タグ:ワルン ( 20 ) タグの人気記事

ラッダワルンでお食事をいたしました。Rad-Ha Warung

いつもこのブログを訪れていただきまして
ありがとうございます。

本日はシドゥメン村タボラ地区おすすめのお食事処です。

ここ数年の間にシドゥメン村のタボラ地区は、お宿やお店も少しずつ数を増し、
小さな田んぼ道の両側に、点々と、洒落た雰囲気の建物が
立ち並ぶようになっております。

しばらく前となりますが、
中学校も今年で終わり、もう直ぐ卒業試験前、というような時期でしたが、
我が家の息子ナミちゃんを誘って、タボラ地区のお食事どころへ行ってみました。

ナミちゃんのおすすめで、選んだお店は、こちら
我が家のお隣さんで親類の、クトゥット・ラバさんと奥様、
その義兄弟夫妻で経営する、ラッダ・ワルンでした。

a0120328_21323478.jpg
小学校、ギリチャリック、クブタニ、サマンバヤなどを通り越し、南向き、
スルヤシャンティヴィラやプラダラムチュピック寺院方面へ進んでいきます。
ワルンの位置は、道路の左手側、サワインダーヴィラの手前、
道の反対側には、シンケンケンヴィラ、ヴィラ・ウンブンなどがあります。

a0120328_21352489.jpg
赤い傘を目印に中に進みますと、エントランスはこんな感じで、
右手側に屋根のある席、左手側は野外席となっております。
a0120328_21323484.jpg
屋外のテーブルには、西洋人のご家族が席をとっていました。
私たちは、屋根のあるテーブルへ。
a0120328_21323496.jpg
敷地内には、水田用の水路があり、金魚や鯉が泳いでいます。

とりあえずナミちゃんはチョコレートミルクセーキ
そして席を立って、キッチンにいるコマン君に会いにいきました。
a0120328_21323430.jpg
私はバリコーヒです。
a0120328_21323449.jpg
ナミちゃんが注文したのは、お魚のグリル、ウラブとサンバルマター添えご飯付き
a0120328_21323440.jpg
私はフィッシュアンドチップスです。
a0120328_21323536.jpg
お食事しながら、もうすぐ高校生になること、最終試験のこと、
学校の勉強のこと、お友達のこと、ガムランのグループのことなど、お話しました。

せっかくなので、最後にアイスクリームのフルーツ添えも注文。
a0120328_21323504.jpg
お食事も終了し、ラバさんとおしゃべり、
こちらのお料理は、以前スルヤシャンティヴィラのキッチンで働いていた
ラバさんの義理のお姉さんが中心になって担当しているそうです。
ちょうどよい優しい味わいで、お客様に評判が良さそうです。

お客様に人気のあるメニューを尋ねましたところ、
豚肉のサテ・リリッ、アヤム・シシッなどのバリ料理と
お魚が手に入った時には、やはり魚料理だそうです。
a0120328_21323572.jpg
お店のお名前の由来を尋ねましたら、
義兄弟夫妻がサンスクリット語で
「裕福、富、富裕」というような意味の言葉をみつけ
皆が幸運で豊かになることを望んで、お店の名前にしたそうです。

ちなみに、ラバさんのお名前のラバという言葉は
インドネシア語で「儲け」「利益」という意味があります。

「これはダブルでご利益ありそうですね!」
と言いましたら、「アハハ、そうだといいですね!」と笑っていらっしゃいました。

ただいまの処、トリップアドバイザーのシドゥメン村のお食事処の情報でも
よい評価をいただいていらっしゃるようです。

今回こちらを訪れましたのは、先述の、ナミちゃんのおすすめだったから、ですが
なぜナミちゃんが私に勧めたか、と言いますと、
彼の幼馴染でお隣で親戚のコマン君がお手伝いしてるから、
ということになります。

ということで、私もこちらのラッダ・ワルンを
タボラ地区のお食事処の一つとして、おすすめさせていただきます。

Rad-Ha Warung map
Br.Tebola, Sidemen, Karangasem, Bali
I Ketut Laba (Manager) +62 81 916 248 209
Rad-Ha Warung, The Other Bali, in the heart of Sidemen

*** *** ***
「シドゥメン村 食べる」のカテゴリー 目次のページ
「ライステラス農家」のカテゴリー 目次のページ
「シドゥメン村 見所・遊び・お店」のカテゴリー 目次のページ
*** *** ***
「ソンケット 織る・着る・使う」のカテゴリー 目次のページ
「お知らせ&皆様よりのメール」のカテゴリー 目次のページ
「手相カウンセリング」のカテゴリー 目次とお申し込み方法のページ
「日々の出来事 目に見えないこと」のカテゴリー 目次のページ
「バリ島田舎暮らし 手織りの布ソンケット」ブログ 各カテゴリー内記事目次ページへのリンク
こちらの記事もご参考にどうぞ
*** *** ***
フェイスブックのページでは毎日のニュースなどから考えたこと、感じたこと、気になったことなどを随時投稿しております。インドネシア語や日本語で更新中。
facebook Akiko Matsubara
フェイスブックのファンページです。こちらもよろしくお願いします。
facebook Akiko Matsubara-Palm Reading-
ソンケットやイカット、布の制作に関するFacebookのページです。 
facebook Akiko Matsubara Talisman Traditional Songket&Ikat Weaving Workshop
シドゥメン村ライステラストレッキングのページです。
Sidemen Rice Terrace Trekking -Nyoman Rai-
インスタグラム:akikosongketbali
Twitter: @akikomatsubara
You Tube:Akiko Matsubara
Foursquare-Akiko palm reader

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、手相占いやその他ワークショップのお問い合わせなど、下記松原あてメールにて承っております。
どうぞお気軽にご連絡ください。
松原あてにメールを送る

また、お問い合わせの内容によりましては、こちらのブログ記事にて回答させて頂くこともございます。ご了解頂けますようお願いいたします。

以前のブログ記事によりましては、時間の経過とともに内容が現況にそぐわないものもございます。記事内容等ご参考頂く際には、念のため記事の日付等ご確認頂き、必要であれば松原宛に現況をお問い合わせ頂けますようお願いいたします。

このブログは個人的な経験や体験をもとに記載しており、自己と自分の身の回りの時間の経過による変化につきましても、記録として残していきたいと考えております。

常に最新情報を提供するタイプのブログではございませんが、様々な情報の一つとしてご参考頂けましたら幸いです。

*** *** ***
Akiko Matsubara / 松原亜希子
Blog : http://songket.exblog.jp
E-mail : nami_yasa@yahoo.co.jp
Address(地図リンク) : Buu, Banjar Dinas Tebola, Desa Sidemen, Karangasem 80864
Bali-Indonesia
*** *** ***
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。

最後までご一緒頂きありがとうございました。
明日も良い1日になりますように。

[PR]
by songket_bali | 2016-07-01 21:28 | シドゥメン村 食べる | Trackback | Comments(0)

クルンクン ローカルのラワール屋さん

いつもこのブログを訪れていただきまして
ありがとうございます。

昨夜は再び雨が降りましたが、
本日はパゲルウェシの祭日の日、お天気は曇りとなっております。
祭日とはあまり関係がありませんが、本日はラワールの写真です。

以前にクルンクン Klungkung へ出かけた際のこと、たまたま通りがかったところで
小さなワルン Warung を見つけました。

外から見ても、一体何屋さんなのかわかりませんが、
住宅のお庭とガレージを利用して、長いテーブルやイスなどが雑然と置いてあり、
ローカル露店食堂といった風情となっております。

a0120328_14365755.jpg
見た所、ラワール・バビ Lawar Babi、サテ・バビ Sate Babi、
という文字がありましたのと、
ほぼ男性ばかりでしたがお食事中の人々も多く、高校生でしょうか、制服の男子達もいて、
日本でいったら、さしずめ地元の定食屋さん、といったところでしょう、
とりあえず試してみるか、と主人と一緒に席についてみました。

初めてのワルンで、何を注文したら良いのかわからないので、
お隣の高校生たちの様子を伺ってみますと、
「サテ、ラワール、バクソとナシ」という感じで、
皆それぞれに盛りだくさんに注文しております。

