人気ブログランキング | 話題のタグを見る

アグン山への登山口 プラ・パサール・アグン(Pura Pasar Agung)へ寄り道

 ガルンガンの前日だというのに、ちょっと用事が出来てしまった私と主人は、午前中、シドゥメン村の北にあるスラット(Selat)という地区へ行きました。
 用事も済みまして、帰ればいいものを、欲張りな私たちは、「せっかくだから、パサール・アグン(Pasar Agung)にでも、行ってみるか」と、とんでもない寄り道を思いついてしまいました。

 寄り道と言えば、どこかへ行く途中に、立ち寄ってみる、ようなことだと思いますが、寄り道から成り立っている私の人生のごとく、スラットの村から、アグン山の登山口となるプラ・パサール・アグンへ行って帰って、約25キロ、これを寄り道というべきか、、、。

 スラットでは、天気も良く、気候もさわやか。アグン山山麓を登る道沿いでは、ペンジョールを作ったりしている男性や、それを手伝う子供たちの姿も見えます。ガルンガンをひかえた、のどかな風景です。

 数キロ走っていくと、スバディ(Sebadi)という地区に入ります。この地区では、現在、建築材料としての砂利や砂の採集が進んでいて、トラックの往来が見られます。
 我が家の方では、アビアン(Abian)と呼ぶ、家に程近い里庭や畑では、コーヒーやアジサイの花などの栽培が盛んなようで、アグン山を登る通りからでも、その様子が良く見えます。アジサイの花は、お供えもののチャナン(Canang)の中に使われます。

 バリ島のことが書かれた本によると、1963年のアグン山の噴火のとき、スバディ地区も被害にあい、今の地面から40センチも深い場所が、当時の地表なのだそうです。

 スラットからスバディを通る道は、山道だというのに、ほぼ真直ぐの道です。ですから、真直ぐになかなかの勾配の坂道が、だらだらと続いている感じです。
アグン山への登山口 プラ・パサール・アグン(Pura Pasar Agung)へ寄り道_a0120328_21442774.jpg

 パサール・アグンへは、この三叉路を右へ。しばらく真直ぐ登った後、山道らしいカーブの道が続きます。だんだんと曇り空に。
 ちなみに、先ほどの三叉路を、左に進むと、バデッグ(Badeg)という村があります。1963年のアグン山の噴火の際には、スバディ、バデッグ、とプラ・パサール・アグンのあるソグラ(Sogra)の三つの地区の被害がたいへんひどかったそうです。
 噴火時にちょうど、Anna Mathewsというアメリカ人が、シドゥメン村の北、イサー(Iseh)に滞在していたそうで、当時の様子を書いた本"The Night of Purnama"が、1963年に出版されているそうです。以前、同じくイサー出身のドライバー、グスティさんや、著者の滞在先の管理者であったダユ・マスさんなどに尋ねたとき、当時のことを少し教えて頂きました。
アグン山への登山口 プラ・パサール・アグン(Pura Pasar Agung)へ寄り道_a0120328_21452452.jpg

 道を最後まで進んだところに、プラ・パサール・アグン(Pura Pasar Agung)という寺院があります。
 写真の石段は、プラ・パサール・アグンへと続いています。
 アグン山登山は、ここから出発します。駐車場には、いちおう簡易事務所のような場所があり、大抵、アグン山登山のガイドさんや地元の人が交代で詰めています。ですので、登山に慣れている方は、麓で自分なりに準備をしてきて、ここでガイドさんを斡旋してもらい、すぐに登山を始めることも出来るのです。
 私たちが、登ってくるときに、反対方向へ走っていく西洋人を、数名見かけました。尋ねてみると、先ほど登山を終えて、下山した人達だったそうです。また、駐車場には、デンパサールから観光に来たというローカルの男性がふたり、事務所の人とお話をしていました。

 澄み切った山の空気の中に、聞いたことの無いような鳥の声が響き渡っています。周囲には、やはり山に生えているような木などが見えて、もちろん気温は低く、肌寒く感じます。祭日ではありませんので、参詣者はいませんが、お寺からは、明日のガルンガンを祝ってか、奉納歌のテープの声が聞こえていて、周辺はますます厳かな雰囲気です。
アグン山への登山口 プラ・パサール・アグン(Pura Pasar Agung)へ寄り道_a0120328_21484455.jpg

