<   2013年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

バリ島の味 ペペス・ニラ Pepes Nila

 昨日はカランガッサムのアンラプラからの帰り道に、途中のワルンでペペス・ニラを食べてから家路につきました。
 シドゥメン村とアンラプラを往復する時には、ほぼ毎回山側のルートを通ります。このルートは、我が家からアンラプラまで約1時間弱で到着いたしますし、何しろアグン山の景色や途中の村の風景の美しいポイントもあって、何度通ってもあきない道のりです。

 海沿いの観光地の多いルートとは違い、山側のルート沿いでお食事が出来るところ、というものも限られてはおりますが、それでも癖になる味わいのワルンもいくつかありまして、このワルン・ガツで食べられるペペス・ニラも、時折思い出しては、無性に食べたくなってしまう味わいのお料理です。
a0120328_18523884.jpg

 以前2010年にこちらのワルンを記事にしたことがありましたが、現在は、テーブルなども少し増えまして、通りすがりに、時々制服を着た公務員の方などがミーティング昼食をしていたり、観光のお客様らしい方のお食事姿を見かけることもあります。

 労働局にて日本語レッスンを終えた後、たいていはどこかでご飯を食べてから家に戻ることが多いのですが、この日はなんとなくペペス・ニラが食べたくなりまして、立ち寄りました。
a0120328_18531419.jpg

 これこれ、こちらがペペス・ニラです。ニラという淡水魚を根茎類を中心とした、これぞバリ島の味という調味料と一緒にバナナの葉っぱで包んで蒸しております。
 生姜やウコン、クンチュールと呼ばれる匂いのきついバンウコンなどが効いておりまして、少し食べただけでも体がホカホカ、口がびりびりしてきます。魚が新鮮なことと、このパンチの効いた調味料がついついまた食べたくなってしまう理由だと思います。お天気がよければ目の前に広がる田んぼとアグン山を眺めながら、汗をかきかきバリ島の強烈な味を楽しむことが出来ます。

 ニラという魚は日本語ではなんと言うのかわからないのですが、気をつけてなくてはならないことがあります。
 それは、とても強くて鋭い骨です!お魚の中には、骨も噛み砕くことの出来るものもありますが、このニラの骨は、頑丈かつしなやかで、かみそりのように突き刺さりますので、口の中に入らないよう注意が必要です。

 以前に同じペペス・ニラを食べた時のことですが、うっかりと、といいますか、お腹が減っておりましたので、バクバクとニラの身とご飯を口に放り込んでいるときに、小さな骨が一緒に口に入りまして、あっと思ったら、舌に刺さってしまいました。
 たいていの魚の骨でしたら、舌に当っても、突き刺さることはあまりないでしょうし、ちょっと刺さってしまっても、口の中でもごもごしているうちに何とかなると思いますが、ニラの骨はそういうわけに行きませんでした。

 骨が薄くて鋭いので、意外と深く刺さってしまうようです。
 自分で体験してなるほど、と思いましたが、舌の筋肉というのは、何か刺さるとぎゅっと縮んでしまうのですね。舌が動かないのです。痛いのと驚いたので、一瞬どうしようかと思い、次に考えたことは、このまま残りを食べられなかったらどうしよう、ということでした(笑)。が、落ち着いて、舌をゆっくり出しまして、手で小さい骨を引っこ抜きました。下品なお話ですみません。
 もちろん、その後は何事もなかったように、美味しく食べさせていただきましたが、それ以来、ニラを食べる時には、ゆっくり食べるようにしております。

 カランガッサム方面へお越しの際など、山沿いのルートを通られる機会がございましたら、また、ちょうどニラが食べたくなりましたら、どうぞお試しいただけますように。骨に気をつけて召し上がってくださいね。

クルンクン、カランガッサム地方に関する記事の一覧です。
「シドゥメン村 食べる」のカテゴリー 目次のページ
ワルン・ガツ(Warung Gatsu) アタ細工を見学しながら
「バリ島 政治・経済・社会・通信」のカテゴリー 目次のページ
こちらの記事などもご参考にどうぞ

「バリ島田舎暮らし 手織りの布ソンケット」ブログ 各カテゴリー内記事目次ページへのリンク

 私のフェイスブックのページです。インドネシア語と日本語で更新中。
facebook Akiko Matsubara
ついでにフェイスブックのファンページです。こちらもよろしくお願いします。
facebook Akiko Matsubara-Palm Reading-
はじめたばかりですが、主人のフェイスブックのページです。どうぞよろしく。
facebook Nyoman Rai

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、手相占いやその他ワークショップのお問い合わせなど、下記松原あてメールにてご連絡ください。お急ぎの場合には携帯電話(日本語メッセージ送受信可)にても承っております(鑑定中などお電話に出られないこともありますが、ご了承いただけますようお願いいたします)。
どうぞお気軽にご連絡ください。

*** *** *** *** ***
松原亜希子
Akiko Matsubara
Mobile1 : +62 (0)81 338 45 9907 (通話のみ)
Mobile2 : +62 (0)81 916 245 066 (日本語メッセージ受送信可)
BlackBerry : +62(0)87 862 763 648(日本語メッセージ受送信可)
BlackBerry PIN : 27CBD64A
Web : http://songket.exblog.jp
E-mail : nami_yasa@yahoo.co.jp
Address:Buu, Banjar Dinas Tebola, Desa Sidemen, Karangasem 80864
Bali-Indonesia
*** *** *** *** ***
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by songket_bali | 2013-02-09 18:54 | クルンクン・カランガッサム | Trackback | Comments(0)