それでは、私たちもそれに倣って
a0120328_14365857.jpg
上の写真のバクソ・バビ Bakso Babi と、
a0120328_14365805.jpg
上の写真、ラワール Lawar とサテ Sate、ナシ・プティ Nasi Putih 付きで注文してみました。

味わいは、バリ島の家庭の味、素材も新鮮、
たいへん小さなワルンですが、こんな食堂が近くにあれば、
地元の方々に喜ばれることでしょう。

ワルンの様子や外観は、正直申し上げて清潔感は全くなく、
よほどお腹の慣れた方でないと、お食事も厳しいか、と思います。

お店には、こちらのお宅のご主人と奥様らしいお二人がいらして、
手分けをして立ち働いていらっしゃいました。

お二人ともにこやかで愛嬌のある、優しそうな方々でした。
旦那さんのほうは、腕などにたくさん刺青が入っていますが、
バリ島の人々は、刺青があるからといって、強面、というわけでもありません。
「はい、こちらテ・ボトルね。あとサテ、いま温めますね。」という感じで、
なんとも、私の妄想力をくすぐるタイプの人々であります。

テーブルは常に混雑していて、誰かが席を立てば、次の人がまた入ってきます。
人の流れもよく、席に着いた人々は、黙々と、お皿に向かい
全員残さず平らげております。

やはりご近所さんでしょうか、女性のお客さんなどは、
ブンクスでお買い物していかれる方も数名いらっしゃいました。

たまたま私の向かいに、常連さんらしい女性が一人でいらっしゃいましたが、
お勘定して出て行くときに、お店の人に「ラトゥ」と呼ばれておりました。

ラトゥ Ratu 、というのは、バリ島では、階級の高い人々に対する呼称でもありますので、
そういう家柄の女性が一人でラワール目当てに立ち寄るワルンというのも、
面白いものだなあ、と、私もラワールをかきこみつつ、
想像を膨らませてしまいました。


*** *** ***
クルンクン、カランガッサム地方に関する記事の一覧です。
「シドゥメン村 見所・遊び・お店」のカテゴリー 目次のページ
*** *** ***
「ソンケット 織る・着る・使う」のカテゴリー 目次のページ
「お知らせ&皆様よりのメール」のカテゴリー 目次のページ
「手相カウンセリング」のカテゴリー 目次とお申し込み方法のページ
「日々の出来事 目に見えないこと」のカテゴリー 目次のページ
「バリ島田舎暮らし 手織りの布ソンケット」ブログ 各カテゴリー内記事目次ページへのリンク
こちらの記事もご参考にどうぞ
*** *** ***
フェイスブックのページでは毎日のニュースなどから考えたこと、感じたこと、気になったことなどを随時投稿しております。インドネシア語や日本語で更新中。
facebook Akiko Matsubara
フェイスブックのファンページです。こちらもよろしくお願いします。
facebook Akiko Matsubara-Palm Reading-
ソンケットやイカット、布の制作に関するFacebookのページです。 
facebook Akiko Matsubara Talisman Traditional Songket&Ikat Weaving Workshop
シドゥメン村ライステラストレッキングのページです。
Sidemen Rice Terrace Trekking -Nyoman Rai-
インスタグラム:akikosongketbali
Twitter: @akikomatsubara
You Tube:Akiko Matsubara
Foursquare-Akiko palm reader

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、手相占いやその他ワークショップのお問い合わせなど、下記松原あてメールにて承っております。
どうぞお気軽にご連絡ください。
松原あてにメールを送る

また、お問い合わせの内容によりましては、こちらのブログ記事にて回答させて頂くこともございます。ご了解頂けますようお願いいたします。

以前のブログ記事によりましては、時間の経過とともに内容が現況にそぐわないものもございます。記事内容等ご参考頂く際には、念のため記事の日付等ご確認頂き、必要であれば松原宛に現況をお問い合わせ頂けますようお願いいたします。

このブログは個人的な経験や体験をもとに記載しており、自己と自分の身の回りの時間の経過による変化につきましても、記録として残していきたいと考えております。

常に最新情報を提供するタイプのブログではございませんが、様々な情報の一つとしてご参考頂けましたら幸いです。

*** *** ***
Akiko Matsubara / 松原亜希子
Blog : http://songket.exblog.jp
E-mail : nami_yasa@yahoo.co.jp
Address(地図リンク) : Buu, Banjar Dinas Tebola, Desa Sidemen, Karangasem 80864
Bali-Indonesia
*** *** ***
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。

最後までご一緒頂きありがとうございました。
明日も良い1日になりますように。

[PR]
by songket_bali | 2016-06-29 19:34 | クルンクン・カランガッサム | Trackback | Comments(0)

「シドゥメン村 食べる」のカテゴリー 目次のページです。

「シドゥメン村 食べる」のカテゴリー 目次のページです。

*** *** ***
このページを訪れて頂きまして、ありがとうございました。
このページのオリジナル記事は2010年に投稿いたしました。
記載の内容と現在の状況が大きく変化しております。
最新の情報収集を行なっていらっしゃいます場合には、他の情報サイトやお店のサイトなどもご覧頂き、現況をご確認のうえご判断いただけますようにお願いいたします。

以前のシドゥメン村の様子や時代による変化なども記録に残しておきたいため、記事全体の削除は行なわない意向です。記事内容につきましてはご参考として受け止めて頂けましたら幸いです。
このブログの趣旨とご注意、松原への連絡などにつきましては、どうぞ記事下部をご確認ください。

では以下、以前のシドゥメン村や我が家の様子などをどうぞご覧頂けますように。
(以上2015年8月22日追記させて頂きます)

*** *** ***


「シドゥメン村 食べる」のカテゴリー 目次のページです。
 このカテゴリーには、シドゥメン村でお食事の出来るお店、レストラン、ワルンをはじめ、食べ物を買ったり出来るワルン、バリ島や村で食べられるもの、珍しい食べ物、我が家で料理したものなど、食べ物、飲み物に関する記事があります。
 目的にあわせて記事を分類しています。

シドゥメン村 食事の出来るレストラン、ワルン

2015年以前の記事です。
エナックス・ワルン
リハットサワの夜
シドゥメン村を見下ろしながら
ウマ・アグン バー&レストラン
ナシチャンプル マメッ広場前
ウマ・アグン・ヴィラにて朝食
ワルン・リハット・サワ(Warung Lihat Sawah)がオープンしました!
シドゥメン村唯一? ローカルナシゴレンが食べられる「ワルン・モノン Warung Monong 」
十六夜のスルヤ・シャンティ Makan Malam di Surya Shanti Villas
スルヤ・シャンティ・ヴィラにてティータイム Minum Teh di Surya Shanti Villas
ワルン・モノンがお引越しをしております
スルヤシャンティに、こんな楽器がありました
ワルン・ジュンプンガン(Warung Jumpungan)がオープンしております。

シドゥメン村で手に入る食べ物、飲み物
シドゥメン村のアラック
秘酒?秘薬?
朝はブブール
ルジャック・チュカ
伝説のダガン
アイスクリームがやってきた
黒いお米のおかゆ ブブール・インジン
緑のブラウニー
ブブール・ブラス(Bubur Beras)
シドゥメン村クボン地区へ アラックを買いに
夕方のシドゥメン村市場周辺
朝が美味しい ルンポッグ(Lempog)
田舎の朝食 ティパッ・プンチョッ Tipat Pencok

我が家で食べる、飲む
女性のためのジャムー
今日のおやつはルジャック・ボニ
サユール・パク
サンバル・マター (Sambal Matah)
アラックでオリジナルリキュール作り
精気がかけている人におすすめ!ゴールデン・ジンジャーのしょうが飴
カランガッサム名物 サラック(Salak)を使ったお菓子いろいろ
タマリンド(Tamarindo)の季節?
ブア・ナガを食べました。 Makan Buah Naga
ご当地味自慢?インドミーもいろいろ
セイロン紅茶「ディルマ」
夜更かしの次の日の朝ごはん
雨が降れば芋を食べる
田舎の味 白魚のペサン Pesan Nasi Anyar
我が家のワルン Warung が出来ました。
一番美味しいトウモロコシを食べたのは誰でしょうか。
サンバル・トマト sambal tomat をつくりました
満月~空想アプリ~ミーゴレン
ブサキのお芋で大学芋を作りました。

