらっとしたうえ、気づかずに蹴り飛ばして、人にぶつけてしまいました!ごめんなさい!
[PR]
by songket_bali | 2010-01-19 07:18 | バリ島 お祭り | Trackback | Comments(2)

ニュンティックとニャサ

 新しい布を作るための準備をしています。
 糸の準備をして、織りたい布の幅に合わせて縦糸をそろえた後の行程で、縦糸を一本ずつ、スラット(Selat)に通していく作業をニュンティック(nyentik)といいます。「刺す」という意味のスンティック(Sentik)が、活用されてニュンティックになります。手間のかかるこの作業は、大抵いつもは、ご近所の職人さんにお願いしてしまいます。ところが、ただ今この付近、シドゥメン村タボラ地区では、稲の刈入れシーズンとなっていて、職人さんたちは田んぼの仕事で忙しく、なかなか頼めそうにありません。

 職人さんを待っていたら、ずいぶん作業が遅れてしまう、どうしようかな、と迷っていたら、主人の母が「だいぶ目が悪くなってきたけど、まだ出来る!」と言って、ニュンティックの作業を引き受けてくれました。
 
 私もお手伝いします。揃えられた糸を、端から順番に先の尖った竹串で拾って、スラットの細い隙間に通していきます。単調な作業ですが、集中していないと間違えてしまいます。
a0120328_12201395.jpg

 ニュンティックが出来たら、縦糸を板に巻き取る行程ニャサへ進みます。糸がたるまないように引っ張りますので、かなりの重労働です。ここは、力のある主人がお手伝いします。
a0120328_12204779.jpg

 パタン、パタンと糸を板に巻き取った後は、次の行程、モチーフ作りに進みます。今回はオーダーのため、作るモチーフが決まっているのですが、職人さんのところに持っていく前に、柄の配置や全体のイメージが的確に伝えられるように考えておきます。
[PR]
by songket_bali | 2010-01-15 08:17 | ソンケット他 織・着・使・作 | Trackback | Comments(2)

田んぼ仕事のはじまり グンダギン

 シドゥメン村タボラ地区の田んぼでは、水が引かれ始めています。今日は、田んぼの仕事の始まりのための儀式、グンダギン(Ngendagin)が行われました。
 タボラ地区では、プラ・スバックなどの田んぼのための特別なお寺がないので、大本の儀式は、村のお寺プラ・プサ・タボラにて行います。プカセー(Pekaseh)と呼ばれる、スバックの長から、それぞれの田んぼで行う、儀式に必要なお供え物などが発表されます。
 プラ・プサでの儀式のために、お寺に行っていた主人の母が帰ってきた後、今日の日に合わせて決められた、お供えものに使う色、田んぼで鍬を振るう回数と方角が伝えられました。準備をして、田んぼへ向かいます。
a0120328_1622092.jpg
 
 田んぼに到着しました。決められた通りに、まず、北西の方角に向かって8回鍬を土に入れ、その後、東南の方角に向かって、黄色が使われた供物をお供えし、供物を扇ぐようにしながら、これから始まる田んぼの仕事が順調に進むように祈ります。
a0120328_1631499.jpg

 こちらがお供えものです。今回は黄色の供物、ということで、盛り込まれたお米や花なども黄色が使われています。
a0120328_1635034.jpg

 タボラの田んぼには、まだ唐辛子の残りや、お供えものに使う花などが生えていますが、そろそろきれいに片付けて、田んぼの準備を始めることになります。今日は、雨が降ったり止んだりしていましたが、ちょうどこの時はもくもくと湧き上がる雲の間から、日差しが覗いて、遠くまで続く田んぼを照らしていました。
[PR]
by songket_bali | 2010-01-12 15:59 | ライステラス農家 | Trackback | Comments(0)

オリジナルの布作りと占星術師のお客様

 ただいま我が家には、オリジナルの布を織るためのお客様が、日本よりお見えになっております。機織を一度もしたことがない、というお客様の、お正月のお休みの期間を利用して、また、伝統的なソンケットのはたおり道具を利用しての布作りは、当初の私の心配をよそに、順調に仕上がりそうです。
 昔ながらの方法で少しずつ織り進みますが、機織をはじめて4日目の今日は、はじめてとは到底思えない手さばきで、予定していた期間前に織り上がりそうです。