 麓には、大きな看板が立っていて、近づいてみると、アグン山へ登る際の注意事項が、バリ語とインドネシア語で書かれていました。簡単にまとめてみると、
 
アグン山に登ってはならない日
1、プラ・パサール・アグン・ギリ・トランキール(Pura Pasar Agung Giri Tolangkir)の祭事中、神様をお寺にお迎えしてから、お送りするまでの期間。
2、ブダ・ワゲ(Buda Wage)の日
3、アンガラカシー(Anggara Kasih)の日
4、トゥンプック(Tempuk)の日
以上は、アグン山の神がヨガをしておられるため、登山をしてはならない。

以下のものは、山に入ってはならない
1、生理中や喪中など、チュンタカ(Cuntaka 不浄)のもの
2、豚肉
3、牛肉
4、金製のアクセサリーなど
5、入山中は、正しい言葉遣いを心がけ、人に対してはジェロ(Jero)と呼びかけるようにし、ラトゥ(Ratu)という呼称は、神様に対してのみ使うこと。

祭日
1、プルナマ・クリマ(Pernama Kelima 5番目の満月の日) 11日間
2、プルナマ・クダソ(Pernama Kedasa 10番目の満月の日) 11日間
3、ティレム・クサンガ(Tilem Kesanga 9番目の新月の日、ニュピの前日) 1日
4、ブダ・ワゲ・ウキール(Buda Wage Ukir ウキールの週の水曜日) 3日間

と、いうことです。

 プラ・パサール・アグン・ギリ・トランキール(Pura Pasar Agung Giri Tolangkir)というのが、このお寺の正式名称で、ギリ・トランキール、というのが、アグン山の古い呼び名です。ちなみに、ギリは山の意味ですが、ト・ランキールのトは、「人」、「ランキール」は「通る、より、いっそう」といったような意味があるそうです。
 
 ブダワゲ、アンガラカシー、トゥンプックなどは、バリヒンドゥー教の祭日にあたる日ですので、カレンダーで見つけることが出来ますね。
 
 金のアクセサリーや金製品を持って、入山してはいけないのは、バトゥカロ寺院や、ルンプヤン寺院でも同様ですね。お寺によっては、乳歯が生えている子供の礼拝を禁じているところもあります。
 
 それから、「ジェロ」は人間に対して、「ラトゥ」は、神様のみに対して、というのは、「ラトゥ」というのは、最高の敬称にあたり、プダンダ(Pedand 高位僧侶)や王族の方をそう呼んだり、ラトゥという語の入った名前の人もいらっしゃいます。アグン山では、「ラトゥ」と呼ばれるのは神様だけ、人間は、どんなに偉くても「ジェロ」というように、区別をはかっているのですね。
 皆さんも、アグン山入山の機会があったら、ぜひご参考になさってくださいね。昔から守られてきた、アグン山の神聖さが、増すように感じられるように思います。
アグン山への登山口 プラ・パサール・アグン(Pura Pasar Agung)へ寄り道_a0120328_21501356.jpg

 駐車場の石段を登ると、プラ・パサール・アグンの割れ門に到着します。
 お寺の建物は、まだ新しく、建築されてから10年も経っていません。昔々は、昔のルンプヤン寺院と同じように、石を積み上げただけの祠が並んでいたのだそうです。
アグン山への登山口 プラ・パサール・アグン(Pura Pasar Agung)へ寄り道_a0120328_2150475.jpg

 今日の寄り道は、ここまで。次回は、瞑想にでも来てみましょうか、それとも、礼拝に伺おうかな、と考えながら、お寺の前の庭で一休みします。
 雨を降らせそうな雲の中にいるのですが、隙間から、とても美しいライステラスの風景が見えます。
アグン山への登山口 プラ・パサール・アグン(Pura Pasar Agung)へ寄り道_a0120328_2151213.jpg