県労働局実習生の伝言ゲーム

 本日は、カランガッサム県の労働局へ日本語のボランティアレッスンにいってまいりました。

 既に規定の研修を終え、選抜試験に合格している実習生候補生らが、日本への出発を待ちながら、日本語と日本語での会話にもっと慣れるために、現在は毎週金曜日の朝9時より2時間ずつ、カランガッサム県の労働局にて行っております。
 本日は、インドネシア語から日本語へ、自分の知っている、限りある単語を使って、それでも伝えるにはどうしたらよいか、一緒に考えてみました。

 インドネシア語の文章から日本語に訳そうとすると、これは、日本語からインドネシア語に訳す時も同じだと思いますが、どうしてもややこしくなりすぎたり、訳しきれない言い回しにぶつかったりしてしまいます。
 通訳や翻訳の仕事をしている時には、全ての単語をほぼ完璧につなぎ合わせることが出来て、長上ではあるけれども、どうやらまとまった文章を訳し出せた時の喜びというのもありまして、そんな時には心の中で「ほっ」としたり「やった~」と思ったりすることもあるのですが、実際の日々の生活の現場では、言葉とはもっとシンプルに使われているものだと思います。

 もちろん語彙が増えて、たくさんの言い回しを身につけていくうちに、新しい言葉が使えるようになっていく、というのが基本であるかと思いますが、知っている言葉もまだ少なく、日本の人々との接触もほぼない、という候補生の皆さんには、まず、コミュニケーションしたい、という気持ちを表現すること、知っている言葉をどんどん使って単語の使い回しをすること、そして、相手から正しい言葉遣いをどんどん引き出すこと(私がいつもしていることですが苦笑)、を試してみていただきたいと思っております。

 本日も最後の30分を使って、恒例の「伝言ゲーム」を行いました。
 伝言ゲームでは、数名ずつのグループを作って、たて1列に席をとってもらい、まずは、一番前の席の人に、いつ、どこで、誰が、何をする、などのきまりを盛り込んだ、「秘密の伝言」を作ってもらい、暗記します。この秘密の~というのが、意外と皆喜んでくれまして、伝言作りのモチベーションがあがるようです(笑)。

 その後は知ってのとおりですが、他の人には聞かれないように、順番に後ろの人に耳打ちして伝言を伝えてもらいます。伝える人も、聞く人も真剣です。ここでは、私は、何度聞きなおしても良いことにしています。何度も何度も正確に伝わるまで、聞いたり教えたりすることにも慣れてもらいたいからです。

 列の最後の人まで伝わったら、1番早く伝わった列から順番に、最後に伝言を聞いた人が、教室前にあるホワイトボードに自分の聞いた伝言を書きます。皆が書き終わったら、今度は順番に読み上げてもらい、最後に伝言を作った人がメモを見ながら自分の伝言を読み上げて、正解かどうかを皆で判断します。
 
 伝言は完璧だけど、ひらがなが間違っていたり、最後の伝言は良く出来ているのに、伝言を作った人が実は間違っていたり、ということもあり、皆で笑いながらの答え合わせですが、伝えることの楽しさ、難しさを感じることが出来るように思います。
a0120328_110414.jpg

 こちらはただいま渡航待機中の候補生の一部です。
 研修期間中の正規の授業ではないからこそ、日本で起こりそうな問題なども自由に話し合うようにしておりますが、こういった時間を使って試してみたことが、日本での滞在中、彼らが自分たちの夢や目標を叶えるための勇気に結びついてくれることを願っております。

「バリ島 政治・経済・社会・通信」のカテゴリー 目次のページ
カランガッサム労働局への道中 フジャン・ラジャ Hujan Raja
火曜日は研修生の日
こちらの記事などもご参考にどうぞ
また、カランガッサム県労働局等へご連絡を取りたい方、ご見学のご希望などがある場合、どうぞお気軽にお知らせください。どうぞよろしくお願いいたします。

「バリ島田舎暮らし 手織りの布ソンケット」ブログ 各カテゴリー内記事目次ページへのリンク

 私のフェイスブックのページです。インドネシア語と日本語で更新中。
facebook Akiko Matsubara
ついでにフェイスブックのファンページです。こちらもよろしくお願いします。
facebook Akiko Matsubara-Palm Reading-
はじめたばかりですが、主人のフェイスブックのページです。どうぞよろしく。
facebook Nyoman Rai

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、手相占いやその他ワークショップのお問い合わせなど、下記松原あてメールにてご連絡ください。お急ぎの場合には携帯電話(日本語メッセージ送受信可)にても承っております(鑑定中などお電話に出られないこともありますが、ご了承いただけますようお願いいたします)。
どうぞお気軽にご連絡ください。

*** *** *** *** ***
松原亜希子
Akiko Matsubara
Mobile1 : +62 (0)81 338 45 9907 (通話のみ)
Mobile2 : +62 (0)81 916 245 066 (日本語メッセージ受送信可)
BlackBerry : +62(0)87 862 763 648(日本語メッセージ受送信可)
BlackBerry PIN : 27CBD64A
Web : http://songket.exblog.jp
E-mail : nami_yasa@yahoo.co.jp
Address:Buu, Banjar Dinas Tebola, Desa Sidemen, Karangasem 80864
Bali-Indonesia
*** *** *** *** ***
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by songket_bali | 2013-02-08 23:06 | バリ島 政治・経済・社会・通信 | Trackback | Comments(0)