 単調な仕事ですが、体が慣れてくると動作が楽になり、単調なだけに、気持ちよく集中できるうえ、出来上がりの達成感や楽しみが味わえる、という機織は、他の手仕事などと同じように、出来るようになると続けたくなってしまうものなのです。

 今日は、日中に雨が降り、機織はしばし休憩。我が家は普通の田舎の家、布はテラスで織っていますので、雨のときは、雨がかかったり、湿気で糸が濡れないように、布などでくるんで休憩します。
 雨の中を走り回り、水溜りで水浴びをするアヒルや鴨を見ながら、雨が止むのを待ちます。

 夕方、空が明るくなってきました。少しの空模様の変化で、ニワトリたちが鳴き始めます。まだ空が曇っていても、ニワトリが勢いよくコケコッコーとやっているときは、しばらくすると晴れてくる、と、こちらの人たちは言います。確かにニワトリ天気予報はなかなかよく当たります。

 機織も再開。しばらくすると、西洋人のお客様がやってきました。
 オーストラリアからいらしたジャンさんとテリー氏のご夫妻は、ここに日本人で機織をしている人がいると聞いて、訪ねてくださったのだそうです。私の拙い英語と、テリー氏のインドネシア語を交えながら、お話をきいていると、彼は西洋占星術の占い師であることがわかりました。私も手相占いをしていますが、どういうわけか、シドゥメン村を訪れてくださるお客様は、ヨガや瞑想に親しんでいる方や、ヒーラーであったり、占い師であったり、目に見えない世界に詳しい方だったりという確立が高いようです。確かに、色々なお客様にシドゥメン村の魅力を尋ねてみると、自然が素晴らしい、空気が気持ちよい、という答えが多いのです。
a0120328_1734668.jpg

 不思議な魅力を持つシドゥメン村を、もっともっと色々な方に楽しんで頂きたいですね、ということで、テリー&ジャンご夫妻、布作りのMさん、みなさんご一緒の写真です。
 テリー氏は、自著の星占いの本が今年オーストラリアで発売になるそうです。どんな本なのか覗いて見たいですね。

シドゥメン村でのはたおり体験や布作りに興味のある方は、田舎暮らし 体験プログラムもご参考にどうぞ。

シドゥメン村の伝統工芸 ソンケット織りやウンダック(絣、イカット)に興味のある方は、ソンケットなど 販売もご参考にどうぞ。
[PR]
by songket_bali | 2010-01-06 15:31 | シドゥメン村 見所・遊び・お店 | Trackback | Comments(0)

リハット・サワ・ホームステイ Lihat Sawah Home Stay その2

このページのオリジナル記事は2010年に投稿いたしました。
記載の内容と現在の状況が大きく変化しております。
特にご宿泊希望のために情報収集を行なっていらっしゃいます場合には、他の情報サイトやお宿のサイト等もご覧頂き、現況をご確認のうえご判断いただけますようにお願いいたします。

では以下の2010年のシドゥメン村内のヴィラのご様子などをどうぞご覧頂けますように。
(以上2015年8月22日追記させて頂きます)

*** *** ***



 リハット・サワ・ホームステイのリチャード棟、2階に登ると、まず、広いベランダが目に付きます。滞在中は、本を読んだり、くつろいだり、軽い食事をしたり、おしゃべりをしたり、と、このベランダで過ごす時間が長くなりそうです。
a0120328_16574072.jpg

 ベランダからは、もちろんアグン山が見えます。というか、アグン山と田んぼしか見えませんね。
a0120328_16583574.jpg

 ベランダに面した大きなガラス扉から、ベッドルームに入ります。ちょうど朝日が差しこんでいました。
a0120328_16593855.jpg

 2階のベッドルーム横にある、小さなシャワースペースです。2階にトイレがついていると、便利ですね。
a0120328_1701161.jpg

 お部屋の探検が終わったので、お庭を通りながらカリさんの様子を覗きにいきました。写真は、敷地内にあるレストランのスペースです。朝食は、お部屋で食べても、このレストランで食べてもよいそうです。ご宿泊以外のお客様の、レストランのみの利用も出来るので、ランチやディナーの時間には、混み合ったりするときもあるのです。
a0120328_171044.jpg

 朝のお庭では、スタッフの若い男の子たちが、芝生の刈り込みをしていました。バリ式気功体験でお世話になっているプトゥ氏の息子さんコマン君(写真左)も、こちらで働いています。
a0120328_1715091.jpg