2015年
お土産に頂きましただしとお醤油で、おからを煮てみました。
オーガニックたまりしょうゆを頂きました。
2015年6月までの近況と和食風の赤米お昼ご飯
今日の朝ご飯とテスト投稿
朝ご飯にラワールのナシブンクス
タボラ地区青年部の辛い辛いソトアヤム
ルジャック・クア・ピンダン
朝ご飯はサテアヤム
お昼はうどんを食べました。
即席トマトスープとナシブンクス
おやつにリンゴバター
皆でルジャックを作ったそうです。
暑い日はエスチャンプル
夕方はティパッ・タフを食べました。
お昼前はカルボナーラ風パスタにしてみました。
ペサン・ピンダンとプトゥリ・ミニャック Pesan Pindang dan Putri Minyak


サヌールで食べる
サヌールの小さなケーキ屋さん Tutti Frutti Desserts
サヌールの海の味「ワルン・ジャワティムール」

ギャニャールで食べる
ギャニャールでアヤムタリワン Makan Ayam Taliwan di Gianyar

ウブドで食べる
ウブド、プリアタンのバクソ屋さん 私はこちら。
お昼ごはんはナシ・アヤム・クデワタン「イブ・マンクー」(Nasi Ayam Kedewatan Ibu Magku)
ウブドのレストラン「ラマック」でセメントタイルを発見。
ワルン・ハナで休憩 istirahat di Warung Hana Ubud

クルンクンで食べる
センゴル・クルンクン アヤム・ゴレン・クリスピー
センゴル・クルンクン ワルン・ポジョック  Warung Pojok di Senggol Klungkung
クルンクンでバクソ・ソロ(Bakso Solo di Klungkung)
クルンクン トラック野郎御用達 いつも混んでるサテ・バビのお店
クルンクン ミー・パンシットのワルン Makan Mie Pangsit di Klungkung
センゴル・クルンクンにて 煙の中のサテ・カンビン
クルンクン トラギアの下のサテカンビン屋さん

プシンガハン、ゴアラワで食べる
サテ・イカンのお店 ムルタ・サリ(Mertha Sari)
海の見えるサテ・イカンのお店 レセハン・スンダラム(Lesehan Sundaram)

チャンディダサで食べる
チャンディ・ダサ 猫の居る「ワルン・ニョマン」

パンタイ・パシール・プティで食べる
結婚記念日

ジャシで食べる
ジャシ(Jasi)周辺、サテイカンで腹ごしらえ

ブバンダムで食べる
カランガッサムへ行く途中 ミナ・サリ・ムルティ(Mina Sari Murti)
ワルン・ガツ(Warung Gatsu) アタ細工を見学しながら
バリ島の味 ペペス・ニラ Pepes Nila

カランガッサム スバガン または アンラプラ周辺で食べる
今日一日とソト・ババッ
カランガッサムでの講習の前に腹ごしらえ ワルン・モスリム ブ・エンダン
アンラプラ ウントゥンスラパティ通りでバビグリンを食べました。

ルンダンで食べる
マハギリ・レストラン

スラットで食べる
カランガッサム名物 サラック(Salak)を使ったお菓子いろいろ

a0120328_0333100.jpg

祭日用のトゥムつくりのお手伝いをしているところです。
食べてばかりでなく、時には料理(のお手伝い)もしております。



*** *** ***
以上ほぼオリジナル記事です。
記事内の連絡先情報等一部現況に合わせて変更した内容もございますが、ご了承ください。
*** *** ***

(以下は2015年追記の情報とご注意事項です)

「お知らせ&皆様よりのメール」のカテゴリー 目次のページ
「ソンケット 織る・着る・使う」のカテゴリー 目次のページ
「手相カウンセリング」のカテゴリー 目次とお申し込み方法のページ
「バリ島田舎暮らし 手織りの布ソンケット」ブログ 各カテゴリー内記事目次ページへのリンク
こちらの記事もご参考にどうぞ

フェイスブックでは毎日のニュースなどから考えたこと、感じたこと、気になったことなどを随時投稿しております。インドネシア語や日本語で更新中。
facebook Akiko Matsubara
フェイスブックのファンページです。こちらもよろしくお願いします。
facebook Akiko Matsubara-Palm Reading-
ソンケットやイカット、布の制作に関するFacebookのページです。 
facebook Akiko Matsubara Talisman Traditional Songket&Ikat Weaving Workshop
シドゥメン村ライステラストレッキングのページです。
Sidemen Rice Terrace Trekking -Nyoman Rai-

インスタグラム:akikosongketbali
Twitter: @akikomatsubara
You Tube:Akiko Matsubara
Foursquare-Akiko palm reader
Foursquare-Warung Rahayu, Buu, Tebola
Foursquare-Workshop Talisman, Akiko's Songket&Ikat, Tebola,Sidemen

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、手相占いやその他ワークショップのお問い合わせなど、下記松原あてメールにて承っております。
どうぞお気軽にご連絡ください。

また、お問い合わせの内容によりましては、こちらのブログ記事にて回答させて頂くこともございます。ご了解頂けますようお願いいたします。

以前のブログ記事によりましては、時間の経過とともに内容が現況にそぐわないものもございます。記事内容等ご参考頂く際には、念のため記事の日付等ご確認頂き、必要であれば松原宛に現況をお問い合わせ頂けますようお願いいたします。

このブログは個人的な経験や体験をもとに記載しており、自己と自分の身の回りの時間の経過による変化につきましても、記録として残していきたいと考えております。
常に最新情報を提供するタイプのブログではございませんが、様々な情報の一つとしてご参考頂けましたら幸いです。

また、「村の伝統文化の調査」「村の伝統機構調査」「伝統技能や宗教、機構関連者へのインタビュー」など、村人とのコーディネートが必要な場合など、どうぞご相談ください。
学校、大学、機構関係者よりのお申し込み、お問い合わせの場合には、ご本人様のご氏名、専門、所属機関、略歴、ご調査の目的、などにつきまして、あらかじめお尋ねさせて頂き、内容と費用につきまして納得できる場合のみ承っております。どうぞご了承ください。
詳細につきましては、別途メールにてお問い合わせください。

*** *** *** *** ***
松原亜希子
Akiko Matsubara
Web : http://songket.exblog.jp
E-mail : nami_yasa@yahoo.co.jp
Address:Buu, Banjar Dinas Tebola, Desa Sidemen, Karangasem 80864
Bali-Indonesia
*** *** *** *** ***
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。

最後までご一緒頂きありがとうございました。
明日も良い1日になりますように。

[PR]
by songket_bali | 2014-12-15 17:54 | Trackback | Comments(0)

アンラプラ市内 ウントゥン・スラパティ通りでバビグリンを食べました。2軒目です。

 いつもこのブログを訪れていただきまして、ありがとうございます。
 今週火曜日は、先週と同じようにカランガッサムのアンラプラ Amlapura へ行きました。
 昨日のブログにも書かせていただきましたが、この日は授業の後、労働局へ向かう途中でお昼ご飯を食べました。

 この日のお昼ご飯は、こちら。
a0120328_9343574.jpg

 今週も続けてバビグリン Babi Guling のワルンへ立ち寄ってしまいました。
a0120328_935618.jpg

 場所も内容も先週とほとんど同じです。
a0120328_935491.jpg

 違いといえば、この日に立ち寄ったワルンの場所が、先週のワルンよりも南に100mほど離れていること、それから、細かい違いですが、ラワール Lawar やウラブ Urab に使われているココナツが、幅広いことでしょうか。
 
 我が家でもラワールなどを作るときに、まず、ヤシの実の殻の固い部分を削りだして道具にし、ココナツの実の内側をかんぴょうのように薄く、やや細長く削りだしたものを和え物の材料として使います。
 こうやって削り出したココナツを使った和え物を、我が家では「グチョ Gecok」と呼んでいます。調味料の辛さとココナツの甘さが混じり合って、食べやすい伝統料理です。

