<   2011年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

熱い貼り薬 コヨ・チャベ Koyo Cabe

 日本では熱い気候が続いているということで、申し訳ないようなのですが、赤道に程近いバリ島シドゥメン村では、ただ今の季節、朝晩などに冷え込みがあり、日中でもやや涼しく、場合によっては寒い季節となっております。

 明け方などは、室内の気温でも、摂氏20度くらいになることもあり、そうすると、高い気温に慣れてしまった体には、少々寒く感じたりいたします。
 乾季ではありますが、時々は雨が降ったりすることもあって、そうすると、さらに手足や腰が冷えてしまいます。夜間オートバイで帰宅する時などは、手や足がかじかんで、つってしまうこともあります。

 こんな時はどうするか、というと、お風呂の習慣の無いバリ島では、オイルマッサージをしたり、バルサム(balsam)と呼ばれる軟膏を、手足に塗ったりして、冷えを防ぎます。
 そしてこんなものもあります。
a0120328_12124245.jpg

 写真は、いざという時に私が使っている、貼り薬「コヨ・チャベ Koyo Cabe」です。
 子供の頃に見た「トクホン」というものに似ていますが、名前の通り、唐辛子の辛味成分が練りこんであるという、強力な貼り薬です。

 1平方センチメートルあたり、唐辛子の辛味成分であるカプサイシンというものが、0.37mg含まれている、と書かれています。数字的に見て、どのような効果があるのか、私には解りませんが、貼ってみると良くわかります。とにかく熱くて痛いです!
a0120328_12131882.jpg

 使い方を読むと、使用する前に、貼りたい部分の皮膚の汚れを落としてから、貼ってください、というようなことが書いてあります。使用の見本のイラストが面白いです。ひじから手首にかけて、たくさん貼っている人もあり、腕組をしている人は、お腹に貼っているのでしょうか、貼り薬の位置が良くわかりません(笑)。

 私は、時々、どうしても寒くてたまらん、というときに、足の裏や腰に貼ったりします。はじめのうちこそ、じわじわっと、温かさがやってきて、お~さすが唐辛子、温まるな~、と余裕で過ごすことが出来ますが、だんだんと熱さが増して、数時間後には、じりじりと焼け付くような熱さにこらえきれず、いてててて~と、むしりとってしまうことがあります(笑)。確かに、熱くて痛くて、少々の痛いことなどは、すべて忘れてしまうことが出来ます。
 肌がかなり頑丈な自分でも、痛いのですから、お肌の弱い方には、あまりお勧めできないと思います。
 それでも、寒い時に試してみたい、というような場合には、どうぞ足の裏のかかとなど、皮膚の厚い場所で試してみるか、痛みを感じる前にはがすようにした方が良いと思います。

 以前、うっかりコヨ・チャベを貼ったまま、寝てしまったことがありまして、朝起きたら、布団の中に、コヨ・チャベが、よれよれと落ちていました。あまりの熱さに寝ながらはがしたのでしょうね、寝ぼけながら、一生懸命背中の貼り薬をはがしたことを、何となく覚えています。
 興味のある方は、覚悟のうえお試し頂けますように(笑)!

「バリ島 医療・治療・美容」のカテゴリー 目次のページ
こちらのカテゴリーの記事もご参考にどうぞ

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、シドゥメン村のお宿ご予約代行、車の手配、手相占いやその他ワークショップのご予約、ご予約の変更など、下記松原あてメールまたは、携帯電話にて承ります。
なるべく早めのご予約がお勧めです。どうぞお気軽にご連絡くださいね。
メール : nami_yasa@yahoo.co.jp
バリ島内携帯電話 : 081 338 45 9907
日本より携帯電話へ : +62 81 338 45 9907
お待ちしております。
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by songket_bali | 2011-07-27 12:13 | バリ島 医療・治療・美容 | Trackback | Comments(6)

ウブドのお宿「PRASANTI」のオーナーご夫妻もお立ち寄りくださいました。

 今月7月は、色々な方々が我が家を訪れてくださいましたが、ウブドの素敵なお宿「PRASANTI」のご夫妻も、シドゥメン村を訪れて下さいました。
a0120328_11514555.jpg

 その時のもようが、「ぷらさん亭便り」の記事になっておりますので、どうぞご覧下さいね。
ぷらさん亭便り シドゥメン村に行く。

 ウブドも素敵ですが、シドゥメン村もなかなかですよね(手前味噌ですが)!バリ島にお住まいの皆様にも、シドゥメン村を気に入って頂けたらうれしく思います。

 私もまたいつかウブド方面へ行く機会がありましたら、ぜひ、お邪魔させて頂きたいと思います。
 あずささま、ご主人さま、楽しいお時間をありがとうございました!