 ご主人のカリ氏は、ガーデニング、庭いじりが趣味なのだそうで、ホームステイの敷地内には、様々な花や植木が植えられています。と、奥のほうに古い懐かしいホンダのバイクを発見しました。こちらはカリ氏の長男、グデさんの趣味なのだそうで、古いホンダを集めて、いろいろなスタイルに改造するのだそうです。
a0120328_1727255.jpg

 こちらの棟、1階は自宅スペース、2階はお客さま用のお部屋になっています。2階からの眺めが素晴らしく、こちらもお勧めのお部屋なのですが、ちょうど昨日の夜遅くにチェックインされたお客様があったそうで、今日はお部屋の写真が撮れませんでした。
a0120328_1725833.jpg

 宿泊情報を尋ねながら、ご夫妻としばしお話をします。「おかげ様で、今は賑やかになってきましたが、昔は大変でした。」と、リハット・サワの思い出が詰まったアルバムを見せてくれました。
a0120328_1726479.jpg

 1992年からオープンした「リハット・サワ・ホームステイ」は、ロンリープラネットにも紹介され、いまやヨーロッパからのお客様がたえない人気のホームステイになりました。英語の先生でもあるカリ氏と、昔カリ氏の生徒さんだった美人の奥様がきりもりする、アットホームな宿なのです。
 今年の夏までに、プールとマッサージルームを作る予定なのだそうで、益々賑やかになりそうですね。

お部屋の料金は、
1部屋1泊あたり、250,000~400,000ルピア(朝食つき)
お部屋によって料金が違いますので、お申込時にご確認されることをお勧めします。
ちなみに人気の、
「リチャード棟上(2階の部屋のみ)」は、1泊1部屋400,000ルピア(朝食つき)
「母屋の2階の部屋」も、1泊1部屋350,000ルピア(朝食つき)
(2010年1月17日付けにて、料金を訂正させていただいております)

・ エキストラベッド使用:1泊あたり 75,000~100,000ルピア/台(朝食つき)
エキストラベッド料金もお部屋によって変わります。

チェックアウト時間 :12:00

お部屋の料金に含まれる朝食は、
アメリカンスタンダード(トースト、オムレツ、フルーツサラダ、コーヒー/紅茶)、またはバリニーズ・ブレックファスト(バリ島のお菓子とコーヒー)などから選べます。
朝食時間 :7:30~11:00くらい

・ご予約の解消、キャンセルについて
ご宿泊予定の1ヶ月前までのキャンセルは、無料です。
2週間以内のキャンセルには、全料金の25%、1週間以内では50%、当日では100%のキャンセル料金をお支払いただきます。

・滞在中のお勧めプログラムは、
ライスフィールド・トレッキング、アグン山登山、トラディショナル・マッサージ、はたおり体験、ラフティングなどの他、レンタカー、レンタバイク、ソンケット、ウンダックの見学や販売もあります。

LIHAT SAWAH HOME STAY
住所 : Br.Tabola Sidemen Karangasem Bali
電話 : リハット・サワ・バンガローあて 
      +62 366 5300516 (英語、インドネシア語)
または、 +62 366 5300519 (英語、インドネシア語)
E-mail:lihatsawah@yahoo.co.id Website:www.lihatsawah.com

リハット・サワ・ホームステイ Lihat Sawah Home Stay その1
リハット・サワ・ホームステイ プール建設中です! Open soon! Swimming Pool at Lihat Sawah

シドゥメン村に泊まる ヴィラ、バンガロー、ホームステイのご案内
こちらの記事もご参考にどうぞ。


*** *** ***
以上オリジナル記事です。
記事内一部現況に合わせて変更した内容もございますが、ご了承頂けますように。
*** *** ***

(以下は2015年追記の情報とご注意事項です)

「お知らせ&皆様よりのメール」のカテゴリー 目次のページ
「ソンケット 織る・着る・使う」のカテゴリー 目次のページ
「手相カウンセリング」のカテゴリー 目次とお申し込み方法のページ
「バリ島田舎暮らし 手織りの布ソンケット」ブログ 各カテゴリー内記事目次ページへのリンク
こちらの記事もご参考にどうぞ

フェイスブックでは毎日のニュースなどから考えたこと、感じたこと、気になったことなどを随時投稿しております。インドネシア語や日本語で更新中。
facebook Akiko Matsubara
フェイスブックのファンページです。こちらもよろしくお願いします。
facebook Akiko Matsubara-Palm Reading-
ソンケットやイカット、布の制作に関するFacebookのページです。 
facebook Akiko Matsubara Talisman Traditional Songket&Ikat Weaving Workshop
シドゥメン村ライステラストレッキングのページです。
Sidemen Rice Terrace Trekking -Nyoman Rai-