 グチョの場合は、削りだしたココナツがふんわりとした感じになりますが、こちらのワルンの幅広ココナツは、多分アルミなどの道具で削りだしているのでしょう、シャキッとした感じに削られていました。

 同じココナツでも、使う道具によってだいぶ違う食感の料理になるのですね。
 また、改めましてココナツの応用範囲の広さに感心です。

 そういえば、バリ島にも、生まれた日によってその人の性格や運命を占う昔ながらの占いがありますが、その中にも「クラパ Kelapa」という日の生まれがありまして、これは七曜週の月曜日にあたるソーマ Soma、五曜週のウマニス Umanis の組み合わせの日となっております。
 「クラパ」の日に生まれた人は、気前がよくて、人の役に立つ人物なのだそうです。
 確かにヤシの木は、根っこから葉っぱの先まで、バリ島の人々、特に伝統的な生活では、有益で欠かせないものですね。

 カランガッサム方面へお出かけの際、バビグリンを食べてみたくなった方は、ウントゥン・スラパティ通り Jl.Untung Surapati にて、バビグリンのワルンを探してみるのもよいのではないでしょうか。
 ただし味付けがかなり強烈に感じる場合がありますので、どうぞお気をつけてお召し上がりください。

 また、バリ島の占いに興味のある方は、お近くのバリ島出身の方に尋ねてみると、きっとこの分野に詳しい人や誕生日から生まれた日を割り出してくれるお坊さんを紹介してくれると思います。
 確か日本語でも、バリ占いの本なども出版されていたと思いますので、探してみてくださいね。

クルンクン、カランガッサム地方に関する記事の一覧です。
「シドゥメン村 食べる」のカテゴリー 目次のページ
「バリ島 暦・占い・不思議など」のカテゴリー 目次のページ
「バリ島田舎暮らし 手織りの布ソンケット」ブログ 各カテゴリー内記事目次ページへのリンク
こちらの記事もご参考にどうぞ

facebook Akiko Matsubara
ついでにフェイスブックのファンページです。こちらもよろしくお願いします。
facebook Akiko Matsubara-Palm Reading-
全く更新しておりませんが、主人のフェイスブックのページです。
facebook Nyoman Rai

インスタグラム:akikosongketbali
You Tube:Akiko Matsubara
Foursquare-Akiko palm reader
Foursquare-Warung Rahayu, Buu, Tebola
Foursquare-Workshop Talisman, Akiko's Songket&Ikat, Tebola,Sidemen

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、手相占いやその他ワークショップのお問い合わせなど、下記松原あてメールにて承っております。
どうぞお気軽にご連絡ください。

*** *** *** *** ***
松原亜希子
Akiko Matsubara
Web : http://songket.exblog.jp
E-mail : nami_yasa@yahoo.co.jp
Address:Buu, Banjar Dinas Tebola, Desa Sidemen, Karangasem 80864
Bali-Indonesia
*** *** *** *** ***
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。

今日もここまでおつきあい頂きまして、ありがとうございました。
良い1日になりますように。
[PR]
by songket_bali | 2014-08-28 09:36 | クルンクン・カランガッサム | Trackback | Comments(0)

アンラプラ ウントゥンスラパティ通りでバビグリンを食べました。

 いつもこのブログを訪れていただきまして、ありがとうございます。
 本日は、先日よりの続きでもありますが、火曜日の授業が終わった後、アンラプラ Amlapura 市内でバビグリン Babi Guling を食べました。

 授業中はあまり感じないのですが、終わった後ほっとしてみると、いつもかなりお腹が空いていることに気がつきます。
 先日の火曜の場合は、夕方シドゥメン村の自宅にて鑑定のご予約を頂いておりましたので、遅れないようなるべく早く帰宅するため、授業の後はミーティング等の予定を入れませんでした。

 アグスティ二先生の日本語塾で来週の予定を確認した後、先生や皆と解散。私は早速道すがら、何かおいしそうなワルンはないかな、、と、

 私は一応オートバイの運転免許を持っておりますが、いつも運転は主人にお願いしています。
 理由は、自分で運転することにやや自信がないこともありますが、お天気のときには周辺の様子を気兼ねなく楽しむことができますし、村や町の様子をじっくり観察するここともできます。
 それから、移動中でも電話がかかってきたり、メッセージが入ってきたりすることも多いので、そんなときにも慌てないですみます。まあ、オートバイなので雨が降っているときなどは、電話がかかってきても対応が難しいときもありますが。

 この日も主人に送迎をお願いして、さて帰り道、バビグリンが好きな主人は、やはり案の定バビグリンのワルンの前でオートバイを止めました。
a0120328_17392666.jpg

 アンラプラの中心部に近いウントゥン・スラパティ通り Jl.Untung Surapati では、いくつか小さなバビグリンのワルンがあります。
 こちらは初めて立ち寄ったお店ですが、ラワール Lawar の赤色が鮮やかなこと。
a0120328_17413413.jpg

 では、いただきます。
 ちょっと塩気が強いですが、ローカルの人々の好みの味です。辛みも強いので、初めて食べる人はお腹がびっくりするかもしれません。脂っ気はほどほどで、食べやすいです。
 
 同じバビグリンのワルンでも、そのお店それぞれの味わいで、食べ比べてみるのも楽しいですね。中にはびっくりするようなカチカチの揚げ物ばかりのお店や、脂っ気が強すぎて何を食べても脂っぽいお店もありますので、面白いです。
 バビグリンはギャニャール Gianyar が一番という人も多く、確かにギャニャールの市場前の屋台などは、盛りつけも柔らかいお肉がたっぷりで、確かにおいいしいなあ、と思いますが、私の場合、こんな感じのカランガッサムの小さなワルンで食べる、塩気とか辛みのパンチ力の強いバビグリンも大好きです。バリ島の人々の味覚も地域色がありますので、好みは分かれるかも知れません。
 こちらのワルンは、きっとまた立ち寄ると思います。といいますか、早くまた食べにいきたいなあ、と、アンラプラ方面へのお出かけを楽しみにしております。

クルンクン、カランガッサム地方に関する記事の一覧です。
「バリ島 政治・経済・社会・通信」のカテゴリー 目次のページ
こちらのカテゴリー内の記事などもご参考にどうぞ

 私のフェイスブックのページです。インドネシア語と日本語で更新中。
facebook Akiko Matsubara
ついでにフェイスブックのファンページです。こちらもよろしくお願いします。
facebook Akiko Matsubara-Palm Reading-
全く更新しておりませんが、主人のフェイスブックのページです。
facebook Nyoman Rai

インスタグラム:akikosongketbali
You Tube:Akiko Matsubara
Foursquare-Akiko palm reader

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、手相占いやその他ワークショップのお問い合わせなど、下記松原あてメールにて承っております。
どうぞお気軽にご連絡ください。

*** *** *** *** ***
松原亜希子
Akiko Matsubara
Web : http://songket.exblog.jp
E-mail : nami_yasa@yahoo.co.jp
Address:Buu, Banjar Dinas Tebola, Desa Sidemen, Karangasem 80864
Bali-Indonesia
*** *** *** *** ***
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by songket_bali | 2014-08-21 17:41 | クルンクン・カランガッサム | Trackback | Comments(0)

クルンクン ワルンサトリオのサテカンビンと大きなトゥングルンの木

 いつもこのブログを訪れていただきまして、ありがとうございます。
 本日はお昼ぐらいにクルンクン Klungkung へ出かける用事がありました。

 そういったときによく立ち寄るローカルのサテカンビン Sate Kambing 屋さんがありまして、本日もそこでお昼を食べてから市場へ向かおうか、と思っていたのですが、通りから見てみるとワルンの中は満席、市場へ行ったり用件を済ませてから、帰り道に立ち寄ることにいたしました。

 写真は数ヶ月前のものですが、クルンクンの中心部を東へ抜けていくと、こういった橋が見えてきます。
a0120328_201465.jpg

 クルンクンからパダンバイ Padanbai やカランガッサム Karangasem 方面へ向かう方向で橋を渡り、右へ左へとカーブの続く道に沿って進んでいきますと、ちょうど左に道が曲がっているところの正面に、こんな建物が見えます。
a0120328_201424.jpg