「シドゥメン村 見所・遊び・お店」のカテゴリー 目次のページ
「ウブド、ギャニャール」のカテゴリー 目次のページ

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、シドゥメン村のお宿ご予約代行、車の手配、手相占いやその他ワークショップのご予約、ご予約の変更など、下記松原あてメールまたは、携帯電話にて承ります。
なるべく早めのご予約がお勧めです。どうぞお気軽にご連絡くださいね。
メール : nami_yasa@yahoo.co.jp
バリ島内携帯電話 : 081 338 45 9907
日本より携帯電話へ : +62 81 338 45 9907
お待ちしております。
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by songket_bali | 2011-07-26 11:49 | ウブド、ギャニャール | Trackback | Comments(4)

染織工房のトンボ

 いつも糸を染めに出している、染織工房へ。こちらは、いろいろな染料を混ぜ合わせて、微妙な色合いに染め分けてくれる、大変素晴らしい色彩感覚を持ったご主人が有名で、バリ島中から、染めの注文が入ってくる、忙しい工房です。ご主人が病気から復活したばかりで、注文がたまってしまった、ということでしたが、何とか私の糸も、無事染めてもらえそうです。

 工房へ立ち寄ると、ついつい、どんな色が注文に出されているかが、気になってしまいます。この日は、ナチュラルな茶系の糸が、たくさん見えました。
 お天気も良く、乾いた涼しい風が、陰干しされた、たくさんの糸の束の間を吹きぬけていきます。この分でしたら、糸も早くしっかり乾燥して、少々溜まった注文も、どんどん仕上げることが出来るでしょう。
a0120328_933181.jpg

 ふと見ると、糸と同じような渋めの色合いの小さなトンボが、止まっていました。
 すぐ近くには、他の様々な色の糸も吊るされていましたが、やはり、自然のような色合いがお好みなのでしょうか、風に吹かれても飛んでいきませんでした。アランアランの干草にでも、つかまっているつもりなのかも知れませんね。
 ご主人もご家族も工房の皆様も、健康で、たくさんの糸を染めて頂けますように。そして、私の糸も、うまく染めて頂けますように(笑)。

「ソンケット 織る・着る・使う」のカテゴリー 目次のページ
こちらのカテゴリーの記事もご参考にどうぞ

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、シドゥメン村のお宿ご予約代行、車の手配、手相占いやその他ワークショップのご予約、ご予約の変更など、下記松原あてメールまたは、携帯電話にて承ります。
なるべく早めのご予約がお勧めです。どうぞお気軽にご連絡くださいね。
メール : nami_yasa@yahoo.co.jp
バリ島内携帯電話 : 081 338 45 9907
日本より携帯電話へ : +62 81 338 45 9907
お待ちしております。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by songket_bali | 2011-07-25 09:30 | ソンケット他 織・着・使・作 | Trackback | Comments(0)

カランガッサム労働局への道中 フジャン・ラジャ

 今月は、新しいことも色々と起こりました。
 私の住んでいるカランガッサム県では、茨城県へ農業、畜産の研修生を派遣しているそうなのですが、このたび、カランガッサム労働局にて行われる研修生への日本語研修の補助講師をすることになりました。
 父の出身地である茨城県と、現在自分が居住しているバリ島カランガッサム県のために、少しでも何かの形で関わることが出来れば、うれしく思います。

 私が受け持つ研修時間は、20時間。日本の文化やエチケット、マナーなどの基本的なことを、日本語とインドネシア語交えてお話したり、実践したりいたします。研修生の出発までに、外国人に対する際の恥ずかしさや違和感が、少しでも減り、積極的に話したい、尋ねたいという気持ちになって頂ければ、と思っております。

 そんな研修の日、シドゥメン村からは、山沿いのルートでカランガッサムの首都アンラプラへ向かう方が近道なのですが、この日は、その道の途中で、こんな天気雨をみました。
a0120328_914349.jpg

 お天気なのに雨が降っています。雨ですが、見上げると空が青いのです。
 こんな雨を、バリ島では、フジャン・ラジャ(Hujan Raja)「王様の雨」と呼んで、珍しくておめでたいこと、とするようで、天からの、神様からのお清めの雨、なのだそうです。

 実際には、少しはなれたところに雨雲があって、風で雨が流されてきたのでしょうが、まあ、王様の雨と考えれば、少々濡れてしまうのも楽しくなってきますね。
 アンラプラまで、あと少し。オートバイ道中の私と主人は、お清めの雨でびっしょりにならないように、しっかりとポンチョをかぶって、ズボンをひざまで捲り上げて再び出発したのでした。

「バリ島 政治・経済・社会・通信」のカテゴリー 目次のページ
クルンクン、カランガッサム地方に関する記事の一覧です。
こちらのカテゴリーの記事もご参考にどうぞ

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、シドゥメン村のお宿ご予約代行、車の手配、手相占いやその他ワークショップのご予約、ご予約の変更など、下記松原あてメールまたは、携帯電話にて承ります。
なるべく早めのご予約がお勧めです。どうぞお気軽にご連絡くださいね。
メール : nami_yasa@yahoo.co.jp
バリ島内携帯電話 : 081 338 45 9907
日本より携帯電話へ : +62 81 338 45 9907
お待ちしております。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by songket_bali | 2011-07-24 09:10 | バリ島 政治・経済・社会・通信 | Trackback | Comments(2)

般若心経はやっぱりいいですね

 バリ島へいらっしゃる度に、ほぼ必ずシドゥメン村へ足を運んでくださって、いつものように本のお土産を持ってきてくださるSさんが、今年もこの7月上旬に、本と共に訪れてくださいました。

 今回は、こちらが忙しくしてしまったため、タイミングが合わずに、じっくりと近況などのお話を伺うことが出来ませんでしたが、読みたいな、と思っていた、般若心経の本がお土産の中に入っていて、とてもうれしかったです。
a0120328_8582061.jpg