インスタグラム:akikosongketbali
Twitter: @akikomatsubara
You Tube:Akiko Matsubara
Foursquare-Akiko palm reader
Foursquare-Warung Rahayu, Buu, Tebola
Foursquare-Workshop Talisman, Akiko's Songket&Ikat, Tebola,Sidemen

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、手相占いやその他ワークショップのお問い合わせなど、下記松原あてメールにて承っております。
どうぞお気軽にご連絡ください。

また、お問い合わせの内容によりましては、こちらのブログ記事にて回答させて頂くこともございます。ご了解頂けますようお願いいたします。

以前のブログ記事によりましては、時間の経過とともに内容が現況にそぐわないものもございます。記事内容等ご参考頂く際には、念のため記事の日付等ご確認頂き、必要であれば松原宛に現況をお問い合わせ頂けますようお願いいたします。

このブログは個人的な経験や体験をもとに記載しており、自己と自分の身の回りの時間の経過による変化につきましても、記録として残していきたいと考えております。
常に最新情報を提供するタイプのブログではございませんが、様々な情報の一つとしてご参考頂けましたら幸いです。

*** *** *** *** ***
松原亜希子
Akiko Matsubara
Web : http://songket.exblog.jp
E-mail : nami_yasa@yahoo.co.jp
Address:Buu, Banjar Dinas Tebola, Desa Sidemen, Karangasem 80864
Bali-Indonesia
*** *** *** *** ***
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。

最後までご一緒頂きありがとうございました。
明日も良い1日になりますように。
[PR]
by songket_bali | 2010-01-02 08:30 | シドゥメン村 泊まる | Trackback | Comments(0)

リハット・サワ・ホームステイ Lihat Sawah Home Stay その1

このページのオリジナル記事は2010年に投稿いたしました。
記載の内容と現在の状況が大きく変化しております。
特にご宿泊希望のために情報収集を行なっていらっしゃいます場合には、他の情報サイトやお宿のサイト等もご覧頂き、現況をご確認のうえご判断いただけますようにお願いいたします。

では以下の2010年のシドゥメン村内のヴィラのご様子などをどうぞご覧頂けますように。
(以上2015年8月22日追記させて頂きます)

*** *** ***



 シドゥメン村では、すでにかなり有名なホームステイであるリハット・サワですが、いつも西洋からのお客様がいらっしゃって、なかなか、ブログ用にお部屋の写真を撮ることが出来ませんでした。
 昨日、こちらのオーナーのニョマン・カリ氏とお話する機会があり、ついでに尋ねてみたところ、ちょうど良いタイミングで、お部屋が空いていましたので、本日、朝早くからリハット・サワへ向かうこととなりました。
a0120328_16394193.jpg

 裏道を通って行きます。我が家から、田舎の民家が並ぶ、小さな小道を抜けていくと、小高い場所にあるリハット・サワの麓を通る道に出ます。そこからも、アグン山がよく見えます。お部屋からの眺めも、とっても素敵なことでしょう。
a0120328_16403239.jpg

 こちらが「リハット・サワ」ホームステイの看板です。インドネシア語で、リハット(lihat)は見る、サワ(sawah)は田んぼ、という意味です。
a0120328_16413682.jpg

 芝を踏みながら敷地内を進んでいくと、今日の目的の「リチャード棟」が見えてきました。写真右奥の建物、2階建てのバンガローは、全部で12室のリハット・サワ・ホームステイの中でも、人気のあるお部屋なのだそうで、この建物の共同オーナーである、リチャード氏の名前をとって、「リチャード棟」と呼ばれています。
a0120328_16424437.jpg

 天井が高く、広々とした「リチャード棟」1階のテラスです。竹のソファに座ってみると、
a0120328_16431888.jpg

 こんな風にアグン山が見えます。
a0120328_16454720.jpg

 お部屋には、玄関はありません。テラスからお部屋に入ります。テラスから、中に入ると、エキストラベッドやクローゼットが置かれたスペースがあり、その奥がメインの寝室になっています。
a0120328_16463859.jpg