 クルンクンのサトリア(Satria サトリオと発音したほうが地元の人には聞き取ってもらいやすいようです)という地区にあるサテカンビン屋さんです。名前もワルン・サトリオ Warung Satria というようです。
 ちなみにクルンクンからシドゥメン村へ向かい際には、この場所を通り越して、200mほど先の変形十字路を左へ曲がります。十字路左手前にはワンティラン Wantilan があります。

 対向車に気をつけて駐車スペースに入りますと、こんな感じです。
a0120328_2023324.jpg

 見たとおりのローカルのワルンですが、時折西洋からの観光客らしき人々もいらっしゃって、ガイドさんやドライバーさんと一緒に、またはお客様同士だけでお食事している様子を見かけることもあります。

 こちらの写真もしばらく前に訪れたときの写真です。
a0120328_2032662.jpg

 大方ここを訪れる方々は、皆サテカンビンを食べに来ています。

 こちらは今日の私のサテカンビンです。違いがわかりますでしょうか。
a0120328_204343.jpg

 大体どこのサテカンビン屋さんでもメニューはほぼ同じで、ピーナツと甘辛ケチャップソース(トマトではありません)のたっぷりかかったサテカンビン(ヤギ肉の串焼き)、グレ(Gule ヤギ肉、モツや骨のカレー味煮込み)と白いご飯、というセットメニューになりますが、人気のお店では、本日の写真のように開店数時間後には、グレのお肉が早くも売り切れ、スープだけになってしまっております。

 1時間ほど前に通りかかったときは、すでにワルンの中が満員に見えましたので、きっと売り切れてしまったのでしょうね。
 クルンクンのこの周辺では午前中からサテカンビンを食べられるお店も他になく、スパイスの効いたややさっぱりしたグレも美味しく、地元の人気店であります。

 ずっと前のことですが、カランガッサム県の労働局の人達と、クルンクンでは何が食べられるか、という話題になったことがあり、そのときは、「サトリアのサテカンビン」派と「トラギアのサテカンビン」派に分かれていたようです。

 トラギアのサテカンビンについても、このブログの記事に書かせていただいたことがありますが、こちらはクルンクンのナイトマーケット内にあり、いつも、もうもうと煙を立ててサテを焼いているお店です。強烈なパンチの効いた味わいで、「肉をくっているぞ~」という気分になるサテ屋さんです。


 余談ですが、サトリアのサテカンビン屋さんは、駐車スペースに大きな木が生えています。
a0120328_2052089.jpg

 3月くらいに撮った写真なのですが、ちょうど実りの時期でしたようで、大粒のブドウのような実がたくさん実って、木の周りにはたくさんの鳥が集まって飛んでいました。
a0120328_2055265.jpg

 あまりにも壮観でしたので、駐車スペース担当の男性に尋ねてみたところ、トゥングルン Tenggulun という名前の木で、葉はバビグリン Babi Guling やべべトゥトゥ Bebek Tutu などの伝統的なバリ料理の調味料として使うことができる、と教えてくれました。

 インターネットで調べてみると、増やしたり育てたりすることが難しい木のようで、鳥が実を食べて、運がよければどこかに種が運ばれて大きくなる、というような木のようです。
 お肉をいただいたり、葉っぱをいただいたり、自然にお世話になりっぱなしですね。

クルンクン、カランガッサム地方に関する記事の一覧です。
センゴル・クルンクンにて 煙の中のサテ・カンビン
クルンクン トラギアの下のサテカンビン屋さん
「バリ島 動物・植物・生き物」のカテゴリー 目次のページ

「バリ島田舎暮らし 手織りの布ソンケット」ブログ 各カテゴリー内記事目次ページへのリンク
こちらの記事もご参考にどうぞ
 私のフェイスブックのページです。インドネシア語と日本語で更新中。
facebook Akiko Matsubara
ついでにフェイスブックのファンページです。こちらもよろしくお願いします。
facebook Akiko Matsubara-Palm Reading-
全く更新しておりませんが、主人のフェイスブックのページです。
facebook Nyoman Rai
インスタグラム:akikosongketbali
You Tube:Akiko Matsubara
Foursquare-Akiko palm reader
このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、手相占いやその他ワークショップのお問い合わせなど、下記松原あてメールにて承っております。
どうぞお気軽にご連絡ください。
*** *** *** *** ***
松原亜希子
Akiko Matsubara
Web : http://songket.exblog.jp
E-mail : nami_yasa@yahoo.co.jp
Address:Buu, Banjar Dinas Tebola, Desa Sidemen, Karangasem 80864
Bali-Indonesia
*** *** *** *** ***
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by songket_bali | 2014-08-11 20:13 | Trackback | Comments(0)

ウブドのワルンソフィアさんへ行ってきました

 いつもこのブログを訪れて頂きまして、ありがとうございます。
 またしばらくと更新が続きませんでしたが、おかげさまにて皆元気にさせて頂いております。

 昨日のことですが、思い立って、ウブドのプネスタナン地区にあるワルン・ソフィアさんへ行きました。
 ワルン・ソフィアさんといえば、知らない方はいらっしゃらないかもしれませんね。何年も前から、いつか私も行ってみたい、と思いつつ、いつのまにかずいぶんと月日がたってしまっていたのですが、ふと、思い立って、といますか、数日前から、何かずっと頭の中に気になることが浮かんでは消え、浮かんでは消え、を繰り返しておりまして、えい!こんなに気になるなら我慢している場合ではない、早く行かなくちゃ!と、主人と、学校のテストが終わったばかりの息子ナミちゃんに声をかけ、一緒にウブドへ向かいました。

 オーナーさんへ確認させていただいたところ、午後3時より開店、と教えて頂きまして、夕方の到着を目指して出発しました。

 ウブド方面へは、久しぶりの外出になりますので、道中が楽しいです。
 途中サムアン・ティガ寺院周辺の道路が、寺院祭の行列にて、たいへん混雑しておりましたが、行列のグループの中には数体のバロンもご一緒にいらして、楽しかったです。

 寺院祭の行列中のバロンなどは、踊っているわけではないのですが、長い毛をゆらしながら人間たちと一緒に楚々と道を歩む様子が、威厳があって好きです。
 バロンのいる行列は、いずれかのプラ・ダラムに属するのではないか、と思うのですが、なんとなく聞いていると、バレガンジュールの音楽も他の行列と違うように感じました。どんな違いがあるのか、もしくはないのか、調べてみるのも面白そうですね。
 
 ちなみにシドゥメン村方面では、バロン(Barong)のことを、バタラ・グデ(Bhatara Gede)と呼びます。
 主人に「どうして、バタラ・グデなの?」と尋ねてみたところ、「体が大きいからじゃないか?」との答え。う~ん、多分、体が大きいのももちろんそうですが、偉大なる神様、ってことのバタラ(神)グデ(大きな、偉大な)ではないかと思いますが、いかがでしょう?
 バロンもしくはバタラ・グデはシワ神のシンボルでありますので、シドゥメン村やカランガッサム方面では、大抵はプラダラムにいらっしゃいます。

 無事ワルン・ソフィアさんへ到着後、気になるメニューをいろいろ試してみました。
 肉まん。
a0120328_17104598.jpg

 焼きギョーザ。
a0120328_17111157.jpg

 辛いほうのラーメン。
a0120328_17113857.jpg

 他にも人気のお勧めメニューのポークカレー、しょうが焼き、きゅうりのサラダなどを食べました。
 日本の家庭の味で、どれも美味しかったですが、ギョーザをもう一皿食べても良かったかな、と今になって思っております(笑)。写真を見かえしていたらお腹が空いてきました!
 せめて写真ももっと撮っておけばよかったですね(汗)。

 足を運んでみて、なんとなく頭の中にあって気にかかっていたことのヒントが見つかったようにも思います。
 やっぱり行動ありきですね。

 是非皆様も、ワルン・ソフィアで、美味しい家庭の味をご堪能くださいね、と、そんなこと言われなくても分かってます、という皆様の声が大きく聞こえてきそうですので、わたしはこれにて失礼いたします。。
 また食べに行きたいです。