 若いときほど読書を、と言いますが、あれは本当だと、今更ながらに思います。私も昔は、何でも構わず手当たり次第読むことが出来て、本を読むための時間もたくさんあって、読めばそれなりに考えるところがあって、若い人なりの読書、ということをずいぶん楽しんだ、と思います。
 少し古い本や、堅苦しい本も好きでしたし、般若心経や司馬遼太郎氏の歴史シリーズなどは、友人などとも競い合うようにして読んでいましたが、今になって読んでみると、やっぱり、あの時は若者なりの背伸びだったかなあ、と思ったりもします。

 反対に、どんな本でも読める、ということがなくなりました。以前から、全く読みたくならない本、というのも、もちろんあったのですが、それでも、読め、と言われれば、何となく読むことが出来たものです。ところが、いつの間にか、最近では、「たまにはこういうのも読んでみようか」と開いてみても、はじめの1行くらいで、放り出したくなるものが多くなってしまいました。
 世の中には、ものすごくたくさんの本がありますので、今となっては「ああ、あの時に手に取っておけばよかった」と思えるような本のほうが増えてきて、やっぱり年を取ったなあ、と感じることが多くなりました。
 
 とりあえず、せっかくの読書の時間と、面白い本が手に入ったのですから、まあ、そんなことにも、あんまりこだわらないようにしましょうか。今の私だからこそ、般若心経の宇宙に、ぷかぷか浮かんで読書を楽しむことが出来るかも知れません。

 でも、やはり、以前は文字を追いながら想像することの多かった文章も、今となっては、はっきりと経験や思い出となって蘇ってくることが多くなっていて、こういうことを、「年を重ねた」というのだろうな、と感じざるを得ない状況なのです(笑)。

「バリ島 本 読書など」のカテゴリー 目次のページ
こちらの記事もご参考にどうぞ

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、シドゥメン村のお宿ご予約代行、車の手配、手相占いやその他ワークショップのご予約、ご予約の変更など、下記松原あてメールまたは、携帯電話にて承ります。
なるべく早めのご予約がお勧めです。どうぞお気軽にご連絡くださいね。
メール : nami_yasa@yahoo.co.jp
バリ島内携帯電話 : 081 338 45 9907
日本より携帯電話へ : +62 81 338 45 9907
お待ちしております。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by songket_bali | 2011-07-23 08:52 | バリ島 読書 本など | Trackback | Comments(0)

マニス・ガルンガンのルビー海岸

 今月上旬は、ガルンガンがありました。今回我が家では、ガルンガンの少し前、遠縁のご家族に、亡くなった方があったため、ガルンガンの祭日は行いませんでした。喪中のようなものにあたり、礼拝のためにお寺へ入ることなどもできません。
 ガルンガン(Galungan)の翌日は、マニス・ガルンガン(Manis Galungan)と呼ばれる祭日ですが、この日は、手相占いの出張鑑定のお約束を頂き、ヌサドゥアへ参りました。

 さて、その帰り。久しぶりにギャニャールのパンタイ・ルビー(Pantai Lebih)へ立ち寄ってみましたが、やはりマニス・ガルンガンの日のローカル海岸は、お祈りをする人、休日を楽しむ人、などでとても賑わっていました。

 ルビー海岸への入り口となる道路では、海岸を訪れる人々の駐車スペースを確保するために、交差点付近の片側車線が、駐車場に変身しております。
a0120328_8392613.jpg

 海岸入り口から海のほうを眺めると、ずらっとオートバイが駐車されています。
a0120328_84018100.jpg

 てくてく歩いて、海のほうへ。小さな海岸は、地元の人々や食べ物やおもちゃを売る人々でいっぱいです。
a0120328_8404863.jpg

 波打ち際で遊ぶ人たち。ウォルター・シュピースの従兄弟が、この海岸で鮫に襲われて命を落とした、というお話を本で読んだことがありますが、確かに、いつ訪れてみても、海水浴をしている人は、あまり見かけません。波も荒い感じに見えます。
a0120328_8412736.jpg

 とはいえ、海を訪れた人々は、皆それぞれ、好きなように楽しんでいるようです。さいころ賭博に集まっている人もいましたよ(内緒ね)。

 せっかくの休日。私も、パンタイ・ルビー名物の魚のサテでも食べて、休日気分を味わいましょう。
 この日は、交差点に近いワルンで食べてみました。魚のフライも追加してみましたよ。揚げたての魚をサンバルで頂くのは、辛くて熱くて、大変なのですが、それが美味しいのです。
a0120328_8415792.jpg

 ローカルのビーチの雰囲気を味わいたいという方に、お勧めです。日曜の夕方なども混雑しておりますので、気をつけてお楽しみくださいね。

「ウブド、ギャニャール」のカテゴリー 目次のページ
「シドゥメン村 食べる」のカテゴリー 目次のページ
シドゥメン村より出発 トランスポート、車のチャーター
こちらの記事もご参考にどうぞ