 こちらは、1階にあるキッチンスペース。
a0120328_16481539.jpg

 キッチンの奥は、裏庭、ではなくて、開放感あふれるシャワースペースになっています。
a0120328_1649576.jpg

 では、2階に上ってみましょう。キッチンの横、または、テラスから、2箇所に2階に上がるための階段が作られています。テラスの階段横には、このホームステイでアレンジできるレジャープログラムのお知らせが、額に入って飾られていました。



*** *** ***
以上オリジナル記事です。
記事内一部現況に合わせて変更した内容もございますが、ご了承頂けますように。
*** *** ***

(以下は2015年追記の情報とご注意事項です)

「お知らせ&皆様よりのメール」のカテゴリー 目次のページ
「ソンケット 織る・着る・使う」のカテゴリー 目次のページ
「手相カウンセリング」のカテゴリー 目次とお申し込み方法のページ
「バリ島田舎暮らし 手織りの布ソンケット」ブログ 各カテゴリー内記事目次ページへのリンク
こちらの記事もご参考にどうぞ

フェイスブックでは毎日のニュースなどから考えたこと、感じたこと、気になったことなどを随時投稿しております。インドネシア語や日本語で更新中。
facebook Akiko Matsubara
フェイスブックのファンページです。こちらもよろしくお願いします。
facebook Akiko Matsubara-Palm Reading-
ソンケットやイカット、布の制作に関するFacebookのページです。 
facebook Akiko Matsubara Talisman Traditional Songket&Ikat Weaving Workshop
シドゥメン村ライステラストレッキングのページです。
Sidemen Rice Terrace Trekking -Nyoman Rai-

インスタグラム:akikosongketbali
Twitter: @akikomatsubara
You Tube:Akiko Matsubara
Foursquare-Akiko palm reader
Foursquare-Warung Rahayu, Buu, Tebola
Foursquare-Workshop Talisman, Akiko's Songket&Ikat, Tebola,Sidemen

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、手相占いやその他ワークショップのお問い合わせなど、下記松原あてメールにて承っております。
どうぞお気軽にご連絡ください。

また、お問い合わせの内容によりましては、こちらのブログ記事にて回答させて頂くこともございます。ご了解頂けますようお願いいたします。

以前のブログ記事によりましては、時間の経過とともに内容が現況にそぐわないものもございます。記事内容等ご参考頂く際には、念のため記事の日付等ご確認頂き、必要であれば松原宛に現況をお問い合わせ頂けますようお願いいたします。

このブログは個人的な経験や体験をもとに記載しており、自己と自分の身の回りの時間の経過による変化につきましても、記録として残していきたいと考えております。
常に最新情報を提供するタイプのブログではございませんが、様々な情報の一つとしてご参考頂けましたら幸いです。

*** *** *** *** ***
松原亜希子
Akiko Matsubara
Web : http://songket.exblog.jp
E-mail : nami_yasa@yahoo.co.jp
Address:Buu, Banjar Dinas Tebola, Desa Sidemen, Karangasem 80864
Bali-Indonesia
*** *** *** *** ***
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。

最後までご一緒頂きありがとうございました。
明日も良い1日になりますように。
[PR]
by songket_bali | 2010-01-02 08:00 | シドゥメン村 泊まる | Trackback | Comments(0)

元日の朝

 今日は元日。バリ島の大きな観光地では、あちこちでニューイヤーのイベントが行われたことと思います。ここ、シドゥメン村は、いつもと同じ、のんびりと静かな大晦日、元日となりました。

 新年といえば初日の出。バリ島では、それほど大切にされませんが、やはり私にとっては気になります。シドゥメン村タボラ地区にある田んぼの様子を覗きがてらに、朝日がよく見える場所に立ってみると、こんな景色が見えました。
a0120328_15291696.jpg

 すでに日も昇って、丘の上には雲がかかっていましたが、遠くの田んぼの上に、もやが出て、なんともいえない静かな美しい朝でした。

 田んぼの中を通る道では、いつもと同じように、牛にあげるために刈った草を、山のように頭に乗せて運ぶおじいさんや、お弁当の包みを頭に乗せて、新しいバンガローの建築現場の仕事に向かう女性たち、鎌を片手に田んぼの仕事に向かうおばあさん、などの往来が始まっています。
a0120328_15301529.jpg

 家に戻る途中、ナミちゃんが通っている小学校の近くから、アグン山を眺めました。朝日をうけて、雲を引いているアグン山も、いつもと同じ。この辺りから見えるアグン山は、静かで、堂々としていて、大変美しいのです。朝早い時間は、アグン山の方向から、とてもさわやかで涼しい風が吹いてくるのです。
a0120328_1532497.jpg