田舎の味 白魚のペサン Pesan Nasi Anyar

 太陽暦のお正月の頃ですが、今年も我が家の食卓には、ちょっとめずらしい味が登場しました。
 それはこちら。
a0120328_20292140.jpg

 白魚のペサンです。
 ペサンというのは、食材と調味料などを混ぜたものを、バナナの葉に包んで蒸したり焼いたりした料理ですが、こちらは小さな白魚を、唐辛子や塩、トラシで味付けしたトゥルンギスというココナツオイルの残滓とあえてペサンにしたものです。
 そして白魚と呼んだ魚は、こちらではナシ・アニャールと呼ばれているものですが、ナシとはご飯、アニャールとは新しい、という意味になります。もしかして、「新米」という意味かしら。。

 シドゥメン村は山間の農村で、一番近い海からも約15キロほど離れております。今でも市場で売られている魚は、こちらでベ・アワンと呼ばれる魚を塩漬けにして蒸したピンダンというものが一般的で、時折、川などでとれたフナやドジョウ類、エビなどの新鮮なものが売られておりますが、通常は新鮮な海の魚などは市場では売られておりません。

 いつ、と季節が決まっているわけではないようですが、白魚が採れる時期になると必ず、採れたての白魚を売る人が市場にやってくるのだそうで、魚料理の好きな主人は、白魚の時期は今か、今かと、その人が市場に姿を見せるのを楽しみにしているのだそうです。
 今年はちょうどお正月の頃、めでたく主人は白魚を手に入れることが出来ました。

 バリ島の料理は、冷めてからも美味しいですが、このペサンはやはり出来たてほやほやの熱々が非常に素晴らしいです。しっかり、しっとりとした海の味が感じられてご飯が進んでしまいます!
 熱が通って白くなった魚と、もともと白っぽい色合いのトゥルンギスなので、何がどこに入っているのか良く見えず、見た目も味わいも非常にシンプルなお料理ですが、これぞ田舎料理の醍醐味ですね。

「シドゥメン村 食べる」のカテゴリー 目次のページ
こちらのカテゴリー内記事などもご参考にどうぞ

「バリ島田舎暮らし 手織りの布ソンケット」ブログ 各カテゴリー内記事目次ページへのリンク

 私のフェイスブックのページです。インドネシア語と日本語で更新中。
facebook Akiko Matsubara
ついでにフェイスブックのファンページです。こちらもよろしくお願いします。
facebook Akiko Matsubara-Palm Reading-
はじめたばかりですが、主人のフェイスブックのページです。どうぞよろしく。
facebook Nyoman Rai

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、手相占いやその他ワークショップのお問い合わせなど、下記松原あてメールにてご連絡ください。お急ぎの場合には携帯電話(日本語メッセージ送受信可)にても承っております(鑑定中などお電話に出られないこともありますが、ご了承いただけますようお願いいたします)。
どうぞお気軽にご連絡ください。

*** *** *** *** ***
松原亜希子
Akiko Matsubara
Mobile1 : +62 (0)81 338 45 9907 (通話のみ)
Mobile2 : +62 (0)81 916 245 066 (日本語メッセージ受送信可)
BlackBerry : +62(0)87 862 763 648(日本語メッセージ受送信可)
BlackBerry PIN : 27CBD64A
Web : http://songket.exblog.jp
E-mail : nami_yasa@yahoo.co.jp
Address:Buu, Banjar Dinas Tebola, Desa Sidemen, Karangasem 80864
Bali-Indonesia
*** *** *** *** ***
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by songket_bali | 2013-02-07 20:29 | シドゥメン村 食べる | Trackback | Comments(0)

皆様よりのメール~鈴木様より~シドゥメン村への道のりと出会い~

 昨年のこととなってしまいますが、大変興味深い出会いがありました。
 ご本人にご協力をお願いいたしまして、鈴木氏と私のメールのやり取りなどをご紹介させていただきながら、出会い、シドゥメン村ご滞在までの道のり、また気づいたことなどをまとめさせていただきたいと思います。
 また一部省略したり、編集したりしております。
 少し長い文章になりますので、お時間のない方は、後ほどごゆっくりと読んでいただけますように。
*** *** ***
松原 様

こんにちは。
初めてメールいたします。

私は、鈴木 と申します。
今年(2012年)の8月に突然自宅まで押しかけてきた失礼な男を覚えていますでしょうか?
それが私です。
あのときは、本当に失礼をいたしました。それなのに優しく対応していただき、ありがとうございます。
嫌な顔一つ見せない旦那さんの笑顔が印象的でした。

私はウブドが大好きで、いつも短期の滞在ながら、バリとは不思議な縁があって20回以上行っています。
バリの神様に呼ばれてるのか、いつも唐突にバリに行くことが決まったりして、結局癒されて帰るという旅を重ねています。
松原さんがシドメン村で手相を観ていらっしゃり、それが話題になっていることは数年前より存じておりました。

私は3,4年前にウブドで、今は亡くなられたTさんという整体師さんにお会いしてから、
本当に人生が変わってきました。
人との出会いとか、不思議な夢とか、そしてそれらに導かれるように、
いろいろなことが起きたり、人生の出来事の意味がつながってきたりしています。
特にウブドに来ると、いつもノープランで来るのに、どんどん予定が埋まっていきます。

で、この夏はシドメン村が気になり、ウブドで旅行関係の仕事をしているアグス君の車で1日シドメン周辺をドライブすることになりました。
ウブドの町がだんだん賑やかになったので、もっと静かなところはないものかと探したあげく、シドメンにたどり着いたわけです。
(アグス君はシドメン村から近いところに実家があります。)
そのドライブの途中で、アグス君が何回か、自分から松原さんの手相占いの話をし、「家も知っているよ」というので、
「もしかしたら、これは神様がいってみなさい、といっているのか?」と感じ、
自分の縁を試すような気持ちで、おじゃましてしまいました。
松原さんのことを思えば、これは失礼千万なことだったなあと、今は深く反省しています。

お礼とお詫びのメールもすぐに出すべきでしたが、今回の用件で連絡することになるだろうことがわかっていたので、つい遅くなってしまいました。

いろいろ重ね重ね、本当に申し訳ありませんでした。

さて、(以下省略)
*** *** ***

(松原よりのメール)
こんばんは!
ご連絡を頂きましてありがとうございます。
こちらよりの返信が大変遅くなってしまいましてすみませんでした!