ウブド極楽生活
ワルンソフィアさんのブログです。

「ウブド、ギャニャール」のカテゴリー 目次のページ
拙ブログ内こちらのカテゴリーなどもどうぞ

 私のフェイスブックのページです。インドネシア語と日本語で更新中。
facebook Akiko Matsubara
ついでにフェイスブックのファンページです。こちらもよろしくお願いします。
facebook Akiko Matsubara-Palm Reading-
全く更新しておりませんが、主人のフェイスブックのページです。
facebook Nyoman Rai

インスタグラム:akikosongketbali
You Tube:Akiko Matsubara
Foursquare-Akiko palm reader

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、手相占いやその他ワークショップのお問い合わせなど、下記松原あてメールにて承っております。
どうぞお気軽にご連絡ください。

*** *** *** *** ***
松原亜希子
Akiko Matsubara
Web : http://songket.exblog.jp
E-mail : nami_yasa@yahoo.co.jp
Address:Buu, Banjar Dinas Tebola, Desa Sidemen, Karangasem 80864
Bali-Indonesia
*** *** *** *** ***
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by songket_bali | 2014-05-18 17:17 | ウブド、ギャニャール | Trackback | Comments(0)

我が家のワルン Warung が出来ました。

 こんにちは!いつもこのブログを訪れて頂きましてありがとうございます。
 本日は、1ヶ月半ほど前から開きました、自宅の一角に作ったワルン(Warung 商店 売店)をご紹介させていただきます。

 数年前から少しずつ自宅周辺の工事を続けておりましたが、今年になってからおかげさまにて、通りに面した部分の工事をほぼ終了することができました。
a0120328_19284521.jpg

 こちらの写真は、ワルンとして利用している部分で、品物の種類は多くありませんが、日用品や駄菓子、飲み物などのお買い物が出来るようになりました。現在は主人の母が主に店番をしており、時間帯によっては、今年から中学生になった息子のナミちゃんや、主人の弟の長女プトゥリちゃんが手伝っております。
 写真は、向かって右から主人の母、プトゥリちゃん、左の二人は主人の従姉妹の子で、彼女達のお父さんは、サヌールのオアシスなどでヨガの先生をしているマンクー・シンパンさんです。

 ちなみに、写真左側の階段を上りますと、左手側が待合スペースとイカット織りのワークショップとなっております。また、ワルンの2階はソンケットやイカット、布を使った雑貨や小物などのショールームとなっておりますので、興味のある方はどうぞお気軽にお立ち寄り頂けますように。

 売るほうも買うほうも、地域柄親類の方が多いのですが(笑)、主人のお母さんの人徳のゆえか、おかげさまにて、トレッキング中の西洋のお客様など、いろいろな方がお買い物してくださっております。
a0120328_19291540.jpg

 こちらの机では、エス・ブア(Es Buah)やエス・チャンプル(Es Campur)、コーヒーや紅茶などの飲み物やお菓子、午後からは、お母さん特製のブブール・カチャンヒジョー(Bubur Kacang Hijau)、プルチン・カンクン(Pelecing Kangkung)などを買うことができます。
a0120328_193109.jpg

 写真はお鍋で温められているブブール・カチャンヒジョーです。市場などで売られているものは、甘さを出すために合成甘味料を使用したり、白砂糖を使うことが多いのですが、我が家では昔ながらの椰子砂糖で基本的な味付けをして、甘さを追加したい場合には、自家製の砂糖シロップを追加しております。
 お茶碗1杯2千ルピアです。
a0120328_19314636.jpg

 本日(2013年7月16日)は、おかげさまにて午前中から午後まで、手相鑑定のお客様にたくさんお越しいただきました。ありがとうございました!皆様がご出発になったあと、午後の休憩に、ワルンでお茶とお菓子を頂きました。
a0120328_19322543.jpg

 我が家のワルンでは、こちらのサラック(スネークフルーツ)を利用したお菓子や調味料など、これからも少しずつカランガッサムに縁のある品々なども増やしていきたいと思っております。
a0120328_19325341.jpg

 バリ島の方々に人気のあるお香なども置いております。

 まったくもってローカルのワルンですが、テレビ(ローカル放送)や新聞(バリポスト)などもございますし、ビンタンビールやアクアなども冷蔵庫においており、また、シドゥメン村周辺で採れたコーヒー豆を使ったバリコーヒーもローカルワルン価格にてお試しいただくことができますので、シドゥメン村にご滞在中のお茶の時間に、また、我が家での手相鑑定の待ち時間中などに、どうぞお気軽にご利用いただけますように。
 私も時々店番しておりますので、見かけましたらどうぞお気軽にお声をおかけください。では、これからもどうぞよろしくお願いいたします!

「シドゥメン村 食べる」のカテゴリー 目次のページ
「シドゥメン村 見所・遊び・お店」のカテゴリー 目次のページ
「ソンケット 織る・着る・使う」のカテゴリー 目次のページ
「手相カウンセリング」のカテゴリー 目次とお申し込み方法のページ

バリフリーク11年12号とマンクー・シンパン氏のヨガ

クルンクン、カランガッサム地方に関する記事の一覧です。
カランガッサム名物 サラック(Salak)を使ったお菓子いろいろ

「バリ島田舎暮らし 手織りの布ソンケット」ブログ 各カテゴリー内記事目次ページへのリンク
こちらの記事もご参考にどうぞ

 私のフェイスブックのページです。インドネシア語と日本語で更新中。
facebook Akiko Matsubara
ついでにフェイスブックのファンページです。こちらもよろしくお願いします。
facebook Akiko Matsubara-Palm Reading-
★フェイスブックではお友達の限度数を超えてしまっておりますため、現在お友達の申請を承ることができません。「購読」をお選びいただくか、またはファンページなどもご利用頂けますお願いいたします。
全く更新しておりませんが、主人のフェイスブックのページです。
facebook Nyoman Rai

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、手相占いやその他ワークショップのお問い合わせなど、下記松原あてメールにて承っております。
どうぞお気軽にご連絡ください。

*** *** *** *** ***
松原亜希子
Akiko Matsubara
Web : http://songket.exblog.jp
E-mail : nami_yasa@yahoo.co.jp
Address:Buu, Banjar Dinas Tebola, Desa Sidemen, Karangasem 80864
Bali-Indonesia
*** *** *** *** ***
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by songket_bali | 2013-07-16 19:33 | シドゥメン村 食べる | Trackback | Comments(4)

ワルン・ジュンプンガン(Warung Jumpungan)がオープンしております。

 1ヶ月ほど前からになりますが、シドゥメン(Sidemen)村タボラ(Tabola)地区のプラ・タマン・ジュンプンガン(Pura Taman Jumpungan)付近に、ローカルのワルン、ワルン・ジュンプンガン(Warung Jumpungan)がオープンしております。

 リハット・サワ・ホームステイ前の道を、ウンダ川方面へ下っていくと、道路の北側、右手側にローカルワルンが見つかります。
 写真は、お寺の方から、リハットサワ方向へ向って撮影したワルンの様子です。
a0120328_2044564.jpg

 いたってシンプルなワルンですが、ローカルのワルンが少ないこの地区では、大変貴重なお店です。
a0120328_2051812.jpg

 お店の前には、こんなメニューが掲げてあります。
 ナシゴレン、ミーゴレンなど、ワルンの定番メニューが並んでおります。
a0120328_2055719.jpg

 お店の中からは、こんな感じで田園風景を眺めることが出来ます。お天気が良ければ、アグン山も見ることが出来ますし、オープンな作りなので、風が通り抜けて涼しいですね。
a0120328_2064431.jpg

 ワルンの中から、キッチン方向を見たところ。冷蔵庫にはビンタンビールも冷えておりましたよ。その他に、ちょっとしたお菓子なども販売しております。
a0120328_2071989.jpg

 店内には、こんなメニューが準備されております。
a0120328_2075680.jpg

 こちらのお店、我が家の近くにある商店の店主さん、グスティ・アジ・トゥ(I Gusti Aji Tu)さんが、クタで働いていたときの経験を生かして始めることにしたのだそうです。ナシゴレンやミーゴレンは、グスティ・アジさんが調理してくれます。
 そして写真は、こちらのワルンで働いている、やはり店主のご家族に当たるというグスティ・バグース・パンチャ(I Gusti Bagus Panca)さんです。簡単な英語やインドネシア語でのコミュニケーションとなります。日本からのお客様が増えたら、日本語も覚えてくれるかな(笑)。
a0120328_2083480.jpg