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、シドゥメン村のお宿ご予約代行、車の手配、手相占いやその他ワークショップのご予約、ご予約の変更など、下記松原あてメールまたは、携帯電話にて承ります。
なるべく早めのご予約がお勧めです。どうぞお気軽にご連絡くださいね。
メール : nami_yasa@yahoo.co.jp
バリ島内携帯電話 : 081 338 45 9907
日本より携帯電話へ : +62 81 338 45 9907
お待ちしております。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by songket_bali | 2011-07-22 08:36 | ウブド、ギャニャール | Trackback | Comments(0)

スルヤシャンティに、こんな楽器がありました

 しばらく前に、スルヤシャンティへ出かけたときのことです。
 この時は確か、久しぶりの自由時間が出来た時でしたか、海へと続くライステラスを、じっくり眺めたくなりまして、スルヤシャンティへ出かけました。
 お食事のためのレストラン棟もありますが、チェックインなどで混みあっていないとき、お天気が良くて、田んぼがきれいに見えるときなどは、プール近くのバーのスペースのテーブルを、お食事用に使わせてもらうことも出来ます。この日は、そちらへ。

 と、なにやら新しい楽器があるようです。何でしょうね?
a0120328_820201.jpg

 なんという楽器なのでしょう?名前を尋ねるのを忘れてしまったのですが、何となく大正琴に似てますね。
a0120328_8212669.jpg

 注文をした後、お料理が到着するまで、スタッフのヌンガーさんの演奏を楽しませて頂きました。
 ちなみにヌンガー(Nengah)さんの呼び名は、スポン(Supon)というのだそうです。どうして、そう呼ばれているのか、どういう意味なのかは解りませんが、ユニークな名前ですね(笑)。
a0120328_8224239.jpg


 お料理がきましたよ。こちらは、ナスの温かいサラダです。ぴりっと辛く、酸味も効いた味付けで、ナスの味が引き締まっております。
a0120328_8231024.jpg

 カボチャとしょうがのスープは、甘すぎず、程よいこくがあって美味しいです。
a0120328_8234566.jpg

 この日は、本当に良いお天気でした。テーブルからは、こんな眺めや
a0120328_8241337.jpg

 こんな景色が見えます。
a0120328_8244350.jpg

 さわやかな季節が、さらに快適に感じるような午後でした。
 皆さんも、シドゥメン村へお立ち寄りの際には、ぜひどうぞ。

「シドゥメン村 食べる」のカテゴリー 目次のページ
シドゥメン村に泊まる ヴィラ、バンガロー、ホームステイのご案内
「シドゥメン村 見所・遊び・お店」のカテゴリー 目次のページ
こちらのカテゴリーの記事もご参考にどうぞ

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、シドゥメン村のお宿ご予約代行、車の手配、手相占いやその他ワークショップのご予約、ご予約の変更など、下記松原あてメールまたは、携帯電話にて承ります。
なるべく早めのご予約がお勧めです。どうぞお気軽にご連絡くださいね。
メール : nami_yasa@yahoo.co.jp
バリ島内携帯電話 : 081 338 45 9907
日本より携帯電話へ : +62 81 338 45 9907
お待ちしております。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by songket_bali | 2011-07-21 08:17 | シドゥメン村 食べる | Trackback | Comments(0)

ウブドのガヤトリ・ヴィラさんより、瞑想体験のお客様

 今月上旬のことですが、ウブドのガヤトリ・ラグジュアリーヴィラ(Gayatri Luxury Villa)のオーナーさんと、そのご友人で、バリ島ご滞在中のお客様が、我が家にて、プトゥさんの瞑想体験にご参加くださいました。
 皆様、オーストラリアご在住で、小学校や高校の教師をしていらっしゃるのだそうです。
a0120328_1831664.jpg

 瞑想体験は、胡坐を書いたり、正座をするのが苦手な方は、こうやって、イスを使って行うことも出来ます。
 我が家を訪れて下さる西洋の方々は、禅の思想を学んでいたり、座禅を組んだことがある方や、また、インドなどを巡って、瞑想やヨガの体験を深めている方々も多く、瞑想、メディテーションというものも、すんなりと受け入れていらっしゃる方が多いようです。

 私自身は、スピリチュアルというものは、身に備わった生き抜く力、本能の力、だとも思っておりますので、余り難しい方向へ持っていかずに、感じたり、行動したりすることだけで十分、と考えております。
 とはいっても、日常の中には、人間だからこそ、悩んだり、抱えたりするものもいろいろあり、そういったものを、さっと解消したくなった時こそ、あれこれ考えずに行うエネルギーワークやヒーリングなどは、便利で簡単、うってつけ、だと思っております。

 やってみないとわからない、行ってみないとわからない、という肉体主義と、スピリチュアル思想は、実際には同じこと。ヒーリングなどが効く方は、肉体にしっかりと魂の力、カンが宿っているのです。言葉や文字で考える思考に捕らわれず、こだわらず、恐れず、自分の声をしっかりと捉えられるようになるまで、いろいろと楽しみながら試してみるのも良いですね。
 皆様も、どうぞ試してみてくださいね。
 
渓谷を望むヴィラは、一見の価値あり!
ガヤトリ・ラクジュアリー・ヴィラのページ
Gayatri Luxury Villas

5.メディテーション&バリ式気功体験
「手相カウンセリング」のカテゴリー 目次と料金のページ
「シドゥメン村 見所・遊び・お店」のカテゴリー 目次のページ
こちらの記事もご参考にどうぞ