先日はシドゥメン村まで足をお運びいただきましたのに、
ゆっくりとお時間をとることが出来ずに、申し訳ございませんでした!
初めてお目にかかれたときに感じたこともあるのですが、
メールを読ませていただきまして、やはり何かに導かれるように
シドゥメン村を訪れてくださった方のなのだなあ、と大変うれしく思います。

私自身はTさん、というかたと直接の面識はありませんが、
彼を知っている方々より、スピリチュアル的な意識の大変高い方であり
不慮の事故でお亡くなりになってしまった、というお話を伺っております。

これまでにも、たくさんのTさんにゆかりのある方が、シドゥメン村を訪れてくださいました。
自宅にて、ご友人であられた方々から彼のお話を伺った際などには、
お客様と一緒に、彼もここにいてくださるような感じがしますね、とお話したこともありました。

きっと彼は今でも、バリ島を訪れる人々に
それぞれに必要な何かを伝えようとしてくださっているようにも感じますね。
大変素敵な方であったのだろうと思います。

また(以下省略)
*** *** ***

(鈴木氏よりのメール)
この夏は、なぜかアグン山に呼ばれたというか、縁がある旅行でした。泊まったウブドの宿は、2軒なのですが、そのどちらからもアグン山を見ることができました。松原さんの家にお邪魔した後は、パサールアグン寺院にも行き、霧がかかった誰もいない境内で、瞑想の真似事をして、アグン山から何かしらのおすそ分けをいただいた気になって帰りました。

ウブドでは、行く気が全くないのに、ここ4,5回連続で、グヌンルバ寺院に行っています。何か行くことになってしまうようです。バリに呼んでくれているのは、このお寺の神様かと思ったりもしています。
ここ数年、Tさんに会って以降、神様ってなんだろうと密かに勉強していく中で、日本の神道も、仏教も、古代キリスト教も(もちろんイスラムも)同じであることに気づいてきました。その観点でバリの寺院を見ると、同じ根っこを示唆するものがたくさん見つかります。根源神は一つかもしれませんね。というか、人類の出発点に関わる真実が一つであり、神という存在がそこに関わるものであろうことを考えると、根は一つで当然ですよね。
*** *** ***

(鈴木氏よりのメール)
松原様

先日はありがとうございました。

その後、ウブドに戻り、その日の宿に泊まったのですが、着いた日の夕方から急遽テガラランの祭り(初潮を迎える女の子を半年間寺院の中で過ごさせ、潔斎させた後、神を降ろした冠を被り、トランス状態で踊りを踊るというものでした。神が降りるまで延々始まらないというお祭りでした)に連れて行っていただけることになりまして、夜遅く帰ったものですから、全くお礼が遅れましてすみませんでした。

宿に行ったら、夏にこの宿で、一緒だった人に出会いました。その人は今回はご夫婦できていて、私が観ていただいた前日に松原さんに見てもらったご夫婦というのが、この方達なのでした。
何という偶然でしょうね。

(略)
今日は、9時半に妻をspaまで送ったあと、これも宿で、聞いた情報に従って、テガラランのグヌンカウイの近くにあるスバトゥに沐浴に行ってきました。
すごくholyな水だというので、道も知らないくせにいったのですが、ほぼ間違えずに辿りつくことができました。お導きってやつですかね。
初めての沐浴ですが、とても気持ちよく、松原さんに背を押してもらってから、間違いなく、そして躊躇なく、自分の道に進んでいる気がします。たった数日ですが、テガラランの神の踊り、神との時間、そして許されたように導かれた聖水での沐浴。
人生面白がって、少なくとも自分でつまらぬ蓋をすることなく、自由に導かれるままに楽しみながら、ゆくゆくは人様の役に立てる道を模索して行こうと思っています。
松原さんは、自分が蓋をしていた部分を綺麗に外していただいたように思います。
ありがとうございました。
きっと、今後ともいろいろなことでご縁が続くような気がします。また、よろしくお願いいたします。

お忙しい毎日が続かれることと思いますが、くれぐれもご自愛くださいませ。
ご家族の皆様にもよろしくお伝えください。

まずは取り急ぎ御礼まで。
*** *** ***

 メールのやり取り全てではありませんが、自分にとって印象的な部分を記載させて頂いております。

 まず、大変面白かったのは、初めての出会いのときでした。
 色々な方々にお目にかかれる機会を頂き、何かしらのご縁を感じることも少なくはないことですが、鈴木氏に初めてお目にかかりましたとき、この方とは人生で初めてお目にかかる。前世があったとしても始めてお目にかかる。でも、知っている方だ、出会いを導かれた、と思いました。
 そして、この方のお話を伺わなくてはならない、とも感じておりました。なぜならば誰かが私たちの背中を押していることを感じることが出来たからです。

 シドゥメン村滞在へのご計画が進み、数回のメールでのやり取りを通じ、このとき既に、この方との出会いは、もっとたくさんの方々に知っていただくべきだ、という気持ちがありましたので、いつか実際にお目にかかれたときには、このメールのやり取りを公にしたい、とお願いしよう、と既に考えておりました。