 この周辺の食事の出来るワルンと同様、いつでも店主が厨房にいるわけではないので、サテ・バビ(Sate Babi 豚肉のサテ)などのメニューも準備されています。
a0120328_2092359.jpg

 毎朝10時くらいから、夕方までのオープン。お客様の様子をみて、閉店時間などは変更となる場合もあります。不定休となりますが、シドゥメン村ご散策の際など、お散歩の途中に立ち寄れる場所となりそうですね。

「シドゥメン村 食べる」のカテゴリー 目次のページ
こちらのカテゴリーもご参考にどうぞ

このブログの内容に関するご質問、お問合せなど、下記松原あてメールまたは、携帯電話にて承ります。どうぞお気軽にご連絡ください。
メール : nami_yasa@yahoo.co.jp
バリ島内携帯電話 : 081 338 45 9907
日本より携帯電話へ : +62 81 338 45 9907
お待ちしております。
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by songket_bali | 2011-08-14 20:02 | シドゥメン村 食べる | Trackback | Comments(1)

ワルン・モノンがお引越しをしております

 7月のはじめのこと、この日は、ありがたくお客様に恵まれて、夕方まで来客がありました。
 さて、もう夜の7時、晩御飯はどうしようか、と、シドゥメン村市場近くまで出てみると、なんと、しばらく前に、シンドゥー(Sindhu)地区からお引越しをした、「ワルン・モノン Warung Monon」に、賑やかに人が集まっておりました。

 夜7時くらいですが、シドゥメン村市場周辺は、すでに真っ暗。ワルン・モノンと、この周辺のいくつかのワルンのみ、まだ商売をしております。では私もワルン・モノンへ。
 この写真の右端のほうにあるランプが、シドゥメン村市場前の三叉路になります。我が家方面へは、ランプの場所を左へ曲がります。
a0120328_20332131.jpg

 おなじみの看板です。一番下に「10m→」と書いてあるのは、以前、この看板は道路に立てられていて、ここから、矢印のほうへ、10mくらい進むとワルンがあった、という名残です。
 今は、お店のすぐ前に、この看板が立てられていますよ。
a0120328_20334347.jpg

 移転オープンしたてのためか、ひっきりなしに、ナシゴレン、ミーゴレンの注文が入っていました。シドゥメン村の市場周辺では、ナシゴレンやミーゴレンが食べられるローカルワルンがありませんでしたから、ご近所の皆様にとっても、楽しみが増えてよかったですね。
 奥様も少々疲れ気味でしたが、声をかけると「朝7時半から、夜8時くらいまで開けてますので、食べに来てくださいね!」ということでした。
a0120328_20341522.jpg

 注文を待ちながら、あたりを見渡すと、主人はお知り合いの皆さんの席でおしゃべり中でした。バリ島の男性は、集まってたわいの無いお話をするのが好きですが、このときは、写真の帽子の男性グスティさんが新しく開いた、コンビニの話題でしたよ。
a0120328_20344122.jpg
 
 そして、女性のお客様は、黙って注文が出来上がるのを待ち、会計が済んだら、さっとご自宅に戻る、という感じなのです。夜のワルンは、男性の社交場のようですね。

シドゥメン村唯一? ローカルナシゴレンが食べられる「ワルン・モノン Warung Monong 」
「シドゥメン村 食べる」のカテゴリー 目次のページ


このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、シドゥメン村のお宿ご予約代行、車の手配、手相占いやその他ワークショップのご予約、ご予約の変更など、下記松原あてメールまたは、携帯電話にて承ります。
なるべく早めのご予約がお勧めです。どうぞお気軽にご連絡くださいね。
メール : nami_yasa@yahoo.co.jp
バリ島内携帯電話 : 081 338 45 9907
日本より携帯電話へ : +62 81 338 45 9907
お待ちしております。
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by songket_bali | 2011-07-18 20:35 | シドゥメン村 食べる | Trackback | Comments(2)


バリ島東部カランガッサム県シドゥメン村タボラ地区、伝統工芸のソンケットとイカットを製作しています。


by 松原亜希子

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

皆さまよりのメール〜I様 シ..
at 2017-05-12 18:43
皆さまよりのメール〜S様 男..
at 2017-05-10 15:04
皆さまよりのメール〜T様 桜..
at 2017-05-08 12:42
母のことば
at 2017-04-22 19:11
皆様よりのメール〜M様より〜..
at 2017-04-21 23:28
来週は日本へ行ってきます。手..
at 2017-04-08 16:57
梨園染め手ぬぐいの頂き物とモ..
at 2017-04-07 20:00
皆様よりのメール〜T様より〜
at 2017-04-06 11:40
祭事期間中 お天気になると良..
at 2017-04-04 10:27
サラスワティ像の思い出とマン..
at 2017-01-22 18:46
ウンダ川の橋が新しくなりまし..
at 2017-01-03 17:40
「旅するバリ島・ウブド案内-..
at 2016-12-10 13:07
トゥカッ・チュプンの滝へ行っ..
at 2016-12-05 20:39
トゥカッ・チュプンの滝へ行っ..
at 2016-12-05 19:43
トゥカッ・チュプンの滝へ行っ..
at 2016-12-05 18:40
猫さんはあくびでお見送り
at 2016-11-05 17:04
はたおり進行中のソンケットの確認
at 2016-10-16 17:18
田んぼの草むしりと人間が自然..
at 2016-10-05 21:35
我が家の円相とナミちゃんのイ..
at 2016-10-03 11:46
茨城産干し芋のお土産 ありが..
at 2016-09-28 16:48

カテゴリ

全体
ご挨拶・問合せ先とアクセス方法
田舎暮らし 体験プログラム
バリ島田舎暮らし カレンダー
ソンケット他 織・着・使・作
ソンケットなど 販売
シドゥメン村 泊まる
シドゥメン村 食べる
シドゥメン村 見所・遊び・お店
シドゥメン村 ウェディング
バリ島 冠婚葬祭 おつきあい
バリ島 お祭り
ライステラス農家
日々の出来事 目に見えないこと
アグン山 本日の眺め インスタグラム
我が家のご主人 ニョマンさんの売店より
我が家の食卓
バリ島 家族
バリ島 医療・治療・美容
バリ島 暦・占い・不思議など
バリ島 芸能・音楽・工芸・絵画
バリ島 政治・経済・社会・通信
バリ島 動物・植物・生き物
バリ島 子供 遊び テレビ
バリ島 読書 本など
クバヤをつくりましょう
サヌール・デンパサール
ウブド、ギャニャール
クルンクン・カランガッサム
バンリ バリ島その他の地区
クタ スミニャック クロボカン
レンボンガン
ENGLISH
INDONESIA
手相鑑定 Palm Reading
手相について 手相の見方など
お知らせ&皆様よりのメール
ゲストの皆さま お土産物 頂き物など
その他色々 世相や気になった事など
雑誌、メディアにてのご紹介など
バリ島撮影取材コーディネート
各カテゴリー内目次

記事ランキング

検索

画像一覧

最新のコメント

全くの偶然ですが、昨日に..
by よし at 22:23
よしさん、こちらへのコメ..
by songket_bali at 14:23
> よしさん よしさん..
by songket_bali at 14:17
お母さんも亜希子さんも強..
by よし at 22:07
サラスワティが知識である..
by よし at 22:38
> よしさん いつもコ..
by songket_bali at 18:12
見て即座に注文して昨日に..
by よし at 19:38
日本もバリも同じ三日月な..
by よし at 20:15
Y・Aさま こんにちは。..
by songket_bali at 14:47
> じゃかこさん はじ..
by songket_bali at 17:10
初めまして、バリ島大好き..
by 里花 at 13:59
> よしさん コメント..
by songket_bali at 21:32

最新のトラックバック

バリ日記4
from 一体どうなんでしょう
何もない日と100マト動画
from 一体どうなんでしょう
ひとりでできるもん!(ウ..
from 一体どうなんでしょう
ミステリーサークルがでた..
from バリ島がやっぱり好き!〜ホテ..
手相!おすすめの逸品
from 手相
バリ島より帰国しました〜..
from バリ島がやっぱり好き! ホテ..
KUBU TANI@Si..
from Bali大好き!