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、シドゥメン村のお宿ご予約代行、車の手配、手相占いやその他ワークショップのご予約、ご予約の変更など、下記松原あてメールまたは、携帯電話にて承ります。
なるべく早めのご予約がお勧めです。どうぞお気軽にご連絡くださいね。
メール : nami_yasa@yahoo.co.jp
バリ島内携帯電話 : 081 338 45 9907
日本より携帯電話へ : +62 81 338 45 9907
お待ちしております。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by songket_bali | 2011-07-20 18:31 | シドゥメン村 見所・遊び・お店 | Trackback | Comments(0)

村の遊び人は、はたおり道具作りの名人

 今月上旬に、ソンケットの布や小物のオーダーを頂きました。
 糸から準備をしなくてはならないもの、また、道具から準備をしなくてはならないものなどもあり、とりあえずは、すぐに、必要となる道具の手配を行っております。

 とはいえ、道具はすべて手作り、材料となる木や椰子、竹など、良いものが手に入らないと、これも、何ヶ月も待つことになってしまいます。今回は、運良く、ちょうどジャカ(Jaka 砂糖椰子の木)が手に入った、ということで、必要分のパンダラン(Pandaran 縦糸を巻き取っておく板)などを、揃えることが出来ました。

 今朝は、とりあえず出来上がった分を引き取りに、タボラ地区で昔から、遊び好きと道具作りで有名なニョマン・ダナ(Nyoman Dana)さんのお宅へ向いました。
a0120328_22123535.jpg

 ご自宅の前には、闘鶏用の鶏のかごが並んでいます。バリ島では、何処のお宅にも、こんな感じで闘鶏用の鶏が飼われていると思います。好みの格好の良い鶏がいましたので、しばし鶏談義。
 到着しても、すぐに用事を切り出さない、というのも、バリ島のエチケットかも知れませんね。
a0120328_2213053.jpg

 こちらが、本日のお目当ての道具です。平べったくて長い板がパンダラン、出来上がった布を巻き取っていくためのアピッ(Apit)、腰で糸を張るためのポル(Pol)などです。
a0120328_22133149.jpg

 材料となるウユン(Uyung)と、作りかけの道具類です。砂糖椰子(Jaka ジャカ)の木の外皮をはぐと、密度の高い木質の部分が出てきます。この部分がウユンと呼ばれ、昔から機織道具や農具に最適、とされてきました。特にパンダランは、縦糸の緊張を保つだけでなく、適度な弾力が無いと、機織をしている間に、折れてしまうことがあるのです。折れてしまうと、機織は続けられず、糸は使うことが出来ません。
 ちなみに、ジャカの木の幹は、一番外側の外皮の中に、ウユンがあり、その内側にサゴ、または、サグ(Sago, Sagu)と呼ばれる繊維があり、サゴの部分から、でんぷん質を取り出すことが出来ます。私の知っている限りでは、この周辺では、ジャカはアラック作りのために利用されることが多く、サゴは余り利用されていないようですが、インドネシア西部スマトラ島のリアウ州などでは、大規模なサゴ農園もあり、日常の食材としても利用されているそうです。
a0120328_2214264.jpg

 上の写真は、バリ式の鉋、スルッ(Serut)です。材木の表面を平らにしたり、滑らかにするために使いますが、左右の羽のような部分を押さえて、押して削ります。
a0120328_22153151.jpg

 壁には作成途中のブンブガン(Bumbugan 縦糸を上下にわけておく道具)なども見えます。
a0120328_2216637.jpg

 こちらは作成中のトゥンダッ(Tundak)、横糸を巻いたものをトゥンダッの中に入れて、縦糸の間をくぐらせる道具です。斑入りの竹で作られたものもあって、道具というより工芸品ですね。竹に切れ込みを入れたり、薄く削ったり、という作業は、プングティッ(Pengutik 小刀)で行うそうですが、良く見ると、ナイフの刃も、柄も、かなり良いものです。

 ニョマン・ダナさんのお宅も、この地区で一般的な農業と機織や道具作りなどを兼業しておりますが、多趣味で器用なダナさんは、昔ながらの木や竹などで作られた、道具、農具、遊び道具、何でも上手に作ってしまうのです。
a0120328_22163944.jpg

 天上を見上げると、バリン・バリン(Baling-baling)が目につきました。細長い、大きなプロペラのようなもので、風の強い季節に田んぼなどに立て上げて、ブンブンという音を楽しみます。インドネシア語では、バリン・バリンですが、バリ語ではキリン(Kiling)といいます。
a0120328_22171263.jpg

 下を見ると、こんな道具がありました。竹で作ったスピッ(Sepit 炭つかみ)に、これまた、手作りのトゲトゲつきのブリキが巻きつけてあります。
 何に使うのかと尋ねたら、夜、なまず捕りに出かけるときに使うのだそうです。
 
 キリンやスピッなどは、少し前の時代では、家族のある男性なら、誰でも家で暇な時に作ったりしていたようです。主人の父も生前、竹製の炭つかみが短くなってくるのを見計らって、新しいものを作っていましたが、ダナさんの工夫と仕上がりは、すきこそものの上手なれ、という言葉そのままです。
a0120328_22175026.jpg