 それはTさんのお話でもあったからです。
 この記事を読んでくださっている方の中には、すでにTさんを良くご存知の方々も多くていらっしゃると思います。
 残念ながら私は面識がございませんが、たいへん素敵な方だったのでしょう。そして彼の仕事は、ご縁のあった方々にしっかりと引き継がれているように感じております。

 出会いというものは、誰かに芽をゆだねるようなものだと思います。
 私たちは、師から、友人から、知人から、家族から、すれ違った人々から、様々な種や芽をゆだねられているのだと思います。もちろん私たち自身も同じように、生きている限り、誰かに何かをゆだね続けることになるのですが、時には、何を預かったのか、預かったと思った芽が、これでよかったのかどうかと心配になることもあると思います。
 
 私は、それでよいのだと思います。自分で自分に枠をつくらず、自分で自分を檻に入れず、預かったように思うものを自分なりに育ててみるのが、この世で今の自分に出来る、精一杯のことなのだと思います。

 鈴木氏はすでにご自身への答えを全て持っていらっしゃいました。ただ後一つだけ、この出会いのご縁の中で、私がしなくてはならなかった仕事は、
 「ご自身はもう既にご自身の言葉で、答えを語ってくださっていますよ。」
 と肉体から生じた言葉にすることだけだったのです。

鈴木様、どうぞこれからもご健康で、思い切りご活躍いただけますように。
こうやって鈴木さんを思い出す時、私のイメージの中では、鈴木さんの背後に連なる高い山々が見えるような感じがします。続きはまたの機会にお話させていただきますね。
また何時の日かお目にかかれますこと、とても楽しみにしております。
そしてこの出会いを導いてくださいました全ての力へ、感謝いたします!

「お知らせ&皆様よりのメール」のカテゴリー 目次のページ
「手相カウンセリング」のカテゴリー 目次とお申し込み方法のページ
こちらの記事などもご参考にどうぞ

「バリ島田舎暮らし 手織りの布ソンケット」ブログ 各カテゴリー内記事目次ページへのリンク

 私のフェイスブックのページです。インドネシア語と日本語で更新中。
facebook Akiko Matsubara
ついでにフェイスブックのファンページです。こちらもよろしくお願いします。
facebook Akiko Matsubara-Palm Reading-
はじめたばかりですが、主人のフェイスブックのページです。どうぞよろしく。
facebook Nyoman Rai

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、手相占いやその他ワークショップのお問い合わせなど、下記松原あてメールにてご連絡ください。お急ぎの場合には携帯電話(日本語メッセージ送受信可)にても承っております(鑑定中などお電話に出られないこともありますが、ご了承いただけますようお願いいたします)。
どうぞお気軽にご連絡ください。

*** *** *** *** ***
松原亜希子
Akiko Matsubara
Mobile1 : +62 (0)81 338 45 9907 (通話のみ)
Mobile2 : +62 (0)81 916 245 066 (日本語メッセージ受送信可)
BlackBerry : +62(0)87 862 763 648(日本語メッセージ受送信可)
BlackBerry PIN : 27CBD64A
Web : http://songket.exblog.jp
E-mail : nami_yasa@yahoo.co.jp
Address:Buu, Banjar Dinas Tebola, Desa Sidemen, Karangasem 80864
Bali-Indonesia
*** *** *** *** ***
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by songket_bali | 2013-02-07 20:22 | お知らせ&皆様よりのメール | Trackback | Comments(2)

2013年もどうぞよろしくお願いいたします。

 あけましておめでとうございます!今年もどうぞよろしくお願いいいたします。
 と、2013年の幕開けにご挨拶させていただき、その後少しずつブログの記事を更新していくつもりでおりましたが、いったい何がどうなって、ずっとブログのブの字も投稿できないまま、立春を迎えてしまいました!
 
 過ぎてしまったことは仕方がありません、と自分にも言い聞かせ、少し古いタイプの人間かな、と自分も思っておりますから、旧暦で結構でしょう、と開き直りまして、旧暦では次の新月、2月の10日の日曜日が新年になりますから、私もここから改めて今年のことを考えはじめたいと思います。
 
 2012年は自分にとっても様々な経験をした1年となりました。その都度ブログなどで、自分の気持ちや考えを伝えることが出来ればよかったのですが、こうやって時間を置いてみると、改めて深く考えることも出来るように思います。
 遅ればせながら、少しずつ思い出や経験になってしまったことなども、記事にしていけたらと考えております。

 また、2012年のほぼ1年は、インターネットやパソコンなどに悩まされた1年でもありました。以前のものが壊れてしまったりして、結果的に、ノートブックパソコンも、携帯電話なども、新しいものを使うようになりましたが(まだまだ使いこなせてはおりませんが)、インターネット接続は、今になっても試行錯誤です。

 いったいどうすれば快速とはいかずとも、インターネットを使える環境にすることが出来るのだろう、もちろんシドゥメン村の自宅にて、、思い悩んで、思わず「インターネット 接続 インドネシア」などとインドネシア語で検索してみたところ、出てきたのは、「インドネシアのインターネット接続は世界中で一番遅い」という結果でした(笑)!やっぱり、でもびっくり、という感じでしょうか。

 とりあえず現在も、あれこれと試しながらですが、このブログをはじめた2009年に比べたら格段と進歩しております。以前は家でインターネットが出来ませんでしたので、パソコンを持って、とにかくあちらこちらへ出かけておりましたから、それに比べたら、格段な進歩ですね。
 日本の都市部の方から見たら「???」または「そりゃ大変な。。」と言われてしまうかも知れませんが、いやはや(いやはや、という言葉も古いですかね)技術の進歩は日進月歩(これも古い。。)ですね。