 晴れていたら、それはそれは素晴らしい眺めでしょうね。
 観光ルートからは少々離れていますが、素敵な場所です。お寺めぐりの好きな方、素敵な景色を見たい方、アグン山の山の気を感じたい方、もちろんスピリチュアル関連の方々にもお勧めのお寺ですので、心にとまった方、どうぞ足を運んでみてくださいね。
アグン山への登山口 プラ・パサール・アグン(Pura Pasar Agung)へ寄り道_a0120328_215251.jpg

パサール・アグン寺院は、カランガッサム地方、ブサキ寺院の近くにあります。
クルンクン、カランガッサム地方に関する記事の一覧です。
シドゥメン村より出発 トランスポート、車のチャーター
3.本格お供え物作り 寺院礼拝体験
こちらの記事もご参考にどうぞ

 プラ・パサール・アグンでの礼拝やアグン山トレッキングのアレンジも承ります。
 興味のある方は、どうぞご連絡くださいね。
 nami_yasa@yahoo.co.jp

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加中です。どうぞご協力くださいね。
by songket_bali | 2010-12-10 21:53 | クルンクン・カランガッサム


バリ島東部カランガッサム県シドゥメン村タボラ地区、伝統工芸のソンケットとイカットについて 村の人々、生活について


by 松原亜希子

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

「手相鑑定 Palm Rea..
at 2019-03-28 16:08
皆さまよりのメール〜I様 シ..
at 2017-05-12 18:43
皆さまよりのメール〜S様 男..
at 2017-05-10 15:04
皆さまよりのメール〜T様 桜..
at 2017-05-08 12:42
母のことば
at 2017-04-22 19:11
皆様よりのメール〜M様より〜..
at 2017-04-21 23:28
来週は日本へ行ってきます。手..
at 2017-04-08 16:57
梨園染め手ぬぐいの頂き物とモ..
at 2017-04-07 20:00
皆様よりのメール〜T様より〜
at 2017-04-06 11:40
祭事期間中 お天気になると良..
at 2017-04-04 10:27
サラスワティ像の思い出とマン..
at 2017-01-22 18:46
ウンダ川の橋が新しくなりまし..
at 2017-01-03 17:40
「旅するバリ島・ウブド案内-..
at 2016-12-10 13:07
トゥカッ・チュプンの滝へ行っ..
at 2016-12-05 20:39
トゥカッ・チュプンの滝へ行っ..
at 2016-12-05 19:43
トゥカッ・チュプンの滝へ行っ..
at 2016-12-05 18:40
猫さんはあくびでお見送り
at 2016-11-05 17:04
はたおり進行中のソンケットの確認
at 2016-10-16 17:18
田んぼの草むしりと人間が自然..
at 2016-10-05 21:35
我が家の円相とナミちゃんのイ..
at 2016-10-03 11:46

カテゴリ

全体
ご挨拶・問合せ先とアクセス方法
田舎暮らし 体験プログラム
バリ島田舎暮らし カレンダー
ソンケット他 織・着・使・作
ソンケットなど 販売
シドゥメン村 泊まる
シドゥメン村 食べる
シドゥメン村 見所・遊び・お店
シドゥメン村 ウェディング
バリ島 冠婚葬祭 おつきあい
バリ島 お祭り
ライステラス農家
日々の出来事 目に見えないこと
アグン山 本日の眺め インスタグラム
我が家のご主人 ニョマンさんの売店より
我が家の食卓
バリ島 家族
バリ島 医療・治療・美容
バリ島 暦・占い・不思議など
バリ島 芸能・音楽・工芸・絵画
バリ島 政治・経済・社会・通信
バリ島 動物・植物・生き物
バリ島 子供 遊び テレビ
バリ島 読書 本など
クバヤをつくりましょう
サヌール・デンパサール
ウブド、ギャニャール
クルンクン・カランガッサム
バンリ バリ島その他の地区
クタ スミニャック クロボカン
レンボンガン
ENGLISH
INDONESIA
手相鑑定 Palm Reading
手相について 手相の見方など
お知らせ&皆様よりのメール
ゲストの皆さま お土産物 頂き物など
その他色々 世相や気になった事など
雑誌、メディアにてのご紹介など
バリ島撮影取材コーディネート
各カテゴリー内目次

記事ランキング

検索

画像一覧

最新のトラックバック

バリ日記4
from 一体どうなんでしょう
何もない日と100マト動画
from 一体どうなんでしょう
ひとりでできるもん!(ウ..
from 一体どうなんでしょう
ミステリーサークルがでた..
from バリ島がやっぱり好き!〜ホテ..
手相!おすすめの逸品
from 手相
バリ島より帰国しました〜..
from バリ島がやっぱり好き! ホテ..
KUBU TANI@Si..
from Bali大好き!