 風の季節にはキリンを立てて凧を揚げ、雨が降ったら、蛙やなまず捕りに水路にでかけ、お祭りには闘鶏をして、という、昔ながらの遊び人、ご主人のイ・ニョマン・ダナ(I Nyoman Dana)さんと、奥様の二・ロ・スチ(Ni Luh Suci)さんのご夫婦です。
 お二人を見ていると、ただ自然の中で楽しむこと、自然に向って頑張ることらが、にじみ出ているように感じます。これから田んぼへ行く、という奥様と、今日はどこへ遊びに行こうか、というご主人と、気がつくと、作りかけの道具と一緒に、ついつい長い時間を過ごしていました。

「ソンケット 織る・着る・使う」のカテゴリー 目次のページ
ソンケットを織るための道具
「シドゥメン村 見所・遊び・お店」のカテゴリー 目次のページ
こちらの記事もご参考にどうぞ


このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、シドゥメン村のお宿ご予約代行、車の手配、手相占いやその他ワークショップのご予約、ご予約の変更など、下記松原あてメールまたは、携帯電話にて承ります。
なるべく早めのご予約がお勧めです。どうぞお気軽にご連絡くださいね。
メール : nami_yasa@yahoo.co.jp
バリ島内携帯電話 : 081 338 45 9907
日本より携帯電話へ : +62 81 338 45 9907
お待ちしております。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by songket_bali | 2011-07-19 22:19 | ソンケット他 織・着・使・作 | Trackback | Comments(3)

ゆうエージェーンシーの布を巡るツアーご一行様 ありがとうございました!

 今月上旬のことになりますが、日本の旅行会社「ゆうエージェンシー」さま企画による、インドネシアの布を巡るツアーにて、ツアーのご一行様が我が家を訪れてくださいました!
 ありがとうございました!

 こういったツアーの際には、お時間を頂きまして、シドゥメン村の様子をはじめ、村の伝統工芸ソンケット織りにまつわるお話、昔話や伝説、ソンケット織りの歴史、道具、行程、方法、そして、布の伝統的な利用方法や、現代のソンケットの利用方法や流行、などについてのお話も行います。
 機織道具も2台準備して、主人の母と職人さんによる、機織のデモンストレーションも行いました。
 
 できれば、いつか、こういった布に関わることをまとめて、博物館もどきのようなことが出来たら良いな、と頭を掠めることもありますが、まずは、たくさんの人々に、布に興味のある方々に、バリ島文化と切り離せない、伝統的なソンケットの姿を、もっと深く知っていただくことができるよう、少しずつ頑張ろうと思います。
a0120328_11145582.jpg

 自分の夢を忘れないためにも、皆様のお時間を頂いて、記念撮影。
 訪れて下さった方々にとって、思い出に残る時間となりますよう、我が家の人々や職人さんたちにとっても、充実した時間となりますように、これからもソンケット織りに少しずつ関わり続けたいと思います。

「ソンケット 織る・着る・使う」のカテゴリー 目次のページ
1.ソンケット織り はたおり体験
「シドゥメン村 見所・遊び・お店」のカテゴリー 目次のページ


こちらもご参考にどうぞ

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、シドゥメン村のお宿ご予約代行、車の手配、手相占いやその他ワークショップのご予約、ご予約の変更など、下記松原あてメールまたは、携帯電話にて承ります。
なるべく早めのご予約がお勧めです。どうぞお気軽にご連絡くださいね。
メール : nami_yasa@yahoo.co.jp
バリ島内携帯電話 : 081 338 45 9907
日本より携帯電話へ : +62 81 338 45 9907
お待ちしております。
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by songket_bali | 2011-07-19 11:15 | シドゥメン村 見所・遊び・お店 | Trackback | Comments(0)


バリ島東部のカランガッサム県シドゥメン村タボラ地区で田舎暮らしをしながら、ソンケットという布を織っています。


by 松原亜希子

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

皆さまよりのメール〜I様 シ..
at 2017-05-12 18:43
皆さまよりのメール〜S様 男..
at 2017-05-10 15:04
皆さまよりのメール〜T様 桜..
at 2017-05-08 12:42
母のことば
at 2017-04-22 19:11
皆様よりのメール〜M様より〜..
at 2017-04-21 23:28
来週は日本へ行ってきます。手..
at 2017-04-08 16:57
梨園染め手ぬぐいの頂き物とモ..
at 2017-04-07 20:00
皆様よりのメール〜T様より〜
at 2017-04-06 11:40
祭事期間中 お天気になると良..
at 2017-04-04 10:27
サラスワティ像の思い出とマン..
at 2017-01-22 18:46
ウンダ川の橋が新しくなりまし..
at 2017-01-03 17:40
「旅するバリ島・ウブド案内-..
at 2016-12-10 13:07
トゥカッ・チュプンの滝へ行っ..
at 2016-12-05 20:39
トゥカッ・チュプンの滝へ行っ..
at 2016-12-05 19:43
トゥカッ・チュプンの滝へ行っ..
at 2016-12-05 18:40
猫さんはあくびでお見送り
at 2016-11-05 17:04
はたおり進行中のソンケットの確認
at 2016-10-16 17:18
田んぼの草むしりと人間が自然..
at 2016-10-05 21:35
我が家の円相とナミちゃんのイ..
at 2016-10-03 11:46
茨城産干し芋のお土産 ありが..
at 2016-09-28 16:48