 昔々、と言っても、ほんの20年ほど前、私は携帯電話の元となる「自動車電話」というものを見ましたが、それはそれは、大きくて、ものすごく重い、黒いショルダーバッグに受話器が乗っているようなモノでした。少し古めの戦争映画に出てくる通信技術者が持ってるような感じの物体です。
 それが今は、小さな薄い物体一つで、電話もメールも出来たりして、なんとまあ、ということになるのですが、そこで少し自分なりに、なんとなく思うことがあるのです。

 新しいものを作る時、大抵は、今までにあるもの、現在までに現実化させてきたもの、を発展させて新しくするのが一般的ですね。きっとあの黒い大きな電話も、既存のバッテリーと一緒に、既存の電話を持って運べるようにしよう、としたら、あのような形になったのでしょう。

 なんとなくこれからのもの作りって、そうではなくて、思いがけないところから、もっとたくさんの思いがけないものが出来てきてしまいそうな感じがしております。
 願わくは、人間の生活が便利で豊かになるだけでなく、自然もしくは宇宙のバランスも損なわないもの、またはシステムを生み出すことができますように、と思っております。発展を目指すのは人間の業であるには違いないのですが、もうこうなったら、物理も科学も超越して究極のバランスへの発展を意識したいと思います!
 やっぱり電話の究極はテレパシーかな、、もしかしてテレパシーで交流しているようにしか見えない装置とか、、出来てしまうように思います。もう既にありますかね?
 
 あと私の希望なのですが、箱の形であってもよいので、部屋において、電話も出来る、テレビや画像を見ることも出来る、インターネットのブラウザーのように、情報を探すことも出来るような箱できないでしょうか?
 箱でなくても構いません。私が必要な何かを察知して、目の前に擬似的に提供してくれるセンサー、といえばよいでしょうか。
 モニターのようなものを使う時は、何にもない空間でさっと手を動かすと、目の前に出てくるようにして下さい。もちろん実体はありません。一人で見たいときは一人で、大勢で見たいときは大勢で見えるようにしてください。声をかけなくても思い浮かべるだけで、必要そうな情報を探してモニターに並べてくれるといいなあ。
 もちろん電話も、誰かを思い浮かべた後、電話!と念じたら、その人のところで、「。。さんが話したいそうですよ」と知らせるような機能があるといいですね~。なんとなく思い浮かべただけなのに、電話がかかってしまわないような判断機能や、相手からの通信に応答したくない時の機能なども揃っているといいですね!
 とりあえずは情報の収集や伝達などに限ったことですが、出来そうですよね!

 何時の日にかスマートフォンを耳に当てている姿さえ、古めかしいものになってしまうかも知れませんね。

 2013年はどんな年になっていくのでしょうか。荒っぽいことが起こりやすい時期のようではありますが、私たちの全く新しい可能性に期待できるような夢のある年になって欲しいです。
 今年もどうぞよろしくお願いいたします。

「日々の出来事 目に見えないこと など」のカテゴリー 目次のページ
「お知らせ&皆様よりのメール」のカテゴリー 目次のページ

今年も引き続き、手相鑑定と布作りを中心に活動していくと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
「手相カウンセリング」のカテゴリー 目次とお申し込み方法のページ
「ソンケット 織る・着る・使う」のカテゴリー 目次のページ

 私のフェイスブックのページです。インドネシア語と日本語で更新中。
facebook Akiko Matsubara
ついでにフェイスブックのファンページです。こちらもよろしくお願いします。
facebook Akiko Matsubara-Palm Reading-
はじめたばかりですが、主人のフェイスブックのページです。どうぞよろしく。
facebook Nyoman Rai

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、手相占いやその他ワークショップのお問い合わせなど、下記松原あてメールまたは、携帯電話(日本語メッセージ送受信可)にて承ります。
どうぞお気軽にご連絡ください。

*** *** *** *** ***
松原亜希子
Akiko Matsubara
Mobile : +62 (0)81 338 45 9907 (通話のみ)
BlackBerry : +62(0)87 862 763 648(日本語メッセージ受送信可)
BlackBerry PIN : 27CBD64A
Web : http://songket.exblog.jp
E-mail : nami_yasa@yahoo.co.jp
Address:Buu, Banjar Dinas Tebola, Desa Sidemen, Karangasem 80864
Bali-Indonesia
*** *** *** *** ***
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by songket_bali | 2013-02-06 22:27 | お知らせ&皆様よりのメール | Trackback | Comments(0)


バリ島東部カランガッサム県シドゥメン村タボラ地区、伝統工芸のソンケットとイカットを製作しています。


by 松原亜希子

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

最新の記事

「手相鑑定 Palm Rea..
at 2017-11-18 15:51
皆さまよりのメール〜I様 シ..
at 2017-05-12 18:43
皆さまよりのメール〜S様 男..
at 2017-05-10 15:04
皆さまよりのメール〜T様 桜..
at 2017-05-08 12:42
母のことば
at 2017-04-22 19:11
皆様よりのメール〜M様より〜..
at 2017-04-21 23:28
来週は日本へ行ってきます。手..
at 2017-04-08 16:57
梨園染め手ぬぐいの頂き物とモ..
at 2017-04-07 20:00
皆様よりのメール〜T様より〜
at 2017-04-06 11:40
祭事期間中 お天気になると良..
at 2017-04-04 10:27
サラスワティ像の思い出とマン..
at 2017-01-22 18:46
ウンダ川の橋が新しくなりまし..
at 2017-01-03 17:40
「旅するバリ島・ウブド案内-..
at 2016-12-10 13:07
トゥカッ・チュプンの滝へ行っ..
at 2016-12-05 20:39
トゥカッ・チュプンの滝へ行っ..
at 2016-12-05 19:43
トゥカッ・チュプンの滝へ行っ..
at 2016-12-05 18:40
猫さんはあくびでお見送り
at 2016-11-05 17:04
はたおり進行中のソンケットの確認
at 2016-10-16 17:18
田んぼの草むしりと人間が自然..
at 2016-10-05 21:35
我が家の円相とナミちゃんのイ..
at 2016-10-03 11:46