 ちょうど遊びに来たミラちゃんと一緒に、バリ風門松の前で元日の記念撮影。見よう見まねで主人が作った門松には、ちゃんとチャナンのお供えものが添えてありました。

 このブログを読んでくださっている皆様、昨年中はたいへんお世話になりました。そして、シドゥメン村の我が家に、お越しいただいた皆様、遠くまで足を運んで下って、本当にありがとうございました。皆様のおかげで、三日坊主で怠け者のわたしも、ブログを続ける事が出来、皆様とのお話の中で、たくさんのことを教えて頂いております。ありがとうございます。これからも、シドゥメン村の自然や村の生活を中心に、村のことや村の人々のことを、書いていくつもりです。
 今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。そして、よい一年になりますように!
[PR]
by songket_bali | 2010-01-01 15:33 | 日々の出来事 目に見えないこと | Trackback | Comments(5)


バリ島東部のカランガッサム県シドゥメン村タボラ地区で田舎暮らしをしながら、ソンケットという布を織っています。


by 松原亜希子

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

皆さまよりのメール〜I様 シ..
at 2017-05-12 18:43
皆さまよりのメール〜S様 男..
at 2017-05-10 15:04
皆さまよりのメール〜T様 桜..
at 2017-05-08 12:42
母のことば
at 2017-04-22 19:11
皆様よりのメール〜M様より〜..
at 2017-04-21 23:28
来週は日本へ行ってきます。手..
at 2017-04-08 16:57
梨園染め手ぬぐいの頂き物とモ..
at 2017-04-07 20:00
皆様よりのメール〜T様より〜
at 2017-04-06 11:40
祭事期間中 お天気になると良..
at 2017-04-04 10:27
サラスワティ像の思い出とマン..
at 2017-01-22 18:46
ウンダ川の橋が新しくなりまし..
at 2017-01-03 17:40
「旅するバリ島・ウブド案内-..
at 2016-12-10 13:07
トゥカッ・チュプンの滝へ行っ..
at 2016-12-05 20:39
トゥカッ・チュプンの滝へ行っ..
at 2016-12-05 19:43
トゥカッ・チュプンの滝へ行っ..
at 2016-12-05 18:40
猫さんはあくびでお見送り
at 2016-11-05 17:04
はたおり進行中のソンケットの確認
at 2016-10-16 17:18
田んぼの草むしりと人間が自然..
at 2016-10-05 21:35
我が家の円相とナミちゃんのイ..
at 2016-10-03 11:46
茨城産干し芋のお土産 ありが..
at 2016-09-28 16:48

カテゴリ

全体
ご挨拶・問合せ先とアクセス方法
田舎暮らし 体験プログラム
バリ島田舎暮らし カレンダー
ソンケット他 織・着・使・作
ソンケットなど 販売
シドゥメン村 泊まる
シドゥメン村 食べる
シドゥメン村 見所・遊び・お店
シドゥメン村 ウェディング
バリ島 冠婚葬祭 おつきあい
バリ島 お祭り
ライステラス農家
日々の出来事 目に見えないこと
アグン山 本日の眺め インスタグラム
我が家のご主人 ニョマンさんの売店より
我が家の食卓
バリ島 家族
バリ島 医療・治療・美容
バリ島 暦・占い・不思議など
バリ島 芸能・音楽・工芸・絵画
バリ島 政治・経済・社会・通信
バリ島 動物・植物・生き物
バリ島 子供 遊び テレビ
バリ島 読書 本など
クバヤをつくりましょう
サヌール・デンパサール
ウブド、ギャニャール
クルンクン・カランガッサム
バンリ バリ島その他の地区
クタ スミニャック クロボカン
レンボンガン
ENGLISH
INDONESIA
手相鑑定 Palm Reading
手相について 手相の見方など
お知らせ&皆様よりのメール
ゲストの皆さま お土産物 頂き物など
その他色々 世相や気になった事など
雑誌、メディアにてのご紹介など
バリ島撮影取材コーディネート
各カテゴリー内目次