カテゴリ

全体
ご挨拶・問合せ先とアクセス方法
田舎暮らし 体験プログラム
バリ島田舎暮らし カレンダー
ソンケット他 織・着・使・作
ソンケットなど 販売
シドゥメン村 泊まる
シドゥメン村 食べる
シドゥメン村 見所・遊び・お店
シドゥメン村 ウェディング
バリ島 冠婚葬祭 おつきあい
バリ島 お祭り
ライステラス農家
日々の出来事 目に見えないこと
アグン山 本日の眺め インスタグラム
我が家のご主人 ニョマンさんの売店より
我が家の食卓
バリ島 家族
バリ島 医療・治療・美容
バリ島 暦・占い・不思議など
バリ島 芸能・音楽・工芸・絵画
バリ島 政治・経済・社会・通信
バリ島 動物・植物・生き物
バリ島 子供 遊び テレビ
バリ島 読書 本など
クバヤをつくりましょう
サヌール・デンパサール
ウブド、ギャニャール
クルンクン・カランガッサム
バンリ バリ島その他の地区
クタ スミニャック クロボカン
レンボンガン
ENGLISH
INDONESIA
手相鑑定 Palm Reading
手相について 手相の見方など
お知らせ&皆様よりのメール
ゲストの皆さま お土産物 頂き物など
その他色々 世相や気になった事など
雑誌、メディアにてのご紹介など
バリ島撮影取材コーディネート
各カテゴリー内目次

記事ランキング

検索

画像一覧

最新のコメント

全くの偶然ですが、昨日に..
by よし at 22:23
よしさん、こちらへのコメ..
by songket_bali at 14:23
> よしさん よしさん..
by songket_bali at 14:17
お母さんも亜希子さんも強..
by よし at 22:07
サラスワティが知識である..
by よし at 22:38
> よしさん いつもコ..
by songket_bali at 18:12
見て即座に注文して昨日に..
by よし at 19:38
日本もバリも同じ三日月な..
by よし at 20:15
Y・Aさま こんにちは。..
by songket_bali at 14:47
> じゃかこさん はじ..
by songket_bali at 17:10
初めまして、バリ島大好き..
by 里花 at 13:59
> よしさん コメント..
by songket_bali at 21:32

最新のトラックバック

バリ日記4
from 一体どうなんでしょう
何もない日と100マト動画
from 一体どうなんでしょう
ひとりでできるもん!(ウ..
from 一体どうなんでしょう
ミステリーサークルがでた..
from バリ島がやっぱり好き!〜ホテ..
手相!おすすめの逸品
from 手相
バリ島より帰国しました〜..
from バリ島がやっぱり好き! ホテ..
KUBU TANI@Si..
from Bali大好き!

タグ

(766)
(509)
(98)
(86)
(82)
(51)
(47)
(44)
(42)
(30)
(28)
(25)
(24)
(24)
(22)
(22)
(20)
(18)
(18)
(16)

ファン

フォロー中のブログ

exblog ガドガド
フィレンツェ田舎生活便り2
田舎暮らし
Yin Yang 陰陽(...
スリーカラーローズ
SachiのIndone...
do loop's blog
Brisbane Yog...

おすすめサイト

こちらは、私がよく読ませて頂いたり、我が家を訪れて下さったり、ご連絡を頂いた皆様のサイトやブログです。ぜひご覧ください。

バリ島より 旅行、車の手配など
人気のチャーターツアーです。見たいバリを見せてくれます!
バリ島旅行バリクツアーズ

バリ島のスピリチュアルな場所や物事にご興味のある方へ
特におすすめです。
バリ島スピリチュアルツアー dari Hati Bali

いつもありがとうございます。心やさしいガイドさんです。
Suwaru Bali スワルバリ


バリ島にて お宿、体験、お買物など

バリが詰まったお店です。
*SARI BUMI*

エネルギーいっぱいのバリ島でレイキを。レイキを身につけたい方に、お勧めサロンです。
レイキヒーリングサロン・サマトワ

ウブドの田んぼとアグン山の見えるコテージでゆっくりのんびりリフレッシュ。素敵なご家族がお迎えしてくれます。
バリ島ウブド「トランブラン・コテージ」

バリ島ウブド、くつろいだ雰囲気とおしゃれなインテリアのお宿です。
ココバリバリ

バリ島、ウブドにあるお宿、「PRASANTI」。オーナー一家のバリ島暮らしを日記でご紹介。
ぷらさん亭便り

バリ島の日本食レストラン「漁師」ウブド店店長さんのブログです。
バリ島ウブド 親泣かせ独身女奮闘気

ボディボードとヨガをされている結美さんのページです。
結美のホームページ

売りたい人、買いたい人、どうぞブログを覗いてみてくださいね。
バリ島リサイクルショップSORA

バリ島ウブドのオリジナル・ヨガウェアなどのお店です。
mi,iik

日本にて
館山で田舎暮らしを体験しましょう!
田舎暮らし体験施設 ZENさんのふるさと.らぼ

館山のふるさと.らぼZENさんのブログ。
ZENさんの毎日がSpecial

バリ島の雑貨、生活雑貨、インテリア製品の販売はもちろん、施工も行ってくれる心強いお店です。オリジナル商品でいっぱい!
リゾートインテリア・アンジン店長ブログ

猫好きにはたまりません!
東京谷中 ねんねこや

インドネシア、バリ島情報いっぱい

バリ島での長期滞在や移住をお考えの方へ、お役に立つ情報がたくさんのブログです。
ξ^.^ξマーメイド。&【kai】夫婦です。

webデザイナー梶ナナカさんのブログです。バリ島の情報だけでなく、その他あちこち、スピ系のお話も、お役に立つ情報がいっぱいです。
Memo Bali Blog メモバリブログ