カテゴリ

全体
ご挨拶・問合せ先とアクセス方法
田舎暮らし 体験プログラム
バリ島田舎暮らし カレンダー
ソンケット他 織・着・使・作
ソンケットなど 販売
シドゥメン村 泊まる
シドゥメン村 食べる
シドゥメン村 見所・遊び・お店
シドゥメン村 ウェディング
バリ島 冠婚葬祭 おつきあい
バリ島 お祭り
ライステラス農家
日々の出来事 目に見えないこと
アグン山 本日の眺め インスタグラム
我が家のご主人 ニョマンさんの売店より
我が家の食卓
バリ島 家族
バリ島 医療・治療・美容
バリ島 暦・占い・不思議など
バリ島 芸能・音楽・工芸・絵画
バリ島 政治・経済・社会・通信
バリ島 動物・植物・生き物
バリ島 子供 遊び テレビ
バリ島 読書 本など
クバヤをつくりましょう
サヌール・デンパサール
ウブド、ギャニャール
クルンクン・カランガッサム
バンリ バリ島その他の地区
クタ スミニャック クロボカン
レンボンガン
ENGLISH
INDONESIA
手相鑑定 Palm Reading
手相について 手相の見方など
お知らせ&皆様よりのメール
ゲストの皆さま お土産物 頂き物など
その他色々 世相や気になった事など
雑誌、メディアにてのご紹介など
バリ島撮影取材コーディネート
各カテゴリー内目次

記事ランキング

検索

画像一覧

最新のコメント

全くの偶然ですが、昨日に..
by よし at 22:23
よしさん、こちらへのコメ..
by songket_bali at 14:23
> よしさん よしさん..
by songket_bali at 14:17
お母さんも亜希子さんも強..
by よし at 22:07
サラスワティが知識である..
by よし at 22:38
> よしさん いつもコ..
by songket_bali at 18:12
見て即座に注文して昨日に..
by よし at 19:38
日本もバリも同じ三日月な..
by よし at 20:15
Y・Aさま こんにちは。..
by songket_bali at 14:47
> じゃかこさん はじ..
by songket_bali at 17:10
初めまして、バリ島大好き..
by 里花 at 13:59
> よしさん コメント..
by songket_bali at 21:32

最新のトラックバック

バリ日記4
from 一体どうなんでしょう
何もない日と100マト動画
from 一体どうなんでしょう
ひとりでできるもん!(ウ..
from 一体どうなんでしょう
ミステリーサークルがでた..
from バリ島がやっぱり好き!〜ホテ..
手相!おすすめの逸品
from 手相
バリ島より帰国しました〜..
from バリ島がやっぱり好き! ホテ..
KUBU TANI@Si..
from Bali大好き!

タグ

(766)
(509)
(98)
(86)
(82)
(51)
(47)
(44)
(42)
(30)
(28)
(25)
(24)
(24)
(22)
(22)
(20)
(18)
(18)
(16)

ファン

フォロー中のブログ

exblog ガドガド
フィレンツェ田舎生活便り2
田舎暮らし
Yin Yang 陰陽(...
スリーカラーローズ
do loop's blog
Brisbane Yog...

おすすめサイト

こちらは、私がよく読ませて頂いたり、我が家を訪れて下さったり、ご連絡を頂いた皆様のサイトやブログです。ぜひご覧ください。

バリ島より 旅行、車の手配など
人気のチャーターツアーです。見たいバリを見せてくれます!
バリ島旅行バリクツアーズ

バリ島のスピリチュアルな場所や物事にご興味のある方へ
特におすすめです。
バリ島スピリチュアルツアー dari Hati Bali

いつもありがとうございます。心やさしいガイドさんです。
Suwaru Bali スワルバリ


バリ島にて お宿、体験、お買物など

バリが詰まったお店です。
*SARI BUMI*

エネルギーいっぱいのバリ島でレイキを。レイキを身につけたい方に、お勧めサロンです。
レイキヒーリングサロン・サマトワ

ウブドの田んぼとアグン山の見えるコテージでゆっくりのんびりリフレッシュ。素敵なご家族がお迎えしてくれます。
バリ島ウブド「トランブラン・コテージ」

バリ島ウブド、くつろいだ雰囲気とおしゃれなインテリアのお宿です。
ココバリバリ

バリ島、ウブドにあるお宿、「PRASANTI」。オーナー一家のバリ島暮らしを日記でご紹介。
ぷらさん亭便り

バリ島の日本食レストラン「漁師」ウブド店店長さんのブログです。
バリ島ウブド 親泣かせ独身女奮闘気

ボディボードとヨガをされている結美さんのページです。
結美のホームページ

売りたい人、買いたい人、どうぞブログを覗いてみてくださいね。
バリ島リサイクルショップSORA

バリ島ウブドのオリジナル・ヨガウェアなどのお店です。
mi,iik

日本にて
館山で田舎暮らしを体験しましょう!
田舎暮らし体験施設 ZENさんのふるさと.らぼ

館山のふるさと.らぼZENさんのブログ。
ZENさんの毎日がSpecial

バリ島の雑貨、生活雑貨、インテリア製品の販売はもちろん、施工も行ってくれる心強いお店です。オリジナル商品でいっぱい!
リゾートインテリア・アンジン店長ブログ

猫好きにはたまりません!
東京谷中 ねんねこや

インドネシア、バリ島情報いっぱい

バリ島での長期滞在や移住をお考えの方へ、お役に立つ情報がたくさんのブログです。
ξ^.^ξマーメイド。&【kai】夫婦です。

webデザイナー梶ナナカさんのブログです。バリ島の情報だけでなく、その他あちこち、スピ系のお話も、お役に立つ情報がいっぱいです。
Memo Bali Blog メモバリブログ