タグ

(766)
(509)
(98)
(86)
(82)
(51)
(47)
(44)
(42)
(30)
(28)
(25)
(24)
(24)
(22)
(22)
(20)
(18)
(18)
(16)

ファン

フォロー中のブログ

exblog ガドガド
フィレンツェ田舎生活便り2
田舎暮らし
Yin Yang 陰陽(...
スリーカラーローズ
do loop's blog
Brisbane Yog...

おすすめサイト

こちらは、私がよく読ませて頂いたり、我が家を訪れて下さったり、ご連絡を頂いた皆様のサイトやブログです。ぜひご覧ください。

バリ島より 旅行、車の手配など
人気のチャーターツアーです。見たいバリを見せてくれます!
バリ島旅行バリクツアーズ

バリ島のスピリチュアルな場所や物事にご興味のある方へ
特におすすめです。
バリ島スピリチュアルツアー dari Hati Bali

いつもありがとうございます。心やさしいガイドさんです。
Suwaru Bali スワルバリ


バリ島にて お宿、体験、お買物など

バリが詰まったお店です。
*SARI BUMI*

エネルギーいっぱいのバリ島でレイキを。レイキを身につけたい方に、お勧めサロンです。
レイキヒーリングサロン・サマトワ

ウブドの田んぼとアグン山の見えるコテージでゆっくりのんびりリフレッシュ。素敵なご家族がお迎えしてくれます。
バリ島ウブド「トランブラン・コテージ」

バリ島ウブド、くつろいだ雰囲気とおしゃれなインテリアのお宿です。
ココバリバリ

バリ島、ウブドにあるお宿、「PRASANTI」。オーナー一家のバリ島暮らしを日記でご紹介。
ぷらさん亭便り

バリ島の日本食レストラン「漁師」ウブド店店長さんのブログです。
バリ島ウブド 親泣かせ独身女奮闘気

ボディボードとヨガをされている結美さんのページです。
結美のホームページ

売りたい人、買いたい人、どうぞブログを覗いてみてくださいね。
バリ島リサイクルショップSORA

バリ島ウブドのオリジナル・ヨガウェアなどのお店です。
mi,iik

日本にて
館山で田舎暮らしを体験しましょう!
田舎暮らし体験施設 ZENさんのふるさと.らぼ

館山のふるさと.らぼZENさんのブログ。
ZENさんの毎日がSpecial

バリ島の雑貨、生活雑貨、インテリア製品の販売はもちろん、施工も行ってくれる心強いお店です。オリジナル商品でいっぱい!
リゾートインテリア・アンジン店長ブログ

猫好きにはたまりません!
東京谷中 ねんねこや

インドネシア、バリ島情報いっぱい

バリ島での長期滞在や移住をお考えの方へ、お役に立つ情報がたくさんのブログです。
ξ^.^ξマーメイド。&【kai】夫婦です。

webデザイナー梶ナナカさんのブログです。バリ島の情報だけでなく、その他あちこち、スピ系のお話も、お役に立つ情報がいっぱいです。
Memo Bali Blog メモバリブログ

インドネシアだけでなく、世界のビジネス、経済、社会、自然、歴史、史跡、男の世界などなど、読んで楽しくためになるブログです。
インドネシア情報局

写真家レガーニャさんのバリ島ブログ。色々なバリ島が満載。
Leganya Bali 仕事は?・・

インドネシア人のアルビーさんのブログ。インドネシア語勉強中の人には、特におすすめです!
アルビーのインドネシア語教室

京都暮らしのつれづれ・・・美味しいもの・・・大好きなバリのことなど・・・がつづられた、お気楽妻さんのブログ。バリ島大好きな気持ちのあふれるブログです。
お気楽のススメ

海外旅行が大好きな遠距離ご夫婦のブログ。お互いを思いやる心の伝わってくる素敵なブログです。
*tmr*的生活

バリ島のリゾートやレストラン、イルカさんがつづる楽しい素敵なバリ島ブログです。
バリ島☆★☆BALI BAGUS☆★

旅が好き、というtabinosoraさんも、シドゥメン村を訪れてくださいました。彼女のブログには、世界各国でのユニークな経験がいっぱいです!
あっちいって…こっちいって

つぼやんのホームページでは、趣味の旅行記を読むことが出来ます。同じアジアの国々でも、食べ物も文化も多様ですね。
つぼやんのホームページ

心地よいヴィラ、スパ、ヨガ、スピリチュアルなど、情報いっぱいのブログです。
バリ島がやっぱり好き!

上記「バリ島がやっぱり好き!」の姉妹ブログです。東京在住、京都出身SAYOさんの素敵な京都ブログ。京都のお値打ち情報満載!
京都人のおすすめ京都旅行記ブログ「値打ちあるわぁ」

かわいくて不思議な楽器マトリョミンを操るotamaさんのブログです。
一体どうなんでしょう

バリ島旅行記をはじめ、日々をつづるにぽぽさんのブログです。おすすめ!
ただいま

スピリチュアル、エネルギーワーク、ヒーリングなどのことがたくさん。シドゥメン村も訪れて下さったチェルシーさんのブログ。
チェルシーな日々

バリ島内、島外の記事も!旅は芸の肥やしですよね!
バリ島~恋する旅芸人

世界より
カリブ海岸の町からお届けする、メキシコ在住のKyokoさんのブログです。
すべてはひとつ・ All is One

インド旅行の準備や心得、女1人で行くたびの旅行記をご紹介。インド情報いろいろです。ぜひご覧下さい。
インド旅行~女一人旅の心得

お気に入り
茨城県!私の故郷です!美味しいおそばとロハスなものごと。ついつい微笑んでしまう言葉がいっぱい。
手打ちそば常陸屋のブログ

翻訳のお仕事、身近な自然、ご家族などなど。ご家族や自然に対する愛情を感じております。
田舎暮らしの翻訳者

世の中には、こんなにいっぱいの本がある。。。
読書猿Classic: between / beyond readers メールマガジン「読書猿」で紹介した本を虫干しします

歴史に名を残す人々の名前の語源がわかります。日本語に変換されると、大変ユニークな名前になってしまいます!
人名力 著名人名の語源―The Etymology of Famous Person Names―

瞑想やインド哲学、宗教についてもっと知りたい方おすすめ!わかりやすくて詳しい、初心者にも親切なブログです。
智慧の海 愛と美と平和への洞察


私のフェイスブックのページです。インドネシア語で時々更新中。
facebook Akiko Matsubara

ついでにフェイスブックのファンページです。こちらもよろしく。
facebook Akiko Matsubara-Palm Reading-

この欄に関するご質問、ご連絡等は、お気軽にメールにてご連絡ください。
相互リンクもお待ちしております!

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、シドゥメン村のお宿ご予約代行、車の手配、手相占いやその他ワークショップのご予約、ご予約の変更など、下記松原あてメールにて承ります。 どうぞお気軽にご連絡ください。
メール 
:nami_yasa@yahoo.co.jp

ブログパーツ

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月

ライフログ


バリ島の歩き方 2013 (地球の歩き方MOOK)


D26 地球の歩き方 バリ島 2012~2013


12 地球の歩き方 aruco バリ島 (aruco)


人間の大地 上 (プラムディヤ選集 2)


人間の大地 下  プラムディヤ選集 3


D26 地球の歩き方 バリ島 2010~2011


バリの賢者からの教え~思い込みから抜け出す8つの方法~L’homme qui voulait etre heureux


魂の伴侶と出会う旅


Eat, Pray, Love: One Woman's Search for Everything Across Italy, India and Indonesia


沖縄染織王国へ (とんぼの本)


「女の仕事」のエスノグラフィ―バリ島の布・儀礼・ジェンダー


Island of Bali

その他のジャンル

Skypeボタン

外部リンク

ブログジャンル

海外生活
スピリチュアル