インドネシアだけでなく、世界のビジネス、経済、社会、自然、歴史、史跡、男の世界などなど、読んで楽しくためになるブログです。
インドネシア情報局

写真家レガーニャさんのバリ島ブログ。色々なバリ島が満載。
Leganya Bali 仕事は?・・

インドネシア人のアルビーさんのブログ。インドネシア語勉強中の人には、特におすすめです!
アルビーのインドネシア語教室

京都暮らしのつれづれ・・・美味しいもの・・・大好きなバリのことなど・・・がつづられた、お気楽妻さんのブログ。バリ島大好きな気持ちのあふれるブログです。
お気楽のススメ

海外旅行が大好きな遠距離ご夫婦のブログ。お互いを思いやる心の伝わってくる素敵なブログです。
*tmr*的生活

バリ島のリゾートやレストラン、イルカさんがつづる楽しい素敵なバリ島ブログです。
バリ島☆★☆BALI BAGUS☆★

旅が好き、というtabinosoraさんも、シドゥメン村を訪れてくださいました。彼女のブログには、世界各国でのユニークな経験がいっぱいです!
あっちいって…こっちいって

つぼやんのホームページでは、趣味の旅行記を読むことが出来ます。同じアジアの国々でも、食べ物も文化も多様ですね。
つぼやんのホームページ

心地よいヴィラ、スパ、ヨガ、スピリチュアルなど、情報いっぱいのブログです。
バリ島がやっぱり好き!

上記「バリ島がやっぱり好き!」の姉妹ブログです。東京在住、京都出身SAYOさんの素敵な京都ブログ。京都のお値打ち情報満載!
京都人のおすすめ京都旅行記ブログ「値打ちあるわぁ」

かわいくて不思議な楽器マトリョミンを操るotamaさんのブログです。
一体どうなんでしょう

バリ島旅行記をはじめ、日々をつづるにぽぽさんのブログです。おすすめ!
ただいま

スピリチュアル、エネルギーワーク、ヒーリングなどのことがたくさん。シドゥメン村も訪れて下さったチェルシーさんのブログ。
チェルシーな日々

バリ島内、島外の記事も!旅は芸の肥やしですよね!
バリ島~恋する旅芸人

世界より
カリブ海岸の町からお届けする、メキシコ在住のKyokoさんのブログです。
すべてはひとつ・ All is One

インド旅行の準備や心得、女1人で行くたびの旅行記をご紹介。インド情報いろいろです。ぜひご覧下さい。
インド旅行~女一人旅の心得

お気に入り
茨城県!私の故郷です!美味しいおそばとロハスなものごと。ついつい微笑んでしまう言葉がいっぱい。
手打ちそば常陸屋のブログ

翻訳のお仕事、身近な自然、ご家族などなど。ご家族や自然に対する愛情を感じております。
田舎暮らしの翻訳者

世の中には、こんなにいっぱいの本がある。。。
読書猿Classic: between / beyond readers メールマガジン「読書猿」で紹介した本を虫干しします

歴史に名を残す人々の名前の語源がわかります。日本語に変換されると、大変ユニークな名前になってしまいます!
人名力 著名人名の語源―The Etymology of Famous Person Names―

瞑想やインド哲学、宗教についてもっと知りたい方おすすめ!わかりやすくて詳しい、初心者にも親切なブログです。
智慧の海 愛と美と平和への洞察


私のフェイスブックのページです。インドネシア語で時々更新中。
facebook Akiko Matsubara

ついでにフェイスブックのファンページです。こちらもよろしく。
facebook Akiko Matsubara-Palm Reading-

この欄に関するご質問、ご連絡等は、お気軽にメールにてご連絡ください。
相互リンクもお待ちしております!

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、シドゥメン村のお宿ご予約代行、車の手配、手相占いやその他ワークショップのご予約、ご予約の変更など、下記松原あてメールにて承ります。 どうぞお気軽にご連絡ください。
メール 
:nami_yasa@yahoo.co.jp

ブログパーツ

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月

ライフログ


バリ島の歩き方 2013 (地球の歩き方MOOK)


D26 地球の歩き方 バリ島 2012~2013


12 地球の歩き方 aruco バリ島 (aruco)


人間の大地 上 (プラムディヤ選集 2)


人間の大地 下  プラムディヤ選集 3


D26 地球の歩き方 バリ島 2010~2011


バリの賢者からの教え~思い込みから抜け出す8つの方法~L’homme qui voulait etre heureux


魂の伴侶と出会う旅


Eat, Pray, Love: One Woman's Search for Everything Across Italy, India and Indonesia


沖縄染織王国へ (とんぼの本)


「女の仕事」のエスノグラフィ―バリ島の布・儀礼・ジェンダー


Island of Bali

その他のジャンル

Skypeボタン

外部リンク

ブログジャンル

海外生活
スピリチュアル