記事ランキング

検索

画像一覧

最新のコメント

全くの偶然ですが、昨日に..
by よし at 22:23
よしさん、こちらへのコメ..
by songket_bali at 14:23
> よしさん よしさん..
by songket_bali at 14:17
お母さんも亜希子さんも強..
by よし at 22:07
サラスワティが知識である..
by よし at 22:38
> よしさん いつもコ..
by songket_bali at 18:12
見て即座に注文して昨日に..
by よし at 19:38
日本もバリも同じ三日月な..
by よし at 20:15
Y・Aさま こんにちは。..
by songket_bali at 14:47
> じゃかこさん はじ..
by songket_bali at 17:10
初めまして、バリ島大好き..
by 里花 at 13:59
> よしさん コメント..
by songket_bali at 21:32

最新のトラックバック

バリ日記4
from 一体どうなんでしょう
何もない日と100マト動画
from 一体どうなんでしょう
ひとりでできるもん!(ウ..
from 一体どうなんでしょう
ミステリーサークルがでた..
from バリ島がやっぱり好き!〜ホテ..
手相!おすすめの逸品
from 手相
バリ島より帰国しました〜..
from バリ島がやっぱり好き! ホテ..
KUBU TANI@Si..
from Bali大好き!

タグ

(766)
(509)
(98)
(86)
(82)
(51)
(47)
(44)
(42)
(30)
(28)
(25)
(24)
(24)
(22)
(22)
(20)
(18)
(18)
(16)

ファン

フォロー中のブログ

exblog ガドガド
フィレンツェ田舎生活便り2
田舎暮らし
Yin Yang 陰陽(...
スリーカラーローズ
do loop's blog
Brisbane Yog...

おすすめサイト

こちらは、私がよく読ませて頂いたり、我が家を訪れて下さったり、ご連絡を頂いた皆様のサイトやブログです。ぜひご覧ください。

バリ島より 旅行、車の手配など
人気のチャーターツアーです。見たいバリを見せてくれます!
バリ島旅行バリクツアーズ

バリ島のスピリチュアルな場所や物事にご興味のある方へ
特におすすめです。
バリ島スピリチュアルツアー dari Hati Bali

いつもありがとうございます。心やさしいガイドさんです。
Suwaru Bali スワルバリ


バリ島にて お宿、体験、お買物など

バリが詰まったお店です。
*SARI BUMI*

エネルギーいっぱいのバリ島でレイキを。レイキを身につけたい方に、お勧めサロンです。
レイキヒーリングサロン・サマトワ

ウブドの田んぼとアグン山の見えるコテージでゆっくりのんびりリフレッシュ。素敵なご家族がお迎えしてくれます。
バリ島ウブド「トランブラン・コテージ」

バリ島ウブド、くつろいだ雰囲気とおしゃれなインテリアのお宿です。
ココバリバリ

バリ島、ウブドにあるお宿、「PRASANTI」。オーナー一家のバリ島暮らしを日記でご紹介。
ぷらさん亭便り

バリ島の日本食レストラン「漁師」ウブド店店長さんのブログです。
バリ島ウブド 親泣かせ独身女奮闘気

ボディボードとヨガをされている結美さんのページです。
結美のホームページ

売りたい人、買いたい人、どうぞブログを覗いてみてくださいね。
バリ島リサイクルショップSORA

バリ島ウブドのオリジナル・ヨガウェアなどのお店です。
mi,iik

日本にて
館山で田舎暮らしを体験しましょう!
田舎暮らし体験施設 ZENさんのふるさと.らぼ

館山のふるさと.らぼZENさんのブログ。
ZENさんの毎日がSpecial

バリ島の雑貨、生活雑貨、インテリア製品の販売はもちろん、施工も行ってくれる心強いお店です。オリジナル商品でいっぱい!
リゾートインテリア・アンジン店長ブログ

猫好きにはたまりません!
東京谷中 ねんねこや

インドネシア、バリ島情報いっぱい

バリ島での長期滞在や移住をお考えの方へ、お役に立つ情報がたくさんのブログです。
ξ^.^ξマーメイド。&【kai】夫婦です。

webデザイナー梶ナナカさんのブログです。バリ島の情報だけでなく、その他あちこち、スピ系のお話も、お役に立つ情報がいっぱいです。
Memo Bali Blog メモバリブログ

インドネシアだけでなく、世界のビジネス、経済、社会、自然、歴史、史跡、男の世界などなど、読んで楽しくためになるブログです。
インドネシア情報局

写真家レガーニャさんのバリ島ブログ。色々なバリ島が満載。
Leganya Bali 仕事は?・・

インドネシア人のアルビーさんのブログ。インドネシア語勉強中の人には、特におすすめです!
アルビーのインドネシア語教室

京都暮らしのつれづれ・・・美味しいもの・・・大好きなバリのことなど・・・がつづられた、お気楽妻さんのブログ。バリ島大好きな気持ちのあふれるブログです。
お気楽のススメ