タグ

(767)
(508)
(96)
(86)
(82)
(51)
(47)
(44)
(42)
(30)
(28)
(25)
(24)
(24)
(22)
(22)
(20)
(18)
(18)
(16)

ファン

フォロー中のブログ

exblog ガドガド
フィレンツェ田舎生活便り2
田舎暮らし
Yin Yang 陰陽(...
スリーカラーローズ
do loop's blog
鈴木七代*Brisban...

おすすめサイト

こちらは、私がよく読ませて頂いたり、我が家を訪れて下さったり、ご連絡を頂いた皆様のサイトやブログです。ぜひご覧ください。

バリ島より 旅行、車の手配など
人気のチャーターツアーです。見たいバリを見せてくれます!
バリ島旅行バリクツアーズ

バリ島のスピリチュアルな場所や物事にご興味のある方へ
特におすすめです。
バリ島スピリチュアルツアー dari Hati Bali

いつもありがとうございます。心やさしいガイドさんです。
Suwaru Bali スワルバリ


バリ島にて お宿、体験、お買物など

バリが詰まったお店です。
*SARI BUMI*

エネルギーいっぱいのバリ島でレイキを。レイキを身につけたい方に、お勧めサロンです。
レイキヒーリングサロン・サマトワ

ウブドの田んぼとアグン山の見えるコテージでゆっくりのんびりリフレッシュ。素敵なご家族がお迎えしてくれます。
バリ島ウブド「トランブラン・コテージ」

バリ島ウブド、くつろいだ雰囲気とおしゃれなインテリアのお宿です。
ココバリバリ

バリ島、ウブドにあるお宿、「PRASANTI」。オーナー一家のバリ島暮らしを日記でご紹介。
ぷらさん亭便り

バリ島の日本食レストラン「漁師」ウブド店店長さんのブログです。
バリ島ウブド 親泣かせ独身女奮闘気

ボディボードとヨガをされている結美さんのページです。
結美のホームページ

売りたい人、買いたい人、どうぞブログを覗いてみてくださいね。
バリ島リサイクルショップSORA

バリ島ウブドのオリジナル・ヨガウェアなどのお店です。
mi,iik

日本にて
館山で田舎暮らしを体験しましょう!
田舎暮らし体験施設 ZENさんのふるさと.らぼ

館山のふるさと.らぼZENさんのブログ。
ZENさんの毎日がSpecial

バリ島の雑貨、生活雑貨、インテリア製品の販売はもちろん、施工も行ってくれる心強いお店です。オリジナル商品でいっぱい!
リゾートインテリア・アンジン店長ブログ

猫好きにはたまりません!
東京谷中 ねんねこや

インドネシア、バリ島情報いっぱい

バリ島での長期滞在や移住をお考えの方へ、お役に立つ情報がたくさんのブログです。
ξ^.^ξマーメイド。&【kai】夫婦です。

webデザイナー梶ナナカさんのブログです。バリ島の情報だけでなく、その他あちこち、スピ系のお話も、お役に立つ情報がいっぱいです。
Memo Bali Blog メモバリブログ

インドネシアだけでなく、世界のビジネス、経済、社会、自然、歴史、史跡、男の世界などなど、読んで楽しくためになるブログです。
インドネシア情報局

写真家レガーニャさんのバリ島ブログ。色々なバリ島が満載。
Leganya Bali 仕事は?・・

インドネシア人のアルビーさんのブログ。インドネシア語勉強中の人には、特におすすめです!
アルビーのインドネシア語教室

京都暮らしのつれづれ・・・美味しいもの・・・大好きなバリのことなど・・・がつづられた、お気楽妻さんのブログ。バリ島大好きな気持ちのあふれるブログです。
お気楽のススメ