インドネシアだけでなく、世界のビジネス、経済、社会、自然、歴史、史跡、男の世界などなど、読んで楽しくためになるブログです。
インドネシア情報局

写真家レガーニャさんのバリ島ブログ。色々なバリ島が満載。
Leganya Bali 仕事は?・・

インドネシア人のアルビーさんのブログ。インドネシア語勉強中の人には、特におすすめです!
アルビーのインドネシア語教室

京都暮らしのつれづれ・・・美味しいもの・・・大好きなバリのことなど・・・がつづられた、お気楽妻さんのブログ。バリ島大好きな気持ちのあふれるブログです。
お気楽のススメ

海外旅行が大好きな遠距離ご夫婦のブログ。お互いを思いやる心の伝わってくる素敵なブログです。
*tmr*的生活

バリ島のリゾートやレストラン、イルカさんがつづる楽しい素敵なバリ島ブログです。
バリ島☆★☆BALI BAGUS☆★

旅が好き、というtabinosoraさんも、シドゥメン村を訪れてくださいました。彼女のブログには、世界各国でのユニークな経験がいっぱいです!
あっちいって…こっちいって

つぼやんのホームページでは、趣味の旅行記を読むことが出来ます。同じアジアの国々でも、食べ物も文化も多様ですね。
つぼやんのホームページ

心地よいヴィラ、スパ、ヨガ、スピリチュアルなど、情報いっぱいのブログです。
バリ島がやっぱり好き!

上記「バリ島がやっぱり好き!」の姉妹ブログです。東京在住、京都出身SAYOさんの素敵な京都ブログ。京都のお値打ち情報満載!
京都人のおすすめ京都旅行記ブログ「値打ちあるわぁ」

かわいくて不思議な楽器マトリョミンを操るotamaさんのブログです。
一体どうなんでしょう

バリ島旅行記をはじめ、日々をつづるにぽぽさんのブログです。おすすめ!
ただいま

スピリチュアル、エネルギーワーク、ヒーリングなどのことがたくさん。シドゥメン村も訪れて下さったチェルシーさんのブログ。
チェルシーな日々

バリ島内、島外の記事も!旅は芸の肥やしですよね!
バリ島~恋する旅芸人

世界より
カリブ海岸の町からお届けする、メキシコ在住のKyokoさんのブログです。
すべてはひとつ・ All is One

インド旅行の準備や心得、女1人で行くたびの旅行記をご紹介。インド情報いろいろです。ぜひご覧下さい。
インド旅行~女一人旅の心得

お気に入り
茨城県!私の故郷です!美味しいおそばとロハスなものごと。ついつい微笑んでしまう言葉がいっぱい。
手打ちそば常陸屋のブログ

翻訳のお仕事、身近な自然、ご家族などなど。ご家族や自然に対する愛情を感じております。
田舎暮らしの翻訳者

世の中には、こんなにいっぱいの本がある。。。
読書猿Classic: between / beyond readers メールマガジン「読書猿」で紹介した本を虫干しします

歴史に名を残す人々の名前の語源がわかります。日本語に変換されると、大変ユニークな名前になってしまいます!
人名力 著名人名の語源―The Etymology of Famous Person Names―

瞑想やインド哲学、宗教についてもっと知りたい方おすすめ!わかりやすくて詳しい、初心者にも親切なブログです。
智慧の海 愛と美と平和への洞察


私のフェイスブックのページです。インドネシア語で時々更新中。
facebook Akiko Matsubara

ついでにフェイスブックのファンページです。こちらもよろしく。
facebook Akiko Matsubara-Palm Reading-

この欄に関するご質問、ご連絡等は、お気軽にメールにてご連絡ください。
相互リンクもお待ちしております!

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、シドゥメン村のお宿ご予約代行、車の手配、手相占いやその他ワークショップのご予約、ご予約の変更など、下記松原あてメールにて承ります。 どうぞお気軽にご連絡ください。
メール 
:nami_yasa@yahoo.co.jp

ブログパーツ

以前の記事

2017年 11月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月

ライフログ


バリ島の歩き方 2013 (地球の歩き方MOOK)


D26 地球の歩き方 バリ島 2012~2013


12 地球の歩き方 aruco バリ島 (aruco)


人間の大地 上 (プラムディヤ選集 2)


人間の大地 下  プラムディヤ選集 3


D26 地球の歩き方 バリ島 2010~2011


バリの賢者からの教え~思い込みから抜け出す8つの方法~L’homme qui voulait etre heureux


魂の伴侶と出会う旅


Eat, Pray, Love: One Woman's Search for Everything Across Italy, India and Indonesia


沖縄染織王国へ (とんぼの本)


「女の仕事」のエスノグラフィ―バリ島の布・儀礼・ジェンダー


Island of Bali

その他のジャンル

Skypeボタン

外部リンク

ブログジャンル

海外生活
スピリチュアル