海外旅行が大好きな遠距離ご夫婦のブログ。お互いを思いやる心の伝わってくる素敵なブログです。
*tmr*的生活

バリ島のリゾートやレストラン、イルカさんがつづる楽しい素敵なバリ島ブログです。
バリ島☆★☆BALI BAGUS☆★

旅が好き、というtabinosoraさんも、シドゥメン村を訪れてくださいました。彼女のブログには、世界各国でのユニークな経験がいっぱいです!
あっちいって…こっちいって

つぼやんのホームページでは、趣味の旅行記を読むことが出来ます。同じアジアの国々でも、食べ物も文化も多様ですね。
つぼやんのホームページ

心地よいヴィラ、スパ、ヨガ、スピリチュアルなど、情報いっぱいのブログです。
バリ島がやっぱり好き!

上記「バリ島がやっぱり好き!」の姉妹ブログです。東京在住、京都出身SAYOさんの素敵な京都ブログ。京都のお値打ち情報満載!
京都人のおすすめ京都旅行記ブログ「値打ちあるわぁ」

かわいくて不思議な楽器マトリョミンを操るotamaさんのブログです。
一体どうなんでしょう

バリ島旅行記をはじめ、日々をつづるにぽぽさんのブログです。おすすめ!
ただいま

スピリチュアル、エネルギーワーク、ヒーリングなどのことがたくさん。シドゥメン村も訪れて下さったチェルシーさんのブログ。
チェルシーな日々

バリ島内、島外の記事も!旅は芸の肥やしですよね!
バリ島~恋する旅芸人

世界より
カリブ海岸の町からお届けする、メキシコ在住のKyokoさんのブログです。
すべてはひとつ・ All is One

インド旅行の準備や心得、女1人で行くたびの旅行記をご紹介。インド情報いろいろです。ぜひご覧下さい。
インド旅行~女一人旅の心得

お気に入り
茨城県!私の故郷です!美味しいおそばとロハスなものごと。ついつい微笑んでしまう言葉がいっぱい。
手打ちそば常陸屋のブログ

翻訳のお仕事、身近な自然、ご家族などなど。ご家族や自然に対する愛情を感じております。
田舎暮らしの翻訳者

世の中には、こんなにいっぱいの本がある。。。
読書猿Classic: between / beyond readers メールマガジン「読書猿」で紹介した本を虫干しします

歴史に名を残す人々の名前の語源がわかります。日本語に変換されると、大変ユニークな名前になってしまいます!
人名力 著名人名の語源―The Etymology of Famous Person Names―

瞑想やインド哲学、宗教についてもっと知りたい方おすすめ!わかりやすくて詳しい、初心者にも親切なブログです。
智慧の海 愛と美と平和への洞察


私のフェイスブックのページです。インドネシア語で時々更新中。
facebook Akiko Matsubara

ついでにフェイスブックのファンページです。こちらもよろしく。
facebook Akiko Matsubara-Palm Reading-

この欄に関するご質問、ご連絡等は、お気軽にメールにてご連絡ください。
相互リンクもお待ちしております!

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、シドゥメン村のお宿ご予約代行、車の手配、手相占いやその他ワークショップのご予約、ご予約の変更など、下記松原あてメールにて承ります。 どうぞお気軽にご連絡ください。
メール 
:nami_yasa@yahoo.co.jp

ブログパーツ

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月

ライフログ


バリ島の歩き方 2013 (地球の歩き方MOOK)


D26 地球の歩き方 バリ島 2012~2013


12 地球の歩き方 aruco バリ島 (aruco)


人間の大地 上 (プラムディヤ選集 2)


人間の大地 下  プラムディヤ選集 3


D26 地球の歩き方 バリ島 2010~2011


バリの賢者からの教え~思い込みから抜け出す8つの方法~L’homme qui voulait etre heureux


魂の伴侶と出会う旅


Eat, Pray, Love: One Woman's Search for Everything Across Italy, India and Indonesia


沖縄染織王国へ (とんぼの本)


「女の仕事」のエスノグラフィ―バリ島の布・儀礼・ジェンダー


Island of Bali

その他のジャンル

Skypeボタン

外部リンク

ブログジャンル

海外生活
スピリチュアル