海外旅行が大好きな遠距離ご夫婦のブログ。お互いを思いやる心の伝わってくる素敵なブログです。
*tmr*的生活

バリ島のリゾートやレストラン、イルカさんがつづる楽しい素敵なバリ島ブログです。
バリ島☆★☆BALI BAGUS☆★

旅が好き、というtabinosoraさんも、シドゥメン村を訪れてくださいました。彼女のブログには、世界各国でのユニークな経験がいっぱいです!
あっちいって…こっちいって

つぼやんのホームページでは、趣味の旅行記を読むことが出来ます。同じアジアの国々でも、食べ物も文化も多様ですね。
つぼやんのホームページ

心地よいヴィラ、スパ、ヨガ、スピリチュアルなど、情報いっぱいのブログです。
バリ島がやっぱり好き!

上記「バリ島がやっぱり好き!」の姉妹ブログです。東京在住、京都出身SAYOさんの素敵な京都ブログ。京都のお値打ち情報満載!
京都人のおすすめ京都旅行記ブログ「値打ちあるわぁ」

かわいくて不思議な楽器マトリョミンを操るotamaさんのブログです。
一体どうなんでしょう

バリ島旅行記をはじめ、日々をつづるにぽぽさんのブログです。おすすめ!
ただいま

スピリチュアル、エネルギーワーク、ヒーリングなどのことがたくさん。シドゥメン村も訪れて下さったチェルシーさんのブログ。
チェルシーな日々

バリ島内、島外の記事も!旅は芸の肥やしですよね!
バリ島~恋する旅芸人

世界より
カリブ海岸の町からお届けする、メキシコ在住のKyokoさんのブログです。
すべてはひとつ・ All is One

インド旅行の準備や心得、女1人で行くたびの旅行記をご紹介。インド情報いろいろです。ぜひご覧下さい。
インド旅行~女一人旅の心得

お気に入り
茨城県!私の故郷です!美味しいおそばとロハスなものごと。ついつい微笑んでしまう言葉がいっぱい。
手打ちそば常陸屋のブログ

翻訳のお仕事、身近な自然、ご家族などなど。ご家族や自然に対する愛情を感じております。
田舎暮らしの翻訳者

世の中には、こんなにいっぱいの本がある。。。
読書猿Classic: between / beyond readers メールマガジン「読書猿」で紹介した本を虫干しします

歴史に名を残す人々の名前の語源がわかります。日本語に変換されると、大変ユニークな名前になってしまいます!
人名力 著名人名の語源―The Etymology of Famous Person Names―

瞑想やインド哲学、宗教についてもっと知りたい方おすすめ!わかりやすくて詳しい、初心者にも親切なブログです。
智慧の海 愛と美と平和への洞察


私のフェイスブックのページです。インドネシア語で時々更新中。
facebook Akiko Matsubara

ついでにフェイスブックのファンページです。こちらもよろしく。
facebook Akiko Matsubara-Palm Reading-

この欄に関するご質問、ご連絡等は、お気軽にメールにてご連絡ください。
相互リンクもお待ちしております!

このブログの内容に関するご質問、お問合せなどの他、シドゥメン村のお宿ご予約代行、車の手配、手相占いやその他ワークショップのご予約、ご予約の変更など、下記松原あてメールにて承ります。 どうぞお気軽にご連絡ください。
メール 
:nami_yasa@yahoo.co.jp

ブログパーツ

以前の記事

2019年 03月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月

ライフログ


バリ島の歩き方 2013 (地球の歩き方MOOK)


D26 地球の歩き方 バリ島 2012~2013


12 地球の歩き方 aruco バリ島 (aruco)


人間の大地 上 (プラムディヤ選集 2)


人間の大地 下  プラムディヤ選集 3


D26 地球の歩き方 バリ島 2010~2011


バリの賢者からの教え~思い込みから抜け出す8つの方法~L’homme qui voulait etre heureux


魂の伴侶と出会う旅


Eat, Pray, Love: One Woman's Search for Everything Across Italy, India and Indonesia


沖縄染織王国へ (とんぼの本)


「女の仕事」のエスノグラフィ―バリ島の布・儀礼・ジェンダー


Island of Bali

その他のジャンル

外部リンク

ブログジャンル

海外生活
スピリチュアル